2013-03-04(Mon)

ラブライブ! School idol project #09 ワンダーゾーン

伝説のカリスマメイド「ミナリンスキー」の正体が明らかに! 

lovelive09_00.jpg

思い切って自分を変えようとしても、この街ならきっと受け入れてくれる気がする。

前回大感動のラストから一転ドタバタ風味の予告を見るに今回は箸休め? なんて予想は概ね当たっていたけれど、さりげなく奥深い話を入れ込んでいたり、ラストで不穏な引きを見せてきたり、さすが本作は毎回毎回楽しませてくれます。

lovelive09_01.jpg

「まともな事を言ってくれる人がやっと入ってくれました!」

オープンキャンパスライブの結果は上々だったらしく廃校の決定は暫く様子見となり、ついでに部室は広くなり、全て上手い事行って大喜びのくるくる穂乃果…へ釘を刺すエリチカ…の存在にキラキラ目で感涙の海未が切実すぎ。これまでの苦労が忍ばれますね(笑。そんなお言葉に拗ねる凜ちゃん、遅れて入ってきた希とのツーショットは結構衝撃映像でした。これは凜ちゃんが小っちゃいのか希が以下自重。

さてμ'sのみなさんが続々と集まる中 ことりは何やら言葉を濁しつつ急いでお帰り。思いっきり怪しい! そういや何だかんだで真姫とにこにーは仲が良いですね。二人揃って部室に来て、後のメイドカフェでもカップル用のハートストローを出されていたり微笑ましいったら(笑。

一方ことりはダイコン畑を駆け抜けてμ's包囲網から脱すると一息。カバンのポケットからチラリと見える写真はアキバのカリスマメイド ミナリンスキーさんのサイン入りじゃありませんか! まさかミナリンスキーさんの正体は!?(棒読み

lovelive09_02.jpg

オープンキャンパスライブの効果でμ'sのランキングは大幅アップとのこと。以前もランキングアップの話がありましたが順位は明言されず、はたして現在どのくらいの位置? とヤキモキしていたところ今回「50位」と具体的な数字が出てきました。これまた絶妙な位置だなあ。春先からの約3ヶ月でここまで上がれば大したもの、とはいえこの先の30組抜きはそう易々とは行きますまい。

エリチカ加入による女性ファン増加もランキングアップの要因とか。いやこのボディ&美貌は女性ファン以上に男性ファンへのアピール度が高かったはず。さすが三年生!…あはははは! 蕩けた表情の花陽に誰かブレーキを!(笑。それにしても穂乃果たちに全力で褒められ、希におっちょこ話をバクロされ、いちいち赤面するエリチカの破壊力が凄い。

lovelive09_03.jpg

にこにーの謎特訓でアキバへ繰り出したみなさんは「スクールアイドルショップ」に並ぶμ'sグッズに大歓声。本人たちが知らない間にグッズが売られているみたいだけど権利関係はどうなってんの? とツッコんだら野暮か。沸き立つみなさんの後ろでじたばたしているにこにーかわいい、OPのことり状態の凜ちゃんもかわいい(笑

そんなμ'sグッズのすぐ傍にクリップされたメイド写真を見つけた穂乃果。例のサインが入った写真の子はどう見てもことりであります。いったいこれは? という所で本人登場には笑った。問題の生写真を回収に訪れたことりへ穂乃果が声を掛けると「ひゃっ!」、暫し膠着の後ガチャカプセルで力技の誤魔化し、外人の振りをしてダッシュで逃亡の流れはハライテエ。ことりはいろんな部品が壊れ気味な子とは思っていたけどこれほどとは(笑。騙される凜ちゃんの素直さ、ジト目で呆れるエリチカもいい味でした。

lovelive09_04.jpg

アキバの裏通りを縫って走って逃げ切ったことり。そういやアキバも暫く行ってないから地理がサッパリです。昔はオーディオや無線やPCパーツを探しによく出掛けたけれど最近は通販で全部揃っちゃうし、交通費や手間を考えるとわざわざ出掛ける意味が無くなってしまった。それはともかく逃げ切った…と思ったらやっぱりこの人からは逃げ切れませんね(笑

