2013-09-19(Thu)

ドキドキ!プリキュア #32 マナ倒れる!嵐の文化祭

亜久里軍曹ビシバシ大暴走!? 

doki_32_00.jpg

愛を与え続ける幸福の王子に明日はあるか?

doki_32_01.jpg

冒頭は大貝祭の準備風景をチラリ。各教室や屋台の準備に交え、今回のキーアイテム(?)であるキャンプファイヤーの櫓もさりげなく映し込まれています。とはいえ倒れる寸前の櫓を見るととてもじゃないけど生徒たちの手作業で組み上げられるサイズでは…まあその辺は子供アニメのファンタジーってことで(笑。そんなこんなで準備も終わり、大張り切りで先頭に立っていたマナ会長もオツカレサマー! という所で絵に描いたようなバタンキュー! 999mの階段を一気に昇りきる体力を持つマナ会長が倒れるとはどんだけハードワークだったのか!? というかこういう事態を引き起こさないためのシャルル人間化だったんじゃ? 中盤の亜久里軍曹無双シーンにしても人間シャルルと組んでドタバタを引き起こせばさらに掻き回っただろうに、せっかくの設定を完全スルーしているのはナントモもったいない。それはそうと今回は八嶋さんがたくさん映って良かった。

自宅へ戻って寝かされたマナはBT38.1の火照り顔を見せ、抑え付ける六花に布団を抱えて物申す! 少々幼めに見える稲上絵はマナの我が儘っぷりがよく表れていてかわいい。しかし六花&真琴はともかく、またいつでもどこでもヨツバカーで即参上のありす様はともかく、なぜこの場に亜久里さんがいるのか不思議といえば不思議だったり。コミューン無いから連絡手段も無いだろうし(笑

doki_32_02.jpg

しかしそれ以上に解せぬのがアイちゃんの立ち位置です。赤ん坊だからまだ立てないけど。以前のきゅぴらっぱー洗脳にて「マナの妹」という事になっていたはずなのに、夕陽の中 四人ゾロゾロの帰り道にてアイちゃんは何故か亜久里さんに抱かれて一緒にお帰り…前回のぶたのしっぽ亭のシーンにてマナの家族が誰一人としてアイちゃんを不審がらなかったため「以前の妹設定は使い捨てではなく継続中」と認識したばかりなのに、今回のアイちゃんは亜久里宅に住んでいる設定? いったいアイちゃんは現在どこで寝泊まりしているんだ? と。そういや今回は第29話と違って学校にアイちゃん連れてってないんですよね。てな具合にアイちゃんが絡むと一気にモヤモヤが止まらなくなってしまう。アイちゃん関連にしろ亜久里さんの正体にしろレジーナにしろ岡田&王女の現状にしろレジェンドプリキュアとの関わりにしろ(やたらあるな)、展開の都合でいろいろボカすのは良いけれど決める所はきちんと決めてくれないと座りが悪くて仕方ありません。

さてみなさんとの帰り道にて「マナ=幸せの王子」説を聞かされた亜久里軍曹は物語の結末を知って唖然呆然愕然。剣のルビー、瞳のサファイア、そして全身の金箔を貧しい市民たちに分け与えた王子はやがてみすぼらしい姿となり、朽ちた像は倒され鋳造所で溶かされ、最後に残ったのはゴミ箱に捨てられた鉛の心臓と死んだツバメの亡骸のみ…これだけ読むとさんざん尽くしたのに用が済めばクシャポイとは何と無情なお話か!と思いますが、じつはこの物語の真意はラスト数行にある「町の中で最も貴いもの」の段にあり、経緯は悲しくとも「奉仕の崇高さ」を説いた結末を見れば決して悲しいだけのお話ではないのです。そしておそらく本作のテーマ・着地点はそこに至るのでしょう。

とはいえ子供の亜久里さんが「尽くした末の殉死」にショックを受けるのも無理はありません。このままではマナも…と考えた亜久里さんはひょっこり学校に現れたマナを保健室に軟禁(笑)し軍曹モードフルスロットル! 常識的に考えればかなり無茶な行動なのだけれど、亜久里さんなりの心配&フォローがオーバードライブした形として見ればなかなか微笑ましいかも。

doki_32_03.jpg

校内を巡回し始めた亜久里さんは中学生相手にいつもの軍曹モードを発動しまくり、鋭い正論に何も言い返せない生徒たちはしょんぼり沈むのみでした。あはは。亜久里軍曹無双すぎ。中学生相手にこの態度を貫く精神力は亜久里さん天性のものなのか? それとも憑依した何かによるものなのか? それにしても国民的アイドルをウエイトレスとして使う模擬店ってどんだけ贅沢なのかと(笑

ダメダメな中学生たちに呆れて戻った亜久里さんは「与えるだけの愛」を否定し、その結果としての愚民化を危惧し「一人一人が強くならなければならない」と主張。幸福の王子を臣民側から見ると確かにそういう結果なので亜久里さんの心配も判ります。しかしマナの考えは違いました。自分の不完全さを認め、助け合いのドキドキキュンキュンを信じ、生徒たちを信じる。一方的に分け与えているという意識が無いのですね。無自覚ゆえにタチが悪い(笑)とも言えますが、こういう姿勢を常に見ていれば生徒たちだって享受に甘んじるばかりの愚民には墜ちないとも思えます。

そんなこんなで「2年2組 きっさカフェ」の呼び込みシーン。かったるそうに声を上げる二階堂くんはいかにも男子中学生です。人前で看板抱えて呼び込みなんて照れくさいお年頃ですし。その点きちんと案内している八嶋さんはしっかりしてます。ほとんどお母さんポジションです(笑。まあこの位の年頃だと女子の方がたいてい大人なので。てな背後で権太生徒が櫓に登ってドンガラガッシャーン! 現実でこれが起きたら新聞沙汰の大惨事だろうなあ。

doki_32_04.jpg

この状況で何よりまず権太男子たちを心配する八嶋さんが天使すぎてちょっと感動。ほどなく駆け付けたみなさんは目の前の惨状にどうにもこうにも、さらに保健室前を通りがかった女子生徒もしどろもどろ…てな不甲斐ない様子に亜久里軍曹はご立腹であります。だから言わんこっちゃない!

