2013-06-25(Tue)

ドキドキ!プリキュア #21 トランプ王国へ!王女様を救え!

マナ、だいすき。

doki_21_00.jpg

愛に目覚めたレジーナの高鳴り。

doki_21_01.jpg

前回引きにて冷凍王女様&レジーナをかっさらったジコチュー組のみなさんはいつものアジトにてさっそく解凍。しかし大ハンマーで叩いても発破で吹っ飛ばしても王女様を覆う氷はビクともしません。というか普通の氷漬けだったら放っといても溶けるでしょうし、後の描写によればキングジコチュー様の落雷攻撃にも耐え、つまりこれは王女様の謎パワーによって防護カプセルのような状態を作り出しているとしか。なのにわざわざ雪山に隠れていたのはやっぱり雪山が好きd(略

そんなドタバタの一方でしんみり顔のレジーナ。ようやくマナと心を通わせられたのにムリヤリ引き離された挙げ句に問題は山積…てな胸中を見透しているベールさんは小さくニヤマリ。というわけで今回はポッと現れた小娘にヘーコラしていた中間管理職の腹の内が明らかにされ、ついにおっさん幹部の存在意義が! と思いきや、専行作戦はもちろん失敗してトホホオチまでがテンプレでした。あはは。

一方プリキュア組もアジトに戻って作戦会議。王女様はきっとキングジコチューの所へ連れて行かれた、と読んだところで自分たちには行く手段が無い。さあどうする? と思った途端にアイちゃんが持つクリスタルが光を放ち…やっぱりか! こうもあっさりワープ道が開いてしまうと例の鏡の演出が全てご破算のような。同じ事をやるにしても真琴たちの強い思いに呼応して云々みたいなワンクッションを置けば好意的解釈のしようもありますが、何せ「どうにかなるでランス~」→「ぴか!」ではアイちゃんって便利だなあとしか。アイちゃん連れてけばキングジコチューなんてきゅぴらっぱー一発で封印しちゃうんじゃないの(笑

doki_21_02.jpg

場面はキングジコチュー様の御前へ冷凍王女様を献上してあれこれ。ついに声を発したキングジコチュー様、大物声優と噂された中の人は大塚芳忠さんでした。対峙や稲や王女様に特大雷を落とすもビクともせず、ならば先に人間界の者たちを全員ジコチューに…するとレジーナはドキドキ状態から小さいムネを痛めて「そこまでしなくても」と必死に直訴。

「ぬるいわー!」

トランプ王国を襲い、地球を襲い、最終的には全宇宙のジャネジーを独占する。キングジコチュー様の目的ってそんな壮大だったのか。ジコチュー組が地球に来たのは王女様を捜し出して始末するのが第一義で、ジコチューを暴れさせてジャネジー献上は道中土産みたいなものかと。つまりこれまで「地球侵略」の意図をほとんど感じなかったためいきなりそんなん言われて不思議な気分でした。ならばもっとマジメに侵略してください(笑

動揺するレジーナをニヤマリ顔で見つめ、キングジコチュー様へ意見する様子に慌てながら一瞬ニヤマリするベールさん。鼻持ちならない社長の娘への下克上を企む表情はじつにいい味出してます。芸コマ。

「お前などもう私の娘ではないわ!」

逆らうレジーナへお怒りのキングジコチュー様はあっさり勘当から容赦無く落雷攻撃! 展開早っ。一方直雷を受けたレジーナは痛ましく感電死…せずに魔力封印だけ。焦げ一つ無いし(笑。一応娘相手だから手加減したのかな? それにしても大仰なセリフと結果の差に少々違和感、後のエスケープシーンでは容赦無く雷を落としていただけに、キングジコチュー様が何をしたいのかよう判りません。というか前回Bパートの段階でレジーナの能力は失われていたはず。では結局アレは何だったのか?

今回はレジーナの素性(キングジコチュー様との関係性)についての説明を期待していたけれど結局父娘の対話はこれっきり。レジーナは「パパが大好き」みたいですが根拠は不明のまま、これではレジーナの身の上に同情しようもなく感情移入もし難い。謎を先送りするのはこのテの筋書きの常套とはいえヒントくらいは明示してくれないと何がなんだか。

ナニゲにスルーしてましたが第7話の時点ではただの置物だったキングジコチュー様が今回第21話では意思表示するわ雷落としまくるわ結構復活しているご様子。つまり都合14人分のジャネジーでこの復活っぷり…ジャネジーは地球産に限る?(笑

doki_21_03.jpg

さてトランプ王国に到着したプリキュア組はイーラくん&マーモさんの熱い出迎えを受けます。着地失敗して埋まってるダイヤモンドかわいい(笑。そのダイヤモンドはジコチュー軍団へ一番槍、ヒツジジコチューを蹴散らしていよいよ本気アクション!? と思ったらヒツジロデオから「ここは任せて!(意訳」とお約束セリフ、さらにロゼッタ、ソード、ジョナサンまでもがハートを先に行かせる流れへ。

