2013-06-29(Sat)

アイカツ! #37 太陽に向かって

探していたのは「がんばろう」。

aikatsu_37_00.jpg

これからは三人一緒に輝こう!

Fourth Party! ヘビロテ中。

aikatsu_37_01.jpg

いちご&あおいのユニット結成を匂わせて引いた前回ラストから今回冒頭はまさにマンマの滑り出し。全校生徒が集まる講堂にて会見中継の学園長から突然のご指名に二人は手を取り合って大喜びです。このまま新生マスカレードとして活動スタート! かと思いきや。

「良かったな。いちご、あおい」

会見直後っから二人は芸能マスコミのカメラに囲まれて一斉中継。ロケバス車内で事情を知った蘭は意外な展開に驚き、祝福の言葉を呟きますが、その横顔はどこか寂しげで…前回もさりげない気遣いを見せていた美月さんはここでも蘭の異変にしっかり気付いているようでした。菜の花畑で撮った写真を見つめて思い出に浸る笑顔も辛い。もうこんな日々は帰ってこないのだなあ。このロケバス車内カットは寝コケるかえで、黙々と読書に勤しむ美月さん、そして写真を見つめる蘭と、おしゃべりするでもない三人のバラバラっぷりが凄い。とはいえ別に不仲という訳ではなく個人主義・実力勝負のプロ集団である表れでしょう。不要な馴れ合いをしないのは各メンバーが自己を確立している証拠で、蘭もそこを見込まれて加入したはずでした。

aikatsu_37_02.jpg

ユニット結成の夜の蘭とのメールすれ違い。気軽に送れるはずのメールですら気遣う相手になってしまった=距離感の演出はじつに今どき風かもしれない。互いに「相手は忙しい」と気遣っているのに距離は広がるばかり、特に一人離れた蘭は来ないメールに思いを募らせ…スタジオセットでスタンバイする二人との距離感も凄い。一仕事終えて到着したメールはユニット名のお知らせ、何かあっさり決まってましたがユニットをきちんと掘り下げるならこれだけで一本作れるネタです。というか命名ネタ含めて二人ユニットを少なくとも一話くらいはやると思っていたのですが。

「二人に…か…」

待ちかねたメールに笑顔で返信の蘭でしたが、ふと我に返るとかつての居場所に自分が居ない事に気付き…「いちご&あおい」と書かれたフッタが地味に効きます。その後の撮影仕事を明けての移動中も蘭はしょんぼり顔。いよいよダメージが表情に表れるようになり、見て見ぬ振りを通していた美月さんも直接声を掛けるほどに。

aikatsu_37_03.jpg

ロケバス移動でも一人離れて黄昏れMAXの蘭、を見守る美月さん。さすがに見かねたか到着したTV局の控え室にていちご&あおいの同局リハ情報を蘭に伝え…二人に会える! ってだけでこの表情ですよ! ああもう! ここで「喝入れに行ってあげたら?」という伝え方に美月さんの優しさ・気遣いが溢れていてちょっと感動。ところが頭の中がいちご畑に侵略されて集中力が切れた蘭は本番撮影でミス…寒々とした控え室にて平謝るカットは見ているだけで痛々しく、気遣いは見せてくれるもののサッサと先に出ていってしまう二人との距離感も切ない。

そしていちごたちのスタジオへ走る蘭。前回の予告でチラリと映された「笑顔で走る蘭」は当然「Tristarの仕事に慣れて元気を取り戻した姿」だと思っていたのですが、まさかまさかのこのシーン。この笑顔が逆に辛い。ところが駆け付けたスタジオにいちごたちの姿は既に無く…託けのスタミナジュースに添えられた手紙の連名がこれまたキッツイ。

aikatsu_37_04.jpg

そのスタミナジュースはお約束どおり激マズで、作る様子を想像して苦笑いの蘭はしかし次の瞬間表情を変え、そのまま机に突っ伏しついに崩れてしまいます。一緒に過ごした日々の輝き、何てコトない毎日のかけがえの無さ。前回のぺりぺり海苔にてその事に気付いて成長、かと思いきや、蘭のメンタルは予想以上に豆腐でした。

