2011-07-15(Fri)

THE IDOLM@STER #02 “準備”をはじめた少女たち

オーディション全滅の原因はアピールしすぎの宣材写真!? 

imas02_00.jpg

撮り直しを通じて感じた「個性」とは?

imas02_01.jpg

冒頭は暗い事務所で暗い顔の小鳥さん。次々と掛かってくるオーディション落選の電話にどよんどの表情は事務所に戻ったタレントたちにも伝わり、新任Pを疫病神とする伊織、テレビに出たい~と騒ぐ亜美真美、そしてやよいは「仕事が無いと給食費がピンチ!」と一人だけ妙に生活感を漂わせてます(笑

さてこれだけ上玉が揃っている事務所なのにオーディション全滅の原因は何ぞや? 運が無いのか巡り合わせが悪いのか…いやその原因はどうやら個性的すぎる宣材写真のようでした。半目ダブルピースで写っているやよいの宣材は何もこんな写真を使わんでも…と思うけれど、後に語られる社長のコメントによれは本気でこの写真を気に入っているみたいでどうにもこうにも。デコピカの伊織やコケてる春香さんも大概ですが、パッと見で最も強烈なのは亜美真美のサルコスチューム。お笑い芸人じゃないんだから。セクシー衣装でスカートふわりのあずささんの宣材は一見良さげだけれど真美のちょんまげが見切れてます。そりゃこの宣材で営業するんじゃP氏もガックリ肩を落とそうというもの。

てなところへお揃いのステージ衣装を持ってきた律子。新品のキラキラ衣装は嬉しいけれど765プロの金庫をからっぽに…厳しい財政事情を聞いた刹那に宣材の撮り直しをお願いするのも辛かろう(笑

imas02_op01.jpg

今回からお目見えのOPは765PRO ALLSTARSによる「READY!!」。揃いの衣装に身を包んだアイドルたちが気合一発の入りは…律子がいる!(笑。四分割のタイトル画面から賑やかな楽屋風景へ、大ステージへのワクワクが止まらない様子は見ているこっちも期待が高まり…待ちきれず歌い始めちゃう亜美真美ガナハがかわいい!

「めざせ! トップアイドル!!」と題されたホワイトボードの寄せ書きを書き起こしてみました。どれが誰だか想像すると楽しいです。

・トップアイドルは私がプロデュースしてみせます!
・家ぞくのためにもがんばりまーっす!
・かわいいアイドルになるぞー! オーッ!
・島のみんなが驚くようなアイドルになるさー!!
・ミキ的にはノ~んびりやるの
・伊織ちゃんがトップアイドルになるのはトーゼンでしょ!
・私は頂点を目指さなければなりません。精進いたします。
・頑張るぞ、おーっ!
・アイドルには興味ありません。世界的な歌手を目指したいかと。
・私なりに頑張ります。あと運命の人に出逢えますよ~に♪
・1年後…いえ5年後には…いえせめて10年後にはトップアイドルがんばります!
・イエ→イ! みんな見てるーっ! ←マジメにやんなさい!
・そんなことより、ゲームやろう、ゲーム! ←うんうんそうだね ←だからマジメにやんなさい!

準備も整い気合を入れるみなさん。仕上げに円陣を組んでいよいよステージへGO!

imas02_op02.jpg

サビに合わせた曲タイトルから画面は大階段が煌めく華やかなステージへ。回り込んだカメラは各キャラのいい顔を抜きながら、満面笑顔で楽しげに歌って踊るアイドルたちを次々と映していきます。曲の盛り上がりと共にジャンプするガナハから客席側へ抜く一瞬が気持ちいい。そんなアイドルたちの晴れ舞台を袖から見守る律子&小鳥さんはあくまで裏方に徹するのだろうか。ともあれ明るく前向きな曲調に映像的な盛り上がりも上々、期待どおりの素晴らしいOPでした。

imas02_02.jpg

撮り直しの話を聞いても無い袖は振れぬ律子、しかし悪代官へ耳打ちする庄屋の如く小鳥さんの言葉に律子はメガネを¥マークに変え…かかるコストとそれによる利益を秤に掛ければ撮り直すが良し、というかあの宣材ではどうにもならんて(笑。というわけで765プロのタレントたちは揃って宣材を撮り直すことになりました。

