2013-05-17(Fri)

アイカツ! #31 母の日はアイドル!

おしゃもじ構えて母娘の初ステージ。

aikatsu_31_00.jpg

母と娘が心を通わせ、思いは受け継がれる。

aikatsu_31_01.jpg

レジェンドアイドル「マスカレード」の銅像を前にあおい先生の蘊蓄つらつらにて今回のオーディション「懐メロガールライブオーディション」&りんごさん絡みの母の日話の前振り。何でも知ってるあおい先生ですが知っているのは知ってる事だけ、全盛期での解散理由について不仲説、音楽方向性の違い説、ミヤ事故説などなど諸説を語るも謎は謎のまま。まああおい先生が生まれる前のアイドルですし、業界最大の謎の真相を知っていたら逆に恐ろしい(笑

――と書いてて思ったけれど、これを現在のリアルに当てはめると現役中学生がコムロ系(trf/華原朋美/globeなどなど)を語っているようなものなのか。相変わらずのテンションで告知された「懐メロオーディション」の課題がマスカレード曲(Wake up my music)って事で、確かに「20年前の曲」と言われれば懐メロ扱いはなるほど、とはいえ前述のコムロ曲を懐メロと言われるとおっさん的には微妙だったり。流行ったのつい最近じゃん(笑

aikatsu_31_02.jpg

曲を知らない4人へ説明のテイで視聴者へ「Wake up my music」に纏わるアレコレを説明。レジェンドアイドル・マスカレードの大ヒット曲を知らない子がアイドル学校に通っているってのも不思議な話ですがそれはいつもの事、写真を覗き込んで「伝説のアイドルの血はさぞ素敵な味がするんでしょうね…」と呟くユリカ様の目の前にいちごの白い首がチラチラしててちょっとヒヤヒヤ。その気になればすぐ味見できますよ?(笑

「懐メロには懐かしい特訓よ!」

重いコンダラ、養成ギプスと定番の懐かし特訓に励むみなさん。本家ならばこれにウサギ跳びが加わりますがやらない辺りご時世です。しかしこの用具(グラウンドローラー)を「コンダラ」と呼び始めたのは誰なんだろう。こっちの呼び方のがすっかり定着しちゃってる感じ。

すっかりサボりキャラのユリカ様へ蘭コーチのツッコミはもはや様式美、とはいえ養成ギプスのシーンなど見るに人一倍気に掛けている事が判ります。耐えきれず床に転がり丸まってるおとめへ「ユリカも頑張ってるんだ!」とかユリカ好きすぎ(笑

aikatsu_31_03.jpg

つまりペア! つまりデュオ! つまりコンビ! つまり何なんだ? って事でペアを組む事に。3組なので公平にグーチョキパーで別れましょ!…出来上がった組み合わせが思いっきり恣意的で笑ったけれど、まあその辺は目に見えない何かでお互い繋がっているという事で。

「どんだけ日陰キャラだ!?」

引き続きの特訓はこれまた定番懐かし特訓のタイヤ引き。ペアの相方がタイヤに乗ってずるずる引きずる特訓にてやはりユリカ様は日傘を差して大あくびしてます。あはは。ていうか地蔵! 蘭&ユリカ様の絡みは互いを引き立てあって微笑ましいけれどあまりサボりキャラを強調しちゃうのも微妙だなあ。かと言って日光に弱い吸血鬼キャラが陽光溢るるグラウンドで熱い特訓に汗を流しているのも絵的におかしく、その辺のバランスを取った結果が件のサボりキャラなのでしょう。難しい所です。

「結果の出ない努力なんて意味無いの」

などなど懐かし特訓を重ねたけれど成果は表れず。そりゃそうだろう(笑。先生の厳しいお言葉は実も蓋もないけれど現実的には的を射ていて…目標に向かって頑張る事はむしろ当然であり、先生(オーディション・大人社会)が問うのは「頑張った結果」のみ。もちろん「結果は出なかったけれど精一杯頑張った」という努力の美徳・内面成長ドラマも良いのですが、最終的にはそれらの努力が実を結ばなければドラマ全体が成り立ちません。

aikatsu_31_04.jpg

厳しい練習にヘトヘトの二人でしたがあおいはキラキラッターを欠かさず…見覚えがあるアイコンだと思ったら水島氏木村監督もキラキラッターやってるんだ! そして突然あおいの写真を撮り始めるいちご、いったい何を!? と思っていたららいちくんへのお土産でしたか。