本ミッションの目的はレジーナ救出の面もありますが、メインはもちろん王女様奪還のはず。なのに王女様への思いが最も強かろうソードを足止め要員とは、いくら主役優先といってもソードの立場が。せめてハート&ソードで行かせ、レジーナへはハート、王女様へはソードと現場で二手に分けるとか…王女様なんてラストで火事場泥棒に遭うまで完全放置でしたし(笑

「ドドドドドド!」と擬音が付きそうな勢いで王女様の所へ急ぐハート。一方現地では意識を失ったままのレジーナを餌に一計のベールさんが手ぐすね引いて待ち構えていました。

doki_21_04.jpg

ほどなく王宮に到着したハートは早々にレジーナと対面して安堵の顔、しかし次の瞬間突如現れたクモジコチューによって床が落ち…マグマ溜まりの真上に王宮が建っているのか!? 判りやすいピンチ描写ではありますが場面設定に無理を感じない事もないと言ってあg(以下略

ここからは芥川の「蜘蛛の糸」よろしく地獄からの脱出展開へ。無慈悲な心によって自滅したカンダタに対し、レジーナを背負っている事で耐荷重1名様の糸が切れそうになってもハートは諦めない負けない。浮遊能力が封印されたレジーナは何も出来ずしがみつき、「どちらか一人が犠牲になれば」という王道のピンチで「愛」を試される。一方地上のベールさんは野心剥き出しでいい感じにメートル上げてます。一気に殺らず暫し楽しんでからってのが悪党っぽいけれどそれは確実に負けフラグです(笑

doki_21_05.jpg

「マナ、だいすき」

そうこうしているうちに脆い糸はますます切れかかり一刻の猶予も無し。てな所でムネのドキドキの正体を知り、マナからもらった愛を思い出し、レジーナは目覚めた愛をハートへ向けた。

「諦めちゃダメ!」

ハートを助けるため自らを犠牲にするレジーナ。ゆっくりと落下していく穏やかな表情にもはや暴君レジーナ様の面影はありません。とはいえこの行動はひょっとしたら究極の自己中なのかも。相手の気持ちを考えず勝手な判断で自己犠牲に走る…と言ったらマナの行動パターンマンマですね。人助けに走り回るマナの行動にはいずれ何らかの楔が打たれるはずで、今回究極の自己犠牲を示したレジーナに対するマナのリアクションこそ、そういう場面を迎えた時の解決策のような気がする。なーんてちょっと妄想しすぎか。

doki_21_06.jpg

「ドキドキが高鳴る!」

ハートの思いを受け止めたレジーナはじきに蒼い光に包まれ…こりゃどう見ても新プリキュアの覚醒シーンで、ブレスが光って封印が解け、カッと目を開いて集中線ビシィ!&OPテーマ、やはり新プリキュアはレジーナだったか!? と思った直後 マグマ地獄から飛び出してきた姿がレジーナのままであれれ? この絶好のタイミングをスルー&次回予告を見るにレジーナ説は消えた感じ。では新プリキュアの正体は王女様なのかアイちゃんなのか、それともまさか完全新キャラ?

能力を取り戻したレジーナはクモジコチューを天空へ飛ばし…だから雪山での能力消失は何だったのかと。マジメに考察して損した(笑。後はゾロゾロやってきた他メンツといつもどおりフィナーレ。大量のジコチューが浄化されて大量のプシュケーが飛び立ちましたが、倒れている王国民の所へ戻っても現状では返って危ないような気が…。

てな騒動を横目に火事場泥棒の如く冷凍王女様を担ぐジョナサン。いいのかこれで(笑。そして揃ってトンズラ! の段にて躊躇するレジーナをキングジコチュー様怒りの雷が襲った! ここでレジーナを助けたのがソードというのは気が利いてます。これにてレジーナへの蟠りは解消の方向かな。

「さあ、行こう!」

差し出されたハートの手におそるおそる手を伸ばすレジーナ。大好き(らしい)パパを選ぶかハートたちと一緒に逃げる道を選ぶか? その選択をきちんと本人にさせ、震える手をギュッと握って走り出す一連はなかなかドラマチックでした。優しく見守るソードの表情も良い良い。しかしレジーナは逃げ込んだワープ空間で不安な表情を浮かべ…そうそう単純にはいかないようです。

doki_21_07.jpg

というわけで次回は新プリキュア「キュアエース」が登場!? もう少し引っ張ると思っていたのでいきなりの登場予告に驚きました。前髪の分け方が王女様マンマですが正体ははたして?

