2013-07-14(Sun)

プリティーリズム・レインボーライブ #15 おとはのメルヘンティーパーティー

美味しい紅茶の決め手は温度とダンス。

prismRL_15_00.jpg

でも本当に大切なのは…。

prismRL_15_01.jpg

冒頭は華京院学園女子部(仮)で催される薔薇のお茶会の様子から。紅茶の蘊蓄を優雅に語り、バイオリンを構えるべる様は後輩たちの羨望の的でした。ところがティーポットを持ったおとはが登場するとみなさんの視線を一気に集め、しかもべる様の話を聞いてた子たちすらおとはの方へ…画面奧で一人ポツーンのべる様のムネに渦巻く黒いマグマが見えるようです。べる様としてはドヤ顔で語った蘊蓄のネタ元が現れてはバツが悪く、しかも格下と思っていた子が自分より人気とあらば面白くない。

というわけで今回はべる様vsおとはの確執(と言ってもべる様の一方的な小物ジェラシー)、しかしその後おとはの変わらぬ愛情に気付き、遠回しに迎えに行ったら三行半を突き付けられてガッガーン!と奈落の底に落とされる、べる様のべる様によるべる様のためのおとは回でした。今回は面白すぎてオンタイム直後っから3回くらいリピートしてしまった(笑

prismRL_15_02.jpg

Aパート冒頭は小鳥遊家の朝の風景。お花畑で笑顔を交わすおとはの父ちゃんは調香師? ほわんほわんの雰囲気で「メルヘ~ン」のシンクロ、つまりおとはのメルヘン気質は父ちゃん譲りのようです。一方母ちゃんはバリバリのキャリアウーマン? 会話内容から仕事は編集者っぽいですね。などなど旦那が家事担当(主夫?)ってのも今どきっぽい。

一方の彩瀬家は朝っぱらからドタバタ(笑。相変わらず散らかった部屋にてOPどおり一緒の布団で寝ている二人は目覚めるとお揃いのバクハツ頭…お約束のなる店長に続いてりんねのバクハツ頭には盛大に笑った。バクハツりんねかわいすぎ! 寝ぼけ眼でリビングに降りてきて「おは『よっ』」もかわいい! 第8話でカヅキ先輩と交わした挨拶を覚えているんですね(笑。眠気覚ましの洗顔にネコの顔洗いを重ねた天然ボケもベタネタながらかわいすぎる。

prismRL_15_03.jpg

そんなほんわかムードから一転してエーデルローズの胃痛シーンへ。アバンでの不機嫌に加え、更衣室から聞こえてきた噂話に表情を変えるべる様。ぐぬぬ! てな所へ何も知らずにやってきたおとはは理不尽にキレられ、慇懃な物言いでいきなり冷たく突き放されてパニクるばかりです。そして別れ際の捨て台詞が凄かった。

「あなたの『メルヘン』って、私あれ、嫌い」

吐き捨てるようにおとはのアイデンティティを全否定。ここは戸松さんの持ち味が十二分に発揮され聞いててゾクゾクが止まりません。ショックのあまり固まってしまうおとはのカットも良かった。これはキッツイ。

prismRL_15_04.jpg

なのにべる様の予定どおりディアクラウンの前で待ってるおとはの健気さったら! てな所へ現れたプリズムストーン組に誘われてお店へ、ここは話の内容よりも一人忙しく働くCooさんに視線ががが! アンドロイドメンテからトレーラ設計から掃除、ホール業務、商品補充、そしてもちろんDJまでCooさんの働きっぷりは賞賛に値します、というか彼一人で回してる感じ(笑。ホールのお客へ隙の無い気遣いを見せるおとは、つまりべる様が当然のように過ごしてきた日々はおとはの気遣いがあってこそという事でしょう。相変わらずスイーツ食ってるモモガッパをガードする二人、それはともかくノースリーブっていいね!

