2013-03-02(Sat)

ビビッドレッド・オペレーション #08 今日よりも鮮やかに

あかねちゃんはいつも背中を押してくれる。

vividred08_00.jpg

ありがとう、あかねちゃん。

vividred08_01.jpg

まずは前回ラスト墜落劇のその後。緊迫した空気にて救急搬送されるあかねは意識混濁の中でなおアローンを気に掛けていました。そりゃこんな言葉を聞いてしまったらラングに込められた意志も即座に理解しようってなもの。というわけで今回はビビッドシステムの中核たるあかねを除いた三名によるリベンジマッチです。

そういやあかねの飛び抜けた運動能力やビビッドシステムの中核機能からして、もしかしたら示現エンジン試作事故の時にアンドロイド化でもされているのかと思ってましたが、今回の描写を見るにどうやらあかねは生身の人間みたい? ビームの直撃を受けて墜落したのに擦り傷一つ無かったのはカワウソ博士曰く剥き出しの頭部や手足を含めてパレットスーツによる保護らしい。上手い事できてます(笑。まあ今回クライマックスでのアローン爆破に伴う衝撃波もあの至近距離で完全防御なのだから墜落の衝撃くらい誤差の範囲か。

生き延びたアローンの破片がスカイツリーに取り付き繭の中で再生を続ける、これは羽化後の描写含めて言うまでもなく往年の東宝怪獣映画「モスラ」のオマージュです。懐かしいなあ。思えば前回アローンがキラキラ輝きながらビームを発射していたのは幼虫モスラの発光や糸吐きのオマージュだったのかも。さすがに前回の段階ではそこまで気付きませんでしたが(笑

vividred08_02.jpg

半径500mに及ぶ電磁パルスの影響で電子兵器は使えず、通常兵器はバリアに阻まれ、影響を受けないパレットスーツでもビームを食らったらオシマイ、ひまわりのコランダーでも防げない。そして本作の注目点であった「あかね以外とのドッキング」はシステム上不可能とあっさり却下され、ドッキング無しでモスラに勝てる確率は1%未満。そんな死地へ嬢ちゃんたちを向かわせる訳にはいかない…絵面的には思い切りシリアスなシーンなれど判りやすすぎる出撃フラグにちょっと笑ってしまった。

「あかねちゃんはいつも背中を押してくれるの」

一方のれいはカラスに煽られて「赤いやつ」が運び込まれた病院へ出向き他三人の動向調査…って、イマサラ気付きましたがれいって「パレットスーツの中の人」が誰だか気付いていないのですね。その後見舞いに現れたあおいと遭遇、ここの会話はあかねの気質を軸に打ち解け合う二人がかなり切ない。れいにとって大切な事ならきっとあかねは判ってくれる、とはいえそれは第五話であかね自身が語ったとおり「周りの人や友達を困らせる事じゃなければ」なのだなあ。

「あなたも何かしなければならない事があるの?」
「うん。頑張ろうね、お互い」

相反する「しなければならない事」を抱える二人の励まし合いも辛い。

vividred08_03.jpg

各々が鍵を見つめて決意のシーンから、夜明け早々どこかへ出掛けるあおいを出迎えるわかば&ひまわり。決意へ至る各々の胸中はこれまでの本編を思い返しても(あおい以外)相当盛ってる気はしますが、あかねの遺志を継ぐ者としての熱い思い・三人突撃への覚悟はなかなかドラマチックでした(死んでません

そして航空基地にて出撃準備に慌ただしいカワウソ博士たちの前へ現れた三人。朝日を背負ってシルエットから背筋を伸ばして凛々しい表情の登場シーンは無駄にカッコイイ、けれどどこか懐かしい演出だなあ(笑。それはそうとあれほど嬢ちゃんたちの出撃を拒んでいた博士があっさり受け入れていて笑った。いいのかそれで。

vividred08_04.jpg

「三人じゃありません、あかねちゃんも一緒です!」

F35に箱乗りして現場へゴー!のみなさん。ラングを背負ったあおいのセリフが泣かせますが何だかこれでは本当に死んでるみたいな…。またわかばが構える改造型SGE爆弾はどう見ても人間機雷 伏龍で思いっきりイヤーンな予感。飛行しながら説明された作戦は僅かなミスも許されない一発勝負、でも私たちならできる!

「行くよ、あかねちゃん!」

背中のラングに手を添えて気合い入れ、次のカットで病院のあかねを映す演出はベタベタなれどなかなか燃えます。

vividred08_05.jpg

一方れいは現場を見通す屋上にて光の矢を構えていました。羽化後に撃った方がいいんじゃね?というカラスの助言をスルーしてぶっ放すれい、いざとなったらもう一本撃ちますと言いながら結局二本目は撃ちませんでしたね。これは撃たなかったのか、それとも撃てなかったのか。

作戦説明どおりまずはあおいの一番槍からバリアの穴をこじ開けるひまわり。ひまわり勇ましいぞ! その隙間から伏龍を構えて突撃のわかばはバーニアを吹かして「おりゃー!」と突き刺しここまでは作戦どおり。しかし爆弾は起爆せずアローンの触手に吹っ飛ばされたわかばは展望台を突き破って壁へ激突、シールドの限界を過ぎたひまわりもバリア内に落下し、心配顔で外から見ていたあおいの目に映ったものは…無情にも羽化を始めたアローンの姿でした。そして展望台のわかば&ひまわりに襲いかかる赤い目。

vividred08_06.jpg

「大丈夫だよ」

助けに飛ぶにももう間に合わない! 絶体絶命の大ピンチに諦めかけて涙を落とすあおいの背中を押し、次の瞬間ラングが開いて加速ブーストの流れは先のれいとの会話シーンも効いて非常に熱かった。とはいえこの展開はいよいよあかねが死んじゃったみたい(笑。襲いかかる触手を縫うように飛び掛かるあおいの動きはあかねの機動力が乗り移ったようで、ドッキングこそしていませんがまさに「心のドッキング」を感じさせる熱きアクションでありました。アローン本体に到達したあおいは突き出た伏龍をインパクトで打ち込んでドカーン! ド派手な爆発に至近距離の娘たちは大丈夫?と思いましたがもちろん擦り傷一つありません。パレットスーツの防御力おそるべし。

