2011-08-21(Sun)

プリティーリズム オーロラドリーム #20 ライバルは関西っ娘!セレナとかのん登場!!

「どんな手を使っても優勝する」みおん様の策。

prettyrhythm20_00.jpg

サマークイーンカップ開幕です。

prettyrhythm20_01.jpg

サマークイーンカップに向けて激しい練習を続けるあいら&みおん様。必勝態勢のみおん様はますます激しく体を動かし、しかし厳しい練習に付いて行けないあいらは早くもKO気味でした。見かねた社長たちの声もあってとりあえず一息、疲れ果てたあいらはりずむとの練習の日々を思い出し…何か死んじゃったみたいな(笑。先の選考以来姿を消してしまったりずむを心配するあいらへ、みおん様は「プリズムショーも辞めちゃうかもね?」と挑発セリフをぶつけます。いやーいい顔だ。するとあいらはいつに無い剣幕で「そんなことないよ!(のぞみさん風に)」とみおん様を睨みつけて言葉を返し、その真剣な表情を見たみおん様はニヤマリと。この状況でもなおりずむを信じるあいらの友情・絆を確かめたかったのでしょうね。

自宅へ戻ってもメシも食わずに練習に打ち込むあいら。心配して部屋を訪れた弟くんへ大会への不安を漏らす表情が何と色っぽい! それはともかくいつも一緒に演っていたりずむが隣にいない不安、さらに必勝態勢のみおん様とのデュオでもし失敗したらどうしよう?というプレッシャーもあいらの薄い胸を締め付けます(大きなお世話。

すると母ちゃんがやってきて「そのままでいい、転んでも失敗してもそれがいつものあいら、それを好きって言ってくれる人もいるはず」とアドバイス。なるほど良い事言ってるんですが「負けられない大会」だからプレッシャーを感じているわけで、そう簡単に開き直れればこんな気苦労はしないんだよねえ。またシングルならそれでもいいけど今回はデュオ、あいらの失敗がデュオの成績に直結する状況なのです。しかもその相手がみおん様って事で押し潰されてるあいらに「失敗してもいい」ってのはちょっと無責任すぎるような。いや言いたい事はわかるのだけれど。

母ちゃんの言葉に続いて家族総出であいらを励ますみなさん。調子に乗った父ちゃんを叱る母ちゃんが青マスクで燃えてます! あいら以外の青マスクって珍しいね(笑

prettyrhythm20_02.jpg

サマークイーンカップの出場リストを難しい顔で眺める純さんの所へみおん様がやってきました。前回引きの名言シーンで純さんが告げた「全てを失ったと感じたとき、君たちには新たなる栄光への道が拓かれるだろう」との名言にわざわざ反論しに来た? しかし自信満々笑顔の勝利宣言はどう見ても負けフラグだなあ。ううむ。

さて明けて翌日の大会当日にみおん様は会場へ来ず、その足は何故かプリティートップの練習スタジオへ。そのスタジオ内ではりずむが一人必死に練習を続けていました。いつの間に戻って来たんだ!? メンバーから外れてほぼ廃人だったりずむが立ち直ってここへ至るまでの描写が何も無くいきなり燃え上がっちゃってるのは何事かと。もう少し丁寧に描いていただきたかったなあ…でこ先生。激しい練習に転んで床へ叩き付けられるカットがエロすぎてどうしましょう。ウエストから腰のラインに加えて絶妙な絶対領域がとんでもない破壊力を発揮しておりました。

「何でこれくらいの事が出来ないの!? 何であたし跳べないの…」

転んでも転んでも立ち上がって跳ぶりずむでしたが「出来ない」悔しさについに涙を落とし、それは跳べない悔しさ、サマークイーンカップに出られない悔しさへ続き、座り込んで両手で顔を覆い大声で泣いてしまうりずむ…うわ切ねえ! スタジオ外で見守っていたヒビキさんはりずむのドツボに一瞬足を向けようとしますが思い留まる優しさを見せます。いい男だね。ここで出て行って慰めたところでりずむのためになりませんもの。

するとそんなヒビキさんの横をつかつかとみおん様が通過してスタジオへ。

prettyrhythm20_03.jpg

「ふーん。あいらの言ったとおりね」

泣き崩れるりずむの前へ仁王立ちのみおん様がこれまたいい顔すぎて思わずさぶいぼが! さてどんな罵倒が始まるのかと思いきや、みおん様はりずむの涙をタオルで拭き「友達が待っているわよ」と…その言葉にポカーンとするりずむがかわいい。そりゃいきなり何言ってんの?と思うわなあ。

「あいらとデュオを組むのは、りずむ、あなたよ」

みおん様がりずむを連れて来たのはもちろんサマークイーンカップの控え室でした。いきなりバトポンを渡されてメンバーチェンジを告げられたりずむは目ぇグルグルさせてます。そりゃそうだろう(笑

