2013-05-05(Sun)

プリティーリズム・レインボーライブ #05 私の歌は色♥トリドリーム

ハピ ハピ ハピなる♪ なる ハピなる♪ 

prismRL_05_00.jpg

なるのマイソングプリズムショー&プリズムジャンプ初披露です。

prismRL_05_01.jpg

イースターイベントの成功によって順調に回り始めたプリズムストーン。煎餅をパフェに持ち替えて絶好調のあん、「いらっしゃませ」を言えるようになったいと、なーんて仲間を束ねるなる店長はますます張り切り笑顔でありました。ホントに女子中学生三人だけで回してるのね(笑。ところがその笑顔を一気に泣き顔に突き落とす自体が勃発!

「プリズムショーは自分のオリジナルソング、マイソングでやるのが基本よ」

客足の増加に伴って新しいショーをご所望のオーナー様による無茶降り、今度の土曜までにマイソングを用意しろとのお達しに「そんな~」と涙目のなるがかわいい。この子ほど笑顔と泣き顔を往復しまくるキャラも珍しかろう。すぐ泣いちゃうけど3秒後には笑顔に戻る立ち直りの早さも見どころか。

その後みんなに泣きつくもあんは既にマイソング持ち、いとは自分用を作曲中のためなるの世話をするヒマ無し…サッサと帰宅の二人にまたしても「そんな~」と涙目、さらに「どうしよう…」としょんぼり顔は早くも本作の様式美になりつつあります(笑

prismRL_05_02.jpg

てな様子を遠目に見守っていたりんねは彩瀬宅に先回りしてなるをフォロー? 「マイソング」の事を思い出したなるは頭を抱えてまたしても涙目、しかし大好物のグラタンが出てきた瞬間満面笑顔に…てな具合にコロコロ変わる表情は見ていて飽きません。

大好きな物を食べる時にこぼれる笑顔、なら大好きなマイソングでダンスすればハートドキドキ! ジャンプもピョーン! と笑顔復活のなるでしたが実は何も解決していません。何せスタート地点である「自分はどんな歌が好きなのか?」が判らないのですから。

「プリズムの輝き…」

明けて翌日もずっと「好きな歌」についての答えを探すなる。国語の授業中に数学のノートを広げている辺りマイソングに意識が行っちゃってる感ありありです。妙にリアルなラクガキ内容もかわいい(笑。てな具合に煮詰まったなるはふとりんねの呟きを思い出して開眼!

prismRL_05_03.jpg

「僕の歌は誰にも渡さない!」

例の屋上シンガーの歌を思い出したなるは意を決してカチ込み! すると屋上に立っていたのは田中さん…山田さんじゃないか! まさかの続投にハライテエ(笑。田中さんと対峙の後、ほどなく姿を現したギター抱えた渡り鳥は「神浜(みはま)幸司 (CV.柿原徹也)」。見たマンマ少々辛気くさい青年になるは全力笑顔で「私に歌をください!」…いきなり不躾ってのもありますが、彼は「プリズムショー」という言葉に超反応して即刻却下。何やら触れてはいけない部分をクリーンヒットしてしまったようで幸司さんは不機嫌MAXのまま立ち去ってしまいました。あらら。そしてまた泣くなる(笑

ちょうど行き会ったいとに諭され、無礼を謝ろうと再び屋上へ向かうも既に田中さんの姿は無く…そっちは別にいいか(笑。というか田中さんはどういう立場の人なんだろ?

prismRL_05_04.jpg

その頃幸司さんは原宿のディアクラウン前にてべるたちと鉢合わせ。誰彼構わず言いたい放題フリーダムなわかなおそるべし。ここでの立ち話によって幸司さんの背景がいくつか明らかになりました。曰く―

・元エーデルローズ
・辞める時に何かトラブルがあった
・元仲間の「速水ヒロ」がデビュー間近
・ヒロさんのデビュー曲は本当は幸司さんが作ったという噂
・ヒロさんはその曲を自分のオリジナルと主張している

それにしても出てくる度にマイナス印象を植え付けまくるライバルチーム。特に無遠慮を通り越して相手を小馬鹿にしているわかな&テッテ的に相手を見下す高飛車べるはいい感じに感じが悪い(変なニホンゴ。ライバル(ヒール)街道をフルスロットルでガッ飛ぶ二人に加え、穏やかながら思いっきり空気を凍らすおとはの存在感も凄い。見方によってはこの子が一番タチが悪いかも(笑

「あなたの歌を聴いてるとプリズムの光が見えるんです!」

雨が降る中待ち人来たらずのなるは眼下に望むタコ公園にりんねの歌声を見つけ、導かれるように公園へ向かうと幸司さんとご対面。やはりりんねが導いていたのね。傘を投げ捨て焼き土下座のなるは件の歌について目ぇキラキラの訴え、しかし幸司さんは沈んだ表情のまま立ち去ってしまいました。

prismRL_05_05.jpg

幸司さんに自分の思いを伝えられなかったなるは手紙作戦を思いつくも上手く書けず…「もっと国語の勉強頑張っておけば良かった」のくだりは先の国語授業中の内職に掛けている? 芸コマ。それにしても「本日はお日柄もよろしく」って(笑

「素敵なものに出会えたハートのドキドキ、みんなに届け~」

煮詰まったなるは階下の両親に相談。すると母ちゃんの素敵な絵を見つけ…全ての登場人物の中でなる母ちゃんが一番天才(言葉を選んでいます)っぽい? あまりに天才的すぎる母ちゃんの返答から「ドキドキ(自分の思い)を伝える方法」に気付いたなるは自作の絵本を持って例の屋上へゴー!

