2013-08-02(Fri)

アイカツ! #42 船上のフィナーレ☆

STAR☆ANISサマーツアーの締めを飾る船上シークレットライブ。

aikatsu_42_00.jpg

学園マザーの無茶振りに右往左往のいちごは…。

aikatsu_42_01.jpg

前回開幕したばかりのSTAR☆ANISサマーツアーは早くもファイナル、いやはや目を疑うほどの超速展開であります。ED変更当時この曲このユニットは本編ストーリーの総仕上げになるかと思っていたのですが、意外に早い登場に戸惑い、戸惑ってるうちに終わってしまうという…まったくアイカツは先が読めん(笑

今回アバンはそんなサマーツアーの様子をダイジェストでご案内。おとめが抱き締める大きなぬいさんはファンからのプレゼントでしょうか? するとユリカ様が持ってる「ニンニクラーメンのおいしい店」のガイドブックも? だとしたらなかなか気が利くファンですね(笑。本編にてかえでに返す星条旗ハンカチのさりげない前振り、その他ハーネス装着やテーピング風景などの舞台裏描写も面白い。それにしても宙乗りで客席上を飛ぶユリカ様&人間大砲のかえではいろいろ頑張りすぎです(笑

aikatsu_42_02.jpg

これだけサービス精神あふるるステージをツアーで続けたらそりゃ燃え尽きます。最後のステージを終えてほとんどKOのみなさんは、しかし帰りの車中で終わりを惜しみ…「これでサマーツアーも終了か」と一瞬でみんなの血の気を吸い尽くす蘭おそるべし。というか蘭ちゃんっちの美しき刃時代が懐かしい。

「このサマーツアーの打ち上げも兼ねて、シークレットライブを行う事にしたわ」

そんな賑やかな車中にて学園マザーの無茶振りきました。古今東西シークレットライブは数あれど演者にまで完全シークレットってのはどうなのか(笑

aikatsu_42_03.jpg

カーテンが降りたバスにてガコン!とショック、さらに周囲の暗さなどいかにも怪しい雰囲気は先行きの不透明感を盛り上げます。あはは。結局そこは客船内の駐車スペースで、デッキに出ると選ばれしファンたちによる熱烈歓迎&くす玉などなど、サプライズ大盛りの演出にいちごたちは大感激、ユリカ様もメガネのままびっくり! すかさずご注進のさくらちゃんはすっかり馴染んでます(笑

「覚悟なさい! STAR☆ANIS!」

お客さんへの企画説明に続いて何故かSTAR☆ANISのみなさんへビシィ!の学園マザー。というのも今回のシークレットライブはライブだけでは収まらない、各自の判断でファンとの交流を創意工夫セヨという主旨もあったのです。

07時00分 早朝トレーニング@プロムナードデッキ前
08時30分 一緒に朝ごはん会@船内メインレストラン
10時00分 公開ダンスレッスン@船首テラス
12時30分 一緒にランチタイム@船内メインレストラン
14時00分 各自 自由行動
15時30分 ライブミーティング@展望サロン
17時00分 シークレットライブ@テラスステージ
20時00分 寄港予定

以上はモニタに映し出されたスケジュール。演者側からしたら少しも気を抜けない一日ですが同船のファンたちにはこの上ないご褒美でしょう。何せ朝から晩までSTAR☆ANIS尽くし、この抽選に当たった人は一生の運を使ってしまったかも(笑

そのミーティングでも美月さんはリーダーシップを発揮しまくり、また学園マザーの主旨どおり「単独カツドウ」を厳しい表情で宣言するとサッサと引き上げ。あらあら美月さんたらまた全裸で(違

aikatsu_42_04.jpg

美月さんの考えが理解できず、厳しく変わった様子に「また遠くなってしまった」としょんぼりのいちご、ぺたんこ座りの脚が良い感じ(そういう所ばかり見ない。サバサバと割り切るあおい&蘭に納得できずジト目の表情もかわいい。部屋へ戻ろうと席を立った蘭に、ファンサービスのアイデアが浮かんだあおいが続いて席を立ち…仲良いなあもう! 部屋に一人残されたいちごはSTAR☆ANISのポスターを見つめて再びしょんぼり、楽しかったユニットカツドウに後ろ髪引かれまくりです。

ほわプリの二人は何故こんな気合い入ってんだ?というくらい気合いバシバシ、これは後の活躍も期待できそう? 船に乗ろうが夜の徘徊をやめないユリカ様、先のシーンの学園マザー「アイドル活動と奧の素顔がかけ離れている~」なーんてドコ吹く風の勢いで客を脅かしてニヤマリ。さすが!