「りずむにはみおんの代わりはできないわ」

それはつまり「みおんの代わり」ではなく「りずむ」としてあいらの隣に立ちなさいということ。厳しい練習の最中でもりずむの事を信じ、りずむはあいらの言葉どおりプリズムショーを諦めていなかった。この「信じ合い、支え合う二人」にみおんPは賭けたのです、っていつの間にプロデューサー!? 関係ないけど「この選択がモアベター、いえベストオブベストよ」とのセリフに小森のおばちゃまを思い出して「みおん様いったい何歳だ?」と思わず笑ってしまった。今どき「モアベター」は無いだろう?(笑

prettyrhythm20_04.jpg

突然のデュオ変更が告知されたサマークイーンカップ。その結果みおん様が欠場することになり…すると大会パンフを手にした関西弁の二人組が不満たらたら、そしてみおん様以外は「ナイフにもフォークにも掛からん」とかハイセンスなギャグを飛ばしておりました。あはは。この二人は今回初登場のライバルキャラ「城之内セレナ」&「藤堂花音」。絵に描いたようなコテコテ関西少女の「セレナ」とおっとりながら鋭いツッコミ役の「かのん」、二人合わせて「せれのん」だそうです。

シーン戻って控え室にて先ほどの「ベストオブベスト」についての説明へ。ドヤ顔で説明するみおんPの言葉にあいら&りずむは二人の絆を改めて感じ、またその事をきちんと見据えていたみおんPとの絆も感じたことでしょう。予定をいきなりちゃぶ台返しされた社長でしたが笑顔で納得、しかし純さんだけはここでも何故か浮かぬ表情でした。いろんな意味で負けフラグが立ちすぎです。

ステージへの衣装チェンジにかな恵部屋へ。ここでりずむへ思いを告げるあいらがオトメすぎて百合百合すぎてどうしたら…キメのシーンだけに作画も気合入りすぎです。誰この美人。気持ちを一つにした二人は手をギュッと握り、そんな様子を見ていたみおんPは「スイッチオン」と呟いていよいよサマークイーンカップ開幕です。

prettyrhythm20_05.jpg

ステージへ向かうプリティートップ組の前へ現れたせれのん、カチ込み役のセレナがいきなり狂犬で笑った。そしてまたいきなりボケツッコミの漫才へ…関西の人ってみんなこんななん? 「あいらとりずむ…いったいどこのタコの骨やら!」「タコに骨はあらしまへん」ってそっちかよ(笑

なんて寒い漫才を延々と続ける二人を呆れた目で見ているプリティートップ組はいかにも関東人っぽく、しかし漫才モードと狂犬モードを自在に操るせれのんのペースに翻弄されまくってます。このノリの違いはやりにくかろう。関西の人ってみんな(以下略

「ちょいと滑ってくるわ」

漫才師がステージ前にそれは自虐ネタ?(笑。というわけで始まったせれのんのステージは残念ながら3DCG無しの紙芝居プリズムショーでした。あれだけ啖呵切って出て行ったのだからもう少しきちんと描いてあげればいいのに。たった3コマ見せただけで「なかなかやるわね」と言われましても…次回の決勝戦はもう少しステージ描写があるかな。期待。

せれのんのステージを見て全力バーニングの三人がいい味。あのクールビューティみおん様まで燃えてます!(笑

prettyrhythm20_06.jpg

続いて始まったあいら&りずむのステージは今回も2ndEDの「We Will Win!」でした。まあバトポンの販促も兼ねているのでしばらくはこの曲が続くかな? 相変わらずローアングラー大歓喜の舐め回すようなカメラアングルが美味しいけどPTAから苦情が行ったりしないのだろうか。個人的にはいろいろ丸出しな魔乳ナントカよりエロいと思うのだけれど(笑

今回のプリズムジャンプは「フライハイチアガール」。よくも毎回毎回新技を出して来ますね。ネタ切れしないのかな。バトポンを構えた二人から発せられた光の帯が絡み合って空へ伸び、星に着地した二人がジャンプすると背景が一転してスカイダイビング!? こんな上空からパラシュート無しでどうやって着地すんの?と思ったら次のカットで普通に氷上にいて笑った。もう何でもアリだねえ。

そんな二人の出来にまたしてもドヤ顔のみおん様、しかし純さんは「グッドラック」と言い残してサッサと去ってしまいます。あくまで純さんが負けフラグを立て続けるのは、おそらくこの後にせれのんが言う「弱点」をも見据えているからでしょう。

せれのん組6735カラット、プリティートップ組8260カラットと、1500カラット弱の点差があるにも関わらずせれのん組は余裕綽々の表情で勝利宣言するとサッサとお帰り。そんな二人を睨みつけるみおんPの目力が凄い引きでした。どう見ても負けフラグがグロスで立っているけれどはたして決勝はどうなりますやら。というかここでりずむが負けると二連敗のダメージは相当なもの、もちろんオーロラライジングへの道も遠ざかってしまうわけで…逆に言えばここからの「りずむ坂」が見どころになるのか。

  

関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎プリティーリズム・オーロラドリーム第20...

ミオンとアイラが練習するが調子が悪かった。リズムは練習に来なかった。ミオンさまがどこかで落ち込んでるんじゃない、プリズムショーを止めちゃうかもねという。アイラがそんなこ...

プリティーリズム オーロラドリーム「第20話 ライバルは関西っ娘(こ)!セレナとかのん登場!!」/ブログのエントリ

プリティーリズム オーロラドリーム「第20話 ライバルは関西っ娘(こ)!セレナとかのん登場!!」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2