2013-02-11(Mon)

ラブライブ! School idol project #06 センターは誰だ?

みんなが歌って、みんながセンター。

lovelive06_00.jpg

新曲「これからのSomeday」初披露です。

lovelive06_01.jpg

「これが音ノ木坂学院に誕生したμ'sのリーダー高坂穂乃果、その人だ!」

今回アバンは謎のレンズ枠にてキメポーズの穂乃果から。それはアイドルのポーズじゃNeee! 続いてカメラを向けられた海未のうろたえっぷりも良し(笑。副会長曰くこれは生徒会による部活動紹介ビデオの撮影との事でしたが、どう見ても影(?)からのバックアップでしょう。今だμ's本体と距離を置きつつ活動を支援している真意は如何に? というかえらく引っ張りますね。少しずつメンバーが増えていく経緯も確かに面白いけれど早く会長&副会長のアイドル姿を見たい!

取材撮影に及び腰の海未でしたが穂乃果&ことり連合軍の勢いに敵う訳もなく、また取材と引き替えにカメラを貸してもらえる=新PVを撮れるって事で、新曲を提案していた海未は退くに退けず。いい顔してるなあ。

lovelive06_02.jpg

というわけで始まった取材撮影はプライバシー暴露大会でした(笑。まずは高坂穂乃果16歳のありのままの姿。授業中の居眠り→お昼→また居眠りとありのまますぎる隠しカメラの撮影は、先生が近づくとカメラを隠した袋(?)が下がったり芸が細かい。続いて海未のありのまま、凛々しく弓を構えてマジメに練習していると思いきや鏡に向かって笑顔の練習!? あらかわいい! すると穂乃果はことりのバッグをバッと開いてプライバシー暴露の逆襲…画面の端にチラリと映ったメイド姿の写真は前回振られた「アキバのカリスマメイド ミナリンスキーさん」の正体の動かぬ証拠か。必死にごまかすことりが返って怪しすぎ(笑

lovelive06_03.jpg

なーんて騒ぎの所へやってきたにこにー先輩。取材と聞いてさっそく例のアクションから「普段どおり」の注文をきっちりこなすプロ根性はさすがです。髪を下ろすと普通の美少女だけど普通すぎて個性が無いかも。そんなキャラ作りを終えて部室を見ると誰もいないとか酷い扱い(笑

その頃みなさんは外へ出て撮影を続けていました。渡り廊下で佇む真姫はいつもどおりつっけんどんで取材拒否、ならばと勝手にナレーションを入れて撮影してると気付かれて迫られ…の一連がいい味出しまくりでした。嘘ナレに気付いた瞬間の表情がかわいい、というかまきりんぱなの一年生組かわいすぎ。今日の作画は脚が太め?

lovelive06_04.jpg

カメラの前でド緊張の花陽が思わず吹き出した先輩二名の御狼藉。ひょっとこ顔の穂乃果はアイドルの自覚を持った方がよろしい、一方ひょっとこ面を構えたことりは…あなたはそのままでいて。何せOPからして独自路線を突っ走っている子なのでこの先どんだけ個性(?)を発揮してくれるか楽しみ。

などなど撮影された映像はどれも単に遊んでいるだけにしか見えません。いや実際遊んでいるだけなんだけど(笑。って事でスクールアイドル活動の本番、屋上での練習が始まりました。カメラを構える副会長の後ろ姿が少々(以下自重

厳しいダンスレッスンに弾ける汗、弾ける笑顔、そして弾ける肢体。ステージ衣装の彼女たちも魅力的ですが練習着もこれまた。相当動いているシーンなのに表情描写はもちろん髪の流れや服の皺影などよくもこれほど拘り抜けると感心するやら呆れるやら(褒め言葉

「練習って普通リーダーが指揮するものじゃない?」

てなレッスン風景を見ていた副会長は「μ'sのリーダー」について思う所あり、確かにどう見ても海未がリーダーです。話を振られた真姫も明確に答えられず困った困った。

lovelive06_05.jpg

という長い前振りから今回のテーマは「μ'sのリーダーに相応しいのは誰?」。迫真の表情でリーダー決め会議の司会に立つにこにー、何せ次期リーダー=新曲PVのセンターなので気合いが入るのも判ります。一方全く興味がない真姫は髪をいじって退屈そう(笑

まあ立場的にも学年的にもにこにーを推すのが自然で、本人もそのつもりでみなさんのリアクション待っていた訳ですが…これがことごとく空回りなのだなあ。まず指名された海未に対しリーダーの座に全く拘らない穂乃果はどうぞどうぞと席を譲り、しかして瞳を潤ませ「無理です…」と辞退。相変わらずアップ顔に気合い入りまくりですね。続くリーダー候補のことりは「副リーダー」って感じなので却下、さりとて一年生がリーダーに就く訳にもいかず、やっぱり穂乃果がリーダー? 海未先輩の方がいい、などなど意見は出るもの誰かさんに声は掛からず――

「仕方ないわねえ」
「仕方ないわねえーっ!」
「仕方ないわねえーーっ!」
「しーかーたーなーいーわーねーーーっ!」

リーダーやりたいアピール全開なのに自分からは決して言い出さないにこにーかわいい。

lovelive06_06.jpg

というわけで公平に歌とダンスで決着を付けることになりました。カラオケボックスでの採点勝負、ゲーセンでのダンスゲーム勝負、そしてチラシ配り勝負とやる気全開の必勝態勢なれどことごとく上手くいかない空回りにこにーが不憫でなりません(笑。チラシ配り勝負でことりがぶっちぎりトップだったのはさすがカリスマメイドという所?