「ひどいよことりちゃん! そういう事は教えてよ!」

連行後の取り調べにてことりはミナリンスキーさんの正体を明かし、てな話に荒ぶる穂乃果はジュースの奢り目当て!? そこ!? などと細かいギャグを挟みつつ語られたことりの胸中はなかなか奥が深かった。

「私、穂乃果ちゃんや海未ちゃんと違って何も無いから…」

天性のリーダーである穂乃果、しっかり者の海未。この二人に比べて自分は…と、実務スペックでは全く引けを取らない(それどころか有能すぎるほど)ことりが引け目に感じていたのは内面について。数値や形で表せないコンプレックスはなかなか解消し難いもので、努力を重ねスペックを上げて周りに追い付こうと思っても自分を客観的に見られないといつまで経っても引け目が消えない。どれほど頑張っても自分を認めてあげられず自己評価が低いまま停滞してしまう。

「自分の事を優れているなんて思っている人間はほとんどいない」

そこで帰り際のエリチカのお言葉です。どう見ても全方向に優れているエリチカですら自分が優れているとは思っていないのでしょう。傍から見たらオイオイ!ですが(笑)本人的にそうなのだからどうにもなりません。ところがエリチカがちょっと違うのは「人間にはそういう所がある」ときちんと判っている事。自己評価を低く設定するのは誰にでもある事で、むしろそれを理由に努力する事を美徳とし、互いへのコンプレックスをバネに成長していける=ライバル的な存在を嬉しく思う。自分を客観的に見られない事を逆手に取って成長への糧とする、このポジティブな考え方は非常に素晴らしいのですが…それを実践するには劣等感に沈まない強い心が必要なのですね。特にことりが抱える引け目のように内面の問題となると、たまには自分を見つめ、自分を認めてあげないと人によっては心が折れてしまう。

lovelive09_05.jpg

Bパート入りはついに壊れたことりから。何かに取り憑かれたような表情で意味不明の言葉を呟きノートに記す様子はどう見ても普通ではなく、するとほどなくノートに突っ伏し「思いつかないよぉ~」と泣き言を叫ぶ。いったい何これ何?と思いきや、アキバライブを思いついたエリチカからの作詞依頼でした。アキバライブの提案にノリノリだったのも束の間、突如作詞ノートを渡されて戸惑い、しかし周りの盛り上げに乗せられて何となく了承の流れはことりの性格が窺えますね。それはそうと希のマダムパワーが凄い(笑

その後もことりは作詞に苦戦。英語の授業は身が入らず、体育中(でかっ!)も泣き言が止まらず、ランチ中も放課後の部室でも一向に歌詞作りは進みません。仕舞いには教師に呼び出されて注意される始末、そしてまた放課後の机に向かうも溜息から諦め顔…ずっと見守ってきた穂乃果でしたがさすがに見るに見かねたか「一緒に考えよう!」とついに助け船。

lovelive09_06.jpg

穂乃果曰く「とっておきの方法」とは件のメイド喫茶で働きながら、すなわち「アキバで歌う曲ならアキバで考える」という方法でした。すると次々と店に集結するμ'sのみなさん、あまつさえ希はカメラを構え…何しに来てんだか(笑。なーんて大騒ぎの中、来店したお客さんの所へサッと向かうことり、さすがカリスマメイドと呼ばれるだけあって接客所作や笑顔も万全です。まずオムライス食べな。

「お客さんの前じゃなくてもそういう心構えが大事なの」

一方キッチンであれこれモメて険しい表情の穂乃果&海未へ「笑顔」の指導、などなど店での様子を見れば誰が「リーダー」で誰が「しっかり者」か一目瞭然で、しかし当のことりはその自覚がありません。

「別人みたい! いつも以上に生き生きしてるよ!」

その事に気付かせてくれたのは穂乃果の言葉でした。自分では「できる」とは思わないけれど「この街に来ると勇気がもらえる」「自分を変えようとしても受け入れてくれる気がする」…自分を見つめ、自分を認め、一時的にでも自己評価が変わった瞬間です。この事に気付いたことりは自分に自信が持て、つまり自分の思い・言葉に自信が持て、結果的に件の歌詞を捻り出せた。メイド喫茶のドタバタ劇かと思いきやことりの意識改革と歌詞作りを絶妙に絡めたシナリオに感心しきり。

lovelive09_07.jpg

ここからはことりの歌詞作りやライブに至る準備の様子、メイド喫茶での働きっぷりなどなど、アキバライブの曲「Wonder zone」に乗せて賑やかに描かれていきました。メイド服のμ'sがことごとくかわいくてにっこにっこにー! とはいえやはりエリチカの破壊力には感服するしか。このチラリは反則でしょう?(笑

