2011-08-12(Fri)

THE IDOLM@STER #06 先に進むという選択

眠れる獅子(?)の目覚め。

imas06_00.jpg

食う・寝る・遊ぶの美希がついに動き始めました。

imas06_01.jpg

デビューが決まった「竜宮小町」は律っちゃんの敏腕もあってかさっそくスケジュールがびっしり埋まり、しかしその他のメンツは相変わらず事務所でトグロを巻いている状態でした。美希はもちろん寝てるし(笑。このまま竜宮小町が売れてくれれば扉を直せる、ソファーもテレビも換えられる…などと極めてささやかな欲望を呟く小鳥さんの一方で野望に燃える律っちゃん、まあ一組でも大当たりすればボロ事務所からの脱出も夢ではありますまい。

てな所へ出勤してきたあずささん、長い髪をバッサリ切ってのイメチェンは竜宮小町の三人のバランスを考えてとか。まだ第六話なのにもう切っちゃうのか! 「この方が若く見える」と言われたらしいけどこの髪型はどう見ても「若奥様」、ロングの方が若く見えると思うのは私だけ?(笑。それはそうとデビュー直前だというのに宣材写真と髪型が全く違うってのは構わないのかな。

二人の背景にあるホワイトボードの19日に「東デパート 屋外イベント (春)(響)」とあり、珍しく仕事が入っていることが逆に落とし穴…後半でのダブルブッキングトラブルの地雷がさりげなく埋まっています。

imas06_02.jpg

竜宮小町さっそくの仕事は善澤さんによるインタビュー取材、事務所にてよく顔を合わす気安さか亜美は緊張の片鱗すら見せずいつもの調子、しかし伊織&あずささんはそれなりに緊張しているようで三人の意識差・精神年齢差が窺えます。プロデューサー律っちゃんによる「三人を選んだ理由」について気になる三人の表情も良し。とはいえ「バランスの良さ」ってのはよくわからん基準なあ。三浦・水瀬・双海と三人の名字が水に関係しているから「竜宮小町」…それを聞いて涙目になる天海さんがお気の毒(笑

取材が終わると衣装合わせ、揃いのかわいい衣装を見てうらやましいその他メンツ、特に美希は帽子を手にしてうらやましさMAXの様子でした。かわいい衣装を着せてもらえて事務所の期待を集める竜宮小町、対して自分はその衣装を試しただけで「邪魔」と叱られ事務所待機の毎日…ついこないだまで同じ立場だったのにメンバーに選ばれなかったことで生まれたこの「差」は美希の豊かなムネをざわつかせるに十二分だったでしょう。

忙しいスケジュールに追われて事務所から駆け出す三人、嵐が去ったように事務所にはいつもの平穏が訪れ、残ったメンツは思い思いに時間を潰しています。てな様子に危機感を覚えたP氏は一念発起し意気を上げますが、そもそもP氏が仕事を取ってこないと何も始まらないので集められたアイドルたちもどうしていいのかわかりません。まあ事務所で暇潰ししてるくらいなら歌なりダンスなりのレッスンでもすれば?と思わなくもありませんが、その場所を手配するのだってプロデューサーの仕事でしょうし。

imas06_03.jpg

「甘い物は脳をリフレッシュさせるんですよ」

肩に力を入れまくって一人意気を上げるP氏へ春香さんからキャラメルの気遣い。ほんと春香さんってば良く気が付く子だなあ。「脳をリフレッシュ」をP氏がどう受け止めたのかわからないけど、春香さん的には気ばかり急いている様子を見て「もう少し落ち着いて周りを見ろ」と思ったのではなかろうか。

するとP氏の前へ美希が立ち「どうして美希は竜宮小町じゃないの?」と問います。「律子、さんが…」と呼び捨ての一瞬後にさん付けする辺り、常に自由な美希がいつになく真面目モードで話している感じで、また律子と自分の立場の差・微妙な心境が見えて芸コマな演出でした。そんな美希の話をろくに聞かず掛かってきた電話に応対するP氏は美希の質問に生返事を返し…しかし美希はP氏の生返事を信じ「真面目になれば竜宮小町になれる」と信じてやる気を出します。まあやる気を出すのはいい事だけどこれでは美希がかわいそうですよ。

さて無駄に意気を上げたP氏は営業活動に精を出します。しかし局の廊下で千早に「ここで歌え」やら、デモCDを山ほど押し付けたりとか、勢い余って宣材をバラ撒いちゃったりとか…傍目に見ても全力空回りです。見ていて痛々しいのは同行するアイドルたちも同じらしく、全力全壊で張り切るP氏を見守る視線がじつに辛い。

