2013-04-26(Fri)

アイカツ! #28 美月とスッポン

フレッシュガールズカップ決勝へ。

aikatsu_28_00.jpg

私が突っ走れるのはあおいと蘭がいてくれるからだよ!

aikatsu_28_01.jpg

「祝ってあげないこともなくもなくってよ!」

まずは敗退組による準決勝応援パーティ。「ガンバッバ」と書かれたケーキはおとめ作? 新加入間もないプッシュ期間(?)というのに出番がこれだけのさくらはちょっと気の毒でした。そしてこの短い出番でもしっかり気を吐いているユリカ様さすがです。相変わらず空気を読む事を知らないおとめもさすが。というかユリカ様は蘭が好きすぎ(笑。常に全力でアイドルヲタ街道を突っ走るあおい、何より食欲のいちごなどなど、他のキャラが濃すぎるせいでさくらの薄さが際立ってしまいます。キャラ自体のポテンシャルは相当ありそうなので今後のはっちゃけに期待。

aikatsu_28_02.jpg

準決勝を明日に控えて眠れないいちご&あおいの部屋へ枕を抱えた蘭が登場。うはーかわいい! 美しき刃はどこまで刃こぼれすれば気が済むのか!? てな姿に嬌声を上げて写真撮りまくりのあおいはそれにしてもブレません(笑。アイカツ¥蘭¥赤面¥お泊まりモード.jpg にニマニマが止まらないあおい、取り返したい蘭、食い付くいちごがこれまた仲良すぎて辛い。

どうせ寝られないから美月さんの研究、って事で取り出したる最新号の「月刊美月」。月刊なのか!? ベッドに川の字で盛り上がる三人はじつに微笑ましいけどすっかり本題を忘れてます(笑。ここで美月さんの新ブランド「LOVE QUEEN」についてチラリ、そういや「いちご=Angely Sugar」のような、美月さんを象徴するブランドって今までありませんでしたね。満を持して登場した美月ブランドはトップアイドルに相応しいロールパン、煌びやかなゼリー…いちごの頭蓋骨には胃袋が入っているに違いない(笑

「確かに美月ちゃんと私たち、月とスッポンだね」

孤高のお月様と自分たちを比べて今回のサブタイトル「月とスッポン」の話へ。ここでいちごのセリフ「ぱくってしたらぜーったい離れてくれないやつ」は判りやすい前振りでした。それはともかくスッポンつんつんのいちごかわいい!

aikatsu_28_03.jpg

などと一晩お楽しみの三人娘はいつしか寝入って朝チュンからアイカツ恒例の体力トレーニング、ランニング・懸垂・大木を倒す特訓(違)へ。しかし基礎(筋トレ)ばかりやっていてもダメ、自分に合った特訓を見つけるのも大事…って事であおいは図書館でデータ研究、蘭はレッスン室でウォーキング特訓、しかし一人残されたいちごは自分のやり方が判らない。

「勝ちたい気持ちのまま突っ走ってみろよ」

自分に向いた特訓が判らず頭を抱えるいちごへ掃除兄ちゃんからアドバイス。もちろんこれは心構え的な意味だろうに言葉どおり突っ走っていくいちご…頭で考える前に体が動くいちごらしい行動でした。

aikatsu_28_04.jpg

というわけで早くも準決勝へ。不敵な笑みを浮かべて歩み寄る美月さんの風格ったら! しかし控え室でのやり取り後いきなりステージが始まった(しかも曲途中)時は何事かと。本気で「映像飛んだ?」と思った(笑

準決勝ステージ曲は予選と同じ「G線上のShining Sky」の4人(わか・ふうり・すなお・りすこ)バージョン。今回はあおいのかわいさが際立っていたような? ところがあおい&蘭は3回目のスペシャルアピールを出せずにあっさり敗退でした。まあ展開上こうなる事は九分九厘決まっていたようなものでしたが、アイカツだけに大番狂わせが起こるかも? と仄かな期待をしていたので少々あらら~な気分。あおいの不敗伝説についに終止符が打たれた!

それはともかく敗退した二人の「負けた悔しさといちごが勝った嬉しさは別」というセリフには心が洗われました。仲間の勝利を素直に喜べる関係ってのは何より素晴らしく、またそのやり取りが自然に聞こえる関係を築いてきたこれまでの積み重ねも素晴らしい。

aikatsu_28_05.jpg

美月パレスの暗い部屋で一人ステージ映像を確認しいちごをロックオンの美月さんに対し、寮の部屋で賑やかに決勝対策会議の三人。あおいの敗因は過去データを気にしすぎてペース配分に失敗、蘭は落ち着いていこうと考えすぎてハジけられなかった…気が散ったんだよぅ! ああもう! 蘭¥赤面フォルダがまた埋まっちゃう!