そうと決まればさっそく撮り直しの連絡を各タレントへ。スタジオで練習中の真たちに続き、オーディション控え室で連絡を受けた千早たち。しかし千早が撮り直しの話題を振っても、オーディション前の緊張で心臓が口から飛び出しそうな春香さんはそれどころではなく…その言葉を真に受けて救急車を呼びに走る貴音姫のリアクションが天才すぎ。

「アイドルの頂点に立つためには個性が大事なの!」

その頃事務所でタムロってる亜美真美やよいたちはファッション雑誌を眺めながら衣装選びにワクワク中、しかし伊織は一人立ち上がって「個性」の重要さをアピールしました。もちろんアイドルに個性が必要だけれど、そのベクトルの間違いが今回の撮り直しに繋がったんじゃ?(笑。突然「個性」と言われてもよくわからない亜美真美は伊織に訊くも、「ビックリさせればいい」とこれまたアバウトな回答の伊織…その言葉にクマ・天丼・ステーキと自由発想フルブーストな三人スゲエ。誰かやよいに肉食わせてあげて。

imas02_03.jpg

というわけで撮影スタジオへ。あずささんの衣装は年齢相応に落ち着いた雰囲気で似合っているけどアイドルっぽくは無いかも。その素敵なスタイルを見た絶壁組はあずささんに負けじとメイクに衣装にいろいろがんばっちゃいます。がんばりすぎです。メイク風景を目撃した真&雪歩は涙目で「お化け…」とひどいリアクション(笑

カーテン越しに見える着替え風景というか底上げ風景も壮絶です。詰め過ぎだっての! そして衣装へ大胆にハサミを入れ、撮影現場へ現れた四人は…どうコメントしていいのやら。子供のお化粧遊びの如く塗りたくられたメイク、たくさんのボールが詰め込まれたムネ、セクシーを演出すべく切り裂かれた深きスリットなどなどどう見ても遊んでいるようにしか見えません。天真爛漫が売りの亜美真美はともかく、伊織の美意識がこれを許すとは思えない。過剰メイクやムリヤリセクシーによる痛々しさ表現はもっと他にやりようがあったのでは? メンバーの中では幼さが残る彼女たちだけれど、幼稚園児じゃあるまいしさすがにこの展開はデフォルメしすぎたような。

imas02_04.jpg

「個性ってのはただ目立つだけじゃないって言うか…」

特殊メイク(笑)を落としてブーたれてる娘たちを指導するP氏でしたが彼もよくわかっていない。伊織たちが目指した「奇抜なスタイルでビックリさせる」のも確かに一つの個性ではあるけれど、それは「アイドル」としての個性アピールにはなりません。ではアイドルの個性とは何ぞや? というわけで頭を捻るみなさんは他メンバーの撮影を見学しながら考えることになりました。

そこへ現れた美希は伊織の衣装を自然にダメ出しするとスタスタと撮影ブースへ。リズミカルにいろんなポーズをキメながらの楽しげな撮影風景を見るに、美希は自分の「売り」が何なのか判っていて、またそれを引き出す方法も判っているようです。アタシ完璧!(美希違い

次の撮影は笑顔が武器の春香さん。アイドルっぽいポーズを続けるうちに足がもつれてやっぱりコケて、しかしカメラマンはコケてる姿に「キミ面白いね」と絶賛です。その様子を見ていた亜美は「コケた姿も絵になっちゃうなんてはるるんらしいよね!」と、無意識ながら「個性」について気付き始めたことを窺わせています。

imas02_05.jpg

ハンサム担当の真、ブレずに我が道を行く貴音姫、地味ながら可憐な雪歩などなど続く撮影を見ているうちに見学者たちは「個性」の意味に気付き始め、さらに肩のハム蔵からベストアングルを知らされるガナハをして「亜美も真美の超イケてるアングル知ってるよ!」「そんなの真美だって!」と互いのベストアングルに盛り上がる亜美真美。