その努力が実を結んだか真っ白だったスケジュールはいくらか埋まったようでしたが、仕事とタレントのマッチングがメチャメチャでどうにもこうにも。なぜこの仕事を貴音姫に振る? その他高所恐怖症のやよいをスタントに出したり、雪歩をイベントに出したり…アイドルは人前に出てナンボだろうに恥ずかしさからやっぱり穴を掘って隠れちゃう雪歩、かわいいけどこの仕事向いてないんじゃ?(笑

そんな騒ぎの中、電話を取った小鳥さんが顔色を変えたダブルブッキングトラブル。ホワイトボードに書かれた「屋外イベント」の事をうっかり忘れて響の仕事を取ってしまったようでした。

imas06_04.jpg

というわけでダブってしまった響の代打を手配することに。まあこれだけタレントが余ってりゃすぐに代わりを派遣できそうだけれど…ここでまさかの美希が名乗り出ました。いつもゴロゴロしている子が突然どうした? と驚くみなさんは美希を甘やかしすぎです(笑。先ほどのP氏の言葉を真に受けて「がんばることにしたの」とやる気を見せる美希が健気すぎてちょっと辛い。

「私たちを信用してください!」

屋外イベント会場にてトラブルの話を聞いたP氏は困った困った。とはいえこの状況でトラブルを抱えた現場へ向かわないという選択肢はあるまい? 春香さんに言われるまでもなくトラブル現場へ向かうべきでしょう? そんなダメPを送り出す春香さん&ガナハ、一人でがんばりすぎていっぱいいっぱいなP氏を気遣う笑顔が眩しい。ほんといい子だ。

一方の現場では理不尽な集中砲火を浴びる真が気の毒すぎ、というかタレント単独で現地集合させる事務所って普通に酷いな。各タレントにマネージャーを付けろとまでは言わないけれど、P氏一人で九人の仕事を管理するのは無理すぎ。てな現場へ美希が登場、振り付けを段取る時間も無いとのことで冷たい態度の現場責任者をして、美希は真の振り付けを見せてもらって一発で覚えるという天才っぷりを発揮しました。普段のぐうたらな顔から別人のように真剣な表情のコントラストは美希のやる気を感じさせます。やればできる子なのに今まではそのきっかけが無かった、竜宮小町のかわいい衣装とP氏の生返事がスイッチになっての豹変は美希らしいといえばそうかも。

その頃P氏は真&美希の現場へ向かい、しかし進まぬ渋滞に飲まれ、さらに自身の不甲斐なさにイライラは募るばかり。するとポケットから春香さんに手渡されたキャラメルが出てきて…このキャラメルは「仲間」の象徴であり、P氏は自分一人が空回りしていたことにようやく気付くのでした。タレントたちと一緒にがんばらなければ意味が無い、自分一人だけ突っ走っても上手くいくはずがありません。

後を任された春香さんたちは無事に仕事をこなし、自分の役割を果たしました。もちろん別現場の真&美希もがんばっているはず。後はP氏が自分の仕事をするだけです。

imas06_05.jpg

P氏が現場に着いた頃には真&美希の仕事は既に終わっており、ステージ前で責任者と話している二人を発見すると大急ぎで駆け寄ってまず焼き土下座。どう見ても叱られている風景だったけれど件の責任者は何故か上機嫌で、それは美希のダンスを評価してのものでした。まあ上手く運びすぎの感は多々あれど美希の天才性を短時間で表現するには仕方なし? せっかくだから美希の天才的ダンスを見たかったな。

「お礼してくれるなら、美希にももっといっぱいお仕事入れてほしいな」

P氏は二人にも頭を下げ、リアクションに困って照れまくる真がいい子すぎて辛い。P氏のせいであんな理不尽な文句を言われたのにね。一方の美希は朝飯前の表情でケロリ、さらに仕事への意欲も見せて一件落着です。というか「美希を竜宮小町に入れてほしい」って言うのかと思った(笑