思えば蘭はルームメイト脱落話や第35話でのお別れを見るに元々誰より寂しがり屋で、つまり「孤高の美しき刃」とは弱い自分を隠すための仮面であり、今回いちごたちと離れた事で素顔を晒してしまったという事でしょう。持ち前のプロ意識でここまで昇り詰めたけれど、おそらく自身が気付かないうちに仲間への依存心が心を占めてしまっていた。失ってやっと気付くナントヤラってヤツです。この辺りの心理描写演出は小さいお友達にも判りやすいよう、蘭の落ち込みが少々過剰気味に描かれていたため、必要以上に豆腐メンタルに見えてしまったのは残念だったかもしれません。

てな一部始終をドアの隙間から見ていた家政婦美月さんはロケバス内で難しい顔を見せ、すると蘭は「ミスを怒っている」と勘違いして再び平謝り。ああ胃が痛い。

「あなたは私のためにパフォーマンスしているわけじゃないでしょ?」

美月さんの言わんとする事は重々判るのだけれど、チーム仕事でミスをしたら「誰のため」とは無関係に申し訳なく思うのは普通の感覚で…逆に言うとこの辺に美月さんのチーム観が窺えて面白いです。失敗も成功も共に一緒に成長しよう! とは思っていないのでしょう。

aikatsu_37_05.jpg

大阪に到着してのホテルではこれまた蘭の孤独感が描かれ続けます。広いツインルームに一人泊の絵面は寂しさをブーストさせますね。蘭は寮でも一人部屋だったけれど気の置けない仲間がいつも近くにいた、けれどここには…。

「誘えば来ると思うけど、それじゃいけない気がするの」

一方美月さんの部屋にタコ焼き食べたいかえでが強襲。自分がしたい事を積極的にアピールする様子は自己確立の表れで、美月さんは蘭にこういう精神性を期待したのでしょう。しかし実際の蘭を知り、このままでは両者にとって良い結果を生まないと察した美月さんはついに決断。意味が判らずキョトンとするかえでかわいい。というかかえで回を是非…。

その頃蘭はスタミナジュースのボトルを見つめて膝を抱えていました。もうやめて、蘭のライフはゼロよ! いちごたちに会いたくて会いたくてアイカツフォンを手にするも忙しさを気遣って指を止め、すると美月さんから例のメールが来て…夜空に輝く月を見つめてこちらもまた決意の表情へ。

aikatsu_37_06.jpg

「あおいがいてくれるから!」
「いちごと一緒なら怖いもの無しです!」

Tristarのお披露目スタジアムライブに比べて何ともショボいいちごたちのデビューステージ。盛大に記者会見した割にこの扱いの差は!? と思わなくもありませんが、当人たちにとってはそんなん些細な問題、というか気にもせず二人の世界のスタートに張り切っていました(語弊のある言い方。あおいのこの表情ったら!

ユニット名「Soleil(ソレイユ)」も発表されいい感じに温まってきたデビューステージ。どうでもいいけど「ソレイユ」というと怪奇大作戦第24話に出てきた洋裁店を思い出してしまって、私的にどうにもビミョーな感覚に囚われたり。ホントどうでもいいな。このユニット名を考えたのは二人、でも決めたのは三人。なーんて心温まる話をしている一方で件の三人目がデビューステージへ走る様子をチラチラ映し…このカットはじつにドラマチックなれどオンタイム視聴時には結構衝撃的でした。まさかいきなり参入するのか!? と。

ここまでの流れからして蘭がSoleilに参入するのは既定事項とはいえ、せめて大阪ライブをきっちり片付けてからだと思っていました。会場のファンたちは美月さんの報告に暖かい声援を送っていたけれど、ここで蘭自らが自分の声でケリを付けていれば電撃移籍の印象もまた違っていたような気がします。

というわけで蘭はSoleilに参入、結局最初から三人でのスタートとなりました。こうなる事を予感していたのか学園長の表情もじつに意味深。

aikatsu_37_07.jpg

Tristarと同様にコーデチェンジ後のキメポーズはSoleilの三人が揃ったもの。そこから始まったデビューステージはOPテーマ曲の「ダイヤモンドハッピー」でした。明るくポップに盛り上がる曲調はSoleilの雰囲気にぴったりで、揃いの衣装も相まってじつにいい感じです。この衣装は胸回りがベアトップなので地味に際どかったり。鎖骨から脇から肩胛骨からシャッターチャンスの連続です。

