2013-06-14(Fri)

アイカツ! #35 涙の星

今度こそファイナルオーディション!

aikatsu_35_00.jpg

Tristarラスト1枠に収まるのは?

いちご・あおい・蘭の中から誰が選ばれるのか? 本作の事だから一筋縄では行きますまい…と思っていたらやっぱり!の結果。これだからアイカツ!はやめられない(笑

aikatsu_35_01.jpg

「今度こそファイナルオーディション」に盛り上がる一方で一足先に席を決めたかえでは世界中をプロモーションに飛び回っています。まずは上海を空挺強襲、パラシュート好きなのかな(笑

候補者三名は大統領が住んでいそう(笑)なVIPルームに連れられてオーディション前夜を別々に過ごす事に。さすがビッグイベント前夜って事で別府先生もいつもより多く回っています。グッジョブ俺!の輝きもひときわ。お察しのとおり例によって何もしてませんが(笑

各々別れて豪華な部屋に入るとテーブル上に手紙&第5弾のレアカードが置かれていました。いちごはAngely Sugarの「リボンハウスコーデ」、あおいはFUTURING GIRLの「スパークリングノワールコーデ」、蘭はSPICY AGEHAの「ノクターンコーデ」です。ゲームやってるアイカツおじさんは頑張ってゲットしてください。

aikatsu_35_02.jpg

アイカツフォンまで取り上げられて完全に一人。豪華な部屋に泊まれても一人ではつまらない、おそらく学園長は来るべき「別れ」を見越して一人の時間を設けてあげたのでしょうけれど…ノックの音に嬉々とドアを開けたいちごの空振りガッカリ顔が全てを物語っていますね。食欲魔神のいちごが食べ物を前にしてこの顔はよほど堪えているのでしょう。

その後夜空を見上げながら風に当たる三者三様、夜空の星に手を伸ばすあおい&蘭に対しいちごが伸ばした手の先は輝く月。美月さんへの憧れを如実に表すこのカットは、後から解釈すれば「美月さんを『目標』にしていてはダメ」という事を表していたのかも。

aikatsu_35_03.jpg

一夜明けて始まった「今度こそ(略」は壇上の椅子に座らされスポットを落とされTVカメラに囲まれて、まずは美月さんとタイマンの圧迫面接から。あまりの緊張に言葉を詰まらせるいちご、すると脳裏に浮かんだ2つの影に勇気づけられ…あおい・蘭との絆を笑顔で語り、その後もあおい&蘭のエピソードをつらつらと語り、そして――

「私はTristarの太陽を目指して、朝から晩まで沈まずに輝き続けます!」

これまでのエピソードから導き出されたいちごの答えは心意気として満点をあげたいけれど、ユニットの一員として考えると「太陽」は輝きが強すぎ、下手をすると他のツインスターを隠してしまう諸刃の剣なのですね。

「私はアイドルの缶詰です」

続くあおいは蓄積したアイドル知識を遺憾なく発揮し熱弁、Tristar加入後の抱負についても知識を活かす方向でしたが、これは少々美月さんが望む答えでは無さげ。ううむ。

「例えTristarに加わっても紫吹蘭は紫吹蘭です」

親友、アイドル知識と言うなれば「外側」に自身の価値を照らしていた先2人と違い、蘭は状況変化・外的要因に関わらずアイデンティティを貫く覚悟を見せます。この気概こそ美月さんが求めていた「プロ意識」なのでしょう。すぐに笑顔を向けた先2人へのリアクションと違い、面接直後暫し睨み合う様子からして真剣度が見て取れ…どうも後出しジャンケンみたいで決まりが悪いけれど、結果が出る前のオンタイム視聴時に「これは蘭で決まり?」と感じていました。

aikatsu_35_04.jpg

面接ターンが終わった所で再び世界を巡るかえでの旅シリーズ。まずはドバイの超高層ビルブルジュ・ハリファの壁面を登ってプロモーションの様子。壁登り・崖登りの課題は伊達ではなかった! ううむ、今どきのアイドルはここまでやらないといけないのか!? すぐ続いてエジプトのラクダ乗りとかえでの行動力はハンパありません(笑。ちなみにビル登りをリアルでやった人

なーんてプロジェクト速報を眺めながら、Tristarに選ばれた後の忙しさを想像してキョドるいちご。みなさん一瞬しんみりするも腹の虫の鳴き声に再び表情を緩め…こういう所がアイカツなのだなあ。この微笑ましさには見ているこっちも頬が緩みます。

aikatsu_35_05.jpg

すっくと立ち上がってケーキを食べにゴー! のはずがケーキは売り切れ、ならば作りましょう! と3人の力を合わせて出来上がったのは巨大ホットケーキ。でかすぎるって(笑。食欲魔神の天然発言にコロコロ笑うあおい&蘭、仲良いなあもう! そして先の面接時に浮かんだ影についてあれこれ、あおいと蘭のおかげで面接をやり遂げられたと感謝のいちごは超ベタベタなれどいい話、ここへ来て友情話にまたしんみり?と思いきや。

aikatsu_35_06.jpg

「それ全然感謝に聞こえない!」
「そうだ。もっと感謝しろ」
「感謝してるってば~!」

こう返ってくるのがほんとアイカツらしくて頬が緩むやら目頭が熱くなるやら。ホットケーキを取り合って仲良くキャッキャの楽しい時間…こういう「何てコトない毎日」がかけがえないのだなあ。そんな2人を眺めて「こういうのができなくなるんだよな…」としんみりの蘭、オーディション後のお別れシーンでも感じますがこの3人の中で最も友達思い(寂しがり)かもしれませんね。しんみり顔を見られて一瞬の照れ顔からケーキを「もーらい!」と横取り、ああもう!

