2013-01-14(Mon)

プリティーリズム ディアマイフューチャー #40 シンフォニア誕生の秘密

シンフォニアの秘密を探るべく韓国へ。

prismDMF_40_00.jpg

OP/EDが4thバージョンに、そしてピュリティの新ダンス初披露。

prismDMF_40_op01.jpg

今回からOP/EDが変更、結局DMFは1クールごとOP/EDが変わったのだなあ。新OPはPrizmmy☆歌唱の「パンピナッ!」、作曲が2ndOP「BRAND NEW WORLD!!」を手掛けたmichitomo氏って事でラップ調の曲調も共通している感じ。私としてはプリティーリズムの幕開けは長岡曲であるべきと思っているのでタダでさえ微妙感アリアリなのに今回の新曲は曲調があまりに軽くて少々目眩が。

映像的には冒頭のCGにまず驚き。シンフォニアドレスを纏った15人のプリズムスター(せれのんKだけ通常衣装ってのが切ない)をぐるりとナメたカメラがグーッと引くと遺跡っぽいステージが広がり…これはAD第45話でみおんが訪れた「スケート座の女神のステージ」!? 何とも意味深なイントロ映像に期待したのですが…タイトル後は止め絵の私生活カット、あいらのロードトゥシンフォニア使い回しと省エネ映像が続き、妙に凝ってる阿世知一族のお家騒動シーンへ。若きケイ&ミョンジャを割って現れた若き欽太郎は炎の扉に吸い込まれ、次の瞬間デスサイズを構えた現在の風体へ変化。つまりあの炎の扉が悪堕ちの鍵か? 人のマイナス感情を増幅し堕とす…若しくは心の弱さの象徴かもしれません。

prismDMF_40_op02.jpg

対する月影先生はタロットカードを投げて応戦。一瞬のカットなのに相変わらず存在感が凄い(笑。身体を丸めて怯える幼い今日子、を抱きしめる阿世知社長。その危機に割って入る純さんは「今日子を守って」という月影先生の願いを体現していますね。

サビ以降はDMFらしくコメディチックな映像なれど、あいらの三角関係を起点に現状あんなんなってるのに茶化す絵は無いんじゃないか? と思ったり思わなかったり。今後の展開に関するキービジュアルたり得るのはラスト間際にプリズミー&ピュリティがシンフォニアドレスを纏って天空に昇り世界樹(?)が輝くカットくらい? ううむ、最終章のOPとしては何ともやるせない気分になる新映像でした。実写ピュリティによる新EDは興味ゼロのため省略。

prismDMF_40_01.jpg

さて今回の対戦は事前通告どおりラブミックスがチャレンジ! 姉さま奪回に全力全壊でカチ込むいつきくんはアクトトンネルを抜けるとシンフォニアの扉の前へ…いくら「今回は力が入っている」と言ってもちょっとあっさり到着しすぎのような。せれのんKの実力を持ってしても炎の扉を克服しなければ辿り着けなかった場所なのにね。まあこれは家族愛の成した業という事にして、さらにいつきくんは扉の向こうのあいらへ家族アピールを続けて帰宅を促します。ここの回想がなぜ3年前の映像なのかよう判りませんがAD準拠のキャラ絵のかわいさに免じて深く考えない考えない。DMFのキャラデザもいい加減慣れたと思ってましたがやはりADのキャラ絵を見ると差に愕然とします。関係無いけどOP冒頭の遺跡シーンを確認するためAD第45話をチラ見してたら結局全部見て号泣。他作品と比較して云々言うのは野暮と判りながら、それでもADのクオリティを改めて見てしまうとDMFの現状はどうしても見劣りしてしまう。ううむ。

