2013-07-11(Thu)

ドキドキ!プリキュア #23 愛を取り戻せ!プリキュア5つの誓い!

美しさは正義の証。

doki_23_00.jpg

愛の切り札、キュアエース登場!

doki_23_01.jpg

「何なのアイツ。見てるだけで胸の奥がムカムカする!」

前回引きで突然現れた真っ赤なプリキュア キュアエース。マナたちはもちろん、ダビィ含めた妖精たちもその存在を知らないようでプリキュア組は戸惑うばかり。そんな中レジーナだけはキュアエースに対し無意識下の拒否反応を示していました。これはジャネジーによる反応なのか、それともキュアエースの正体である「レジーナによく似た女の子」に対しての反応なのか。

ともあれレジーナは次の瞬間レジーナ砲をぶっ放してしてやったり!…のはずが、当然ながらエースはそう簡単には墜ちません。返す刀で反撃に転じたエースはASDXで見せたミルキーローズのクレーターパンチを思い出させるパワーを放出し、まるで赤子の手を捻るが如くレジーナを翻弄。激しいアクションの合間に見せるドヤ顔が頼もしいやら憎らしいやら(笑。何だか久しぶりに「動いているアクション」を見られた感じ。そして早くもフィニッシュブロー「エースショット」の発動へ。

doki_23_02.jpg

ラビーズをラブアイズパレットへセットすると光のハートが放たれ、その光条をエースがキャッチ! のカットはまるで槍を振るアクション…これはおそらく王女様の槍捌きに通じるもの=エースの本当の正体を暗示しているような気がします。というか私は完全にネタバレをシャットアウトしていたので、このバンクを見た時エースの得物は普通に槍だと思ってました(笑。振り回した光条は手の中でゴッツイ口紅「ラブキッスルージュ」を形作り、グリップをくりくり回して光のルージュを出すとおもむろに唇へ。ラメが効いたルージュは大人っぽさを越えて少々ケバい?(笑

「ときめきなさい! エースショット、ばきゅーん!」

ルージュの投げキッスは大きなハートと化し、キメゼリフと共にばきゅーん!と発射。バンク映像の大人っぽさと「ばきゅーん!」のギャップに暫し意識を失いましたが、これはエースの正体「レジーナによく似た女の子」の年齢を考えればそれほどおかしいキメゼリフでは無いかもしれないと言ってあg(以下略

doki_23_03.jpg

エースショットを思いっきり食らったレジーナは断末魔の叫びを上げ、浄化されて影も形も消え失せてめでたしめでたし。レジーナなんて最初からいなかったんや!…ではなく、ダメージは受けたものの浄化作用はほとんど認められないままドサリと倒れてそのまま一時退場。そういや新プリキュアの新技披露が空振りで終わるのって珍しいかも。仰々しく登場した割に浄化未遂で逃げられちゃダメだろう? ベールさんに抱えられて去りゆくレジーナを追うマナ。この別れ際の瞬間すらレジーナは正気の欠片すら取り戻さず、瞳に映るマナへ「マナ」ではなく「プリキュア!」と憎悪の叫びを上げて去っていく。これはキツい。

「プリキュア五つの誓い。一つ、プリキュアたる者、いつも前を向いて歩き続ける事」

残酷な別れに打ちひしがれるマナを厳しい表情で見つめ、強い口調で叱咤するエース。いきなり現れていきなり上から? ってな思いは六花が代弁してくれました。そしてこれまたいきなりな「プリキュア五つの誓い」にポカーンもみなさんのリアクションが代弁(笑

「あなたが愛を取り戻すまでこれは私が預かります」

立ち上がる力もなく泣き崩れるばかりのマナへさらなる試練、エースはマナのラビーズを取り上げてアデューと去ってしまいます。ううむ。マナの落ち込みと愛の欠落の関連がよく判らない。レジーナへの愛が強いゆえにフォースアローを撃てず、だからこそ失った悲しみに打ちひしがれているのでは? あのタイミングでアローを撃つ事が愛=辛くとも戦って正気に戻してあげる事が愛と言えない事も無いけれど、命中した結果がどうなるか判らない状態でぶっ放すのはリスクが高すぎる。そのまま消えちゃったらシャレになりませんし。だからマナは撃つ事を躊躇したんだと思うのだけれど。というかマナが躊躇したフィニッシュブローをエースが迷い無くぶっ放した時は私的にも「いいのかそれ?」と思ったほど。

