2013-03-03(Sun)

プリティーリズム ディアマイフューチャー #47 ワガママみあ 前代未聞のドタキャン騒動

どんなに離れていてもきっと私たちの心は一つになる。

prismDMF_47_00.jpg

別れの辛さを乗り越え、少女たちは女神のステージへ。

prismDMF_47_01.jpg

グレイトフルシンフォニア上演の舞台はブエノスアイレスの女神のステージ、AD第45話にてみおんが自分探しに出掛けたかの地であります。4クール目OP冒頭は元より、つい最近の本編中でも何かと描写があったこのステージが最終的な舞台になるのはほぼ予想どおり、とはいえあそこって本気の登山ルート(1泊コース)の上に真夏でもダイヤモンドダストが舞うような場所なのだけれど…そんな所でマトモな上演ができるのか? そもそも観客が来れないんじゃ?(とツッコんではいけない

「こうやってずーっと一緒に踊っていたいね!」

さて現地に着いたプリティートップご一行の中、センター候補のみあ&ヘインはダンスレッスンに精を出していました。難しい振り付けに四苦八苦するみあ、しかしその表情は楽しさに溢れ、親友であるヘインと一緒の時を過ごせる嬉しさに溢れ、ずっと一緒の指切りを交わして満面の笑み。ところがミシル社長のお言葉でみあの心境は一転します。

グレイトフルシンフォニアが完成したらピュリティは帰国してメジャーデビュー、つまりピュリティとのお別れの時が迫っていたのでした。親友のデビューは喜ぶべき事だけれどお別れは辛い。離れていても親友、スマポでも繋がってる、なんてフォローもみあには通じません。一緒に泣いて笑って頑張って同じ時を過ごせる事に価値がある、だからヘイン帰らないで!…これは描き方は違えど同様のテーマを某少女アニメにて見たばかりなのでさてどうなる? と思ったけれど、結論から言えばギャグテイストの幼稚なわがまま的描写にも関わらずこちらの方が遙かにキャラの内面成長を感じられたという皮肉。現実に迫る辛い別れを受け入れ、それでも友情は変わらず、残された時間を一生懸命過ごす。別れの辛さに大泣きした後にこそ強まる絆。ベタっちゃベタベタな展開ですがやはり成長モノはこうでないと。

prismDMF_47_02.jpg

「最高のショーは全員いないと完成しない」

「嘘つき!」と言い捨てられたヘインはそれでもみあを探しに向かいます。みあ逃亡のままショーが始まれば自分がセンターを務められるにも関わらずヘインは「私たちのグレイトフルシンフォニア」に拘る。これまでずっと一緒に頑張ってきた誰一人が欠けてもそれは完成しないのです。てな言葉をキョトンと聞いて一人取り残されるソミンはペア余りの損な役回りを引いてしまった感じ? まあキャラ性からキツい事を言わせてましたが本心は誰より仲間思いってのも判っているので逆に美味しいシーンだったかも。ラブミックスのエスコートまで付いてきましたし(笑

prismDMF_47_03.jpg

そしてペアを組んでみあ捜索のシーンへ。ここでは各々のペアが互いへの胸中を語る事で、どうにも影が薄くなりがちだったサブキャラ(メイン二名以外)たちの存在をラス前に再認識させる流れ? まあここから先はどうしてもみあ&ヘインがクローズアップされるでしょうし、サブキャラ組としては実質最後の見せ場でしょうか。何だかこういうシーンを見ると番組終了を実感しますね。

prismDMF_47_04.jpg

「どんな関係だって絶対にお別れの時は来るのよ」
「それは私たちが生きているから」

夕暮れの港で黄昏れているみあの前に現れたペンギン先生&山田さん。ここの会話はギャグタッチの軽い雰囲気とセリフの重さのギャップが凄かった。先生ってばこういう深い事をサラッと言うから侮れません。すると現場へ続々と集まってきたみなさんにあっという間に取り囲まれ…逃げて隠れたみあへヘインのお言葉が浸みます。