あおいのアイデアはサイン入りコースターのサービス。朝ごはんのテーブルにサイン入りコースターがさりげなく置いてあったらそりゃ嬉しい。もったいなくて使えないけど(笑。そんな姿勢に「敏腕プロデューサーみたい!」といちご、やはりあおいはそっちの道が…。

自分のアイデアをばりばり進めるあおいを横目にどうしたら?のいちごはカバンポケットの星条旗ハンカチを見て、返しに行くテイでかえで訪問へ。するとドアの隙間から棺桶が!(笑。何という徹底ぶり。

aikatsu_42_05.jpg

「じゃあ永久の眠りにつくわ」
「おお、おやすみ」

就寝前の会話もいい味すぎる(笑。これらを見るに各部屋割りは「いちご&あおい」「おとめ&さくらちゃん」「ユリカ様&かえで」、すると蘭の相方は…何という辛い空間か。前向きなみんなに対し気持ちを切り替えられずしょんぼり俯くいちご、するとかえではアメリカのアイカツ話で元気付け。身振り手振りを交え、小道具をサッと使って演じられるUSAアイカツの一連はさすが芸達者、アメリカンショービジネスにてトップアイドルの看板を上げるだけの事はあります。

「仲間を信じるのと同じように自分を信じる」

大企業のお嬢様であるかえではそんな苦労をせずともおもしろおかしく生きていける、なのにこれほどの努力を重ねるのは「自分の才能を信じている」から。だからいちごも自分を信じて元気を出して。そう語りながらいちごの手を取るかえでが王子様すぎ男前すぎ。そんなかえでの生き様に触れて意識を変えるいちごの横顔も美しかった。

aikatsu_42_06.jpg

というわけで明けて翌朝「アイ! カツ! アイ! カツ!」の掛け声と共に始まった早朝トレーニング。脚をグッと上げて余裕の笑顔を見せるかえでに負けじと…無理スンナ!(笑。てなトレーニングステージをスタッフがきちんと囲み、ここ以外も要所要所でスタッフが警備している芸コマさにちょっと感心、

続いて「一緒に朝ごはん会」にてファンとの交流タイムです。どんな本を読む?→お料理の本→本よりお料理が好き→お料理より食べるほうが好き!と連想ゲーム的に食欲魔神と化すいちごの天然っぷりが素晴らしい。そんないちごを無垢な瞳で見つめるリオンちゃん、ファン層の広さを感じさせます。美月さんの周りは別世界のような優雅な雰囲気、ほわプリのファンは和服&髪型がいかにもなノリ…自主ユニットの割に結構ファンが付いてます(笑。そしてユリカ様軍団は朝っぱらから濃いぃ!

aikatsu_42_07.jpg

パンを食べたいいちごを引っ張って始まった「公開ダンスレッスン」。レッスンのコーチは誰? 約一名いつもの顔が見えないけれど…と、海賊船を模した離島海上タクシーに乗って颯爽と現れたのはもちろん件の約一名、なるほどジョニーデップのパイレーツオブカリビアンパロ、これをやりたいためにわざわざ遅れて来たのか!