「じゃあそれで撮ればいいじゃないか」

自分の良い所・魅力をアピールし「自分らしさ」を表現することが「個性」となる。何も見た者をビックリさせることは無いのです。その事に気付いた亜美真美はさっそく着替えに走り、相談相手がいなくて寂しい伊織は留守番のシャルルを抱いてナチュラルプリティ、やよいはお母さんのアップリケが付いたお気に入りのオレンジ色パーカーでうっうー! それはそうとやよいにアドバイスするあずささんがお母さんすぎて辛い(笑

imas02_06.jpg

上がってきた宣材は各タレントの魅力が溢れる見違えるものとなりました。笑顔を上手く作れない千早の宣材は証明写真みたいだけれどこれが彼女の個性ちゃ個性なので良し、貴音姫の例のポーズはボツになってしまったか。残念。新しい宣材の出来に成功を確信した律子は再び¥マーク、小鳥さんも目ぇキラキラさせてます。この二人は息合ってるね(笑

撮影の成功を祝してハイタッチうっうー! パチンと合わせた手が亜美真美の撮影風景に繋がり、伊織、やよいと進んだ後にお揃いコスチュームの撮影へ。

「さあ、765プロの快進撃はこれからよ!」
「律っちゃん。それ打ち切りマンガの最後みたいだよ?」

このセリフがシャレになればいいのですが。

今回のEDは伊織&やよいの「ポジティブ!」。こんな風に毎回のメインキャラ(?)に合わせて変えてくるのかな。曲の在庫はたくさんあるので2クール毎回変えても大丈夫ですね。というわけで本作はEDも見どころの一つになりそうです。

広い屋敷にシャルルと二人きりの幼い伊織。大きなテーブルのティータイム、旅行先での記念写真、そしてケガした手を一生懸命治す様子などなど、伊織とシャルルが過ごした時間を淡々と描く映像は二人の絆を感じさせるもの。伊織にとってシャルルは家族以上に大切な存在なのでしょうね。とはいえ寂しさは感じさせず、あくまでポジティブな伊織の笑顔がかわいい締めでした。

    

関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎アイドルマスター第2話「“準備”をはじめ...

みんなオーディションい落とされる。宣材写真がだめだった。そして、リツコさんが衣装をもってくる。写真を取り直そうとリツコにいう。アミが、今回はテンドンにするいう。イオリが...

「アイドルマスター 」2話の感想

「アイドルマスター 」2話、観ました。なかなかオーディションに受からない765プロのアイドルたちに頭を抱えるスタッフ。どうやら、アイドルたちのプロフィールに貼られた宣材写真に問題があったようだ。イメージアップのためと、さっそく写真を撮り直すことになった一同

アイドルマスター 第2話”準備”をはじめた少女たち

 オーディション等に使用する宣材がイマイチだと撮り直しに取りかかる。 伊織、やよい、亜美&真美は個性でアピールしていたつもりだが・・・

アイドルマスター 第二話

THE IDOLM@STERの2話は、宣材写真の撮り直し。メインは伊織を中心に亜美・真美、やよいのロリカルテット。天ヶ瀬冬馬もちょっとだけ登場です。

アニメ THE IDOLM@STER 第2話感想

公式がタイトルをひた隠しにしている以上、ネタバレ領域以外にはタイトル書きません。 本文の前に、未視聴地域のプロデューサーさん向けの一口感想 今週もみんな可愛かった!特に ...

THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話 「“準備”をはじめた少女たち」 感想

みんなの個性―

[アニメ]THE IDOLM@STER -アイドルマスター- 第2話「”準備”をはじめた少女たち」

きっと私が一番! でもあなたもソコソコかも。そりゃ私と比べるから ちょっと分悪いのよ、プロデューサーさん。「私はアイドル」がこれほどマッチする映像が流れるとは……。恐 ...

