2013-01-28(Mon)

ラブライブ! School idol project #04 まきりんぱな

自分の気持ちに正直に。

lovelive04_00.jpg

三者三様の葛藤を越え、一年生組揃ってμ'sに加入です。

lovelive04_01.jpg

「無理だよね…こんなんじゃ」

アバンは一年生の授業風景から花陽の回想。初回からアイドルに興味津々な様子を見せ続けてきた花陽は小さい頃からアイドルに憧れていて、幼なじみの凜ちゃんもその事をよーく知っていて、しかし内気な自分にアイドルなんて無理無理無理と始める前から諦めモードでありました。授業中の朗読もか細い声でドギマギ、まるで怯える小動物のような花陽はまさに内気を絵に描いたような子です。確かにこの様子ではアイドル稼業は厳しそう。

OP明けてAパート冒頭はアルパカ厩舎前での一騒動。そういや第1話にてチラリと映った校内をうろうろしている動物は何ぞや?ラクダ?と思っていたけどアルパカでしたか。アルパカに突然ハマって蕩けることり、この三人の中ではマトモ(?)な方かと思っていたけどやはり類は友を呼ぶ? ペロリとやられて大騒ぎの所へ現れた飼育委員の花陽、ファーストライブでのあれこれを含めてもの凄い勢いで勧誘する穂乃果はどう見ても危ない人です。これでは花陽じゃなくても退くって(笑。真姫を推薦する下りでもか細い声&内気な様子を強調し、また花陽が真姫の歌唱力を知っている事もさりげなく描写していますね。なんて所へ凜ちゃんから声を掛けられて花陽は離脱、去り際に厩舎前のメンツをチラリと見て「花陽の思惑」を察した凜ちゃんはこの後怒濤の攻勢に(笑

lovelive04_02.jpg

放っておくといつまで経っても決められない花陽を強引に引っ張る凜ちゃん。傍から見るとこの強引さはウザく見えたりしますが、おそらく子供時代からこの二人はこんな感じで、花陽は何をするにも凜ちゃんに頼り、凜ちゃんはそれが当然のように過ごしてきたのでしょう。しかし今回の部活決めはこれまでのノリとちょっと違ったようです。

「スクールアイドルに入ろうと思ってたり?」

先の風景から花陽の本心を察した凜ちゃんは直球でズバリ、嘘を吐いてもあっさり見抜かれちゃう辺り付き合いの長さを感じさせます。と同時に自分勝手に花陽を振り回しているように見える凜ちゃんは実はきちんと花陽の意思を尊重し、ブーストを掛けているだけという事が判りますね。とはいえさすがの花陽も今回ばかりは必死に抵抗、踏ん張る足のアップは抵抗の意思を強調していました。

「無理無理無理無理、凜はアイドルなんて似合わないよ~」

一緒にやってくれる?との花陽のわがままに凜ちゃんは二つ返事で無理。というのは小さい頃にスカート姿を男子にからかわれたトラウマによるものでした。言った男子にしても大した意味は無かったでしょうけど、きっと思い切って履いてきたスカートをいきなりからかわれたらショックを受けるのも判ります。小学生男子ってもう! 家へ引き返す直前の歯ぎしりカットは凜ちゃんの心の傷の深さを示していますね。相変わらず細かいなあ。シーン戻って頭を掻いて自嘲する凜ちゃんの切なさったら!

lovelive04_03.jpg

暗い廊下でμ'sのポスター眺め、チラシを手にする真姫…を見ていた花陽。そこで拾った生徒手帳にいったい何が書いてある!? と思ったら普通に届けに行くだけでちょっと拍子抜け(笑。というわけで訪れた真姫宅は相当なお屋敷で、通された応接間の無駄な広さが相対的に花陽を小さく見せて心細さを強調しているのも良し。それにしても本作の母ちゃんはみんな若くてかわいいなあ。最近のアニメってたいていこういう傾向だけれど、たまには普通に「母ちゃん!」してる母ちゃんを見たいものです。こんな大きい子がいるように見えない! ってのはアニメ・マンガに於いて褒め言葉にはならないと思う。