「そうやっていつもオドオドしてるからべるに嫌われたんじゃないの?」
「言いたい事はっきり言ってみたら?」

口を開けば「ごめんなさい」ばかりのオドオドおとはにクロスさんの怒りがバクハツ。逆にクロスさんは何でもはっきり言い過ぎです(笑。というわけで正反対の二人が互いに惹かれ合うってのは太古からのお約束で、何だかんだキツい事を言っているクロスさんがおとはを一番気に掛け救いの手を差し伸べるというオチへの前振り。そしてここでのセリフは衝撃のラストシーン(笑)への前振りにもなっています。上手い。

一方のエーデルローズ。プリズムライブの話題に盛り上がる研究生を一喝で蹴散らし、あくまで興味ゼロを装うべる様がこれまたいい味出しまくり。しかしわかなは認める所は認めているようで…これは面白そうなものに飛び付く習性が発揮される前兆? てな所へ運ばれてきた紅茶にダメ出しのシーンも良い良い。おとはがいかに気遣ってくれていたか気付き始めているけれどプライドがそれを許さない、って感じ。というか紅い服を着たキャラは紅茶にうるさいのがお約束なのだろうか?

prismRL_15_05.jpg

その頃プリズムストーンは企画出しに煮詰まった頭を美味しい紅茶で一休み。嬉しそうに紅茶の蘊蓄を話すおとははその流れから「ティーパーティ」の企画案を出し、メルヘン脳全開でストーリーを語り始め…乗り気のみなさんからショーの台本を任されて「お話を作るなんてやった事無いし!」→「今やってたろ?」の即ツッコミに笑った。

「おとはさんのメルヘンな想像力が必要なんです!」

べる様から全否定された「メルヘン」を必要と言ってくれる人がいる。おとは的にこれほど嬉しい事は無いでしょう。承諾したおとはは夜遅くまでペンを走らせ、しかし作業中の表情は生き生きと輝いておりました。べる様は自分のプライドのためおとはのこの表情を奪ってしまったのだなあ。罪深い人です。そして出来上がったお話はじつにメルヘンというか絵上手いな! 主役姫のコーデがおとはが気に入っていたバカンスギンガムシャツってのも奥深い(笑

prismRL_15_06.jpg

「いつまでもおとはがべるを慕ってくれるとは限らないニャ」

いい感じにべる様を煽り続けるわかなはストーン占いにて「雛鳥の巣立ち」と追い討ち。「ふん」と強気で素知らぬ顔を見せるも動揺を隠せなかったりかわいいものです(笑。鉄壁のプライド仮面の下では寂しさと後悔で大泣きしちゃってるんだろうなあ。

そしてめが姉ぇ時空にておとはのコーデチェンジ。ってケツ見えてるし! コーデチェンジ後の出撃カットは一回転宙返りバージョンに変更されてダイナミックに。ギンガムシャツマリンチェックスカートサマーリボンサンダルのコーデもよく似合っています

ウサぴょんやらティーポットやらマジョリーナ(違)やら他のみなさんも着替え終わっていざ出陣、すると客席にべる様&わかなの姿を見つけたクロス王子の報告におとは姫はビビって固まってしまいます。開演まであと僅か、さておとははどうするどうなる?

「本当にいい人ならあんたが活躍するのを喜ぶんじゃないのか?」

べる様を「いい人」と信じるおとはへクロスさんの一喝。するとおとはは強い表情を返し…これはべる様を信じる気持ち、思いの強さが窺える表情でしたが。

prismRL_15_07.jpg

開演したティーパーティショーにて照れながら「メ…メ…メルヘ~ン…」のクロス王子がいきなりいい味出しすぎ(笑。てな流れからステージは進むもやはりおとははステージ袖でビビったまま出られません。

「ごめんなさい…」
「その言葉はいらない」
「でも、やっぱり踊れません」
「美味しい紅茶の決め手は温度とダンス。ぬるくなる前にその気持ちを伝えるんだ!」
「今ここでダンスを踊らなきゃ美味しい紅茶になれないぞ!」
「紅茶の…ダンス…」
「美味しい紅茶を淹れてくれ! さあ!」