などなど実力勝負の結果は「みんな同じ」でした。ガックリと肩を落とすにこにー、裏であれほど張り切ったにこにーへ「さすがです!」と凜ちゃん…それは褒め言葉になってません! 引きつり笑顔で返すにこにーがまた(笑

「みんなが歌って、みんながセンター」

決め手が無いならリーダーは無くてもいいんじゃ? みんなそれで練習してきて、歌も歌ってきた。実力勝負もみんな同じ。ならばセンターなんえ決めずみんなで順番に歌えばいい。確かにμ'sを作ったのは穂乃果で、スクールアイドルに対する思いは誰にも負けないだろうけど…何よりも「やりたい事、面白そうな事」を最優先する穂乃果にとってリーダー職やポジションは些細な事。歌って踊れる場所と、一緒に頑張れる仲間がいればいい。

「仕方ないわね…」

穂乃果の考えに賛同するみなさんを締めるように、先と同じ言葉を違うニュアンスで伝えるにこにーが印象的でした。思えばにこにーが自分から言い出さなかったのは「誰がμ'sのリーダーたり得るのか?」を心の根っこで判っていたからかもしれません。会議が終わってさっそく屋上へ駆け上がる穂乃果、付いて行くみんな。もうこのワンカットだけで答えが出ているじゃありませんか。「リーダー」の資質とは実作業の重要性でも実力勝負でもなく、他者に対する牽引力・惹き付ける力である事を改めて感じさせるエピソードでした。

そして穂乃果が屋上のドアを開けるとミュージカルスタート! 曲は7人μ'sによる新曲「これからのSomeday」です。

lovelive06_07.jpg
lovelive06_08.jpg
lovelive06_09.jpg

ただでさえ人数が多いのにどのパートも凄まじくかわいいため、各キャラ平等にいい表情を選び始めると枚数がどんどん増えてしまいます。ううむ。ミドルアップの3DCGパートはかなり上質でほぼ遜色無いけれど、一発の破壊力はまだまだ2D作画に敵わない感じ。関節周りがもう少し自然になれば…と他作品のCGと同じ事を思うのですが週アニメでこれ以上を望むのは贅沢すぎるかもしれません。客席をナメながらの回り込みがいかにも京極演出で思わずニヤマリ(笑

lovelive06_10.jpg

この映像を高校部活(素人撮影)のPVと言うには相当無理がありそうですがそれはそれ。動画サイトにアップされたPVを見つめて難しい顔のエリチカ、傍らで全てお見通し風の希が夫婦すぎてどうしましょう。煮え切らないエリチカへ示したタロットカードはTHE STAR(星)、正位置の「今まで努力してきたことが実り、幸運を引き寄せ、大きな成果へと導かれる」という意味からエリチカはこれまで歌やダンスを練習していた? というか以前にこにーから離れていったうちの一人だったりして?

「大変! 大変です!」

そこから暫く、制服が夏服に変わった頃。教室から血相変えて飛び出してきた花陽は部室に飛び込み大絶叫のお知らせで引き。いったい何が起きたんです? それはともかく夏服のぽよんぽよんが以下自重。






      

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ラブライブ!〜第6話感想〜

「センターは誰だ?」 生徒会による部活動の紹介ビデオを作成していたμ'sのみんな。 海未ちゃんの笑顔の練習。 部活動中でもアイドルのことは忘れていないようだw

怯まず走っていく君だから【アニメ ラブライブ! #6】

ラブライブ! 1 (初回限定版) [Blu-ray](2013/03/22)新田恵海、南條愛乃 他商品詳細を見る アニメ ラブライブ! 第6話 センターは誰? 7人7色 個性豊かなメンバーの柱となる センター

2013年01クール 新作アニメ ラブライブ! 第06話 雑感

[ラブライブ!] ブログ村キーワード ラブライブ! 第06話 「センターは誰だ?」 ##lovelive2013 #ep06 ラブライブ! School idol project 期待はしてませんでしたが、設定やら映像やらを見...

ラブライブ! 6話「センターは誰だ?」

全員がセンターになれるアイドル・μ's。 穂乃果のポジティブさが姿勢にも表れています!

[アニメ]ラブライブ! 第6話「センターは誰だ?」

センターは決まっておろう。あの人に……。「仕方ないな、センターもリーダーもやってあげるよ」。そういうセリフが用意されていたはずなのに……。

ラブライブ! 第6話「センターは誰だ?」

  メンバーも7人となって新しいPVを作りたい。 そこで問題となるのが、センターを誰にするってこと? にこちゃんが誰にするかで競争する課題を出しますが…。 リーダーの条件

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2