そんなこんなでホットケーキを食べ終わり、呼び出しアナウンスが流れると夢の時間はもう終わりです。覚悟を決めて立ち上がり、伏せた目を開き、しかし心なしか足取りは重い。そんな3人を仲間たちはそっと見守り、熱い声援を送ります。そう、このオーディションは自分たちだけのものではないのです。これまたベタベタだけどいい話。みんなの思いを受け止めた3人は迷いを振り切り笑顔を取り戻し、いよいよファイナルライブオーディションへ。

aikatsu_35_07.jpg

ステージ曲はもうお馴染みとなったTristarの「Take Me Higher」、歌唱はわか・ふうり・すなおの3人バージョンです。ライブ感満載のステージ演出だけに前回までとまた違ったステージングを見せ、今回はハレーションバリバリの映像を挟んでみたり、カットチェンジやカメラアングルもより挑戦的に。どうにも不自然だった例のステップはアングルチェンジで違和感がかなり低減されたと思います。

3人のステージを厳しい表情で見つめる美月さんは深く頷き、ついに合格者の発表へ。

aikatsu_35_071.jpg

ちなみに左列が第33話、右列が今回のデルタエンドの表情です。これを見比べるとかえで参入のタイミングで他キャラも改修された事が想像できます。特に蘭の表情が良くなった感じ。女神か!

aikatsu_35_08.jpg

結果はご存じのとおり蘭が合格。これだからアイカツは油断ならぬのです(笑。あえて王道のいちごを外し、ならば親友対決たるあおい合格?と思いきやそれも外す。なるほど最近の蘭がジャンケンすら勝てなくなっていたのはここへ至る前振りだったか!?(笑

それはともかく記者会見へ向かうリムジンを前にして学園を振り返る蘭のシーンはグッと来ました。登場当初は一匹狼を気取っていたけれど本当は誰より寂しがり、親友との別れに涙を浮かべる表情描写は濃いぃ作画も相まって画面に釘付け、それにつられて私の涙腺も仕事しまくりです。ていうか「あのさ、ホットケーキ、美味しかったよ」でもう滝。いざ2人を前にして気の利いた言葉が出て来ない蘭の不器用さがよく表れていたと思います。また涙を必死に我慢して笑顔を向けるいちご&あおいも良かった。その思いに応えるように涙を拭い笑顔を向けて飛び立つ蘭、目映い光に向かって伸びるランウェイを1人歩いていく締めも良かった。

これにてTristarは決まったけれどさて残り物たち(笑)はどう動くのか。登場早々最強ユニット入りしてしまったかえでの個人的な見せ場は来るのか? 今度はドコを登るのか? 次回予告でバスローブ姿の別府先生は何?(笑。などなど息を吐く間もないほど先行きが楽しみです。

       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

言うまでもなく涙がとまらず最後のシーンは5回目でやっと観れました

しかし蘭でくるとは…
覚悟してなかったので「えぇー!?」っと声に出してしまいました

あと急に登り詰めていく展開に終演が近いのを感じて切ないです

ジョニー先生相変わらずいいですね

No title

ああ、読んでいてまた涙が流れそうでした。

蘭ちゃんさんの連敗は、Tristarオーディション合格への単純な前振りだけではなく、
本当に友達思いだから本気が出せなかっただけなんだと思いたいです。
ポンポンクレープからずっとそうなんです、きっと。
今回はいちごとあおいをを引き離してはダメだという思いが……。

CGパートはやっぱり表情が違っていたんですね。
自分は、3人での最後のステージが最後になるという、いろんな気持ちを含んだ表情に見えました。
ホントにドキッとしました。

ジョニー先生、学園長に教えてもらってないようですが、
実は学園長もそのとき知らなかったようですよね。あとで月影さんに訊いてますし…

先週半分冗談のつもりで思ってたら本当に来ちゃた蘭ちゃんさん大勝!
今のまでがこれの伏線だったらGJ スタッフ!