蘭の表情がじつに生き生きしていてよろしいなあ。表情からしてやはり彼女の居場所はここだったと思わせます。ウインクしまくるいちごもかわいい(笑。弾けるような曲調&ダンスは見ているだけで元気が出ますね。

aikatsu_37_08.jpg

Soleil版デルタエンド「トライアングルサニーライト」の発動にて蘭の表情が穏やかになっているのが印象的でした。やはり彼女の居場所は(以下同文

ステージ終えて控えテントでの一幕。美月さんの心遣いを思い起こした蘭は目の前の仲間たちに涙を見せまいと…といういいシーンなのに後ろ姿が全裸ソックスにしか見えなくてどうしたものかと(酷い感想

「がんばろう!」

目に涙を溜めたまま振り返った蘭は掛け替えのない仲間へ極上の笑顔を見せ、感慨深げに手を重ねる。最初はあれほど避けていたアクションを誰より大切に思うようになったってのは結構クるものがありました。ただ今回を絵面だけで見ていると「熱愛の末に駆け落ちした娘があっさり出戻ってきた」ように見えなくもないと言ってあg(略。上でも書きましたが蘭の豆腐メンタルを強調しすぎた感じで、その辺の匙加減と展開の急さにもう少し配慮があればもっとすっきり見られたと思います。

さて蘭が抜けたTristarの三人目はどうなるのか!? なんて白々しいか(笑。子供アニメの常とはいえ、ストーリー上の重要事項をCMでネタバレするのは勘弁してほしい。しかしユニットのメンツがCMどおりとすると余った二人はどうするのだろう。

       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第37話 太陽に向かって」/ブログのエントリ

アイカツ!「第37話 太陽に向かって」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

急展開でびっくりでしたが、眩しい蘭の笑顔とソレイユデビューのライブシーンですべて吹っ飛んだ気がします(笑)あおいちゃんはまたモデルがかわいくなった?

今回の一連でもったいなかったのは
オーディション編に力を入れすぎたために、蘭が必要以上に無責任な人間に映るようになってしまったんですよね
蘭のトライスター所属が短いなら、
蘭だけは芸歴だけで美月からの推薦とか、美月側から声をかけた程にしてればまだ良かったかもしれません
「わたしの夢で振り回してごめんなさい」って、蘭が自ら望んで来たんだから美月さん全然悪くないよとどうしても思ってしまう…
おっしゃる通り、ソレイユは名前決めに一話、なんなら一度デュオでデビューライブくらいやっても良かったかもしれません
そして二人組のソレイユにはなにか足らない=いちあおには蘭が必要
ソレイユと今の自分に葛藤する蘭
という状況からの
蘭を送りだす美月を描いても良かったかも…
まあ妄想ですが

ところで今回の一件で美月さんかえでちゃんの大物の風格を見せつけられた感じです
かえでちゃんはまだ見せてないなにかがあるはず(ないか

蘭ちゃんはもういちあおなしでは生きていけない体になってしもうた
雲ってしまう前に自由にしてあげた美月さまは流石ですね(途中とんでもない表情してましたがw
まぁなんやかんやでこんな笑顔見せられたらもう許すしかないじゃないか!
やっぱりアイカツに鬱展開は似合わないということですね


No title

美月オーディションからの流れは全て、このソレイユ結成のための話だったのだなあと思いました。
ソレイユ結成は感動的でしたが、この展開に至るために失ったものは色々あると思います。
蘭は、かなり意思が弱くて依存心が強いキャラになってしまったなあと。プロ意識としてもどうなんでしょう。「自分の事しか考えてないヤツが歩いていい道じゃない。」とか言ってたのは何だったのかw
美月は人を見る目の無さを露呈してしまうし、かえではフレンドリーだけど蚊帳の外だし、トライスターというユニット自体も蘭が抜けてかなりマイナスになってしまったような。ネタバレの人の挽回に期待してますw
今回の蘭の涙は、よかったと思います。何と言うか、前向きさを感じました。

