2013-06-09(Sun)

プリティーリズム・レインボーライブ #10 謎の生物 プリズムストーンに現る!

プリズムストーンのオーナーはピンクのカッパ!? 

prismRL_10_00.jpg

エーデルローズ組の裏の顔もチラリ?

prismRL_10_01.jpg

アバン冒頭は夜中のプリズムストーン店内を蠢く例の影、その頃あんは大怪獣モモガッパのDVDを鑑賞に大盛り上がり。頭のリボンがチャーミング! ってどんな怪獣だ(笑。言わずと知れた元ネタはもちろん日活の怪獣映画大怪獣ガッパ…今どきの中二少女にしては趣味が渋すぎる。というかあん的に昭和特撮は「ミステリアス」の範疇なのだろうか?

明けて翌朝教室にて「ドリーミングセッション」への参加についてあれこれ。いとの後席男子は相変わらずビビった表情を浮かべ、なるの後席女子は今回も机に突っ伏しています。一貫してるなあ。髪色の指定ミス(別カット(こちらが正解))はご愛敬って事で。というかあんのスカートがキワキワすぎ。何だかんだ丸め込まれて申込書へサインしちゃうなるは大きくなったらいつの間にか借金を抱えていそうな子です。

りんねのショーがネットで広まっててさあ大変!の流れ、また確認もタブレット端末だったりしていかにも今どき風であります。もうこういうネット事情など今どきティーンズには常識になっているのでしょうね。私が子供の頃はCAPTAINシステムですら超ハイテク・夢の技術で、「21世紀にはビルを縫った透明チューブをエアカーが走って、家事は全部文化女中器が片付けて、新聞は電送されてきて、きっとCAPTAINシステムもどの家庭からも見られるようになっているんだろう!」と逓信総合博物館や電気通信科学館に置かれていたCAPTAIN端末から明るく輝ける21世紀を覗いたものです。おっと脱線。

一方その頃エーデルローズ組も件の動画を眺めてあれこれ。例によってべる様を煽りまくるわかなの表情が良い良い(笑。さらにわかなは気を利かせて動画情報晒し、後のマスコミ押し掛けの振りになっています。

prismRL_10_02.jpg

スイーツの会計が合わずに困り顔のあんへいとが軽いジョーク、あのクロスさんがこんな表情を見せるようになるとは! てな所で声を掛けられたオーナー様はつまみ食いがバレた!? と一瞬の焦り顔。こんだけ疑惑MAXの中でスイーツ欲を抑えられないオーナー様ってばかわいいかも(笑

懲りないオーナー様はその晩も店の冷蔵庫へ忍び込んでスイーツを堪能し、すると立てかけてあった掃除道具に躓いて気を失ったまま夜が明け…というわけで今回第一のハイライトであるモモガッパの正体バレへ。「カッパだ!」と喜ぶあん、続くクロスさんは真顔で「ぶっさいく!」と容赦ありません(笑

こんな不細工なぬいぐるみは即廃棄! って事でペンギン先生印のゴミ袋へ放り込むべくむんずと掴むクロスさん。さすがにこの窮地にぬいぐるみの振りを続けられず脱兎もとい脱ペンギンの如く逃げ出すモモガッパ(変なニホンゴ。店員総動員で追いかけ回した挙げ句にトレンチの一撃でとっ捕まえて吊された謎生物の正体は――

「Oh! No! オーナー!」

当然ですがDJ.COOはオーナー様の正体を知っているのだなあ。ではそれら裏事情に精通しているCOO氏の正体・立ち位置が気になるところ。彼はいったい何者なのだろう。

prismRL_10_03.jpg

ここから暫く昭和的古典ギャグ、千里さんとモモガッパの早替わりコントは懐かしすぎてハライテエ。まさか今の時代にこんな古典を(笑。そんなこんなでふと店外を見るとマスコミが押し寄せ、オーナー様の正体が全国報道に!? と思いきや、押し寄せたマスコミのターゲットは4連続ジャンプを跳んだ謎の少女を追ってのもの。これにてりんねの存在が世に広まり、巡り巡ってジュネ様の耳に入り…みたいな展開の前振り?

