2013-05-26(Sun)

プリティーリズム・レインボーライブ #08 男の勝負はダンスバトル

胸ペコソング争奪戦!? 

prismRL_08_00.jpg

禁断(?)の男子3DCGプリズムショー初披露です。

prismRL_08_01.jpg

アバンはジュネ様新作コレクション帰りのライバルチームのやり取りから。会話を聞くにべる様はおとはと違ってジュネ様を崇拝している風でも無く、見方によっては謀反を企んでいるようにさえ。第1話での面接シーンからして相当な自信家・野心家のようですし、ディアクラウンの看板を挿げ替えて差し上げる!くらい思っていそう。てな所へ流れてきたプリズムストーン店頭のステージ映像、前回お披露目したあんのマイソング「Sweet time Cooking magic~胸ペコなんです私って~」に気付いたわかなはさっそくカチ込み!

「人の歌を盗むなんて、キミ、悪い子だね」

あんvsわかなの絡みは第4話での不穏な雰囲気からして想定内で、わかながあからさまに敵視している理由は予告を見た段階ではマイソングが原因?と予想していたのだけれど、どうやら今回の騒動はパッと思いついたイヤガラセ程度で、敵視の理由はもっと深い所にありそう。というかズバリ言ってカヅキさん絡みでしょう。

カチ込んできたわかなはなる店長のデコをつんつん突きながら歌泥棒を抗議、するとクロスさんは「言いがかり」と割って入ります。つまりクロスさんにとってもこの泥棒疑惑は想定外だったということ。前回あんのステージ開始直後に見せた驚きの表情はてっきり「この歌は他人のマイソング」と気付いたゆえかと思っていた私はあっさり空振り、真意は後のシーンの呟き「やっぱりあいつの歌か」でした。曲を聴いただけでコウジさん作曲を感じ取るクロスさんってばどんだけ意識してんのかと。それはともかくモメる雰囲気に「はわわ~」のおとはがいい味すぎる。この味わいは後藤(弱)さんならではでしょう(笑

prismRL_08_02.jpg

奥に通されてのクレームシーンでは始終穏やかな口調・表情で要点を伝えるべる様の女子中学生離れした貫禄が印象的。ところがその穏やかなべる様は帰り際にりんねを見た瞬間キッと表情を変えます。いかにもりんね以外に興味なし、他の子など暇つぶし程度のザコキャラ扱いなのでしょう。

あんに曲をくれたという部活の先輩「仁科カヅキ (CV.増田俊樹)」さんはガード下を本拠とするストリートダンサーでした。どうやらこの普及度を認識していないのはなる店長だけのようで…本作に於ける「プリズムショー」の社会的ポジションは学校の部活でやるくらい一般的なのでストリート活動があっても不思議ではありません。とはいえガード下のコンクリ面でプリズムショー?と思わなくも。これがオッケーなら仰々しいトレーラーをトランスフォームせんでも以下略。そもそもガード下に集っているみなさんの誰一人としてスケート靴履いてないし(笑

「あの歌は俺が作ったんじゃねえよ」

いかにもワイルドな風貌でスケボー飛ばして颯爽と登場したカヅキさんへ事情を説明すると返ってきた言葉は意外なものでした。元々歌を作ったのはコウジさんで、カヅキさんはもらった歌をあんにお裾分け(?)しただけ。真相を聞いていちいち驚くなる店長はかわいいけれど露骨な復唱にちょっと笑った。

prismRL_08_03.jpg

思いの外ナイスガイのカヅキさんはあんの汚名返上を快諾、一方例の屋上へ向かったなる店長は手紙片手にどうしよう? てな所へ田中さんががが! 田中さんってば地味に重要ポジションだったり?

一方エーデルローズ組は件の譜面を用意して準備万端、とはいえわかなは曲に思い入れがあるわけでもなく単なる暇潰し感覚で、さらに因縁アリアリのヒロさんが加わって事態は思わぬ方向へ。いやはやエーデルローズサイドはいい感じに性悪が揃っておられる(笑