No title

CMにも面食らいましたが、さらにその前、ファンブックでがっつりネタバレ食らいました苦笑(結果的にシングルジャケット、ミニアルバム歌唱担当も)。なので「ソレイユに蘭が加入する」のが決定事項ならここからどうやってそこに持っていくのかに注目していたのですが、少々力技でしたね。

他の方も書いているように、オーディションで3話使ったのに対しトライスター活動開始の2話目で脱退してしまったので、視聴者にとってはかなりのスピード脱退に感じてしまう。またオーディション編で蘭はみんなの夢を背負っている、という風に描いたのもあって余計にモヤモヤしてしまいました。ただソレイユのステージを見たらやっぱりこの3人だよなあとも思ってしまうわけで・・・難しいところです。

ところで今回の話でさらにかえでが好きになりました笑。ちょっとしたはげましや行動に性格が表れていておもしろい子だなあと。またメイン回が欲しいですね。

No title

展開に関してはなかなか難しいですが、最後の蘭ちゃんの笑顔見て、アイカツ的にはベターな展開だったかなと思います。

こちらもCDヘビロテ中ですが、ヒラリ/ヒトリ/キラリはFullで聞くと印象変わりますね。終盤劇中でかかったらそれだけで涙腺崩壊しそうです(笑)

今回の話、正直言って微妙でした。

理由はもちろん蘭があっさりトライスターから抜け出してソレイユ入りした件ですが、これってやっぱり問題だと思います。

何故なら、それはトライスターライブ会場にいたであろう蘭のファンを裏切る行為だからです。

彼らは必死にゲットしたであろうチケットを握りしめて蘭を見ようとしていたでしょうに、実際に来てみれば蘭がいないどころかトライスターを脱退していた挙句、別のアイドルユニットに入ってヨソで楽しそうに踊っていた訳ですから。私がファンの立場なら絶対に納得いきません。

それに、ユニット(トライスター)結成してすぐにメンバーの一人が脱退し、ヨソのアイドルユニットに入ったりなんかしたら、確実にトライスター不仲説が囁かれ評判が落ちると思います。

アイカツ世界でも普通にアイドルのスキャンダル話はありますし、今回だけ例外なのは不自然極まりないので、次回はちゃんと蘭が批判を受け反省してほしいと思いました。

No title

確かに蘭が辞めた事でトライスターの仕事の違約金とか絶対発生してるよね。その辺どうなってんだろ……

学園長が払ったのかな、それとも美月さんのポケットマネー?

まあ次に期待

文章力弱めご容赦アレ

蘭ちゃんも13歳の少女ってことやったんですね
今まで感情をうまく隠して?出さずに?COOLに振る舞ってきたけど、環境が変わりステップアップした世界に戸惑い自分を見失い…
弱いとこ見せたっていいぢゃん!
先輩が厳しくも優しく導いてくれて、大ボスの織姫様がすべてを包み込む

失敗したっていいじゃない、一度や二度の挫折くらい気にすんな的に、万事OK的な大人たち、大阪ドームの巨大看板に三人で写るトライスター、違約金すら想定内だった?(うまく言い表せなくてすみません)そんな気がします

スタミナドリンク飲んでみて「まずっ」最高!いちごたちには全く気兼ねない素が出てよかった

ソレイユお披露目のときに走ってる蘭、胸が高なりました
この場を借りてご報告させていただきます!

って最初二人だけのユニット設定やったから、いちごが自由に天然でユニット名「あおいちご」とかにしなくてホントによかった!


てかいろんな予想しながら楽しみにしてたのにいきなりCMで蘭ソレイユとかあれはちょっと;
さらにユリカ様;
どうやって加入するか楽しみですが(笑)

予告でおとめちゃんが跳ねてましたね、柚葉めいと中山ユナちゃんとユニット組まないかな♪

さくらだろ!