お客さんも一緒にステージに上がって賑やかなダンスレッスンから時間は巻いて最後のミーティングへ。ここでいちごは美月さんの真意に改めて感激し、STAR☆ANISのメンバーに感激し…結成以来の尺が巻き巻きのため視聴者的にSTAR☆ANISの凄さが実感できず、それだけに「ちょっと離れた所から見て~」のくだりもイマイチ説得力が薄かった。せめてあと1回くらいSTAR☆ANISの様子を見せてくれれば。まあ私的には美月さんやかえでとの絡みが見られただけでもSTAR☆ANIS展開の意味はあったけれど、もう少し「8人でやる意味」を描いてほしかったような。

aikatsu_42_08.jpg

夕暮れのテラスステージがパッとホログラムに覆われてSTAR☆ANISのラストステージが開幕、普通の箱ならともかく船上の屋外ステージでこれは凄い技術よね(笑。曲は「ヒラリ/ヒトリ/キラリ」の8人バージョン、今回作中で何度も「メドレー」を強調していたのでちょっと期待していたけれど普通にヒラリが始まって正直少々拍子抜けでした。

映像的にもほとんど前回の使い回し…のようで見比べると結構変わっていて面白い。入りの足元やワンゴーラス後の整列カットが判りやすいけれど、各キャラのアップカットは全て微妙にアングルが違い(左列第41話、右列第42話)、細かいカット割りにも違いが見られます。そういや今回も解説のらいちさんが不在、あれほど熱心なファンなのに抽選に当たらなかったとは何と気の毒な。

ステージを終えるとSTAR☆ANISの花火が打ち上げられシークレットライブは無事閉幕。ほどなく竹芝桟橋(?)に到着するとユニットごとに三台に別れ、STAR☆ANIS期間の終了を示すようにそのまま三方に別れて締め。先の言葉どおり船を降りた瞬間あっさり別行動の潔さ・切り替えの早さは完全燃焼&プロ意識の表れか。それはそうとこのクルマって同じの何台もあったんだ(笑

そしてこのタイミングで次回はしおん回ってんだからアイカツは先が読めぬ。

       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第42話 船上のフィナーレ☆」/ブログのエントリ

アイカツ!「第42話 船上のフィナーレ☆」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

今回は、かえでちゃんのトークに尽きるかなあ
内容もさることながら、話すこと自体で相手を楽しませようとするスタンスは、かえでならではですね。モーションや小道具フル活用で分かりやすくて面白い。
肝心の内容も、真っ当至極。自分への自信に裏打ちされた上での、努力の大事さ、自分を信じることの大事さを語る。何というか、凄いポジティブなんですよね。このポジティブさ、前向きさこそ、アイカツの原動力であり、いちごに必要なものだったのでしょう。
話はこの先どうなるか分からないけど、後は、かえでちゃんのソロ曲・ソロステージがあることを願うのみですw

No title

かえでのパントマイムシーンが良かったですね。準備がなくて突然の(しかも、誰も求めてない)シチュエーションでも、トークとジェスチャーで相手を魅せるかえでは生粋のパフォーマーだと思います。下手にアメリカの回想を見せるより、数倍いいシーンになったと思います。

個人的に、かえではユリカや蘭に比べて表裏がなくてつまんないキャラかな?と思っていました(ごめんなさい!)。
でも、登場回も今回も、かえでのパフォーマンスはアイカツっていうアニメ自体のにも通じる「らしさ」が感じられて、好きになりましたね。是非掘り下げ回をやってほしい所です。

とか言いつつ次回はまさかのしおん回!(笑)
一発ネタかと思われたぽわプリ勢にもフォローを忘れない、こういうところもアイカツスタッフの気配り力かもしれませんね(笑)。