事務所へ戻ると春香さんからドーナツの差し入れ。甘い物は脳のリフレッシュになる、その意味に加えて「ドーナツの輪」は765プロのタレント&プロデューサーの輪を示しているのでしょう。ドーナツの輪のように全員一緒にがんばろう! との声が聞こえるようです。さすが春香さんは奥深い。P氏は小鳥さんにもゴメンナサイ、すると小鳥さんは笑顔でピースサインを返してドーナツをご所望…765プロの輪にはもちろん小鳥さんも必要な人なのでした。

imas06_06.jpg

そして竜宮小町デビューの瞬間がやってきました。竜宮小町の名のとおり水中イメージのセットに立つ三人が歌うデビュー曲は「SMOKY THRILL」、アニメ版にて初めての本格的なステージシーンはさすがよく動いていましたね。ダンスアクションはもちろん、揺れる髪や衣装、くるくる変わる表情など「作画制作」の魅力を堪能できました。

私は3DCGによるダンス映像も抵抗が無いのですが、やはり元々古い人間なので作画制作による「血が通った」勢いある映像により魅力を感じてしまいます。まあCG技術がどれほど進歩しても一流原画家の作画センスまで完コピするのは不可能でしょうし、当たり障りのない日常シーンはともかく、ここ一番の見せ場は人間が描き続けることになるんじゃないかなあ。とはいえプリズムジャンプの映像とか見てるとCG映像もかなりの所まで行っているので、この先のアニメ制作環境がどう変わるかなんて正直断言できなかったり。あと50年も経ったら手書き作画のアニメなど重要無形文化財による伝統工芸品のような扱い、下々の者には縁が無い超高級品になってるかも。

それはともかく竜宮小町のデビュー映像。元気な亜美とキュートな伊織と大人の色気振りまきすぎのあずささんはバランスが良いのかどうなのか判断に苦しむ。あずささんだけ浮いてない? 一瞬の流し目の色気は他の二人を完全に食っちゃってるような? 動く度にムネがたゆんたゆんしちゃって大変だし(笑。ともあれ歌詞に合わせたネコアクションもかわいく決まり、亜美はかわいいヘソを見せ付けて元気さをアピール、彼女たちの魅力を見事に引き出せたデビューステージはとりあえず成功のようです。

このレベルの作画を毎回やるのはいろんな意味で不可能でしょうし、かと言ってプリキュアの変身シーンのようにバンク化するのも無理筋なので辛いところ。まあ数話に一度ステージシーンを見られれば御の字でしょうか。

imas06_07.jpg

仲間のデビューをTVを囲んで見守るみなさん。一番緊張していそうなのは責任者たる律っちゃん、手塩に掛けたプロジェクトがようやく日の目を見る瞬間ってことで緊張するのも無理はありません。曲中の掛け声の瞬間に思わず声を出してしまう二人、またほおづえを付いて見ていた亜美もいつしか手足でリズムを取っていたり「TVに映る自分」の姿が楽しそう。

黙って見ている他のメンツたちは、TVの中で煌びやかなステージでかわいい衣装を纏い歌って踊る仲間の姿を見て何を感じたか。仲間でありながら同時にライバルでもある、一歩先を行く仲間の晴れ舞台を喜びながらきっと「いつか自分も」と思っていることでしょう。その思いは美希も同様のようで、表情をふっと変えて見つめる先には、華やかなステージに立つ自分の姿が見えているのかもしれません。

上手く回り始めた律っちゃんのプロジェクトと自分を比較して焦りすぎていたP氏は素直に反省し、みんなの良い所を引き出していけるようにがんばる、と宣言。いろいろあったけれどP氏もこれにて一つ成長しましたね。

「大丈夫ですよ。みんなで進んで行きましょう」

小鳥さんのセリフと共に「みんな」の象徴であるドーナツの輪で引き。丸く収まった綺麗な締めでした。

imas06_ed.jpg

今回のEDは765PRO ALLSTARSによる「THE IDOLM@STER」でした。これまでの6枚構成の止め絵シリーズではなく、ぞろぞろ歩く全員の姿をスクロールで。今回は美希EDを期待したけどこの曲も大好きなので全く問題ありません。隊列の最後に社長が「NEXT STAGE」と掲げているのは意味深かも。竜宮小町が始動したことで他メンツの意識も変わり、765プロアイドル全員のエンジンが掛かる前兆でしょうか。

   

関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎アイドルマスター第6話「先に進むという選...

リツコの企画。竜宮小町が始動する。プロデューサー蹴られる。そして、アズサさんが髪を切ってくる。アズサさん、チハヤさんとキャラかぶってたもんな。アミ、イオリ、アズサの三人...