長々失礼致しました

No title

今回の話は、アイカツ!にしては珍しくモヤモヤが残りましたね。その原因は蘭の脱退の速さと、蘭含めアイカツ世界のキャラクターに対してのものです。トライスターのライブには蘭を見るために来ていた蘭のファンも必ずいたでしょう。プロ意識の高い蘭が、その方々を裏切ったともとれる行動をとっておいて、本人の反省している描写はほとんどありませんでした。そして誰もそれを責めないのがまたどうかと。彼女達のしていることは遊びじゃなくアイドルという仕事ですから、これを咎める者がいないのはさすがにおかしい。言ってしまえばぬるすぎる。次回でこのもやもやは晴れるのだろうか・・・。

そして、アルバムの完成度高すぎてずっと聴きまくっても飽きません。本当にアイカツ!の曲はセンスがいい。

朝ドラでもアイカツやってます

ぼけ~と見ていたので、ソレイユステージ(ていうかここはアイドルの聖地、ラゾーナ川崎!?)で蘭が脱退しました!言った時には思わず何!?と叫んでしまいました(笑)

早くね?と思わないこともない気もするけど、美月社長の組織運営力は伊達じゃないと思うので仕方ないか・・・

No title

蘭ちゃんさん電撃加入は、学園長の仕込みと思っています。学園からの支援なしに、いつ振り付けを覚えたのかと。
おそらくは、ソレイユ結成におけるサブライズ演出を意図したとにらんでいます。
蘭ちゃんさん乱入について本当に知らなかったら、あの場面で平然とできるはずはないのですから。

れすれす

さすがに今回は賛否両論熱いですね。
納得できないお気持ちも判るだけにナントモ…こんな時はFourth Party!を聴いて心を浄化しましょう。
全然関係ありませんが曲投票に「ダイヤモンドハッピー」を追加しました。

>美月さんは男前さん
あおいモデルは確かにかわいくなってるかも? 今回は蘭の表情ばかり追っていたので言われるまで気付きませんでした(笑。オーディションと脱退顛末の尺配分は確かに。この急展開だと実力差に落ち込んだ蘭がホームシックにかかって逃げ帰ってきたみたいですし、もう少しTristar内で頑張っている姿を見たかったですね。

>地下の太陽再びさん
全て帳消しとまでは言わないでもあの笑顔を向けられたら9割方は許されそう(笑

>適当にフォローさん
まあ失くして初めて判るナントヤラってやつで、蘭自身もこれほどいちごたちに依存しているとは思っていなかったのでしょう。蘭の代名詞たる「プロ意識」については芸歴の長さから元々身に付いているにしろ、いちごたちと一緒にいた事でさらに強まっていたとか。ただ孤独に押し潰されそうになっても蘭は自分からは決して脱退を申し出なかったでしょうし、どれだけ涙を流してもファンの前では笑顔を見せていたと思います。それこそプロ根性で。

>そばさん
ファンブックは買っていないので判りませんがシングルジャケットは…。ミニアルバムの歌唱担当はそれほど重要視していなかったのでドンズバのオチには結構絶句だったり(笑。ちらほら描かれたかえでの気遣いは私も好印象、大阪弁もかわいかった。

>rokugou3さん
結果はベターなのですが至る経緯にもう少し力技感を薄める工夫・有無を言わさぬシナリオ力が欲しかったのが正直な所。ちなみに私は「Wake up my music」を目ぇウルウルさせながら聴いてます。いちご&あおいバージョンより昔のアイドルっぽい(笑

>通りすがりさん
私も大阪スタジアムへ集まったファンへのケリは蘭自身が付けるべきだったと思います。このワンシーンさえあれば急展開もそれなりにスッキリ収まったでしょう。何よりもファンを大切に扱ってきたはずなのにこれは裏切り行為と思われても仕方ありません。まあ批判はともかく何らかの禊ぎは欲しいですね。

>サイコアフロさん
巨大プロジェクトだけに損害規模は数十億円単位かも? その支払いのためスターライト学園所属アイドルはギャラの学園天引き分が1割アップとか(そんな

>かえで寿司さん
今回は否定意見も多々ありますが、私的には等身大の蘭が見られてよかったと思っています。こうなったら生まれる前に新生してしまったSoleilを応援していきましょう…仮に「あおいちご」に決定済みだったら駆け付けた蘭が気まずい気まずい(笑。子供アニメの常とはいえCMバレはキツかったですね。どうしても流すならせめてB終わりのCMでやってほしかった。

>北大路家さん
適度な温さがアイカツの持ち味とはいえ今回は少々温すぎた感がありますね。上でも書きましたがせめて大阪スタジアムで蘭自身がケリを付けてくれていればと。アルバムは私もヘビロテ中、改めて良曲揃いだなあと。