「家族の愛? そんなものであいらを取り戻せるとでも思ったのか?」

必死の家族アピールに靡きそうなあいらでしたが次の瞬間瞳の蝶が強く輝くと巨大欽太郎が登場! やはりあの蝶は洗脳効果を示すサインなのかも。いつきくんは剣を振りかぶって欽太郎に挑むもあっさり跳ね返されてあっさり敗退。後にこの敗因は「怒り」を持って立ち向かったためとの事で、なるほど今や怒り・憎しみの権化である欽太郎を同じベクトルで打ち負かそうとしても歯が立たないのは道理でしょう。

prismDMF_40_02.jpg

欽太郎に勝てない理由が単に「衣装の差」という流れになり、ならばシンフォニアの秘密を探ろう、ならばユンスの母親に訊こう、私も行くあなたも来いとトントン拍子にみなさん揃って韓国へゴー! 息も吐かせぬ超速展開で韓国に降り立ったみなさんを迎えるのは久しぶりのミシル社長。ここでミシル社長はユンスに「『お母様』はあなたの別荘で待ってらっしゃるわ」と告げます。

この「お母様」が単にユンスに対する慇懃なのか、それともミシル自身の「お母様」という意味なのか考えてしまう。もし後者だとしたらミシル社長はミョンジャの娘、そしてミョンジャ再婚後の家族風景にミシルらしい姿が無いためミシルとユンスは種違いの姉弟という事になりそう。以前からミシルとユンスの関係が単なる仕事パートナーの関係に見えず、二人が異父姉弟とすれば辻褄が合うのだなあ。またミシルと今日子の姉妹のような仲の良さも気になるところ。もしかしたらミシルは欽太郎&ミョンジャの娘かもしれない。などなど阿世知一族関係者の家系図がややこしくなってきたのでちょっと整理。

・父:謎の資産家 / 母:ミョンジャ
 ユンス
 チェギョン

・父:阿世知欽太郎 / 母:ミョンジャ
 ミシル?

・父:阿世知欽太郎 / 母:ケイ
 阿世知今日子

・父:未出(ケイ再婚後の夫?) / 母:ケイ?
 純さん

ミシル社長については完全に妄想、純さんについてはAD第41話にて純さん本人の口からケイを「実の母親」と言っておりその後のやり取りを見てもまず間違い無いとは思いますが…何か引っ掛かるものがあるのだなあ。ううむ。あとユンス&チェギョンを欽太郎の子と思い込んでいたので再婚後の子と明かされてちょっとびっくり(笑

「あの人はこんな怒りや憎しみがこもったドレスを作る人ではないわ」

神秘のシンフォニアドレスの写真を見たミョンジャは意外な反応を示しました。今まさに絵に描いたようなヒール、怒りと憎しみの権化たる欽太郎のデザインをして「違う」と言い切るのは過去の彼を知っているからこそ。売れない頃でも決して腐らずひたむきに頑張り、小さい成功を心から喜び夢を語っていた。そんな彼もシンフォニアとの出会いで変わってしまい、ミョンジャは捨てられ…とはいえ欽太郎を憎んではいないとか。あれ? ユンス誕生後(資産家との再婚後)もミョンジャはシンフォニアに心を奪われたまま泣いて暮らしていたんじゃ? 人への愛情と衣装への思いは別? 別れた直後は悲嘆に暮れ、そのきっかけとなった衣装への思いは途切れず、しかしデザインした本人への負感情は無い。さすが大女優はいろいろ達観しているなあ。

prismDMF_40_03.jpg

ユンスのデザインは「何かが足りない」というより「何かを捨てる」必要があるようです。まあ判りやすい流れではありますね。そしてショウさんはあいらとの会話を思い出し「プリティリメイク」によって衣装の魅力を向上させる技を思いつきます。まさかここでプリティリメイクなんて単語が再び飛び出すとは!(笑。というか敵方のデザインをリメイクして挑戦ってデザイナーとして敗北宣言じゃ? 神秘のシンフォニアを超えるデザインをショウさん&ユンスが力を合わせて「新しく生み出す」事に意義があるのかと思ったけれども。