二人の間にデーンと構えた大きなテーブルは二人の距離を感じさせ、しかしμ'sチラシの一件にて慌ててひっくり返った真姫をきっかけに一気に距離が詰まります。いいねこういうの。というかこれだけ派手なアクションでも鉄壁のスカートおそるべし(笑

などと距離が近づいた所で真姫の歌唱力を知っている花陽はスクールアイドル加入を勧めるもあっさり却下。医学部へ行かなければならない真姫の音楽はもう終わっている…花陽から視線を外し、まるで自分にそう言い聞かせているような所作が切ない。そして次の瞬間花陽に向き直ってアドバイス。

「やりたいならやればいいじゃない? そしたら少しは応援してあげるから」

これは真姫自身にも言える事なのだなあ。本心を隠しながらの励ましでしたが花陽には届いたようで、斜めアングルの笑顔は立ち止まっていた心が少しずつ動き始めた事を感じさせました。てな帰り道にて偶然穂乃果宅の和菓子屋へ。割烹着姿で店番している穂乃果かわいい(笑

lovelive04_04.jpg

その流れで家に呼ばれた花陽はまるで地雷原を歩く小動物のようでした。行く部屋行く部屋に地雷が! 妹ちゃんは何と戦っているのか?(笑。全力でアイドルポーズをキメる海未も強烈でした。心に秘めたアイドル願望が今解放されん! なんて所へことりが現れ、メンツが揃った所でμ'sの投稿動画を見ながらあれこれ、ここで「プロアイドル」と「スクールアイドル」の違い、本作独自の設定を明確にしたのは良かった。

「やりたい!と思ったらやってみようよ!」

花陽はここでもまた自分の意思を試されます。やりたい気持ちはあるけれどあと一歩踏み出せない花陽、さらに同じような心境の子たちを次々と映し…てな具合に傍から見ても焦れったいシーンを重ねる事で今回のクライマックスである加入シーンが生きてくるのだなあ。暗い部屋でスカートを履いて姿見を見つめる凜ちゃんが愛おしすぎ。普段の元気娘っぷりとこのワンカットのギャップはベタ演出と思いつつ破壊力に逆らえません。

lovelive04_05.jpg

などとアイドルをやりたい気持ちは高まっても授業の朗読は相変わらずの花陽。その姿をじっと見ていた真姫はしょんぼり俯く花陽にボイトレを始め…何だかんだこういう場面を放っとけない真姫はいい子です。一緒に大きな声を出して満面笑顔の花陽もかわいい。てな所へ乱入して花陽を取り合う凜ちゃんもかわいい。ニマニマが止まらない。もうみんなかわいいって事で。

先輩の所には私が連れてく! いいえ私が! と先に手を離した方が本当の母親なのに二人とも譲らずそのままずるずる、花陽モテモテ! モテる女は大変です。誰か助けてー!(笑。まあ花陽を口実に自分もμ'sの所へ行きたい心理が深層にありそう。

「μ'sの曲は私が作ったんだから!」

あーあ、言っちゃった(笑

lovelive04_06.jpg

というわけでμ'sの練習場所である屋上にグレイ状態で連行された花陽、先ほどと空の色が変わっているのはそれだけグズっていた証でしょう。この場に来てもまだグズる花陽に凜ちゃん&真姫は一喝、そして真剣な表情で向き直るとさらに説得を続け励ましを続け、ようやく意思が固まるも上手く言葉を出せない花陽の背中をそっと押し…振り返った瞬間の凜ちゃん&真姫の優しい表情、浮かべた涙を振り払って自分の意思を伝える強い表情への変化は私の涙腺を連動させすぎて困った。

「一年生で、背も小さくて、声も小さくて、人見知りで、得意なものも何も無いです。でもアイドルへの思いは誰にも負けないつもりです。だから、μ'sのメンバーにしてください」