「知られてはいけない理由があるんだな?」

血相を変えてマスコミを追い返す様子やネット晒しに憂う表情から何かを悟ったクロスさん。数々の疑問を挙げて厳しい表情で詰め寄るも千里さんは言葉を濁し…とはいえきちんと「今は言えない」と示し、後の説明を約束し場を収める辺りきっちりしてます。少女アニメでの謎の引っ張りはこれでいいんですよ。ウヤムヤのまま不自然に引っ張り続ける某作品は何故この一言が言えないのか。

現実的に詰め寄るクロスさん、ミステリアス大好きのあん、そしてファンタジー脳全開で喜ぶなる店長。続くギャラ話でも現実的なクロスさん、余裕のジョークを飛ばすあん、「おもしろーい」と無邪気に喜ぶなる店長と三者三様のリアクションに個性が表れているのは良いけれど…なる店長のリアクションが天然お子様すぎて少々不安になります(笑

prismRL_10_04.jpg

「ドリーミングセッション」の参加申し込みに向かったプリズムストーンご一行はエーデルローズ組と鉢合わせ、例によって隙あらば突っかかってくるわかながいい味です。この顔!(笑。対するプリズムストーン組の各表情もいかにも。

「遊び気分で出場されてはこちらが迷惑よ」

常に高飛車なれど言葉を荒げる事は無かったべる様の激高。おそらくこの時点のこの怒りに嘘は無いでしょう。言うなれば自身のアイデンティティを愚弄されたようなもので、プライド高きべる様にとってプリズムストーン組の舐めきった態度が逆鱗に触れたのも無理はありません。さすがのわかなもマジギレべる様には何も言えず、引き攣った表情で捨て台詞を残すのみでした。

prismRL_10_05.jpg

べる様の厳しいお言葉に戸惑う三人娘は各々別行動で男と密会し霧を晴らします。この組み合わせが決定稿だろうか?(笑。そのまず一組目、見た目ギャル男のカヅキ先輩は熱いアドバイスであんを導き…新しい事への挑戦云々は確かに良い話風ですが、あんは単にわかなとの決着を付けたいから大会に出たいだけで、新しい挑戦(ドリーミングセッション出場)に尻込みしている訳ではないのでは?(実も蓋も

「家では(ギターを)弾きたくないんだ。母さんが悲しむから」

続いていつもの屋上にてコウジくん&クロスさん。コウジくんがいつも屋上で弾いている理由についてはシリーズの傾向からして異父兄妹フラグとしか思えません(笑。ていうかギターでけえ! 「出るけど踊る気は無い」「リンクで逆立ちでもしてやる」と軽口を叩くクロスさん、するとコウジくんはギロリと睨んで「君は間違ってる」と厳しい一言を返します。今やドロップアウトのヒッキーなれど大会に対する意識は腐っていなかった。

そして問題(?)のなる店長&ヒロくん組です。相変わらず優男のテイでなる店長に近づいてお悩み拝聴からエーデルローズ本社ビルへご案内。なる店長は豪華設備に盛り上がりながら、選ばれた人間しか入れない「特別レッスン室」の見学窓を覗き――

prismRL_10_06.jpg

そこには激しいレッスンに汗を流すべる様の姿がありました。優雅な白鳥は以下略の例えの如く人知れずひたすらレッスンに打ち込むべる様、ただ大会に勝ちたいだけではなく常に高みを目指すべる様の姿勢はなる店長に衝撃を与え、しかし逆に「私には大会に出る資格が無い」と意気消沈の流れに。確かになる店長は他人と競う柄じゃありません(笑

prismRL_10_07.jpg

「それはライバルがいないからだよ」

するとヒロくんは満面笑顔でなる店長をアドバイス。ライバルの存在、そして「新しい世界」への導きなどなどやっぱりいいヤツ? と思いきや…なる店長が去った直後のべる様との電話で表情は一変!

「上手くいったよ。なるちゃんは大会に出るよ」

「二度と大会に出ようなんて気を起こさせないようにしてやらないと気が済まない」
「御浜コウジが持ってる物は何でも欲しがる悪い癖」

べる様の裏の顔きたー! 的なおどろしいBGMに乗った会話でしたが、これは暗黒面と言うよりプリズムストーン組のナメた態度に対する怒りの大きさを感じさせました。確かに手段は狡猾なれど元々やる気ゼロのなる店長を「前向きな姿勢で」引っ張り出さなければ意味が無く、ヒロくんと通じた騙し討ちのような作戦は「そこまでやるか?」と思わせますが、見方を変えれば目的完遂のためには手段を選ばない完全主義の現れと思わなくもないと言ってあげない事もなくなくってよ(どっちだ。というかこれほど巧妙に仕掛けても天然フルスロットルのなる店長には全く効かない気がします(笑