ミョンジャが神秘のシンフォニアに込められた感情を一目で見抜いたようにおそらくあいらも衣装の意味が判っている。だからこそ欽太郎が取り憑かれている怒り・憎しみから救済すべく、あえて彼の策略に乗っているのかもしれません。聖母あいら再び! みたいな。とはいえその流れだと本編主人公があいらになってしまう(笑

prismDMF_40_04.jpg

ピュリティの新曲「シュワシュワBABY」によるステージ。ソミンを先頭の縦一列からリズムに合わせたターンで広がっていくイントロ入りはかわいい動きで、ローアングル&俯瞰の回り込みからジェウンのジャンプをきっかけに歌入りの流れも京極演出っぽいけれど今回はエンドロールに氏の名前が無かったのだなあ。ラブライブが忙しくて後継者に替わった? センターにヘインが入って脚強調のシンクロもかわいかったです。フラッシュグローブで描いた円が連鎖していくアクションも良かった。などなど五人が別々の動きて次々とフォーメーションが変わる振り付けは地味に凄い、と思ったらAメロ早々で新ダンスパートが終わっちゃって残念。

ジェウン&チェギョンのフライハイチアガールの降下先が横浜港じゃなくなっててちょっと笑った。お台場で飛んでも降りる先は何故か横浜港でしたが、さすが韓国から横浜は無理のようです(笑

     

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリティーリズム・ディアマイフューチャー「第40話 シンフォニア誕生の秘密」/ブログのエントリ

プリティーリズム・ディアマイフューチャー「第40話 シンフォニア誕生の秘密」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

新OPは、シリアスな部分と妙にはしゃいだ部分が混在した曲だなーと思いました。はしゃいでいる中にも、このアニメの終わりが近づいてる寂しさを感じました。映像を含めれば、ちゃんとこのアニメに合わせてきてる感じがして良かったです。それに引き換え新EDは・・・アニメに合わせるつもりがこれっぽっちも無いのが、かえって清清しいwタイアップてのはこれだからもう・・・
話は、憎しみを消し去ることが出来るのは愛だけって言葉が印象的でした。ショックや悲しみは長く残っても、愛があれば恨みや憎しみにはならないのかなと。それ以外は・・・プリズミーは蚊帳の外だし、ピュリティーのアクトは何かグダグダだし、ショウさんユンスはいつの間にか共闘してるしw
ミシル社長の「お母様は」って言葉は「(あなたの)お母様は」って意味だけじゃないかなと思います。これまで出番が少なすぎるので、今さら核心キャラになるとは思えませんw多分、赤の他人じゃないかなあと。むしろ、JUNさんの出生に何か裏がありそうな予感がしますね

シンフォニアにそんな過去が

「過去を知る」=「原点に立ち返る」
良い所に気付いたと思います
あいらを取り戻せるのも時間の問題ですね

れすれす

>通りすがりさん
新OPは一瞬の「阿世知一族劇場」が全てを物語っているような。そういや4クール目のプリズミーのショーはこの曲でやるんですかね? 明らかにショー向きでは無さそうなのでショー用の新曲が来るかも? その節はぜひ長岡曲でお願いしたいです。

怒り・憎しみを癒し救済するのはやはり愛情。かなり忙ぎ足でしたがその答えに行き着くまでの流れは悪くありませんでした。とはいえ本作で慈愛キャラと言えばどう見てもあいらなのでプリズミー&ピュリティでは力量不足もいいところ、さらに言えばショウさん&ユンスが愛の共闘(笑)にて既存シンフォニアドレスをリメイクしても欽太郎渾身のオリジナルデザインを超えられるとも思えず。そもそも欽太郎と何の関わりもないDMFの子たちに「愛を持って戦え」と言った所で何がなんだかでしょう。

ミシル社長については自分でも考えすぎ?と思いますが、何せ本作は血縁について何が起きるか判らないのでついあれこれ妄想が止まりません。純さんについては父親の存在がいまいちボンヤリしているためスッキリせず、いきなりベビーベッドに寝て登場した点もケイが実母ではない可能性を窺わせているような。また純さんのコスプレ癖や訳が判らない格言癖は欽太郎の血を引いていそうな気もしますがそうすると滝川姓を名乗る理由が…ああキリがない。

>一輝さん
当面の対抗策は浮かんだようですが上で書いたとおりすんなり行くとは思えず…どうせだからプリティートップ所属スターは全員財団へ移籍し、それらを取り返すための最終兵器「今日子&ケイ」がン十年ぶりにリンクに立つ! みたいなトンデモ展開を希望(笑