「あかねちゃん…私…頑張ったよ」

戦い済んで病院へ駆け戻った三人を待っていたのはあかねのダブルピース笑顔でした。するとあおいは張り詰めていた糸が切れたように泣き崩れ…そんなあおいの頭を黙って撫でる母性全開のあかねで締め。子供のように泣きじゃくる顔は作戦時の気丈さの裏返しでしょう。まあツッコミ所は数多あれどなかなか熱い王道話でした。

   

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ビビッドレッド・オペレーションのフィギュアがあみあみで(`・ω´・ )ノ

壁]´Д`*)。こんばんはー壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだあみあみで『スーパーフィギュア』なるものが登場なのだ(ノ)'ω`(ヾ)むにむに「ビビッドレッド・オペレーション」の「四宮ひまわり」が今度でるのだ(ノ)`ω'(ヾ)むにゅむにゅビビッドレッド・オペレーション スーパーフィギュア 四宮ひまわり-水着ver.-やわらかバスト版 1/2.5 完成品[グリフォンエンタ...

『ビビッドレッド・オペレーション』 第8話の評判

『ビビッドレッド・オペレーション』 第8話 「今日よりも鮮やかに」ビビッドレッド・オペレーション 1(完全生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券付き) [Blu-ray]posted with カエレ

VIVIDRED OPERATION 第8話の 感想

東京スカイツリーに しがみついた アローンを たおすために 南関東の 住民が 避難させられましたが、福島第一原発事故も チェルノブイリ原発のように 炉心が 爆発したり 4号機の 燃料 ...

ビビッドレッド・オペレーション 第8話「今日よりも鮮やかに」

今日は野球中継延長のおかげで1時間20分遅れの放送。 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/vividred/operation_08/

ビビッドレッド・オペレーション #08 「今日よりも鮮やかに」

思った以上に大ピンチ。「ビビッドレッド・オペレーション」の第8話。 アローンの攻撃の直撃を受けたあかね。 そのアローンはスカイツリー上部に繭を作って再生中だが時間の問題...

ビビッドレッド・オペレーション 第8話 「今日よりも鮮やかに」 感想

友情は逆境をも覆す―

ビビッドレッド・オペレーション 第8話「今日も鮮やかに」

第8話「今日も鮮やかに」 アローンの攻撃を受け、あかねが負傷で入院。 スカイツリーに繭を作ったアローンが孵化するまで時間はわずか…。 あかね不在でドッキング出来ないビ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

あおい、仮のビビッドレッドとなる。

・あおい、あかねのネイキッドラングを装着した事で仮とはいえ、あおいはあかねとのドッキングを果たしていたと見ていいだろうが、今後の設定で他の子もドッキングできる設定を希望したいくらいである。
・vビビッドレッドはあかねの2段階変身を意味していたりして。
・それと、黒崎れい。早くなんとかしないと、押しつぶされそうな雰囲気であった。

No title

…なんだろう。この展開。もう大好物です!(

王道ながらもあおいの本気が見れた回でしたね!今までの若干の不遇が嘘のような大活躍でした。村川さんの演技力もあってものすごく熱い展開でした…
戦闘前の朝日を背に歩いてくる3人、戦闘中の3人の連携も素早く、見ていて非常に見応えのあるシーンだったと思います。地殻に影響を与えるくらいの爆弾が爆発したにも関わらずアローンの攻撃以外で無傷だった3人はともかく。
個人的にもう少しももとあかねの絡みを見たかったような気もしますが、活き活きとした戦闘シーンと、お約束とも言える展開が見れただけで僕は満足ですw
「赤以外とのドッキングは不可能」と言う今回の理論は個人的に今後の伏線だと思ってます。「友情の力は科学をも凌駕する」的な…ちょっと夢見がちすぎでしょうか?w
それより気になったのは今回のれい。何故今までそうでもなかったのに今回はアローンを倒されあそこまで取り乱していたのか…そしてそれを見つめるカラスは一体…これ本当にあと4話ほどで伏線回収出来るのかなw

…と、思ってたら次回予告…w さて、どうなるの、これ。

長文&乱文失礼しました~

れすれす

>オラクルさん
赤ベース以外のドッキングも期待していましたがあっさり否定されて少々残念。人間関係の構図自体があかね中心で、またあかねの鍵だけは特別な意味を持っている感じがするので何となく納得してしまいましたが…友情パワーが高まったら奇跡的に他パターンも!みたいな展開は来ませんかねえ。

>バタフライさん
朝日を背負って飛行場に現れたシーンはこの上なくヒーローしていましたね(笑。諦めかけた時あかねの手にそっと押され、ラングが開いてジェットスクランダーの流れも熱かった…けれど記事本文で書いたようにまるであかねが亡き人みたいな印象も(笑

ドッキングについては私も同感です。最終決戦では4人ドッキングしてクライマックスフォーム! なーんて王道を期待したり。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2