「アイドルマスター 」6話の感想

「アイドルマスター 」6話、観ました。 律子プロデュースによる新ユニット『竜宮小町』のデビューが決まり、メンバーである伊織・亜美・あずさは休む暇もないほど大忙し。それに比べて、他のアイドルたちの予定は相変わらず真っ白。そんな状況に焦りをおぼえたプロデューサー

アイドルマスター 第六話

THE iDOLM@STERの6話は、竜宮小町と差が付いてしまったアイドル達を必死に売り込もうと焦って空回りなプロデューサー。

アニメ版アイドルマスター6話「先に進むという選択」感想

 今回はだいぶ更新が遅れてしまったので、いつもより簡単に。  今話は前話のラストで新たに発足したユニット「竜宮小町」を軸に、サブタイどおりに「先に進むこと」を選択した人たちの様子が描かれた。  具体的には竜宮小町の精力的な活動を目の当たりにして自らも奮起…

THE IDOLM@STER 第6話 「先に進むという選択」

THE IDOLM@STER 第6話 「先に進むという選択」の感想です。 竜宮小町が本格始動! そして残されたアイドルたちは・・・

THE IDOLM@STER 第06話 「先に進むという選択」

THE IDOLM@STER 第06話感想です。 マイペースな"天才"の覚醒?

THE IDOLM@STER  第6話先に進むという選択

 竜宮小町に仕事が舞い込んでいる中、プロデューサーは残ったメンバーの仕事をもらおうと奮闘するが・・・

THE IDOLM@STER 6

第6話「先に進むという選択」 新ユニット「竜宮小町」はなかなか好発進のようですよ? いままで全然だったのに、いきなり売れるはずはないが…。 あずさ、髪切ったのか。ただでさえ人数多くて覚えるの大変なのに、また見た目変わったら…(泣) しかしなぜこの3?...

THE IDOLM@STER 第06話 「先に進むという選択」

動き出した竜宮小町。「THE IDOLM@STER」の第6話。TBS公式はこちら。 律子が立案した竜宮小町はスケジュールがいっぱい。 差を付けられた感じのプロデューサーは内心焦る。 他の娘達も積極的に売り込...

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第6話 「先に進むという選択」 感想

「大丈夫です! 私達を信用してください!」 響は信用できるけど、春香はそのうちどんがらがっしゃ(ry 「何やってんだ俺……」 自分は今までこの作品をアイドル達がトップアイドルへとなるための成長物語かと思ってましたが、 これってもしかするとP側の...

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第6話 感想「先に進むという選択」

THE IDOLM@STER(アイドルマスター)ですが、竜宮小町が本格始動し、おっとり女子大生は頬杖も悩ましげに髪を切り、キャラを出します。若くみえるということで本人納得ですが、竜宮小町大ブレイクして都内の一等地に事務所を移すなど、夢は広がります。 プロデューサー?...

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第6話「先に進むという選択」 感想

いい最終回だった。 りっちゃん曰く、竜宮小町を選んだ理由は声優の都合バランスの良さ。 確かにバランスは悪くはないと思う。双子タレントを引き離すのはどうかと思うけど。 小鳥さんジョジョ読者だっ...

[アニメ]THE IDOLM@STER -アイドルマスター- 第6話「先に進むという選択」

先に進んだのは「竜宮小町」か律子か、それとも、美希か。誰もが先に進めればいいのだけれど、そんなに世の中は甘くないので、「竜宮小町」は「先に進めた選択」なんですよね。別 ...

THE IDOLM@STER アイドルマスター 第6話 「先に進むという選択」 感想

適度に、適当に―

THE IDOLM@STER(アイドルマスター) 第6話「先に進むという選択」

りっちゃんプロデュースの竜宮小町の活動は順調♪ それに比べヒマしてる他のメンバーを何とかしないとと思うP氏。 売り出しに躍起になりますが、やる気は空回り(汗) 合わない仕事をまわしたり…あげくにダ...

THE IDOLM@STER 6話

三人はどういう集まりなんだっけ?「竜宮小町ィ…」 というわけで、 「THE IDOLM@STER」6話 持ちつ持たれつの巻。 二人のP、なぜ差がついたか。慢心、環境の違い。 もちろんそんなことはないのだけ...

THE IDOLM@STER 第6話 竜宮小町、始動!ジョジョネタもあるよ(笑)

■第6話 先に進むという選択 ・・・これは本気でPS3版を買ってしまうかも知れん(^^; という事で、今までで一番面白かった「THE IDOLM@STER」の第6話。 最後のダンスが無かったとしても、...

THE IDOLM@STER 第6話 先に進むという選択

 竜宮小町の歌のときのアニメーションが凄いですね。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2