よく頑張った花陽! もう画面が見えないよ。というか花陽以外の全員がお母さんの表情をしていて何とも暖かい気持ちに。

lovelive04_07.jpg

「それで二人は? 二人はどうするの?」
「まだまだメンバーは募集中ですよ」

さすがことり&海未は抜かりなし、後輩の胸中などお見通しです(笑。妙にぬるぬる動く勧誘シーンからキョトンの二人が視線を交わして笑顔の流れはじつに綺麗でした。花陽はともかくこの二人の入部動機、特に凜ちゃんはイマイチ薄くなるか? と心配したけれど蓋を開けてみれば杞憂に終わりました。パッと見はぐずぐずしている花陽を二人が引っ張ってきた形だけれど、実際は花陽を触媒として凜ちゃん&真姫が自分の気持ちに正直になれたという面白さ。

というわけで晴れてμ'sメンバー入りした一年生組は石段朝練へ。メガネをコンタクトに変えて生まれ変わった花陽、そしてこれまた王道パターンである「名前呼び」にてキャッキャウフフ…ニマニマが止まらない。なーんてほっこりシーンを覗く者あり。暗い部屋にてデュアルモニタを覗き込むツインテ少女はμ's動画の投稿主? とチラリと思いきや。

「アイドルを語るなんて10年早い!」

機銃掃射の勢いで打ち込んだテキストを見るにどうやらそうではないご様子。ではいったい誰が?――理事長室での表情やこれまでの暗躍っぷりから副会長と考えるのが妥当かな。






      

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎ラブライブ!第4話「まきりんぱな」

∥初ライブを挑むことになった、でも・・・私達は歌いますハナヨ)どうしよう|なんになりたいの|アイドルになりたいんだよね_小泉よんで)無理だよねこんなんじゃ※メガネコが...

ラブライブ

「ラブライブ」4話です ーざっすじー アイドルを夢見ている一年生の小泉 花陽(こいずみ はなよ)は 恥ずかしがりやでなかなかアイドルになりたいと言えなかった しかし同級生の

ラブライブ! 第4話「まきりんぱな」

今回のサブタイトルの「まきりんぱな」・・・ ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/lovelive/schoolidol_04/

アニメ「ラブライブ!」 第4話 まきりんぱな

電撃ラブライブ! 1学期 2013年 3/16号 [雑誌](2013/01/30)不明商品詳細を見る アイドルへの思いは誰にも負けないつもりです。だから、μ'sのメンバーにしてください! 「ラブライブ!」第4話

2013年01クール 新作アニメ ラブライブ! 第04話 雑感

[ラブライブ!] ブログ村キーワード ラブライブ! 第04話 「まきりんぱな」 ##lovelive2013 #ep04 ラブライブ! School idol project 期待はしてませんでしたが、設定やら映像やらを見てみ...

(アニメ感想) ラブライブ! 第4話 「まきりんぱな」

投稿者・鳴沢楓 ラブライブ! 1 (初回限定版) [Blu-ray](2013/03/22)新田恵海、南條愛乃 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ...

ラブライブ! 第4話 まきりんぱな

現実の厳しさを知った穂乃果、ことり、海未。 一方、1人悩む少女・小泉 花陽。 その理由は、μ'sのメンバー募集のチラシ。 幼い頃からアイドル願望があったようで、振り付けとか ...

ラブライブ! 第4話「まきりんぱな」

メンバー募集のチラシを見て入りたいと思う花陽。 でも言い出す勇気がだせずにいた…。 花陽ちゃん回。 μ'sのメンバーが一気に3人追加です♪ みんなアイドルになりたい気持ちを抑...

ラブライブ! 第4話「まきりんぱな」

無事に初ライブを終えたμ's お客さんは少なかったけど講堂を観客で満員にすることを目標に 絶対に諦めないと奮闘することを決意したメンバー、活動は休憩して今回は一年生の話でし

手放せない想いと共に【アニメ ラブライブ! #4】

ラブライブ! 1 (初回限定版) [Blu-ray](2013/03/22)新田恵海、南條愛乃 他商品詳細を見る アニメ ラブライブ! 第4話 まきりんぱな 袖振り合うも他生の縁 小さな切っ掛けが 一生モノの

[アニメ]ラブライブ! 第4話「まきりんぱな」

前回のライブでかなり勘違いしていた。花陽ちゃんもμ'sの一員だった。申し訳ない。

ラブライブ! School idol project「第4話 まきりんぱな」/ブログのエントリ

ラブライブ! School idol project「第4話 まきりんぱな」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2