翌日プリズムストーンへゾロゾロと乗り込んできたご一行。ここでカヅキさんに気付いたわかなのリアクションはいろいろややこしくなりそうな今後の展開を予感させます。ほどなく始まった話し合い、なる店長による事情説明の後エーデルローズ組は権利関係を盾とした反論…さすがAVEXが絡んでいるだけあってじつに生臭い。そんな大人の話に風穴を開けるヒロさんの提案は「コウジ自身が来て説明してくれればチャラ」というものでした。

prismRL_08_04.jpg

「あいつの歌は誰も幸せにしない」

ところが待てど暮らせどコウジさんは来ません。いやヒロさんはコウジさんが来ない事を判っていた、先の余裕はその表れだったのでしょう。茶を啜りながら待つテイで辛辣な言葉を続けるヒロさん、一方的にボロクソ言い放つ奥底にどうにも友情を感じてしまうのは穿った見方だろうか?(笑。熱血カヅキさんとのダンスバトルも正面からきちんと応えていましたし、根っからの性悪というわけでは無さそう。

さてどうにかしてダンスバトルをやめさせたいなる店長は再び屋上へ行きコウジさんへ直訴、ところが全力グジグジ自暴自棄の彼になる店長の叫びは届きません。

「あんたの歌がぬるい理由がわかったよ」

自分の殻に閉じこもって自分のためだけに歌う、そんなヤツが作った歌が人の心を動かせる訳がない。とはいえなるにはきちんと届いていた訳で…もちろんコウジさんの考え方に問題はあるのだけれど、歌の本来の力を見通せないいとにも何かフィルターが掛かっているような? ひょっとしたら落ちぶれた父親の姿に重なっちゃってるのかもしれません。

prismRL_08_05.jpg

そして翌日。青空の下スケボーを飛ばしてダンスバトルへ向かうカヅキさんから、いきなり暴走トラックの流れは盛大に吹いた。いくらなんでもこれは(笑。その後ガード下に現れたカヅキさんへ「よっ」と返すりんねかわいい! 役者が揃った所でコウジさんはやはり来ず、というわけでカヅキさんvsヒロさんのダンスバトルがスタート!

シリーズ初の3DCG男子プリズムショーは「BOY MEETS GIRL」のイケメンバージョン、画期的なステージだけに別の曲を見たかったかも。振り付けも女子バージョンマンマで少々残念、そのせいかカットによっては少々オネエっぽく見えてついつい苦笑い。とはいえ丸2年以上の放映を経てようやく実現した男子プリズムショーにはそれだけで結構感動だったり。コーリングス&ラブミックスは草葉の陰で喜んでおられるでしょう。それはそうと「BOY MEETS GIRL」の歌唱力がプリズミーより上(以下自重

prismRL_08_06.jpg

プリズムライブが無いためプリズムジャンプの描写が旧シリーズ風に濃くて良し。やはりプリズムジャンプはこうじゃないと! ヒロさんのプリズムジャンプは「情熱!熱風!スターライトキッス」…バラを背負った恍惚顔からシャツが肌けたヘソチラ、そこからリンゴへキスしてバッキューン!のキメ…前言撤回、いくら何でも濃すぎるだろうこれは!(笑

対するカヅキさんは燃えるスケボーロードが炎の渦となり炎龍へ進化する「ブレイキングファイヤーストームバーニング」。ヒロさんのイケメン路線と対極の暑苦しいプリズムジャンプはこれもまた男子ならでは。というかこういう系統の男子キャラってプリティーリズムでは初めてかも?

prismRL_08_07.jpg

バトル中に「痛い」と気付いていたりんね、「どうしたのかしら?」と気付いていたべる様、もちろんバトル相手の不調にヒロさんは気付いていた。などなど前振りからプリズムジャンプの着地時にあわや転倒!のカヅキさんを支えに走るヒロさんはやはり悪人には見えません。

ケガの事情があろうともダンス中断によってバトルはヒロさんの勝利となり、あんのマイソングはわかなのものに…というタイミングでコウジさん登場! とはいえバトルの決着が付いた今となっては時既に遅く結果はひっくり返らない。さてどうする?と思ったら。

「コウジがここで歌ってくれたら言うとおりにしてやってもいい」

prismRL_08_08.jpg

したり顔のヒロさんvs戸惑い固まるコウジさん。しかしその様子をじっと見つめるなるの視線にコウジさんはギターケースを開き、ギターを構えてなお躊躇する姿に「がんばって!」の声。するとコウジさんはついに人前で歌い始め…第一声を放った途端表情を変え声を荒げて止めるヒロさんを見るにこの歌は何らかの因縁がありそう。ひょっとしてヒロさんのデビュー曲だったりして? というかあの雰囲気の中「いただき~ま~す~♪」を歌わされるのか!? そりゃ違う意味で歌いたくないよなあと思っていたのは私だけだろうか(笑

この結末に満足顔のべる様はいったい何が狙いだったのか? 一方なる店長は満面笑顔、コウジさんも笑顔を返し、りんねも笑顔を向け、てな中で一人ソッポ向いてるいとが良い良い。コウジさんの「特別な人」にいちいち反応する横顔は今後のややこしい流れを予感させます。ひょっとしたら三人娘の中でいとが一番オンナノコかも?