それより後段の「御浜コウジが~」のくだりに対するヒロくんのリアクションがヤンデレすぎて辛い。現状なる店長を手のひらで転がしている風ですが、いつの間にか立場が逆転しているのだろうなあ(笑

さてすっかりその気になったなる店長は大会出場を宣言し、コウジくんの言葉から何か感じ取ったかクロスさんも後に続き…てな所へスイーツ抱えて現れたモモガッパはもう隠す気無しか! そしてまた往年の早替わりコントのオチ。あはは。

prismRL_10_08.jpg

予告で示されたドリーミングセッションのトーナメント表。いきなりEdel Rose Team Sとの対戦とはクジ運が悪いにも程があります。というかEdel Rose出すぎ。シリーズ伝統のビフチキフィッシュがナニゲに参戦してて笑った。もちろん見どころはエーデルローズ組のプリズムショー、まずはおとはの出番です。あのオドオドキャラがどんなスタイルに豹変するか楽しみ。


【6/26発売】プリティーリズム・レインボーライブ/特典映像ちょこっと紹介!


       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリティーリズム・レインボーライブ「第10話 謎の生物 プリズムストーンに現る!」/ブログのエントリ

プリティーリズム・レインボーライブ「第10話 謎の生物 プリズムストーンに現る!」に関するブログのエントリページです。

プリティーリズム・レインボーライブ第10話「謎の生物 プリズムストーンに現る!」感想

プリティーリズム・レインボーライブ第10話「謎の生物 プリズムストーンに現る!」感想 #10★★★★☆なる「私がまだ見たことない世界や経験してないことがいっぱいあると思う。私...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

今回はプリズムショーが無かったのが残念ですが、次回からの大会に向けたタメ回・伏線回・序章回という位置づけでしょうか。なるやいとが大会に本気出すようにするためには不可欠の話のようにも思えますね。りんねその他の謎に対するアプローチがあれでいいというのは、レビューの通りだと思います。言えない謎がある、ということだけ視聴者も含めた共通認識になっていればいい。
いとちゃんは大分変わりましたね。あん相手に笑顔で軽口言ったり、コウジに自分から会って反応を求めたりしたり。不安定な感じもするけど、成長しているのでしょうか。
ヒロの説得には裏があったけど、その内容自体は、なるにとって事実であり、それゆえ説得力があったんだと思います。電話シーンまでは、てっきりヒロいい人やんとか思ってしまったwべる様の怒りはマジもんだけど、その怒りゆえにとったこの行為が、結果的に思わぬ良い方向に作用しそうな予感がします。
それぞれの思惑、そして本音がぶつかる次回からの大会が楽しみです。今回は、なぜだか必要回と思える不思議な感じがしました。

No title

インターミッションが伏線の宝庫なのは最早シリーズの伝統ですね。とりあえずモモガッパの散々な言われ様に笑ったwしかしオーナーと同一人物だとはまだ認識されてないようので、真の正体バレは店とりんねの秘密を明かすまで引っ張るのかな?

そして後半は、常に余裕を見せていたべるのプロ魂炸裂からプリズムストーン組の大会への動機付けと非常にテンポよい進行。特にべるはりんね絡みで、ヒロ君はコウジ君絡みで大会後に「面白店長ではなくプリズムスターとしてのなる」に興味を持つかも。おそらく1クール目の山場となるドリーミングセッション編、早くも波乱の予感がします!

れすれす

>適当にフォローさん
べる様のレッスンシーンがプリズムショーの代わりでしょうか?(笑。モモガッパ関連はもはやコントの域、一方りんねの正体についてはまさにそれこそ本作の肝部分なのでピシャリと先送りを宣言する。などなど作中キャラと視聴者の認識が一致していればモヤモヤせず楽しめるんですよね。

ヒロくんの豹変・暗躍には驚きましたが、結果的にはおそらくなる店長の覚醒スイッチを入れてしまう事になるような。監督ツイッターによるとべる様のショーは凄い事になりそうで、対するなる店長がどこまで追いすがるか? 今から楽しみです。
https://twitter.com/aobajo/status/344128037337591811

>B級プリズマーさん
モモガッパの正体についてはそのうち「なる店長だけ気付いていない」みたいな展開になりそうな(笑。満を持して始まるエーデルローズ組のショー、大会と重ねた初披露は上手い運びだと思います。おとはの本気、あんvsわかな、そしてべる様の女王の風格とここから暫く気が休まる暇がありません(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2