クロスさんのアドリブによるおとは説得シーンはなかなかシュールなセリフなれど何故か熱いモノがこみ上げてくるプリティーリズムマジック。この感情を上手く言語化できないもどかしさはADのレビュー時に幾度となく体験したっけ。いやはやクロスさん熱い! 熱いよ! 熱く語りかけるクロスさんと後ろ姿で俯くおとはを交互に映し、グルッと回り込んで「紅茶の…ダンス…」、そしてここ一番の盛り上がりで手を伸ばすクロスさんへ重なる手、何とまあ無駄にドラマチックか(褒め言葉。要所要所でチャチャを入れるなる店長&あんもいい味、というかこのノリがまたプリティーリズムらしくて良し良し。

帰り支度のべる様はこのシーンに振り返り、決意の強い視線を向けるおとはに対し真っ正面から受けて立つ。熱い!

prismRL_15_08.jpg

DJ.Cooの一声から始まったおとはのステージは思わずさぶいぼ。ドリーミングセッション時と同じ曲「Vanity・colon」なのに至る演出でこれほど入りの感動が違うか!? と驚きです。ギンガムシャツは柄&ウエスト絞りの効果かムネが大きく見え、スカートの広がり方でケツが大きく見え、つまり元々のグラマラスボディを強調している感じ。ドリーミングセッション時のヘソ出しコーデも色っぽかったけれどこれはこれでクるものがあります。

「決め手は温度です」

おとはのショーに付き物のモノローグはきれいなべる様との思い出のシーン。おそらく入学直後の初めてのお茶会でしょう、おとはが淹れた紅茶を素直に喜び、おとはも嬉しそうに笑顔を返す。こういう積み重ねがあってこそおとはの思いなのですね。この綺麗なべる様が芝居でない事を祈るばかり。

「でも本当に大切なのはハート。あなたを幸せにしたいと思うハートを込める事が紅茶を美味しくする秘訣なんです」

そして跳んだプリズムジャンプは「フェミニンスプラッシュ」から「私のメルヘンティーパーティ」へ2連続。ジャンプに込められた思いはべる様にも伝わったようで、思わず「美味しい…」と呟くカットは相当シュールな絵面なれど妙な感動がありました。なんて本編テーマに沿ったオリジナルジャンプはAD時代を思い起こさせます。やはりプリズムジャンプはこうでないと。

prismRL_15_09.jpg

ステージ終わってプリズムストーン店内で打ち上げのみなさん。てな所へやってきたべる様を見て瞳を輝かせるおとはってばどんだけ好きなのかと(笑。一方べる様はおとはに帰ってきてほしいくせに相変わらずのドヤ顔、わかなも「今謝らないともう手遅れ」つまり今謝れば水に流してあげるとさりげなく助け船を出すも――

「ありがとうございました!」

おとはの言葉にべる様のモノクロショック・ガッガーン演出が凄まじすぎて本気で茶を吹いた。べる様は早くも芸風を確立したご様子です。おとははもちろんお別れの意思表示ではなく、先にクロスさんに言われたとおり「オドオドせず、言いたい事をはっきり伝えた」だけで、つまり素直にべる様への感謝を伝えたというに結果は正反対になってしまいました。あははは! (べる様的には)結構深刻なシーンなのにBGMがホンワカパッパってのもおとはの「やっちまった感(無自覚)」が強調されててじつにプリティーリズムらしい演出でした。

今回いろんな所を旅してきた謎の卵がおとは覚醒(?)と共に孵化し、ペアとも「フェミニ」が登場。さておとはのプリズムライブはどんな楽器・ステージになるのか楽しみです。っとその前に次回はわかなvsカヅキさん? これまた楽しみすぎて一週間が長い!

