2013-01-21(Mon)

ラブライブ! School idol project #03 ファーストライブ

μ'sのファーストライブ、最高のライブにしよう! 

lovelive03_00.jpg

――世の中そんなに甘くない。

lovelive03_01.jpg

アバンは前話の軽いおさらいから三人の練習風景をチラリ。以前はヒーヒー言うていた石段特訓では軽く駆け上がれるほど体力が付き、歌&ダンスの練習も真剣な表情で取り組み、来たるべくファーストライブに向けて着々と準備が進んでいる事が判ります。ポンポンポンとテンポよく描かれた練習風景は短いながら三人の頑張りが伝わり…やはりキャラが頑張ってる所はどんだけベタだろうときちんと映像で見せないとダメですね。セリフだけで「頑張った!」と言っても説得力などありません。

てな所を覗く者あり。ひっくり返った穂乃果越しに石段から顔を出す凝ったアングルから現れた真姫、いい顔してるなあ(笑。声を掛けられてびっくりくり!の声&表情も良かった。どうやら真姫は例の曲を作った事を認めていないらしく、μ'sが歌入れした曲を差し出してもあくまで知らん顔。「まだ言ってるのですか?」とツッコまれて黙っちゃう表情もかわいい。そんなこんなで穂乃果の耳元攻撃から白昼堂々いったい何が起きるんです? と思ったらイヤホンをサクッと挿してミュージックスタート! ここでOP入りは非常に気持ちいいタイミングで、まさか今回は「START:DASH!!」がOP!? と期待したけれど通常どおりでちょっとがっかり(笑

CM明けてAパート冒頭はμ'sライブのチラシを猛ゲットの花陽、この子は言うまでもなくライブに興味津々であります。一方チラシを気にしながら花陽をチラリと見て通り過ぎる真姫は相変わらず素直じゃなくてよろしいなあ。できればずっとこの調子でいてほしい。続いてμ's三人の登校風景にてあれこれ。生徒たちが続々と登校してくるド真ん中で「ここで歌ってみせて」なんて無茶振りシーンはいかにも売り出し中アイドルの営業活動っぽくて笑った。実際のアイドルも最初は似たような事やらされるんですよね。話もまとまりそれでは一節ご披露!という段でいつのまにか一人足りません。どこ行った?

lovelive03_02.jpg

人前で歌うなんて恥ずかしくて死んじゃう! 日陰で膝を抱えてうずくまる海未、超ミニスカでこのアングルとは相変わらず美味しい所を狙ってきます。どうしても視線が誘導されてしまう! なーんてピンポイントではなく画面全体に視点を移すと日陰の海未と日向の二人という心理対比をきちんと見せ、その日陰へカチ込んで迫る穂乃果が海未を日向に引っ張り出すという流れも上手い。このくらいグイグイ引っぱらないと海未はずっと沈んだままでしょうし。

他人の視線に慣れるための荒療治はアキバ駅前でのチラシ配りでした。学校外で宣伝チラシを配っても女子校の講堂に一般人は入れないんじゃ?と思ったけれどそれはそれ、まあ海未のビビリ性がそう簡単に克服されるはずもなく、結局再び日陰にうずくまってオシマイ。あはは。いきなりハードル高すぎました。

lovelive03_03.jpg

というわけで場所を校内に移して引き続きチラシ配り。ここでにこにーや花陽、そして影から見守る会長さんをチラリと映してキャラの印象付けを重ねています。当面のメイン三人を中心としながら他メンツの描写をきちんと行っておく丁寧さに感心。何せ人数が多いので加入前もしつこいくらい見せておかないと印象に残りませんし。何だかんだで見守っている会長さん、私的にお気に入りキャラなので早く影から出てきてほしい(笑

穂乃果宅にてμ'sのランキングアップにキャッキャしている所へことりがやってきました。持ってきた紙袋の中身は完成したステージ衣装、かわいい仕上がりに盛り上がる穂乃果&ことりでしたが…短いスカート丈に海未は絶句しキレまくり。ひざ丈以上じゃないと着ないとか、ならば一人だけ制服で歌うとか、おいおい制服のスカートと大して変わらんじゃないか?と視聴者からの総ツッコミが聞こえてくるようです。何だかんだで穂乃果&ことりの熱い思いにほだされてオッケーしちゃう海未は流されやすい子なのだな(笑