しっかし、いちごをあえて選らばなかったのも引っ掛かるなぁ
王道展開としては残ったいちごグループ、もしくはいちごあおいが
新生マスカレード結成でトライスター打倒?
でも美月さまがいちごをパートナーにしたがってた伏線も…
今後の展開非常に楽しみです

No title

今回は、勝敗より、別れを強調する話の作りでしたね。というかむしろ、勝敗を強調したくないからこそ、別れに話を集中させたのかな、という気も。自分は、勝敗(の理由)がハッキリと決まって、喜びに輝く勝者が見たかったので、ちょっと期待はずれでした。こういう湿っぽいのは・・・というか、別れの話が突然すぎるような気もw
蘭の勝因は多分その面接の言葉なんでしょうが、勝者の自信や喜びより、別れの悲しみの方が強調されちゃったのはどうなんでしょうね。ありのままの紫吹蘭は、誰より友情に篤く、友との別れに泣く一人の少女だった・・・そういう彼女が、果たしてトライスターで輝けるかどうか、気になります
お話自体は、限られた最後の時間を共に過ごす3人が印象的でした。別れの話は、やっぱり泣かせますね

No title

予想外の結果にびっくりです!美月さんの発表のシーンは作中キャラと同じようにドキドキしながら見てました。結果が分かってから見ると、確かに蘭が合格する演出になっていたなあと思います。蘭は面接での受け答えにスパイシーアゲハ専属モデルオーディションのことを思い出し、グッときました。蘭ちゃんカッコいい!

今回のライブシーン、オンタイム視聴時にいつもと違ってセンターのキャラを中心にしたカメラワークじゃないなと感じたのですが、録画を見直したらやはり蘭のアップが多めになっていました。CGはもちろんカメラワークも進化しまくりですごいですね~。

前回は自信満ち溢れたかえで、今回は蘭と、今後はアイドルとしての強さ、自分はどんなアイドルなのか、といったことが題材になるのでしょうか?来週が待ち遠しいです。

一日たってようやく動機息切れがおさまりました
蘭ちゃんおめでとうです!
しかし合格よりも笑顔でいちあおの抱擁を受け入れてる蘭ちゃんの変貌ぶりに涙が…
最初のころは抱きつくいちごちゃんを押しのけて拒否してたというのに。仲良くなったものです
来週の展開が全く想像できないけど
また三人になるまで頑張ってほしいですね

れすれす

意外な結果にみなさん驚きのご様子。ほんとアイカツは油断なりません。

>かえで寿司さん
私も5回くらいかかったかも。ちなみにレビューの時点では3~4周目くらいだったのでテキストを打つにもモニタが見づらくて困りました。別府先生は相変わらず要所要所でいい味を出してくれますね。次回予告の存在感も凄い(笑

>G線の上にいる人さん
自分で書いたレビューを読んで目頭を熱くする私(笑。CGパートについてはオンタイム視聴時のデルタエンドで蘭が明らかに穏やかな表情に変わっていて、なるほどそういう演出か! と感心しつつ33話と見比べてみたら全員修整されていたというオチ。もちろんこの修整にはおっしゃる意図があったと思います。

>地下の太陽再びさん
予想的中おめでとうございます(笑。このままいちご&あおいでネオマスカレード結成!も燃えますが、するとおとめ他の追加組がすっかり蚊帳の外になってしまうので難しい所。ここからどう盛り上げていくのかスタッフ諸氏のお手並み拝見ですね。

>適当にフォローさん
勝ち残った蘭の喜び・輝きは発表時の表情から見て取れますし、その様子を見ていた2人は心から蘭を祝福しているものの、立ち位置が暗いステージ袖という辺り「勝者と敗者」の構図がきっちり描かれていたと思います。別れの辛さについては「何てコトない毎日」を35話積み重ねてきた事が何よりの伏線かと。また他人との馴れ合いを誰より拒絶していた蘭の変化&本音吐露は涙を誘うものの、辛い別れを乗り越えた笑顔を見れば湿っぽさは感じませんでした。

>そばさん
面接シーンである程度読めていたものの結果を聞くまではやはりドキドキ(笑。ステージ描写についても確かに蘭を強調したカット割りになっていましたね。CGの進化はほんと凄いです。試しに第8話以前のステージを見直してみるとあまりの変化に驚いたり笑えたり。現在の極上CGで初期ステージを作り直して欲しい!

>あれはホットケーキではないさん
私もそう思います。というかあれだけ厚いと中の方はナマなんじゃ?(笑

次回はTristar初ステージなのでともかく、一息吐いた後はいちごたちの描写がメインになるでしょうし、つまり蘭の出番の激減が心配だったり。かと言って落選組とほいほい再会しちゃうと今回の涙の意味が薄れてしまう諸刃の剣。また追加されたばかりのかえでの出番もどうなりますやら。毎回毎回世界を巡るプロモーションカットを入れるだけのお仕事、ってわけにもいきませんし。

No title

公式WEB放映でみてるのでまで視てませんが、

普通の番組にならば主人公以外1人合格したら
メインから外れてしまうこともありますが
蘭の運命はいかに(笑)

PS.
アイカツおじさんなので
カードに今後の展開を予想できそうなものが

れすれす

>未放映地域民さん
まあ今後も何かとTristarと張り合う事になるでしょうし、蘭は一時的に出番が減っても要所要所ではきちんと見せ場があると思います。というかユニット勝負が加熱しすぎるとさくらちゃんの出番が…。

私は幸いにもゲームをやらないので散在を免れています。一度始めたら取り返しが付かない事になるのが判っているため君子危うきに近寄らず(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2