※勝手にキャラ投票です。お付き合い頂ける方は1票どうぞ↓





       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリティーリズム・レインボーライブ「第15話 おとはのメルヘンティーパーティー」/ブログのエントリ

プリティーリズム・レインボーライブ「第15話 おとはのメルヘンティーパーティー」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

おとはにペアとも

もしかするとプリズムライブが?
紅茶はいまいち不勉強で・・・・
べると過去に大好きだった女の子が
気のせいかかぶってしまいました…
あとおとはの親の中の人がカイト
耳が幸せになってしまいます

No title

今回、色んなことがあったにも関わらず、おとはのべる様への想いは何も変わっておらず、だがそれでも、おとはは今回確実に変わり、その結果、奇しくも、本当に奇しくもwべる様との決別という結果になってしまった・・・この流れを一気呵成に見せたから、今回の話は面白かったんじゃないかと思います。
いとは、時には道理を説き、時にはトンデモな呼びかけで、おとはの変化を促す・・・要所要所で本当にいとが機能してたと思いました。今回以前の、おとはとのやり取り全てが生かされてる感じがしました。これまた面白い。
べる様は・・・やはり、エーデルローズにいる内に何かが変わっていったのかもしれませんが、心の狭さと決別のショックとかがとにかく面白すぎるwやっぱりこれは、やられ役としての面白さなんでしょうかねえw
面白いキャラがこんだけあれこれぶつかって化学反応を起こせば面白いに決まってます。次回のわかなとカヅキ先輩の衝突も、凄い楽しみです。

No title

エーデル中学校(?)が出てきましたね。べる様のバイオリンのスルーされぶりは酷かったですね(笑)。やはり実態はばれちゃうものですね。というかエーデル中生はもう少し人に気を使えと。

なる家も相当でしたが、おとは家もなかなかのファンタジーぶりですね。結婚までの経緯が気になります。今回は全キャラ家族が登場するんでしょうね。

おとはとペアともの馴染みぶりが可愛かったですね。このまま最後までPSに入っちゃえばいいんじゃないでしょうか。べる様は発狂しそうですが(笑)。

こちらにも失礼します

実はこの暑さでBlu-rayレコーダーが壊れてしまって;;;

アイカツ!からこちらの番組を知り(普通逆ですよね)このシリーズから観てたのですが!!今回録画できてなかったんですよ(涙)
深夜から電源オフ待機状態のまま土曜の夕方まで;
気付いたときにはアツアツでした
でもここで内容知れて良かったです!

自分のことばっか長々失礼しました

ありがとうございました

二期とは何だったのかとマジメに思うほど最近のレインボーライブは面白いですねぇ

べる様とヤンホモさんがいれば今シリーズは充分戦えます

No title

ADの頃から拝見してましたが、今回のおとはが初代を彷彿するような内容だったので初カキコです(^^;

オーロラドリームではプリズムショーで思いを伝えるというか感動するようなショー(ジャンプ)でしたが、レインボーライブは自分を魅せるといった形でプリズムショーや会場を盛り上げる(熱くさせる的な)感じですね。
だから何回ジャンプできるか?といったジャンプの内容ではなく回数やダンスに重点がいってるんですよね。
恐らく審査もそうなってるのでは?
と思ってしまったので、そういったところから崩れていって欲しいと思ってみてます。
キャラでコーデのファッションや楽器が決まっているので、出来る表現自体に制限がかかってしまってる気がしますが、そこはスタッフさん次第・・・なのですよね。

オーロラドリームみたくなってほしい()期待

Dj.cooさんで笑っちゃいました
これが純さんぽい

プリティーリズムっぽいのかな?(笑)
きっと大事なとこで笑っちゃったりしそうです(笑)


後、モモの化ける能力ちゃんと使われてた
魔女なんか二重化け





れすれす

>一輝さん
紅茶は奥が深いですよ。今の季節はアールグレイのアイスが良さげ。

>適当にフォローさん
クロス王子&おとは姫のメルヘン劇場はこれまで描かれた二人のやり取りの集大成で、過去に蒔いた振りを活かして一気に盛り上げ…しかも意外すぎる決別オチまで用意されている周到さはさすがでした。普通の少女アニメだったらラストでべる様から謝って、もちろんおとはも謝って和解→元鞘ですよ(笑

>tamanoさん
アバンのぽつーんべる様は何度見ても切ない。後輩たちは正直すぎ(笑。家族描写については小鳥遊家に続いてわかな、そしてべる様の私生活が気になりますね。トップを義務付けられたエリート一族のご令嬢ってのがお約束ですが本作の事だから一捻りありそう?