彩瀬なる作の「みにくいアヒルの女の子」。誰でもご存じ「みにくいアヒルの子」をアレンジしたストーリーはもちろんなる自身を投影したもので、才能も技術も無く八方塞がりで沈むしかない状態から「プリズムの光」を見つけ…湖上を羽ばたく孔雀は第1話冒頭の「ピーコック」を示し、その輝きに導かれて白鳥と化すアヒルはなるの思いの具現化でしょう。そしてその思いはプリズムの光となって幸司さんへ降り注ぐ。なるの思いが伝わった瞬間でした。

というわけで曲制作を引き受けてもらえて大喜びのなるかわいい! ホント表情が良い子です。「僕が作った事を誰にも言わないでほしい」という条件は以降のバレフラグっぽい? 元エーデルローズとしてプリズムストーンのプリズムショーに楽曲提供はいかにもトラブルが起きそうです。

prismRL_05_061.jpg

おそらく突然マイソングを要求されて「そんな~」「どうしよう~」の頃に撮影された写真なのでしょう。この微妙な表情のポスターはいい味出しすぎ。

prismRL_05_06.jpg

さてショー当日となり開演が迫る中で曲を待つなる。よしんば曲が出来たとしても振り付けはどうすんの!? と私も思ったけれど「曲を聴いたらダンスが見えた!」と上手く回収しました。これは第1話での振り付けド忘れ騒動が振りだったのか。それはそれとして曲納品がSDカードってのが今どきっぽい。譜面はバンドスコアだったら良かったのに。ご用事済んだらステージを見ずにサッサと帰ってしまう辺り幸司さんの複雑な胸中が窺えます。

めが姉ぇ省略のめが姉ぇ時空にてコーデチェンジは何の前振りも説明もなくト音記号のデフォルト衣装に。プリズムスターはストーンが命だけに衣装の曰くは何か欲しかったかも。

prismRL_05_07.jpg

待ちに待ったマイソングによるプリズムショー、なるの歌は「ハート♥イロ♥トリドリ~ム」です。雰囲気からしてDMFでのシャッフルチーム曲に似ているなあと思ったら作詞:三重野瞳氏、作曲:山原一浩氏とマンマでした。三重野氏の詞は本編内容を色濃く反映したいかにも少女アニメのキャラソンなれど、詩というより口語文章に近く、洗練度がイマイチなので正直少々微妙だったり(私見。一方曲についてはオクターブベースの軽快なリズムに乗った明るい曲調がなるの個性にぴったりで、サビのリフレインも良い感じに気分が盛り上がります。

映像的には衣装のト音記号をパッパと映した直後の満面笑顔がまずキャッチー。サビ頭の振り付けもいきなりかわいさMAXで、多彩なカメラワークを駆使してラブリーなるのかわいさをこれでもか!の勢いで見せてきます。全身のダンス描写からパッとバックショットを挟んで手の動き&表情を見せるバストアップへの繋ぎなどじつに京極演出っぽい。手ハートを回しながらひらひらミニスカローアングルへのカットチェンジもいかにも。

prismRL_05_08.jpg

脚やスケート靴などキャッチーなピンポイントアップを挟みながらステージが進み、DJ.Cooの「Come on Let's Dance!」から振り返りローアングル、さらに逆向きにターンして軽いジャンプから横顔アップ→客席を望むバックショット→サビ入りの一連は何度見てもキマりすぎててさぶいぼが止まらない。上手いなあ。というかちょっとラブライブっぽい?(笑

胸のストーンが光ってプリズムライブの入りはこれまでのSEチェンジではなくステージ曲のまま。以前のような唐突感が無く、ギターが唸るライブ入りへ自然に繋がるため私的には好印象でした。そしてついに発動したなるのプリズムジャンプは「100%ピュアピュアアロー」。今や大流行中の弓モチーフなれど、プリティーリズムらしさに溢れた映像はネタ被りなど吹き飛ばす美しさでありました。ただクライマックスである矢の発射カットがいまいち肩透かしっぽい…と思ったらどうやらエフェクトミスみたい?(コマ送りで見るとアタリの線画が残っている)。

無事にマイソングデビューを果たしたなるは満面笑顔でフィニッシュ。周囲のみなさんも盛り上がりますがオーナー様だけ何故か他人事っぽいシラケ顔でした。これはいったい?

