2013-02-17(Sun)

プリティーリズム ディアマイフューチャー #45 星空のプレリュード

シンフォニアセレクションファイナル2ndステージ。

prismDMF_45_00.jpg

一つ一つの輝きが私の星になる。

グレイトフルシンフォニアのセンターを争う「シンフォニアセレクションファイナル」2ndステージ、今回はピュリティvsせれのんKの戦いであります。まあ前回同様今回も最初から結果は見えていて、あとはその結果へ至る経緯をどれほど自然かつ熱く見せてくれるか? が見どころでした。

前回のみあ勝ち抜けストーリーは単体で見れば結構いい話なのにシーンのあちこちに「結果ありきの茶番臭」が漂い、この終盤の大勝負にも関わらずイマイチ気分が乗りきれなかった。特にプリズミー内での会話は見ていて痛々しかったほど。これは「グループ対決なのに個人戦」という歪んだシステムゆえの不自然さの表れだったと思いますが、今回はそれを逆手にとって「グループ対決ならではの個人戦」を見せてくれた感じ。

prismDMF_45_01.jpg

一人だけリメイクが完成しないヘインは焦って無茶な練習を進め、止めるソミンを振り払うと今度は落ち込み…厳しい練習こそ自分の礎と自覚し、しかしそれが通用しない現実を突き付けられ誰より自責が強いヘインはどよんど落ち込む。じつに彼女らしい思考ルーチンです。

「チェンジしていないのはドレスじゃない。ヘインです」

では「他の4人はドレスリメイクに相当するほどチェンジしたのか?」とツッコみたいけどそれはそれ。まあその辺は後の展開になりますが…今回の4人はチーム力を結集して1人を盛り立てる作戦を選択できた訳で、これは第11話にてチームワーク不足を認識→乗り越え、その後も何やかんやチーム力を育んできた結果の成長=チェンジと言えるでしょう。しかも以前は最も我が強かったソミンが今回一連の主軸になっている点もポイントで、今だ1人でウジウジ悩み落ち込んでいるヘインと違いしっかり成長している様が窺えます。

prismDMF_45_02.jpg

「この流れでうちらがセンターってのも空気読めてないし…」

そんな騒動を見ていたせれのんが空気を読めすぎていて笑った。いや空気を読むと言うよりせれのん2人がかなめをサポートする事でピュリティに何かを伝えたい、という先輩らしい思いを感じさせます。またこれは、言ってしまえばシンフォニアドレスが無いせれのんKに作劇上万に一つも勝ち目が無いのは視聴者側も判っている中、ならばいっそ引き立て役に徹させる事でせれのんKの存在感が増すという効果も。なるほど上手い流れです。

開幕したシンフォニアセレクションファイナル2ndステージの会場は大阪。前回の会場はMARsのホームである横浜で、つまりADキャラのホームで開催…いかにも最後の花道っぽい? プリズミーのMCはバナナで釘が打てる寒さ(古い比喩)なれど各キャラが生き生きしていて悪くなったような?

prismDMF_45_03.jpg

曲はおなじみの「よいなかそ」。かなめの「フレッシュバナナバスケット」、せれのんの「プリズムレインボーハリケーンマキシマム」とプリズムジャンプをキメた後、かなめの瞳が七色に光って行ってらっしゃい! からの「レインボーライジング」は来るモノがありました。一連の演出もせれのんのレインボーハリケーンからの繋がりが良く、まさにせれのんの思いがかなめに伝わり花開いた感じでした。ここ一番の大技にコピーではないオリジナルの進化形ジャンプ、かなめ持ち前の明るさ・楽しさを十二分に表現した「虹」で締めたのも良かった。

prismDMF_45_04.jpg

「私、出場を辞退する…」

かなめのトンデモクオリティを見せつけられてどよんど落ち込むヘインはついに出場辞退を口にします。てな所へミシル社長が登場…砂時計トーク久しぶり!(笑。この絶望的状況をひっくり返すにはどうしたら?

「ヘインはポラリス、北極星なのです」

みんなを導いてくれる北極星、ヘインがいたからみんな迷わずに頑張れた。だからヘインを全員でサポートしてかなめに立ち向かおう。まあ正直な所ヘインにそこまでの求心力があったか?と問われれば微妙なれど、話の流れ的には悪くない、というかヘイン推しが前提のストーリーを上手く纏めたなあと。先に書いたとおり他4人の成長も見えましたし、みんなの思いを受け止めたヘインの成長(覚醒)への流れも自然に感じられました。てな様子を見てしたり顔のせれのんも良し。

prismDMF_45_05.jpg

というわけでピュリティのステージがスタート。曲はもちろんしゅわしゅわベイベ。毎回イントロ入りのソミンに目を奪われますが今回はひとしお、センターでYeahhh!の後ヘインに交代した瞬間は不覚にも目頭が熱くなってしまった。何だかこの曲この振り付け(フォーメーションチェンジ)は今回のために作られたような気がするほどのハマり様です。というかピュリティ曲は毎度聴き流し気味の私ですが、このしゅわしゅわはEDまできっちり見るほどえらく気に入ってしまいました。制作スタッフ瀕死覚悟でフルバージョンのダンスムービーを見たい(そんな