お久しぶりです。

阿世知一族(ジュンさんの出生)についてまとめてみました。


○一番ありそうなパターン
父:欽太郎、母:滝川ケイ
※社長は欽太郎に愛されていると思っているので、「阿世知」と名乗り、ジュンさんはケイの旧姓の「滝川」を名乗る。

○謎の人物、滝川さんパターン
父:欽太郎、母:ケイ
→離婚後、滝川さんと再婚

○複雑パターン
父:欽太郎、母:ミョンジャ
長女:ミシル、長男:ジュン
※離婚した後、好きな人ができたミョンジャは、ミシルとジュンを欽太郎の再婚相手の滝川ケイに託し、再婚。ミシルは少しして韓国に戻ったので、社長は友達としか思わなかったというものです。
複雑ですが、ミシルと社長の仲良し関係などあてはまっています。

26話でのジュンさんとケイの会話から、実は父が欽太郎だと思われます。

長文失礼しました。

おかえりPURETTY(の曲)

オリジナルのPURETTYに個人的思い入れはありませんが,
昨年秋にEDからPURETTYが去った時に寂しさを感じました。
新年でうかれているのもありますがPURETTYの帰還と,
私の大好きな1990年代風のキャピキャピした音楽に興奮しています。

OPについて・・

前のOPでは『まるでケイコーチが真の巨悪!』・・・
なにこれ!? どういう表現!?
まさか,あれだけイイ人ぶっこいて,まだ裏があるとでも!?
ロードトゥシンフォニア~グランドフィナーレが完成した後,
欽さんすら改心した瞬間に真の黒幕が
『この時を待っていた! 真に復讐するのは私の方よ!!』
・・なんて展開すら考えていました。
あれはいったい何だったのか・・・。

No title

昨年PURETTYがデビューして以来,確実にPURETTYびいきをしていたディアマイフューチャー。
いくらなんでもこれはおかしいだろ,と鈍い私も真意を悟りました。
・・しかたねえな・・作ってる側の都合だし,国際(メディア)親善だし,
お隣の中国とはピリピリしてやばいし・・
かなめちゃんにいっぱい会わせてくれたから許すか!
と思っていましたが・・。
シャッフルチーム作成時には良い意味でやられて大喜びし,忘れる事にしました。
・・カイワレ~ズ,の衣装を作ったりずむちゃん,Sproutsの曲,
あやみちゃんのハート撃ち抜き矢・・・
それ以前にあやみちゃんのフリフリキャピキャピの衣装,揺れるポニーテール・・
れいなちゃんの相変わらず黒が似合うパンツスタイル・・

オーロラドリームのCDは簡単に手に入ったのに・・

12月31日,17時・・ようやく年末商戦も終わり
年が明けたらディアマイフューチャーのデカデカCDとDVDを買いに行くぞ~!!
と思っていたのに・・。
明日は仕事が休みだ! 今度こそCDを・・!!
カイワレ~ズ!!

れすれす

>りずむ好きさん
今日子と純さんが実は実の姉弟(ややこしい)というのは単純すぎて盲点だったかも。月影先生邸に帰った今日子が突然ベビーベッドの純さんと対面したシーン自体が視聴者を欺く罠だとしたら考えすぎて一杯食わされた形です(笑

>じょねすさん
OPの月影先生は妙に存在感がありますよね。DMF本編ではもったい付けた解説役&大仰な驚き要員なのに(笑。ピュリティ推しについてはいろいろ大人の事情があるでしょうけど、せっかく出したキャラなのだからもっと活躍させてあげれば…何せ全体の人数が多くなりすぎて個々の印象が薄いまま終盤を迎えてしまったのは残念でした。その大人数問題がシャッフルチーム編でかなり改善されたのにサッサと終わってしまいましたし。

そういやDMFもミュージックアルバムが出ますね。私はDMFのシングルを全然買っていないのでこれにて一気に揃ってありがたい(笑

No title

○じょねすさん

前回のコメントでは誉めていただきありがとうございました。お礼遅くなってしまいました。「りずむ好き」については、「藤堂(天宮)りずむ」のほうです。でも、世界観としての「りずむ」もいいかも。応援?よろしくお願いします。

○管理人さん

ジュンさんは、今日子と実の兄弟か、全く血が繋がっていなく結婚するのどっちかだと読んでいます。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2