>あすの予告先発さん
Soleilのロケ地はアイドルの聖地なのですか! と思ってググってみたら確かにラゾーナ川崎がモデルみたいですね。全然知らなかった(笑

>通りすがりさん
Soreilを見つめる学園長の様子からして予想外の電撃移籍とは思えませんよね。丸ごと仕込みかどうかはともかく、確固たる予感はあったんだろうなと。

蘭VSいちごとあおいになるのか…と思っていたら、まさかの3人ユニット⁈

3人でまた楽しくできるっていうのはいいと思うけど、トライスターにあんなに頑張って入ったのにもったいない…

もうやめちゃうんだね。

それに、トライスターの振り付けはあんなに踊れなくて苦労してたのに、ソレイユの振り付けはすぐ覚えちゃうってゆうね。

蘭は、やっぱりいちごとあおい無しじゃ生きていけないんだな…と思いました。

蘭と楓との関係は…。

名前とは違い、以前「ドキドキ!プリキュア」でコメントを差し上げた者です(笑)。
いつもレビューを楽しく拝見しています。

「アイカツ!」も最初から観て来ましたが、今回のお話は確かに、全面的に肯定できるようなものではないと思いました。

私にとって、今回のお話は今の段階では、惜しい内容でした。

確かに蘭には、親友と別れる悲しみを味わった経験があるから、頑張ってきた仲間と別々の道を歩むというのは、彼女にとって非常に辛かったのかもしれません。
それはごく自然なことでしょう。アイドル活動は遊びではなく、仕事だとわかっているのだとしても。

しかし、一緒だった人と別れる一方で、美月や楓のように、別の人と新しい世界で関わることについては、蘭自身はどう考えているのでしょうか。

本編において、ユニット脱退が、学園長の予想の範囲内であることや、美月が辞めさせたことで多少は正当化されるかもしれません。

が、蘭が、組んで共に仕事をしてきた、美月や楓と別れることには何か感じないのか。
それは、蘭が最後に涙したシーンから考えることはできると思います。例えば、美月に感謝している、ですとか…。
勿論、「自分に合わない」と身体が悲鳴をあげているのに、無理をして続けるのも問題です。だから成長するかどうかの問題どころではない、ということでしょうか。
それでも残念に思うのは、蘭が新しい仲間と組んで、成長していく姿を、少しだけでも観てみたかったからだと思います。
特に楓と関わることを通して、どうだったかとか。
したがって、蘭が自己完結しているように見えることも少なくとも否定できません。

いちごとあおいのような2人のユニットアイドルを創りたかったこと。
学園長のその発言の意味や、意向が気になるので期待して観ようと思います。
今回の印象や評価は、今後の展開次第で変わる可能性が高いですね。

それでは。

れすれす

>いちごさん
CMでネタバレしていたとはいえ初回から3人スタートでびっくり。振り付けの覚えについては確かに(笑

>初コメントの一人さん
選抜オーディションに時間を掛けた割に実際の活動描写が豆腐メンタルシーンばかりなのでどうにも印象がスッキリせず、おっしゃるとおりTristar内での人間関係も一方的な描写に終始してしまったのは残念。確かにかえでとの絡みはもう少し見たかったですね。

日米トップアイドルとの日々は刺激的で充実し、しかし何かが足りない、やっぱり私は!…的な流れなら蘭のメンツも立つだろうけど、これでは王道すぎてインパクトが無い。何せ全てを投げ打って川崎のステージへ駆け付ける事に蘭の価値観が照らし出されているわけですから。

蘭VSいちごとあおいかと思いきや、3人ユニット⁈

トライスターの振り付けはあんなに踊れなくて苦労してたのに、ソレイユの振り付けはすぐ覚えちゃうってゆうね。

蘭は、本当に2人無しじゃ生きていけないんだなぁと思いました。

3人でユニットを組めて良かったと思うけど、ユリカ様・おとめちゃんがかわいそう…
もしCMどうりだったら、おとめちゃんが本当にひとりぼっちになっちゃう…

とりあえず、ユリカ様はどうなるのかが気になります!
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2