というわけでアイ! カツ! アイ! カツ! と決勝へ向けていちご流トレーニング開始。やっぱり突っ走るんだ!…と思ったら突然ピコピコハンマーのアップからアイカツもぐら叩きゲーム!? ターザンゲーム?

aikatsu28_06.jpg

「私はこのフレッシュガールズカップを通じて将来組む相手を探しているの」
「私はスッポンです!」
「え?」

そしてついに決勝へ。別府先生が退室した後美月さんは神妙な面持ちで秘めたる目的を吐露し、するといちごは「私はスッポンです!」…この噛み合わない会話には笑った。ほんとアイカツの会話センスは凄い。しかもこの異次元な返しがギャグではなく真に迫っているのも凄いと思う。

美月さんの本気を感じさせるラブクイーンのパーティークイーンコーデ。ゴージャスでセレブリティではあるけれど「アイドル」にしては少々マダムすぎないかこれ?(笑

決勝曲はこれまで同様「G線上のShining Sky」でステージも同じ。ゴージャスなパーティークイーンコーデと背景の落書き黒板とのミスマッチ感が凄い。それはそうとして別府先生の「レッツアピール!」がクセになりそう。今後同曲が使われた時に別府先生の声が無いと寂しくなりそうな(笑

そのアピールはイントロ早々スートアピールを見せた後、続く合図ではキラッキラのスペシャルアピールに。いちごが放ったプレミアムエンジェルアローの矢が弾けて美月さんのアピールに繋がるカットは、いちごvs美月さんの熱い戦いを感じさせるものでした。ところがいちごは3発目のアピールを出せず、一方美月さんはダメ押しの4発目を発動させ格の違いを見せつけてフィニッシュ。まあ美月さんが勝つのは既定とはいえ、ここまでの勝負全て3発目を出せずに敗退の流れがいまいちスッキリしない感じ。せめて決勝戦くらいはもう少し勝負らしい緊迫感が欲しかった。というか美月さん普通に4発出してるし。

aikatsu_28_07.jpg

「彼女に向いている事を一つ見つけたわ」

決勝後の学園長はあおいの将来について微妙なお言葉。まさかトレーナーへの転向? そこから夜の寮部屋にていちごへ当てたメモ書きシーンは穏やかじゃないわね? と思ったら海より深い友情メモでちょっとウルッと来た(笑。あおいがいい子すぎて泣ける泣ける。

「スッポンのようにこのまま私に食らいついて来られるなら、あなたは太陽になれるかもしれない」

眠れず部屋を出たいちごは夜の東屋にて美月さんと邂逅。よく会いますね(笑。ここで美月さんは前振りどおり「月とスッポン」の別解釈をいちごへ説きます。見上げる月と地べたのスッポン、しかしスッポンはいつまでもスッポンではない。同じ丸いものでも月を越えた太陽となれ、いつか私を越えるアイドルとなれ。夜空に美しく輝く月vs燦々と世界を照らす太陽の対比はまさに美月さんvsいちごのイメージ、じつに熱く綺麗な締めでした。

       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第28話 美月とスッポン」/ブログのエントリ

アイカツ!「第28話 美月とスッポン」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

勝負の描写自体は、何かあっさりしすぎてましたね。同時にステージに立ち、時間的にも表現力的にも限られたCGの中で、勝負の緊迫感とかを出すのは難しいのかもしれませんね。そもそもこのアイドルのステージというもの自体が何か勝負事に向かないような気もします
あと何かモヤモヤするのは、美月ですね。絶対的な実力でトップに君臨してる彼女が、組む相手を探してるということ自体に何か違和感を覚えました。そんなもん無くても一人で十分輝けると思うんだけど・・・なぜ組む相手を探してるのか理由がほしいところですね
いちご達は相変わらず自然体で仲良く競い合い、見てる方もほっこりしてしまいますね。つーか蘭のいちご&あおい好きはそろそろ何かヤバイw
負けたいちごの持つ太陽の明るさと、勝った美月の持つ圧倒的な月の光・・・でも月って、太陽の光で輝いてるんですよね。これって何かの暗喩があるのかもしれませんね。

よくみると準決勝は前話とアピールのタイミングがちがってたり
細かい演出はそれなりにしてるんですよね
その労力がさらっと流されて生きてないのがなんだか残念です
ラブクイーンの先行かなりドキドキものになれるところだから
もっと勿体ぶって欲しかったなあ。
美月といちごの対比はすごくよく分かった回だから次は美月自身を掘り下げた回があると嬉しいですね

No title

ユリカ様の可愛さが穏やかじゃないですね…なんと素晴らしいことか。ユリカ様と蘭太郎のやり取りにニヤニヤが止まらない!

「あなたは太陽になれるかもしれない」からのED入りは凄く熱かったですね!

そしてアイカツ格言で盛大に吹いた(笑
話の都合とか言っちゃいかんてw

蘭ちゃんはもういちごちゃん達の部屋に引っ越しちゃいなよw

美月さんがパートナーを探してるのはマスカレードに何かしら関係あるのかも (以前のりんごさんの表情はもしかしたら…

後、今回気になったのは最後のあおいの違和感ですね
某りずむさんのようにならなければいいけど…

れすれす

>通りすがりさん
アイカツシステムでの勝負は確かに判りにくく、「全力でぶつかる決勝戦」の緊迫感はあまり感じられませんでした。美月さんのスペシャルアピール連発も同じアピール×3だったのでありがたみ(?)も薄かったですし。月と太陽の関係はいろいろ考えました。この振りは「組む相手を探している」という展開に絡んできそうな感じ。

>らいちさん
記事本文でも書きましたが別府先生の「レッツアピール!」がクセに(笑。美月さん自身の描写は第3話以来ほとんど無いのでそろそろガツン!と格の違いを見せ付けて欲しいところ。

>通りすがりさん
ユリカ様&蘭のやり取りは毎回ほっこりしますね。ユリカ様vsおとめの絡みも面白いです。本物の天然には誰も敵わないというか、あのユリカ様が始終押され気味なのも良し(笑

>通りすがりさん
準決勝前の眠れない夜、いちご部屋へ行く前に一人で枕を抱えていた蘭を想像するとキュンキュンが止まりません(笑。あおいについては学園長の発言もあって先の扱いが気になりますね。転入前にチラリと見せた不穏な振りがついに起爆するかも?
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2