そしてヘインの覚醒へ。シユンの「大地」、チェギョンの「海」、ソミンの「大空」、そしてジェウンの「太陽」と各々のドレスモチーフを表すジャンプからみんなの思いをヘインに託し――

prismDMF_45_06.jpg

みんなとの努力の日々を思い起こしながら、星の輪廻の象徴たる「星空のシンフォニア」覚醒へ繋がる流れは非常に綺麗でした。同様パターンながら一人で爆裂したみあの覚醒より、みんなの力を感じさせるヘインの覚醒の方がココロに浸みたかも。全然関係無いけどファンコールをかき集めるが如く両手をわきわきしているみあがかわいかった(笑

一番でいる事に迷いの無いみあ、迷い続けながら誰よりも努力してきたヘイン。ううむ、この対比だと私的にはヘインを応援したくなりますが…来る決勝の行方は如何に? 予告映像を見る限りさすがに決勝戦は個人戦っぽい? これまでチーム戦オンリーだったDMFにてはたしてどんな個人ステージを見せてくれるか楽しみ。

prismDMF_45_07.jpg

一生懸命な子供たちと対称的に、違うベクトルで盛り上がっちゃってる大人たち。しっかりしてください(笑

     

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリティーリズム・ディアマイフューチャー「第45話 星空のプレリュード」/ブログのエントリ

プリティーリズム・ディアマイフューチャー「第45話 星空のプレリュード」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

今回もまた、勝負という形をとってはいるけど、実質上、覚醒促進回だったなーと思います。せれのんの言葉には、何というかスタッフの本音が乗り移ってるような感じがしましたw
ヘインはメンタル弱くて、ソミンはストレートで、かなめはポテンシャルとテンションが高くて、ミシル社長は砂時計で・・・と、各キャラの個性がよく出てた良回だったと思います。
DMFって、アニメ・物語を作る上での制約・束縛が当初から多すぎ、構造的に色々問題があるんだけど、その問題を抱えつつも破綻を防ぎ、物語を切り開いていってる印象があります。どうにかここまで来たなあと。
シュワシュワLOVEは、導入部のキャラの並び替え場面が、何かかっこいいんですよねー。ダンスにマッチする曲は、プリズムショーではやっぱ強いなと思います。

何か自分と・・・・・

ヘインの取り乱し方といい
焦り様といい半端無かったですね
ですが星空のシンフォニアは凄かったですね

No title

今回の対決は、せれのんの後輩思いが伝わり、せれのんが負けた実感はしませんでした。MARsも今回のようなきれいな対決にしてほしかったです。かなめのオリジナル技には成長したなの一言です。素晴らしかった。

来週は、ヨンファがやらさしてくれそうなので期待。今回の話は、純さんネタが少なかったので、これからが心配。

今回のお話は、本当に予想通りにヘインの星空のシンフォニアドレス覚醒でヘインが勝利しましたね。
でも、せれのんWithかなめのレインボーライジングは、かなり感動しちゃいました!せれのんのサポートぶりも良くて、
かなめはADの頃から好きなキャラでしたから、センターでもいけそうだと思いましたが、まぁ、やはりここはやっと衣装チェンジした、みあとヘインの勝負にならないとおかしいですしね(笑)
どちらが勝つか早く土曜にならないかなぁ♪
自分の好みで言うならば、あたしはヘインのドレスの方が好きです(笑)

れすれす

>通りすがりさん
キャラの個性は設定通りきちんと描かれていましたね。ミシル社長の砂時計なんてほとんど忘れていました(笑。練習マニアで誰より努力してきたはずのヘインだけがドレスチェンジできない焦り・悔しさもよく伝わり、みんなの思いを一手に受けて覚醒の流れも良かったと思います。他キャラがみんな割り切って(笑)くれたおかげで展開も自然でしたし。

しゅわしゅわ冒頭のフォーメーションチェンジはかっこいいですね。記事本文でも書きましたが、特に今回はソミン→ヘインのセンターチェンジが本編内容にジャストすぎて思わず目頭が熱く(笑

>一輝さん
満を持して発動した「星空のシンフォニア」でしたが、映像的な迫力やインパクトはあいらの「ロードトゥシンフォニア」に及ばない感じ。まあケセラ初披露のあの回のステージ全体が異常なクオリティだったとは思えますけれど。

>りずむ好きさん
結果は同じでも経緯の描写次第でこれほど印象が変わるのですね。今回はせれのんの立ち位置を逆手に取った好シナリオだったと思います。かなめの成長についても同感。レインボーストームからの繋がりはせれのんの意志を感じさせ、その思いを受け止めて見事花開いたレインボーライジングは感動的でした。やはりライジング系はクる物がありますね(笑

>ミヤさん
上レスでも書きましたがレインボーライジングは私も感動。形式的にはかなめが飛んだジャンプだけれど「せれのんK」の思いの集大成っぽく素晴らしいジャンプだったと思います。後は台本通り(笑)みあvsヘインの決勝、まあ無難なオチとしては同点でダブルセンターとか? そもそもグレイトフルシンフォニアってヒロイン二人ですよね。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2