       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

[アニメ]「プリティーリズム」3期 8話 感想追加

↑23:40 なんか目覚めたかも . . . . . . . . 女児向けとも思えない著作権争いという導入。ドロドロの硬質ドラマか。日本の女児のレベル ぱないの。 で、男性キャラのプリズムショーなんだ...

プリティーリズム・レインボーライブ第8話「男の勝負はダンスバトル」感想

プリティーリズム・レインボーライブ第8話「男の勝負はダンスバトル」感想 #08★★★★☆ヒロ様「情熱! 熱風! スターライトキッス グッドナイト」カヅキ「ブレイキングファイ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

今回はどんなレビューをお書きになるかが、ある意味とても楽しみでしたwレビューのトップ画像でもう十分凄いですねwトップ画像に男性が来るのはレアなんじゃないでしょうか。
ライバルチームやヒロは、悪でもなく、嫌な感じになりすぎもせず、絶妙な「いい感じに嫌な感じ」ポジションを保ってる感じがしますね。個々のキャラの設定・意識・思惑がしっかりしてるからでしょうか。べる様は心の底でコウジを気遣っていて、彼がこの騒動に巻き込まれて、結果的に復活の兆しを見せてくれたことを喜んでいたのではないかと解釈してます。
これでひとまず全員出揃い、それぞれの思惑が交錯する、複雑だけどドキドキする展開が続きそうで楽しみです。
まあでも今回はとにかく、男子プリズムショーに大笑いするのが正しい見方のような気もしますw凄かったw真面目に作ってこんだけ笑えるってのは、やっぱり凄い。

No title

業界初の男子CGのインパクトは当然として、複雑な人間関係が見えてきてストーリー面でも一筋縄では行かない
プリティーリズムならではの奥深さが感じられる回でした。

ヒロのコウジへの想いは余裕のある表面的な態度とは裏腹に愛憎入り混じった複雑なものでしょう。
かつては親友で一緒にデビューが決まっていたのにそこから逃げたコウジは、ヒロからすれば自分を捨てた裏切り者ということに
なるのではないでしょうか。ならば自分を蹴ったコウジがなるに曲を提供したという事実には心中穏やかではないはずです。
そして曲を作る才能があるのにそれを埋もれさせくすぶっているコウジの態度は落ちぶれたいとちゃんの父親と被る部分があり
いとちゃんとしては見ていて苛立って仕方ないのも無理からぬことだと思います。

エーデルローズ勢もまだ底が知れぬ感じですが、
一見軽薄でトラブル好きっぽいわかなもカヅキ絡みで何かありそうな態度でしたし、
べる様は強い者にしか興味を持たないストイックな競技者っぽさが感じられる熱いキャラのような気がします。
謎の美少女りんねちゃんの存在も含めこれらのキャラが今後どんなドラマを作り出すのか楽しみでなりません。

プリティーリズムにはやはり女児向けとは思えぬ骨太な物語を期待したいところです。

何か凄い事に…熱すぎる

「恥さらし」
「最低マニア」
「タメなし」
等いろんな汚名を付けられてしまいましたが全部怪我すると同時に汚名返上です!
凄い事になってきましたね
エーデルローズ
かなり高レベルかもしれません!!

No title

ようやく実現した男子プリズムショー良かったですね!ジャンプはやっぱり過剰演出なくらいが丁度良いです。ヘソに吹いた(笑
振付けが女子と同じだったのは惜しかったなー。

朝から権利だ契約だの話はどうなんだろうか…。
りんねの「よっ」は素晴らしかったですね。リピート確定です。

No title

ダメだ、ヒロ君がコウジ君の前では素直になれないツンデレにしか見えない!もういい発言も「シャイな親友が自分以外の人間(なる)の前では心を開く」事への嫉妬を含んだ言動とも取れますし、これはなるを中心に三角…いやいとを入れれば四角関係が繰り広げられる?