doki_23_04.jpg

大貝商店街祭りにてフランクフルトの屋台を出すぶたのしっぽ亭。落ち込んだままのマナは部屋に籠もって食事も摂らず、また制服姿の二人が心配している様子からして学校へも行っていないのでしょう。っていつの間にか夏服だ! それはともかくマナの父ちゃんは事態を全く呑み込めていないようですが…レジーナがイーラくんに絡まれる所へ割って入り、肝心の所は意識を失っていたとはいえ、海からの帰り道(車で出掛けたのだから帰りも全員で車のはず)にレジーナがいない事について何ら思う所は無かったのだろうか? というか心配するなら「レジーナちゃんとケンカ」ではなく「あの不良少年に何かされた?」という疑問が先に立ちそうなものです。こりゃ記憶改竄でもされているとしか。 それはともかくありす様の頭に乗るランスがかわいい。

なんやかんやでバザーに参加のみなさん。国民的アイドルがブルーシートにちんまり座って商店街バザー参加と来ればファンに囲まれちゃうのも無理はありません。シートに置いてる炊飯器は売り物? 色紙はダメでも物を買えばサインくらいしてくれるだろうし…真琴のサイン入り炊飯器とかシュールでいいな(笑

そしてマナの回想→落ち込みシーンへ。二人の似顔絵を得意げに見せ、マナのランドセルを背負って楽しそうに駆け回り、マナの枕へ顔を埋めるレジーナ。前回は一緒にアルバムを見たり一緒の布団で寝たりと仲良しモードを見せていましたが、なるほど映っていない所でこれほど仲良くなっていたのですね。紆余曲折の後マグマ地獄を乗り越えてようやく本当の友達に、それどころか姉妹のように仲を深めた所であの別れではさぞかし辛かろう。

doki_23_05.jpg

もうきゅぴらっぱーにはツッコむ気すら起きませんが、母ちゃんの記憶操作までして相田家へ入り込むアイちゃんには少々戦慄。ホラー見てるみたい。こういう所を見ると父ちゃんが海での出来事をスッポリ忘れている理由も何となく判るような。きゅぴラッパで元気付けられたマナは部屋を出てお祭りへ。しかし賑やかな屋台通りに行き交う人々は全てシルエットとして描かれ…レジーナの事が頭から離れない=他の人が見えていない演出はまだまだ復活に程遠いマナの精神状態を窺わせ、てな所へチラリと現れた金髪赤リボンのクローズアップ効果も効いてます。って何故レジーナが!?

もちろんマナは後を追い、静まり返った裏通りに抜けてももちろんレジーナはおらず、そこにいたのはピンク色のアイスキャンディを持った謎の少女でした。このカットは予告だと緑色のアイスキャンディで、レジーナのお気に入りだったメロンアイスと絡めた?…と思いきや両者の関係性を想像するとアイスの色を違えた方が説得力ありそう。ここで謎少女に笑顔で抱き付くアイちゃんの様子もいかにも。

「そんな事では、いずれあなたの一番大切な物を失う事になってよ」

doki_23_06.jpg

さてマナvs謎少女のご対面の一方でバザー会場は今回から追加投入されたジコチュー幹部リーヴァ&グーラの襲撃が始まって大騒ぎ、どうでもいいけどリーヴァさんが青髭の風体から語り口から保毛尾田保毛男にしか見えなくて困った(笑。そしてグーラさんは節操なく食い過ぎ。東映名物割れバリアを食べられて唖然のリアクションはいい味出してましたが…ラブハートアロー技が全く通用せずジコチュー組にやられっぱなしの展開は、いろんな都合があるとはいえ少々残念。どうせフルボッコされるにしても一矢報いる描写があればなあ。スパークルソードはシャルルの実況音声のみ、ダイヤモンドなんて悲鳴だけですもの。

「ありがとうございました!」

一方実況音声を聞いたマナは謎少女と暫し視線を交わすと突然奮い立って現場へ走り出します。子供相手に敬語の返しは先のお言葉や佇まいから正体を察した? シャルル実況の直前に「あなたは…」と気付いている素振りが入っているけれど、よほど集中して見ていないと振りの意味など判らず、またこのワンカットを見逃すと後の展開が全てエスパー状態に見えてしまう。ううむ。子供アニメとしてこのタイトな作りはあまり褒められないかも。

doki_23_07.jpg

さてジコチュー組と戦うプリキュアたちはお約束どおり為す術無しのフルボッコ。インクシャワーを浴びせられ、キュア拓取られてボロボロになりながら、しかし「みんなの笑顔を守ってみせる!」と眼光鋭く立ち上がる…のは良いのだけれど全然守れそうにないのが玉にキズ。そしてジコチューのトドメの一撃が!