「ライブが大成功しますように」
「緊張しませんように」
「みんなが楽しんでくれますように」

夜のお参りシーンは各々の個性が表れていました。ノーブレーキで張り切る穂乃果、緊張でいっぱいいっぱいの海未、そして自分の事よりみんなの事を考えていることり。

lovelive_03_04.jpg

lovelive_03_041.jpg

さてオッケーしたはいいけれどいざ衣装を着てみたら想像以上に恥ずかしい! デザイン画や衣装単体で見るよりスカート丈が短い? しかもワンピースなのでちょっと動いたら丸見えでしょう。実際は鉄壁ガードがあるからどれほどミニスカでも大丈夫なんですけど。

サッサと着替えて上機嫌の穂乃果は往生際の悪い海未にお怒り、ジャージを引きずり下ろして綺麗な脚をご開帳です。これはなかなか衝撃映像でした(笑。ローアングルからの煽りカットを見るに海未のパンツは相当ギリギリ? というかジャージを下ろした勢いでパンツまで以下自重。恥ずかしいけどみんなと一緒なら大丈夫と納得しながら、一人で鏡を見るとやっぱり恥ずかしい!…恥ずかしがってる女の子って良い良い。あざといとか言わない。

lovelive03_05.jpg

一方チラシを掴んでライブに行く気まんまんの花陽を襲った悲劇、りんちゃんの襲撃に驚くあまりメガネがズレる花陽かわいい(笑。これまでりんちゃんは花陽の遊び相手程度しか描かれておらず、明らかにアイドルに憧れる花陽との温度差が気になる所。ライブ中やライブ後の描写だけでμ's入りの動機付け完了としたら少々寂しいかも。

ライブ準備も完了して後は開演を待つばかり。何となく納得したはいいけれどいざとなると緊張が止まらない海未、すると隣の穂乃果は海未の手を握ってリラックスリラックス! このいいシーンでも脚アングルを忘れない紳士っぷりに敬礼。開演を知らせるブザーが鳴り、軽く目を閉じて緞帳が開くのを待ち…キツい練習やチラシ配りやクラスメイトの協力、恥ずかしさを克服してミニスカ衣装でステージに立ち、三人の意気もMAXとなった開幕は成功を約束されたもののようでしたが。

lovelive03_06.jpg

目を開いた穂乃果たちが目にしたのは誰もいない客席でした。ここまでさんざん盛り上げて一気に突き落とす花田脚本おそるべし。この顛末はある程度予想できたとはいえ、空っぽの客席を前に唖然の三人は演出が効きすぎてキッツイ、キツすぎる!

「そりゃそうだ、世の中そんなに甘くない!」

今日までの日々を思い返し俯く穂乃果はそれでも笑顔を作り、強がり、しかし厳しい現実を前に崩れそうな気持ちを唇を噛んで必死に我慢…穂乃果の悔しさが痛いほど伝わってくるシーンでした。そんな穂乃果を見つめる二人の表情も絶品。

見ているだけで変な動悸が止まらないキツく固まった空気を一気に動かしてくれたのは遅れてきた花陽ちゃんでした。息を切らせて講堂に駆け込み、ただならぬ雰囲気に「あ、あれ? ライブは? あれ?」と無人の客席を見回す天然っぷりはどんだけ救いの女神に見えた事か。

「やろう、歌おう、全力で」
「だって、このために今日まで頑張ってきたんだから!」

たった一人の観客に向けて全力で歌う。自分たちの頑張りを全否定された後に見えた一筋の光明は折れかけた穂乃果の心に火を点け力強く立ち上がった。ベタベタだけど熱い!