というわけで母の日に帰宅したいちごはらいちくんと共にカーネーションを渡すとお手伝いスタート! 至れり尽くせりのサービスからマッサージ、さらに大掃除に走り回る二人が微笑ましい。そんな二人に目を細めるりんごさんも微笑ましい。草むしりで腰をいわすいちごがいい顔してます(笑

「体が覚えるまで練習する。それしかないのよ」

キンピラゴボウの作り方転じてアイカツの何たるか。目分量でも体が覚えているから計らなくてもいつもの味を作れる、それはステージングも同じと語るりんごさん。理屈や手順をいちいち考えていたらできない、つまり体が覚えるまで練習するしかない。どんなジャンルでもプロの仕事ってのは突き詰めればそういう事なのでしょう。料理にしろ歌にしろ絵描きにしろ漆職人にしろ、究極の「適当」を追い求め日々研鑽を重ねる。マニュアル的に数値化できない部分にこそ価値があると申しましょうか。

そしていちごはオーディションの壁を打ち明け…課題曲の「Wake up my music」について「懐かしい曲ね」「よく歌ったわ」と返すりんごさんの言葉が深すぎてさぶいぼ止まらず。上手いなあ。

aikatsu_31_05.jpg

母娘二人で出掛けた公園のステージ。アイドルに憧れてステージで歌う子供時代のいちごがかわいすぎて脳髄がフットーしそう(笑。その憧れは母娘二代に渡るもので、幼き日のりんごさんも同ステージでアイドルごっこにハマっていた。これまたかわいい! やがて成長してもステージへの思い入れは変わらず、事あるごとにここで歌っていたとか。このシーンの髪型がミヤまんまなのはもはや動かぬ証拠でしょう。これで「ミヤ≠りんごさん」だったら鼻からスパゲッティを食べながら逆立ちして町内一周レベルです。

そして旦那との出会いもこのステージ。ゲーノー関係(マスカレード関係者)の繋がりでアレコレかと予想していたけれど、このドラマチックな出会いからしてゲーノー界には関係なし? 雪が降る中「どうしてもここで歌わなきゃ」という心境はおそらく解散前の迷いの振り切りでしょうし、だとしたらタイミング的にもマネージャー説(私の勝手な予想)は見事に空振り三振であります。あらら。それはともかく旦那との思い出を語るりんごさんがオトメすぎかわいすぎ、とてもこんな大きい娘さんがいるようには見えません(笑

aikatsu_31_06.jpg

というわけで、やりますか! おしゃもじ構えた母娘の初競演はもちろんマスカレードの「Wake up my music」。ボーカルはわか&えいみと後の本番(わか&ふうり)と別にきちんとりんごさん役のボーカルが付いています。止め絵オンリーのステージ描写は途中からCG化する?とちょっと期待しましたが結局止め絵のまま、とはいえ美麗すぎる作画に満足だったためこれはこれで良しだったかと。しかしこれ以上のコーチは無いな(笑

「アイドルは女の子なら誰でも憧れるじゃない?」

そして母から娘へ受け継がれる思い。「どうしてママが持ってるの!?」と至極ご尤もな問いにカードへ込められた思いで返すりんごさん、すると優しい風が頬を撫で笑顔で受け止める娘。何と素晴らしく美しいシーンだろう。いい母の日回です。

aikatsu_31_07.jpg

りんごさんからもらったスターライトティアラを着けてオーディションステージへ。さっそく学園長が気付き、天羽さんもじみじみ語っていた辺り何か曰くがありそう? コーデチェンジ後のステージ登場エフェクトがナニゲにかっこいい! こういう見せ方もしっかり進化してます。マスカレードのキメポーズで現れた二人のミヤ側がいちごってのも感慨深い。

始まった曲はもちろん「Wake up my music」、前述どおりボーカルはいちご&あおい担当の二人(わか&ふうり)に変わっています。作曲・編曲は第12話「We wish a merry Cristmas AIKATSU! VER.」以来の岡部啓一(MONACA)氏、穏やかなメロディラインは約20年前の懐メロという設定を考えるとそれっぽいかも。頭サビの曲入りも当時っぽいです(笑

映像的にはもう毎回毎回耳タコでしょうけれど…アイカツCGステージはどこまで進化するのやら末恐ろしい。視線のやり取りや振り付けでの手の表情もよく出るようになってきました。また今回はかわいらしいステップ描写にも拘っていた感じ? 全体的に20世紀アイドルによく見られた動きは見ていてほっこりが止まりません。

aikatsu_31_08.jpg

スペシャルアピールは「スパイラルフラワー」。この絵面もほとんど行き着く所まで行ってる感じです。ただアイカツのスペシャルアピールはムービー的なギミックがあっさり気味なので完成度の割にズッキューン!と来ないのだなあ。ド派手なプリズムジャンプを見慣れているせいもあるでしょうけれど(笑

ティアラが効いたかいちごの実力か、オーディションに見事優勝したいちごをギュッと抱き締めるりんごさん。すると階段上から学園長の視線が! キツい表情は何やら不穏な予感! と思いきや学園長はふっと表情を緩め、一方のりんごさんも笑みを返しています。第17話ではナニゲに不仲説を裏付けるような描写もありましたが実際はどうなのか? 今回このシーンを見る限りでは普通に旧友っぽいけれどはたして?