prismDMF_47_05.jpg

二人で描いたプリズムスターの道だけど私たちはいつか違う道を歩いて行く。だから今、この瞬間を私は心に留めたい。

人は生きていく限り変わり続ける。今が最高に楽しい私たちもやがて大人になっていく。生きる=成長に伴う別れはどうしても避けられないのです。けれど一緒に輝ける今の瞬間を、最高の思い出を心に留めておけば別れても頑張れる。突然突き付けられた現実の別れへの「怖さ」からわがままに走ったみあは少々子供っぽかったけれど感情と行動が直結しているこの子らしいとも言えましょう。ヘインの言葉を理解しわがままを素直に謝罪するくだりも良かった。これにてみあも一つ成長したようです。

prismDMF_47_06.jpg

一斉に号泣してスッキリしたみなさんはいよいよ始まるグレイトフルシンフォニア本番に向けて気持ちを新たに。いいねこういうの。不安と期待と緊張が混ざった不思議な感覚に戸惑い…ここでれいなの「私たちはきっと1年前とは変わっている」に笑顔を返すかりんがかわいすぎてどうしましょう。本編でもっと活躍を見たかったなあ。ピュリティは相変わらずいじられ役のソミンがいい味。ううむ、何だかんだで1年つき合ってきたこの子たちとの別れが段々寂しくなってきました。ソミンはいいキャラに育ちましたね。

そしてついにグレイトフルシンフォニアの開幕へ。やはり雲海に浮かぶあの山のステージなのか(笑。前述のAD第45話と同じ季節なのに今回は晴れ渡って気温も高そう? 去年はダイヤモンドダストが舞っていたのに(笑。てな所で「永遠なるシンフォニアティアラ」のお披露目。前回「友情とライバル」の両立を果たし、今回「別離後も変わらない友情」を誓った二人は互いに恥じない勝負を見せてくれる事でしょう。はたしてシンフォニアの女神はどちらの頭上にティアラを輝かせるのか!?

prismDMF_47_07.jpg

一方の大人たちは…もうどうでもよくなってきたかも(笑。ADの時と違い大人たちのドラマが明らかに取って付けで、特にデザイナー対決と純さん関連が単なる昼メロ要素になってしまったのは残念。残す所は欽太郎関連で、これが気持ちよく纏まり、本筋の大団円に繋がってくれればと祈るばかりでございます…って、ミョンジャが行き会ったグラサン男は誰?

     

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

今回は・・・プリズムショーも無かったけど、まあ上演前日だしこういう回もありかなあと。しかしやっぱり話数をもてあまして引き伸ばしてる感じがしないでもありません。その割には、グレイトフルシンフォニアがどういうものかという視聴者への説明がある訳でもないし
それにしても、こういう総動員展開でMARsせれのんかなめが、ここまで出ないのは不自然すぎると思いますwペンギン先生すら久しぶりに出たのにw生きている時間と永遠というのは、重大なテーマでいいと思うんですが、それがどう生かされるのか、グレイトフルシンフォニアに期待してみますか
みあは、「成長したんだ」というより「こういう一面もあったんだ」と見えてしまうのが何か残念な気がしますw中の人は声優の新人賞をとったとか。一年間、よくこの難しい娘を演じきったなあと思います

No title

今回ミョンジャが遭遇した男は入院していたあの人でしょう。実は違ってたら面白いです。

ひとつ前のOPであいらたちが着ていた黒い衣装がグレフルに使われると思っていたらそうでもなさそうですね。じゃああの衣装は一体?

赤いめがねえ、三期続投だそうです。意外と需要ある(笑)

れすれす

>通りすがりさん
まあ好意的に捉えれば最終ステージを前に最後の気合い入れ、ついでにサブキャラたちの最後の見せ場でもありました。本当はこれまでの本編中で各キャラの日常の絡みを見たかったけれど今となっては。また結局グレイトフルシンフォニア(最終目標)の大きさがよく判らないまま本番を迎えたせいで、どうにも盛り上がりに欠ける(というかどう盛り上がればいいのか判らない)クライマックスになってしまった感じ。壮大なテーマの割に内輪のゴタゴタ感が拭えないのも盛り上がりに欠ける一因かも。

>りずむ好きさん
ラストの男は十中八九入院していたあの人とは思いますが、それにしては回復力が。こないだチラッと映った時はほとんどミイラ寸前だったじゃないですか(笑。MARsの例の衣装については本番で何が起きるか判りませんぞ?
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2