作画のひどさはDVDで解消されるのでしょうか? ちょっと心配。
さて、冒頭のハンカチは気づきませんでした、さすが管理人さん!
今回、良かったと言う人が多かったのですが、私も管理人さんと同じ感想です。
前回がメンバー全員のキャラを上手に丁寧に出してくれたので今回は全体的に忙しすぎたような。
かえでとユリカ様は良かったけどね。
個人的にはいちごは何を今更こんなことで悩んでるのかと、まあ、この中で一番普通の女の子ですからね。
悩みを解消させてくれたのがかえでというのが、かえでが陽の目を見てうれしいような、あおらんではないのが寂しいような。
このツアーは蘭ちゃんとあおい姐さんがラブラブでうれしかったけど(笑)
蘭ちゃん、やっぱり美月さんと同部屋だったんですかねぇ。二人とも一人部屋だったかもとも思いますが。だったら、ソレイユを3人部屋にするか。
同部屋の描写が全くなくて、蘭ちゃんファンの私はモヤモヤしか残らない。
少しでもお部屋でのほのぼの描写があれば、ファンもトライスター脱退以降のモヤモヤから解消されるのに。
アニメスタッフは蘭ちゃんに対してだけでなく、蘭ちゃんファンにもドSですな。
それにしても、ジョニーは反則ですな。ますます大好きになっちゃいました。
そして、CDを買った人たちとかに抽選で船上でシークレットライヴにご招待って、ZARDかと思っちゃいました、また古いネタを(若者はちっともわからんでしょうな)。
またまた長々と失礼しました。

そうそう、私もメドレーが流れるのかとすごい期待しました(ToT)
最終回にやったりとか、あるかな?

紫吹蘭ちゃんお誕生日おめでとう!(つーか本編でやってほしいなー)

ということで感想をば

蘭あおいの仲の良さと蘭ちゃんの弄られキャラっぷりが可愛すぎますです。

んで、かえでちゃんにプロ意識を語らせて見せ場を作ってあげた回でしたね。
…代償としていちごちゃんが妙にネガティブになってたのがアレでしたが。。

あと学園長の問題発言は約1名を盛大にdisってた気がしますが、スルーで笑いました(笑)
その反面次回掘り下げられるのはなんとしおんちゃん。
販促以外ではトライスターよりよっぽどメインキャラっぽいしおんちゃんです(笑)

不思議の国の有栖…アリスを演じるに当たってキャラの違いに苦悩するって感じでしょうか。
ぽわプリ以外に女優・あおいにも見せ場ありそうですね。

学園で平常運転に戻るのが楽しみで仕方ないです。
大人数の話はやっぱり難しいですね。。



れすれす

>適当にフォローさん
登場回以降冷遇気味だったかえでがSTAR☆ANIS編でクローズアップされ始めたのはじつに喜ばしいです。持ち前のポジティブさも単なるアメリカンフレンドリーではなく、背景含めてきちんとキャラ立ちしている辺りさすがアイカツというところでしょうか。いいキャラなのでもっと活躍させてあげてほしいです。

>tamanoさん
パッパとコスや小道具を変えてのパントマイムは、おっしゃるとおりかえでのパフォーマーっぷり&情熱が伝わってくる好シーンでしたね。つまんないキャラ?と言うより出番そのものが無かったので評価不能というか、残り尺的にどうすんのこの子?と思っていました(笑。続くほわプリ編(?)ではさくらちゃんへのスポットライトを期待したいです。

>amazonさん
あれだけ振られたらメドレー期待しちゃいますよね。あの大人数でアイドル活動→Take Me Higher→ダイヤモンドハッピー→キラリのメドレーとか見たかった。CG班は死亡しそうですけど(笑。記事ではなるべくかわいく描かれているカットをキャプってますが、確かに今回は所々作画が怪しかったですね。プリキュアの例だとDVD化での修整は無いのが普通なので期待は薄そう。そもそものメイン視聴者層は作画にそれほど拘らないでしょうし。

蘭の部屋のシーンが無かったのは私もモヤモヤしました。よりによってこの部屋割りとか(笑。全体のシーンでも蘭と美月さんは直接会話しませんし、いつまでも拘るのはアレと思いつつどうしても気になってしまいます。

>moonさん
あ、蘭は8/3が誕生日でしたか(今公式プロフィール確認。そういや本作って誕生日ネタを全くやりませんね。サプライズのバースディパーティであわあわしちゃう美しき刃を見てみたいかも(笑。あれこれ考える前に突っ走る行動力が売りのいちごが今回に限って考えすぎてしょんぼりしていたのは確かに不自然でした。キャラ的にはさくらちゃんの方が適役だったかもしれません。

激しく同意致します!