>かえで寿司さん
レコーダ故障ご愁傷様です。このところアホみたく暑いっすからねえ。プリティーリズムはアイカツとまた違った面白さがあってどちらも大好きです。第一期の「オーロラドリーム」もオススメですよ。

>フェミニンさん
まあDMFも面白い所はあったんですけどねえ。世界観一新でどうなるか?と思ったRLがこれほど面白くなるとは。

>雨の人さん
連続回数重視のレインボーライブにて、今回のようなテーマジャンプが前面に出てきたのは非常に嬉しかった。毎回の本編内容に沿ったジャンプでステージを締めるオーロラドリーム方式はやはりココロに響くモノがあります。

>オーロラさん
ホール業務からメカ全般までCooさんの労働量はパンパ無い(笑。私も最初は純さん的ポジションかと思ってましたが、どうやらそれは氷室会長の役割っぽいかも。

No title

おとはの暫定巣立ち回、演出や表現がアレだけど筋は通っているという実にプリティーリズムらしい話でしたね。べるはしばらく損な役回りになるようで(笑)ファンレターの数で機嫌を損ねるのは狭量というか年相応というか、あそこまで荒んでしまった過程が知りたい!やはり環境が人を変えてしまったのでしょうか?

そして本格的にクールとフェミニンの間にフラグが立ちましたが、この二人は因縁や打算が無い分良いライバル関係になりそう。でも接客業はいとよりおとはの方が有利かな?来週はわかなのペアとも覚醒のようですが、彼女がすんなり仲間入りするとも思えず…ここは脚本陣のお手並みを拝見しましょう。

おとはは、本当にべる様が好きなんだなぁとすごく思いました。
でも、その思いがうまく伝わっていなくて…
早く伝わるといいなと思います!

おとはのお父さんにはびっくりしました!!
あんな王子様みたいなお父さんいるもんなの⁈
おとはの性格も、お父さんゆずりなんだなと思いました。

オーロラドリームいつか再放送とかしませんかね…
すごく見てみたいです…。

No title

りんねちゃんヘアピンしたままで起き上がってて寝ている間に頭に突き刺さらなかったか心配です。
寝癖を見る限り寝返りもそれなりみたいですし、フィクションなんで流すべきだとはわかっているのですが。
あと、キャラ投票が他がフルネームなのにいとちゃんとべる様の表記に笑ってしまいました。

れすれす

>B級プリズマーさん
次回もしわかながエーデルローズを離脱したらべる様はどうなってしまわれるのか!? なーんて、これだけ濃いぃキャラが揃っているのにべる様ったら頭一つ突き抜けた存在感・興味の的です。うちのキャラ投票ではおとはがダントツなんですけどね(笑

次回のわかなはどう料理されますやら。あんとの確執(?)を思えばすんなりプリズムストーン入りするとも思えず、カヅキ先輩とのアレコレを通じてストリートダンサーへ転身という線もありそうです。ステージダンスにも合ってますし。

>いちごさん
おとはとべる様のすれ違いはじつに絶妙でしたね。おとは的には素直にお礼を言っただけなのに…ほんと日本語は難しいです。おとはのメルヘン気質がお父さん譲りってのは凄い。そしてあの旦那と普通に暮らしているお母さんも凄いです(笑。オーロラドリームの面白さは私が保証しますから機会があったらぜひ見てみてください。レンタルビデオも出ていますが巻数が多いので追っかけるの大変かも?

>七氏さん
りんねのヘアピンはバクハツ頭がかわいすぎて気にしてませんでした。二人続けてあの頭は反則ですよ! キャラ登場の名前については「クロスさん」って呼ばないと怒られちゃうので。そしてべる様は「様」までが正式名称としてインプットされてます(笑

No title

>いちごさん
一期はhuluというサイトで無料・高画質で全話見られたりします。もちろん違法なサイトじゃなく、れっきとした合法な配信ですよ!
http://www.hulu.jp/pretty-rhythm-aurora-dream

ただし二週間以内に全話見て解約しないとお金がかかっちゃうので気をつけて。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2