THE IDOLM@STER 第2話 「準備をはじめた少女たち」

THE IDOLM@STER 第2話 「準備をはじめた少女たち」の感想です! 今回は伊織ちゃん回! 個性って一体なんだろう?

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話 感想「“準備”をはじめた少女たち」

THE IDOLM@STER(アイドルマスター)ですが、誰一人オーディションに受からないという非常事態です。宣材写真が個性的すぎるのも原因と考えられますが、取り直す資金も左程ありません。それでも大騒ぎで撮り直します。(以下に続きます)

THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話「“準備”をはじめた少女たち」

OP「READY!!」《DVD付初回限定盤》トップバッターはいおりん! プロデューサーの個性とは? そして、いおりんの個性とは? A.それはくぎゅボイスでしょう(マテ

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話 「"準備"をはじめた少女たち」 感想

「これなら次のオーディション……イケる!!」 律子さんの目には笑ってしまうww あと、「これから765プロの快進撃が始まる」って言い方ww 打ちきりエンドww まさに誰得ww

THE IDOLM@STER 第02話 「“準備”をはじめた少女たち」

初回は視聴者へのキャラ紹介、今回は物語の中での売り込みを開始と ようやく始まる「THE IDOLM@STER」の第2話。TBS公式はこちら。 オープニング「READY!!(AA)」。 オーディション全敗の原因が宣材写...

THE IDOLM@STER 2話「文句なしのいおりん回」(感想)

全員そろってアイドルマスター。 写真も撮り直し、 いよいよ売り出す体制が整いそうです。 今回は水瀬伊織回。 くぎゅぅぅぅぅぅぅぅぅな声を存分に堪能できます。 絵が可愛いので見ているのが楽しいです!!   http://blog.livedoor.jp/andewa/archives/5197...

THE IDOLM@STER 2話

いつもの私が、最高の自分。 というわけで、 「THE IDOLM@STER」2話 アイドル生存戦略の巻。 寂しい懐具合。厳しい台所事情。 貧乏所帯ならではのこういう苦労、いいねぇ。 苦労があると、その分...

THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話 「“準備”をはじめた少女たち」 感想

着飾らない「らしさ」 THE IDOLM@STER アイドルマスター 第2話感想です。

THE IDOLM@STER 第2話「“準備”をはじめた少女たち」感想

第2話は伊織・亜美・真美・やよいメインで展開。 今後もこういった感じで話が進んでいくのでしょうね。

THE IDOLM@STER 第2話 “準備”をはじめた少女たち

 冬馬登場。Jupiterって出るんだ……

THE IDOLM@STER #02 『“準備”をはじめた少女たち』 感想

  それぞれの持つ個性を活かすことが誰よりも輝ける瞬間。 No.1よりオンリー1。だけどロンリーワンではないんだぜ。

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話「“準備”をはじめた少女たち」

いつも通り、いい感じ――♪ オーディションに受からない(^^; 原因は宣材写真にありってことで、新しく撮りなおすことに。 それぞれの個性が出ますね~。  ▼ THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話「“準備”をはじめた少女たち」  おそろいの衣装...

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話「“準備”をはじめた少女たち」

いつも通り、いい感じ――♪ オーディションに受からない(^^; 原因は宣材写真にありってことで、新しく撮りなおすことに。 それぞれの個性が出ますね~。  ▼ THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第2話「“準備”をはじめた少女たち」  おそろいの衣装...

アイドルマスター・・・第1回(2話)「準備を始めた少女たち」

2011/07/15 放送分 総評:★★☆☆☆ 給食費が払えない子は新聞配達でもしたらどうよ? ・・・って感じのツッコミは無粋なんだろうね。 さておき ツンデコの話だったようなそうでなかったような・・ ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2