ライブ後のKOシーン、華麗な美月様をM字開脚でうなだれさせる程のツアー、みんなよく頑張ったね(涙)
正直正面から見…ΣΣ

でもおとめちゃんは北大路家の御令嬢をうまく洗の…手なず…;とんでもなく気があってますよね;;
明るいさくらちゃんの描写も増えて嬉しい限りです

スタアニ公演クライマックスと思ってたので嬉しい誤算と言うか、まだまだこれから何があるか楽しみです♪
学園長も隠れてアイカツ!してマスカレード復活も有り得るかも(笑)




KOシーンの美月様正面から拝みたかったー!!!
(いい意味で)

No title

スターアニスが実働2週間という短命ユニットだったのが驚きでした

学園長の言ってた素と芸能活動時の違いについて、あのお気楽メンバーで裏表あるのはユリカ(と美月・・・)だけですよね
でも普段からあのキャラを貫けば問題ないということなんでしょうね
子供向け作品でキャラ設定変え云々に突っ込むとは思えませんしw

他の方も触れてますがいちごのキャラがブレブレなのはもう仕方ないと諦めます
いわゆる便利屋ポジですね
彼女は実は作中実績ではメンバーでも下位クラスでバーターアイドルってやつなのですが
ソレイユのリーダーですし販促的にもスターライトクイーンを美月と争う展開になるでしょうし主人公補正は無敵なのです

次回は何故かしおん回
アイカツオーデ以外の俳優の仕事なんかを結構描写してますよね
女児向け作品としての販促責任を最低限こなしたら後はやりたい放題ってのがこの作品の魅力です
3番手ポジの蘭が実質主役のように描かれたり、ネタっぽいぽわプリやしおんが話の中心になったり掟破りというかカオスです
リアル女児がどーいう感想をもってるのか聞いてみたいw

アイカツ紳士さん

管理人さんでもないのに失礼しますm(__)m
リアル女児二人(小2と2歳)の娘がおりますが、この展開を普通に喜んで見てますよ。
来週のしおんちゃん回もかなり楽しみにしてます。
まあ、上が蘭ファン、下があおいファンで、王道のいちごファンではなくマイノリティなので、あまり参考にならない感想かもしれませんが。
ただ、最近の子供は男の子も戦隊ものは赤がいいとか、女の子もプリキュアも主役がいいとかはなく、主役を食うくらい個性的な脇を好きになる傾向があるようです。
フレッシュプリキュアなんかは娘の友達をみても、ラブが一番人気がなくて敵役だったイースが一番人気でしたね。
だからゲームや主役を無視したサブキャラのしっかりしたお話も楽しいようです。

amazonさん

わざわざありがとうございます

アイカツおじさんとして実に参考になりましたw

私にも未就学の姪っ子がいるのですがアイカツが見られない田舎にいるんですよね
プリキュアは見てるんですが内容はよく分かっていないにもかかわらず青色且つお姉さん系が好きなマセ餓鬼ですよ
子供は真ん中にいるピンク系統を無条件に好きになりがちですが、決してマイノリティではないようです
特にアイカツは自我が強くなる小学生以上がメインターゲットのようですし蘭やしおんのような不器用でも頑張る子に感情移入しやすいかもしれませんね

れすれす

>かえで寿司さん
せめて立て膝とおっしゃって(笑。あの美月さんがへたり込むとはよほどハードなツアーだったのでしょう。宙乗りや人間大砲など別ベクトルでハードだった子もいるみたいですが。おとめは誰が相手でもマイペースに引きずり込んでしまいますね。STAR☆ANISがあっさり終わってしまって少々拍子抜けでしたがぽわプリの活躍(?)を見られると思えば。

>アイカツ紳士さん
学園マザーのツッコミなどドコ吹く風で吸血鬼スタイルを貫くユリカ様さすが。いちごは映画主演やピンでのCM出演など着実に実績を上げていますが他の子と比べてどうなのか? はイマイチはっきりしませんね。それを明らかにすべく「アイカツランキング」だと思うのだけれど1回ポロッと出ただけで作劇上まったく使われないのは残念。

>amazonさん
娘さんの玄人視点はお母さんの英才教育の賜物でしょうか(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2