海未とパチリで満面笑顔の亜里沙ちゃん、微妙な笑顔の雪穂ちゃんなど妹ズもご来店。にこにー&真姫のテーブルにドン!と置かれた山盛りハートのカップルドリンクには笑った。仲良いなあもう!

lovelive09_08.jpg

「私たちっていつまで一緒にいられるのかな?」

大盛況のライブを終えてお帰りの三人はファーストライブの頃を思い出し…やはりこの三人は特別な仲間なのだろうなあ。今が輝けるからこそ別れたくない、いずれ来るであろう別れに不安を隠せないことり。「それはしょうがない事」と現実的な海未。しかし穂乃果は不安げなことりをギュッと抱きしめ「大丈夫だよ、ずーっと一緒!」と…何だか最近このテの展開のレビューばっかり書いてるような気がする(笑。いわゆる「友情」と「別れの辛さ」の鬩ぎ合いですね。

今回は現実の別れが見えないまま手を取り合い「ずっと一緒」を誓い合うわけですが、その舌の根も乾かぬ次のカットでことり宛てのエアメールが届き…これがいつも通りの騙し討ち(笑)なのか、それとも本当に「別れ」の前兆なのか。何も知らずぐっすり眠ることりの寝顔が天使すぎて辛い。






      

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ラブライブ!

「ラブライブ!」9話です ーざっすじー μ'sは新たなるファンを獲得するために ことりのバイト先秋葉原でライブを行うことにする そこで歌う新曲の作詞はいつもの海未ではなく

ラブライブ! 第9話「ワンダーゾーン」

この副会長さんはオッパイ星人のくノ一か?と、ふと思う、今日この頃(笑)。 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/lovelive/schooli...

ラブライブ! 第9話「ワンダーゾーン」感想

「生徒が入ってこない限り、廃校の可能性はあるのだから頑張らないと・・・?」 「うっ、ううっ」 「嬉しいです。まともな事を言ってくれる人が、やっと入ってくれました」 「それ...

ラブライブ! 第9話「ワンダーゾーン」

μ'sメンバーの必死な思いが届き絵里を勧誘し入部してもらうことに成功! オープンキャンパスのアンケート結果が良好だったおかげか廃校案も暫く様子見に 観覧してくれた子が興味を

ラブライブ! 第9話 ワンダーゾーン

μ'sは絵里と希の加入で9人となり、オープンキャンパスのアンケート結果も悪くなかった事で、廃校の決定はもう少し様子を見てからと、先延ばしに。 更に、部室が広くなり、活動は順 ...

ラブライブ! 9話「ワンダーゾーン」

ことりちゃんが可愛すぎる! ラブライブ! 1 [Blu-ray](2013/03/22)新田恵海、南條愛乃 他商品詳細を見る

[アニメ]ラブライブ! 第9話「ワンダーゾーン」

友達もライバルも同じで、笑顔を見せて笑顔にさせて誰もが楽しい気分になれればいいんじゃないかな?

(アニメ感想) ラブライブ! 第9話 「ワンダーゾーン」

投稿者・鳴沢楓 ラブライブ! 1 (初回限定版) [Blu-ray](2013/03/22)新田恵海、南條愛乃 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ...

ラブライブ! School idol project 第9話 「ワンダーゾーン」 感想

ことりちゃんがあまあまかわいい。

ラブライブ! School idol project「第9話 ワンダーゾーン」/ブログのエントリ

ラブライブ! School idol project「第9話 ワンダーゾーン」に関するブログのエントリページです。

ラブライブ! 第9話「ワンダーゾーン」

オープンキャンパスでの評判は好評で廃校の決定は延期。 人気もあがったμ’sは、さらに順位をあげるヒントを秋葉原に探しに行きますが… そこでメイドになったことりの姿を見つけ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2