「ちょっと待ったぁ!」

ジャストタイムで現着したマナはジコチューを一喝で撥ね除け、続くインクシャワーはパラソルで撥ね飛ばし…先のシーンでプリキュア三人を吹っ飛ばしたインク攻撃を無変身状態で軽々受け流すとは。これではキュア拓まで取られた三人の立場が無い(笑

てな所へ現れた謎少女はマナをキュアハートと呼び「プリキュア五つの誓い」を誘導、対するマナは鬼軍曹を前にした一兵卒の如く誓いを叫び…ううむ、ポッと出の正体不明な教導キュアに何の根拠もなく全幅の信頼を寄せているのはどうにも不自然に感じる。なーんて展開に傍の三人がすっかり置いてけぼり食らっててちょっと笑った。

doki_23_08.jpg

「プリキュア、ドレスアップ!」

キュアエースの変身バンクはまさかのきゅぴらっぱースタートでした。ラブアイズパレットのクリスタルをタッチしたペンでアイシャドーをメイク、そこからシルエット→炎の変身シーンを通過するともはや謎少女の面影など全く無い別人キュアへ。特に炎の横顔は王女様を飛び越えて女王様の風格すらあります。オンナノコは化粧で化けるとはいえボディサイズ&年齢を含めて完全に別人になっちゃうのはどうなのだろう。これも視点を変えて考えれば「変身前の謎少女体は真実の姿ではない」と読め、さらにレジーナとの関係を含めていろいろ仕込んでいるとは思いますが…現状では反則的な別人変身にしか見えないのも確か。まあその辺の詳細は今後の楽しみって事で。

瞳に映る七つのハート(ラブアイズパレットの飾り)はジコチュー側のモチーフ(らしい)「七つの大罪」に対応しているのかも。炎の軌跡で「A」のキメはなかなかカッコイイです。それはともかく名乗り前のキメ(変形裏ピース?)をマネしてみたら指が攣った。難易度高いよ(笑

doki_23_09.jpg

ハート&エースのダブル変身後は二人の無双アクションへ。ゆったりと間を取って一撃ガッ飛ばしのエース、ここでもいちいち余裕のドヤ顔を見せ付けます(笑。続くハートは第1話でのソード登場シーンを思わせるゆったりとした空中姿勢からガッ飛ばし。これまで積極的な攻撃をほとんどしなかったハートが躊躇なくキック連打していたのは新鮮で、ようやくプリキュアのエンジンが掛かった?と歓迎しつつも、キュアハートの博愛主義がピンぼけになってしまった感も拭えず難しい。その後エースショット&ハートシュートをぶっ放してフィナーレ。

「早く昇っていらっしゃい。私のステージに」

キュアハートの復活に喜ぶみなさんへエース教官は某美月さんのようなセリフを放って締め。こんな感じで他三人にも試練が与えられ、その度に例の「五つの誓い」を宣言し…てな流れでシリーズ後半へ突入だろうか? 毎年第23~24話辺りはいわゆる中盤山場の盛り上がり所だけれど、何か今年はあっさり通過してしまった感じ? 良く言えば地続きな中盤山場と言えなくもないと言ってあg(以下略

doki_23_endcard.jpg

今回のエンドカード(またみてねカード)はキュアエースでした。アデュー♪

      

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ドキドキ!プリキュア「第23話 愛を取り戻せ!プリキュア5つの誓い!」/ブログのエントリ

ドキドキ!プリキュア「第23話 愛を取り戻せ!プリキュア5つの誓い!」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

ドキドキプリキュア後半戦、いよいよ本格始動!

今回タイトルや内容に、は昭和的なオマージュが多かった。
久々にまともなアクションを見れたので、収穫収穫。

No title

ばきゅーん、アデュー!など名台詞連発でキュアエースはインパクト充分でした
マナが生身でジコチューに向かって行ったり、変身して宙返りを見せるシーンは1・2話を彷彿とさせますね
確かに毎年この頃はクライマックスな展開が期待される所ですが、こういう盛り上げ方も有りな気がしてきました
ところでキュアエース=レジーナの関係性というのは周知の事実なのでしょうか?
考察であるのかネタバレなのか気になります
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2