      

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ドキドキ! プリキュア 第21話「トランプ王国へ!王女様を救え!」

氷に閉じ込められたアン王女がトランプ王国に連れ去られた。 レジーナもいっしょにキングジコチューに謁見するが、その胸中にはマナたちのことが。 人間界も攻撃するという言葉に

ドキドキ!プリキュア「第21話 トランプ王国へ!王女様を救え!」/ブログのエントリ

ドキドキ!プリキュア「第21話 トランプ王国へ!王女様を救え!」に関するブログのエントリページです。

ドキドキ!プリキュア 第21話「トランプ王国へ!王女様を救え」

ドキドキ!プリキュアの第21話を見ました。 第21話 トランプ王国へ!王女様を救え! 「王女は頂いていく。行きましょう、お父様がお待ちです」 氷の中で眠ったままのアン王女...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

「ドキドキが高鳴る!」普通は、どう見ても愛に目覚め、自己を犠牲にしてマナを助けようとしたレジーナがプリキュアに覚醒するシーンにしか見えませんよね。
ですが、予告では来週またキンジコのジャネジー注入みたいに見えますし、エースの顔はモロ王女だし…
(公式のエースの顔とまた全然違うのは何故??)

レジーナが全くエースと無関係なのであれば、何故今回含め数回に渡り改心フラグを立て続け、(私のものよ)とまで言わせた赤のクリスタルにあれほど執着させ、五つのクリスタルで眠れる王女の元まで導かせたのか?

謎は深まるばかりです…。

れすれす

>きゅあぷりさん
ありゃどう見ても覚醒シーンでした。マグマ穴からビュッと飛び出してきた影に光が当たってキュアエース爆誕! と思ったのに(笑。ABC公式ページのキャラ紹介のエースは顔つきもそうですが縮尺(?)の方が気になりますね。予告でのイメージよりちんちくりんに見えます。
http://asahi.co.jp/precure/character/index.html#ace

クリスタルに執着させたのはキングジコチュー様による王女捜しのトラップのような気がします。とはいえこの辺は次回のエース登場に関わってくる可能性があるので現時点ではナントモ。レジーナの改心については「宿敵の娘と心を通わせられるか?」「分別すら無かったレジーナが愛を知って変わる」ことがとりあえずのテーマで、これまた次回のエース登場に(以下同文。

No title

レジーナとキングジコチューの関係に何か謎ってありましたっけ。「奥さんは誰?」とか……?w
レジーナパパが明らかに人外なもんだから、あんまり気にしたことなかったです。
レジーナの「パパ好き」って感情も実の親にそこまで理屈が必要でしょうか。虐待されながらも親を慕う子供というのはそう珍しくないと聞きますし。

キングジコチューの目的、「世界はキングジコチュー様を中心に廻ってる」「トランプ王国の悲劇を繰り返してはならない」
みたいなことも言われてたので、「宇宙全部俺のモン」的発想は特に違和感はなかったですね。
そういえば王国内のジコチューはジャネジー出さないのでしょうか。もうしそうでないならプリキュアの浄化による復活妨害の効果ってけっこう低いのでは……。

あとクリスタルが扉を開いたのはアイちゃんの能力なのでしょうか。今回はいつもの「きゅぴらっぱー」も言っていないですし、クリスタル単独の効果では?

No title

レジーナとついでに王女様を救え!でしたね(笑)
>人助けに走り回るマナの行動にはいずれ何らかの楔が打たれるはず
自分も1話の段階からそういう展開に期待してますね、中盤はキュアエースの事で埋まってしまいそうでさらに先延ばしになりそうですが

No title

やっぱりレジーナがプリキュアになってほしかったですけどね・・・。どうなることやら。

れすれす

>enoさん
現状キングジコチューとレジーナの関係はどう見ても普通の親子とは違いますよね。実際の肉親とすればキングジコチューは元々人間型でしょうし、逆に元々人間型で無いのなら人間型のレジーナを娘と呼ぶ謂われは何なのか? とまあそんな所です。

王国内のジコチューについては私も同感。なので今回見せたキングジコチューの復活っぷりは王国内ジコチューから集めたジャネジーによるものかも?と好意的解釈してみたり。するとプリキュアによる復活阻止は限りなく焼け石に水ですが(笑

>名無しさん
無双フルスロットルのマナが盛大に躓き、それを乗り越えて成長する展開を見たいです。プリキュアとしてベッタベタですけど。

>tamanoさん
これだけ尺を使って新プリキュアにならない展開は意外でした。まあ悪役の光落ちはここ数年お約束になってしまったので今年はパターンを変えてきたのでしょう。レジーナの処遇を含めこの先の展開が楽しみです。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2