というわけでμ'sのファーストライブスタートです。

lovelive03_07.jpg
lovelive03_08.jpg

記念すべきμ'sのファーストライブはもちろん「START:DASH!!」。前回の仮歌状態から正規ボーカルが入った楽曲は前向きな歌詞と合わせてデビューライブにマッチした曲だったと思います。映像的には例によって2D作画と3DCGのミックスで、カットの度に絵柄・動きが微妙に変わるのはダメな人にはダメかもしれません。他作品でCGステージを見慣れている私も2D作画から3DCGに切り替わった時の落差には若干戸惑ってしまう。2Dが綺麗すぎるのだなあ。暗い単色背景で派手なエフェクトも無いため余計3Dキャラが浮いている感じ。というか2Dパートの穂乃果の大盛りっぷりが凄い(笑

lovelive03_09.jpg

ライブ中に続々と集まってきたみなさん。帰ったはずの副会長はもちろん見守りポジション、花陽につられてステージを見入るりんちゃん、何だかんだで引き返してきて操作室からステージを見下ろす会長さん、門番の副会長(笑)に見つかってとっさに隠れる真姫、椅子に隠れてこっそり見ているにこにこにー、などなど各キャラの立ち位置がよく判る客席模様でありました。

lovelive03_10.jpg

「どうするつもり?」
「続けます」
「何故? これ以上続けても意味があるとは思えないけど」
「やりたいからです」

ステージに立ち、歌って踊る楽しさ。もちろん頑張った末に得られた充実感もあるのでしょう。残念ながら今回は結果に繋がらなかったけれど、これからも頑張って、今のこの思いを少しでも多くの人に届けたい。この対峙シーンは通路から見下ろす会長さんと真っ直ぐ前を見据えて拳をギュッと握る穂乃果の対比はいかにも、その一部始終を廊下で聞いて微笑みながら静かに立ち去る副会長さんもいかにも。などとベッタベタな展開なれどおっさんはこういうのが好きなので全く問題なし。むしろPV程度とタカを括っていたのに意外なほどドラマしていて嬉しい誤算だったり。

次回は「まきりんぱな」の一年生三人組が加入? 一気に賑やかになりそうで楽しみ。








      

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎ラブライブ!第3話「ファーストライブ」

∥スクールライブを開催決定、ユニット名は、ミューズ))コトリ:随分できるようになったねホノカ:ニシキノさーん!マキ)大声で呼ばないであの曲きいて)私じゃないっていってるで...

[アニメ]ラブライブ! 第3話「ファーストライブ」

いいね、この絶望感。希も言ってましたが、「完敗からのスタート」。最高のスタートじゃないですか。

ラブライブ! 第3話「ファーストライブ」

これまで頑張って準備してきた初ライヴが文字通りゼロ(観客不在)からのスタート。 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/loveliv...

2013年01クール 新作アニメ ラブライブ! 第03話 雑感

[ラブライブ!] ブログ村キーワード ラブライブ! 第03話 「ファーストライブ」 ##lovelive2013 #ep03 ラブライブ! School idol project 期待はしてませんでしたが、設定やら映像やらを見...

ラブライブ! 第3話「ファーストライブ」

新入生歓迎会でライブ決行を決意し当日までは一ヶ月―― 最初は曲すら決まらなかったものの、協力してくれる人達も増えて順調に進んでいき 地道な特訓も段々と板についてきたよう

ラブライブ! 第3話「ファーストライブ」

歌もダンスも練習し、ライブのチラシも配って。 ついに向かえたファーストライブ! μ's(ミューズ)の最初のステージはどうなるのか? 3話目にして本格的にライブシーンです。 こ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

今回は流石に感動しました。
誰もいない客席の描写と、穂乃果のくじけそうな心と救いの花陽ちゃんとで・・・えらい花陽ちゃんえらいとしか言えないw
ライブの2D3Dミックスはそんなに気になりませんね。ライブより、そこに至るまでの過程で今回は勝ったも同然みたいな感じ。
そして、ライブ終了後に散らばりつつも揃ったのが後のμsの9人ってのが・・・お客さんゼロってのはちと非現実的かもしれませんが、この運命のようなシチュエーションにつなぐ、ドラマ的に最高の展開にしたんだと思います。

れすれす

>通りすがりさん
ラブライブは回を重ねるごとに面白くなってきました。ストーリー的にはベタベタな王道なのに見せ方が上手いのでしょう。さすが京極監督。花田シナリオも今のところ上手く機能している感じです。観客ゼロは確かに不自然でしたが演出上はアリだと思います。もし客が一人でもいたら穂乃果のリアクションがあそこまでドラマチックにならなかったかと。てな所へ現れた花陽の天然女神っぷりも素晴らしかった(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2