3人目の男子、カヅキ君は熱血ナイスガイでしたね。彼のプリズムジャンプは超次元サッカーというか、せれのんの系譜を受け継いでいるような気もしました。彼女らも色々とスゴかったですしね(笑)男子勢のジャンプが耽美系・ワイルド系ときて、残る最後の系統が気になる所。彼が自分の殻を破るその時まで期待しましょう。

れすれす

>適当にフォローさん
今回トップ画像は即決でした。一応記事の顔なので毎回結構悩むのですが今回ばかりはヒロ様以外考えられず。ちなみに男性がトップ画像に来るのはDMF15話以来、プリティーリズムの記事トータルでも今回が2度目です(笑
http://teleani.blog62.fc2.com/blog-entry-1286.html

> 真面目に作ってこんだけ笑えるってのは、やっぱり凄い。
それこそプリティーリズムの真骨頂ですね。そしてしょうもない笑いの裏側で少女アニメ離れしたヘビィドラマが展開される奥深さも魅力。

>通りすがりさん
ヒロ様の態度はまさに「愛憎入り交じった」という表現がしっくり来ますね。コウジくんとの因縁がどうドラマに生かされていくのか楽しみです。というかヒロ様vsコウジくんが濃すぎてメインであるはずの女子キャラが霞んでしまうのでは?とさえ(笑。次回からエーデルローズ組も本格始動しそうでこちらも楽しみ。べる様のプリズムショー来るかな?

>一輝さん
挙げられた汚名についてはよく判りませんが凄い事になってきたのは確か(笑
やはりプリティーリズムは面白いです。

>ちごさん
まあ曲が同じなら振り付けも同じってのはある意味正しいのかもしれません。プリズムストーン組もそうでしたがダンス中の表情差などキャラ性への拘りも感じられ、濃すぎるプリズムジャンプに腹を抱え、初の男子プリズムショーは私的に結構高評価です(笑

>B級プリズマーさん
ヒロ様大人気だなあ(笑。いやかくいう私もヒロ様&コウジくんの愛憎劇の行方が気になって気になって。この二人になる店長のノーブレーキナチュラル地雷が加わってどう化学変化が起きるか楽しみです。コウジくんは当初と比べてかなり笑顔を見せるようになってきましたし、人前で歌えるようにもなった。などなどなる店長の影響バリバリの中、いちいちソッポ向いてるクロスさんもまた! コウジくんのプリズムショー(ジャンプ)はどんなでしょうねえ。ムゲンハグ系?(笑

No title

ここは新曲だろぉ!!!!!!(魂の叫び
boymeetsgirlは男女関係なく課題曲の位置づけなのね。
恍惚顔でヘソちら見せは笑うしかないですねwww
いやきっと、あのシャツのヒラヒラ加減は最新技術の結晶なんだよ!

カヅキがいい男で良かったけど、どっかで見たような気がするなぁと思ってたのが
ようやく思い出しました!アンジェリークにいたわ。ゼフェルか!
リメイクするたびにイケメン風になっていったけど、初期のゼフェルにそっくりだー!
改めて動いてる姿見ても完全にゼフェルでした。

逆向きならあわや姫抱きのアレも、一部のお姉さま方に直撃したのでは
ないでしょうか?色々と捗ったかと思われます。
なるほどここからKING OF PRISMに繋がるのね・・・感慨深いです。

エーデルローズ側、わかなは二期ヨンファに悪意をまぶした感じ、
べるはまだ底が見えず、おとはも何もないとは思えず。
そしてヒロはツンを装ったデレにしか見えなくなって、みんなきっちり
キャラが立ってて楽しいですね。

校庭や講堂、コンクリ上で滑っているってことは、舞台は平面であれば
問題ないのかな・・・。靴の方に仕掛けが?リニア的な?
スケートが発祥だから正式なところではスケート靴だけど、リニア式
スニーカーとかもあるのかも?
いくら考えても、答えはどこにもなさそうですけどw

ここまで見て、アイキャッチが毎回同じなのが何だか味気なくなってきました。
ADのときみたいなサプライズがほしいなぁ。

れすれす

>小春日和さん
おおお、凄い勢いで見てますね! RLはなかなか泥いドラマが待っているのでお楽しみに。ヒロ君の生い立ちやいと&コウジ君の因縁なんて少女アニメの設定とは思えない凄まじさですよ。とりあえず中盤ヤマ場のべる様が見どころです。スケート靴のカラクリについては当時の幼年誌に載っていて、何らかの仕組みによって浮上しているような説明があったような。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2