prismRL_05_archery01.jpg

※ コメント欄にて「シャイニングラブキューピット」の派生? とのご意見があったため今回の「100%ピュアピュアアロー」とカンタンに比較してみました。思いを込めた弓矢を放ってハートを射貫く流れは共通、とはいえ少女アニメの弓モチーフものはたいていこのパターンだったりするので判断が難しい。実際のシーケンスは完全に別モノなので私的には有り無しで言えばアリなのだけれど…関連玩具の販促が絡むわけでも無さそうなのにわざわざ弓矢を使わなくてもと思わなくもないと言ってあげない事もなくなくってよ(どっちなんだ

prismRL_05_archery02.jpg

※ ついでに某アイカツの「エンジェルアロー」&某プリキュアの「ラブハートアロー」を比較。そういや今期レビューしてる少女アニメ全部に弓矢ネタがあるのか(笑。「エンジェルアロー」は弓を引いてパッと放つだけのあっさり技、対してラブハートアローは販促の見せ場なので相応に凝った映像です。形状はアーチェリーだけれど矢は放たないのがポイント。

【6/26発売】プリティーリズム・レインボーライブ/彩瀬なる「ハート♥イロ♥トリドリ〜ム」


       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリティーリズム・レインボーライブ第5話「私の歌は色トリドリーム」感想

プリティーリズム・レインボーライブ第5話「私の歌は色♡トリドリーム」感想 ♯05★★★★☆なる「あなたの歌を聴いてるとプリズムの光が見えるんです!」 ■評価。 ♯01★★★★...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

アップテンポでノリノリなリズムでしたね そして一発目のジャンプで弓発射!! スターオーラ全開でしたね

次は誰のマイソングでしょうか?楽しみです!

No title

今回は、なるの試行錯誤・奮闘努力がしっかり描かれててよかったと思います。課題が生じ、なるの行動に対して周りが色んな反応をして、なるが気づき、正解を見つけようとする・・・よい話のつくりだと思います。
そして、話は真面目で感動もあるのに、田中さんだったり、なるのノートだったり、紙芝居からプリズムの光だったり・・・w「真面目にやってるけど色々おかしいw」という、プリティーリズムらしいエンジンがかかってきたと思います。まだ5話なのにここまで面白くていいのだろうかw
新曲は、何ともなるらしくて微笑ましいんだけど、うーんw・・・どっちかと言うと気合が抜ける方向性の曲ですね。でも、サビはなかなか頭から抜けないw

No title

三浜君が真剣にハッピーでなるなるな歌を作っている姿を想像するとちょっと笑いが…w彼はショウさんとは別方向のスランプ系男子ですね。今作は男性陣にもドラマがありそうで楽しみです。

なるのプリズムジャンプは前作のあやみの「シャイニングラブキューピット」の派生版っぽく、完全オリジナルではないのは少し残念でしたが、ラブリー属性に相応しく可愛いらしいジャンプだったと思います。男児には剣が人気なように女児には弓矢が人気武器なのでしょうか?

次回はあんのメイン回と思いきや、早くもいとがメイン!?今回話にも出た速水ヒロも登場するようなので期待。

No title

キャラソン、長岡曲じゃなかったですね。OPはTRF曲使っているから1クールで変えるわけにはいかないだろうし。今期はBGMしか担当してくれないかもしれないですね。

田中さんは妙に嬉しかったです。後ろ姿が山田さんに似ているなと思っていたら本人だったとは。たまに、過去キャラ出してほしい。

No title

今回は全体に1期を思い出すようなノリで何だか楽しかったです。
「いとちゃんはいらっしゃいませが言えるようになりました」ってセリフは破壊力バツグンだと思います。
園児か!?

でもキャラソンはちょっと微妙かもしれない・・・
山原氏も「Mirage JET」とか「Que Sera」とかいい曲はあるんですが、やっぱり長岡氏の曲の方が個人的には好きです

れすれす

>一輝さん
サビの「ハピ~ハピ~ハピなる~なる~ハピなる~」が頭にこびり付いて困ります(笑
次はクロスさんみたいですよ。楽しみ~。

>適当にフォローさん
この真摯さと緩さの同居こそプリティーリズムの真骨頂ですね。正直唐突な展開も多いのだけれど、実写パート&CGステージ描写のためストーリーを描ける尺が慢性不足の中でよく作っていると思います。

>B級プリズマーさん
まあ幸司さんはなるの心の輝きを写し取っただけなので深くツッコまないであげてください(笑。ヒロさんとの軋轢(?)もドラマになりそうで楽しみ。シャイニングラブキューピッドに関しては記事中に画像追記しておきましたのでヒマな時にでもご確認ください。

>りずむ好きさん
私も長岡曲・池畑詩を期待していたのですがなかなか。記事本文でも書きましたがどうも三重野詩は「ステージ曲」としてオーラが足りない気がするので以下自重。それにしてもまさかまさかの田中さん…他に出られるとしたら誰でしょうね。

>yoshikageさん
「いらっしゃいませ」のくだりは私も同感、そこからかよ!みたいな(笑。キャラソンについても同感です。DMFでもここ一番の場面では長岡曲でしたし、RLでも何かキメ曲的なものが欲しいですね。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2