       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第31話 母の日はアイドル!」/ブログのエントリ

アイカツ!「第31話 母の日はアイドル!」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

母から娘へ伝説が受け継がれた回でした。いちごちゃんもりんごさんの正体に感づき始めたのかな?
しっかし蘭ちゃんなぜ地蔵ww
そして来週のタイトルはいつかやると思ってたw

No title

冒頭の別府先生がテンション高すぎて面白かったー。「レッツアピール!」祭以降、別府先生がツボすぎる。

蘭とユリカ様が相思相愛すぎて毎度ニヤニヤですね。ペア分けが予想通り過ぎ(笑

スペシャルアピールのあおい先生が美しすぎて死ぬかと思いました。
大人達の事情の真相が気になるー。

踊りながら要所要所
視線を交わし合うふたりにトキメキが止まりませんでした!
姐さんからの愛の歌に聞こえてなりません。歌詞もかわいいですね

勝手な解釈

ミヤの意思でアイドルを辞めているので
世間からミヤは完全に身を隠すために
学園長とりんごは無関係を装い続けて
17話でお互いに気付いても声をかける事もなく
すれ違ったと個人的には解釈しています

車のスピードを緩めることもなく
少しすれ違っただけで
お互いに気付いて視線を交わすという関係に
深さがあるように感じます。

自分達の思いを受け継いでいる子供達に
対する感慨が浮かんだところで再会して
今回も無関係を装うとしたけど
お互いに笑みが浮かんだのだと思います。

No title

良回でしたね!!
3クール目で久々のぐっとくる回だった気がします。
りんごさんのダンスや回想シーンは動いて欲しかったですがw(贅沢)

いちあおのダンスは目配せと靴をコツコツやるところがかわいかったですね
また聞きたいので一回きりでないことを祈ります

本当にCG進化が止まらないね
目指せジャイロゼッターED!

今回は僕もぐっときたシーンがありました。3クール目に入ってから少しバタバタした感じでしたが、今回は久々に落ち着いた雰囲気でしたね。神回とは言いませんが良回だったと思います。お話も良いお話でしたが、新曲が良すぎて更に感動しました。アイカツ!の曲は子供向けとは思えない妙に渋い感じ好きです。

れすれす

アイカツ記事にもコメントをたくさん頂けるようになってきました。
半年経って作品の面白さが広まってきたのかな。
※使い捨てでいいのでハンドルを名乗って頂けるとありがたいです。

>通りすがりさん
りんごさんの正体にはまだ気付かぬとも「アイドルへの思い」は伝わったと思います。というかいちごより先にあおいが気付いたら面白そう。

>通りすがりさん
「レッツアピール!」抜きの「G線上のShining Sky」は考えられません。CD発売後はイントロ終わりやメロ変わりで声を出しちゃいそうです(笑。今回ステージでのあおい先生はキャプ画像スペシャルアピール右側のウインクカットにビビッときました。かわいすぎ!

>通りすがりさん
二人の視線交錯も良い演出でした。仲の良さが映像に滲み出ている感じです。

>名無しさん
世を忍ぶためあえて他人の振り、という解釈はなるほど。第17話でのすれ違いシーンの表情が互いに固かったため深読みしすぎたかもしれません。

>通りすがりさん
やはり大野木氏シナリオ回は出来が良いですね。ローテのパターンからしておそらくあと2~3回は書いてもらえそうなので次回登板が楽しみ。靴コツコツやバレエ風味のステップはかわいらしく美しく、目配せの表情も素晴らしく、アイカツCGは回を重ねる度に高値更新しているような印象です。まさかここまで進化するとは。

>通りすがりさん
ジャイロゼッターに対抗してアイカツでも盆踊りED「アイカツ音頭」をやるべきでしょう(笑

>北大路家さん
アイカツの曲はどれもドハマリ、出ているCDを延々とリピートさせているのに全く聴き飽きません。またカラオケバージョンに鼻歌を合わせると作曲・編曲の異常なほどの凝り方がよく判って面白いです。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2