そんな空気を一変させたのは事あるごとにマナをからかい客引きもやる気ゼロだった二階堂くんでした。何かと突っかかってくる子が一番の理解者ってのは定番といえばド定番で…番組開始当初の描かれ方を見るにもう少しマナとアレコレ絡むと思ったけれど、結局その後ほぼ出番が無いまま今回の流れは上手く感動に繋がらなかった感じ。こういうシーンは「あの二階堂が!」と思わせてこそ効くのだから「あの」の部分が薄いと少々厳しい。

「楽しもうぜ、みんなでよ!」

二階堂くんの動きを見たみなさんは一斉に手伝いを始めます。このサイズの丸太を中学生が櫓に組み上げるってのはファンタジーではありますがそれはそれ、誰の命令でもなく自分たちの意志で動いた=マナの思いが伝わっていた事に意義があるのですね。それは他の生徒たちも同様で、タイミング良く現れた(笑)文化祭実行委員のみなさんは口々に対応策を報告し、アングリー全開だった亜久里軍曹の目を丸くさせるのでした。あらかわいい。

doki_32_05.jpg

そして例によって即席のジコチュー発動、今回の担当は変な指輪の罠にハマってベールさんの手下Aとなった久々のイーラくんです。今まで何してたんだろ?(笑。発動したコーヒーカップジコチューはグラウンドへ飛び出し、みんなの思いの象徴である櫓を守ろうと立ちはだかる生徒たちに襲いかかり…占いテントで姿を隠してラブリンク&ドレスアップで変身したプリキュアの登場シーンがヒーロー番組すぎてちょっと笑った。そしてダイヤモンドの脚が綺麗(そういう所ばかり見ない。

敵方に立つイーラくんにお説教のダイヤモンド。対するイーラくんは「うるせー!」と一蹴、第26話での出来事が彼を変えるのはまだ先か? そして例の指輪をピカッと光らせてジコチューの猛攻がスタート。保毛尾田保毛男&大食いオヤジのジャネジーパワーが込められた新型ジコチューはスピード5倍、パワー10倍、態度は100倍とか言うてましたが…視覚的にそれほどに見えない、というか恒例とはいえ強化アピールも最初だけなんだろうなあ。

doki_32_06.jpg

パンチの応酬に続いての攻撃はカップに拘束しての高速回転移動、すなわち遊園地にあるコーヒーカップアトラクションのハードモードでありますね。ちなみに私は古今東西いろんな絶叫マシンに乗りましたが、最も絶叫しがちなのがこのコーヒーカップだったりします。これって見た目の呑気さに比べて乗り味がハードすぎると思う。というか降りる時はたいてい今回のキュアハートと同じような表情になってしまいます(笑

元々体調不良のハートはぐるんぐるんでほぼKO、これではラブリーパッドが使えない! すると回復までの時間稼ぎに飛び出したエース…何も一人でやらんでも、しかも時間制限付きのエースが時間稼ぎとはどんな不条理ギャグか!? と思ったけれど、ひょっとして前回のラブリーパッド出現で時間制限クリアって設定? 飛び出したエースは暫し個人アクションの後、マナの思いがみんなに伝わっていた事を胸に刻み、その思いはエース自身をもキュンキュンさせ――

「みなさんの大切な思い、私も守って見せましょう!」

というわけでいきなりラブリーパッドの販促スタート、個人技「エースミラーフラッシュ」が突然発動しました。どこからともなく取り出した銀のLOVEラビーズをセットしパッドの上をスッと手かざしすると現れた三枚の鏡がピカッと光って目くらまし。ううむ、せっかくの新技だけれど地味すぎてリアクションに困った。どう見てもばっきゅーん!の方が強力なような。その後普通に目覚めたハートが戦列復帰しストレートフラッシュでフィナーレ。強化ジコチューなのに一発フィナーレってのも寂しいというか強化の意味が…。

doki_32_07.jpg

戦い終わって日も暮れてキャンプファイヤーを囲むみなさん。男女ペアでのフォークダンスで真琴と組んだ子はラッキーだなあ(笑。6万席を3分でソールドアウトの国民的アイドルとツーショットなんて! フォークダンスなんてやってられない二階堂くんの男子中学生っぷりも微笑ましい。あはは。てな様子を眺めてあらあらまあまあな八嶋さんの表情が絶妙すぎ(笑。

「童話の幸せの王子が与えた愛は町の人々に届いていたかもしれません」

みんなの思いの象徴であるキャンプファイヤーを囲むフォークダンスの輪。それを眺めながら亜久里さんのお言葉は今回エピソードの綺麗なまとめではありますが…あの童話は「無償の愛」である事がミソなんだよなあと言ってはシマイか。ともあれ亜久里さんはマナの自己犠牲的献身の意義を理解し、互いに手を取り合ってみんなの所へ駆け出す笑顔で締め。こうして少しずつ距離を詰めていくのは良いのだけれど、どうせなら他の子(特にツバメ役の子(笑)も絡めて見せてほしかったかも。また今回に限らず実際の描写としてマナ以外との交流(親密感)が見えないのも残念ポイントだったり。もう少し全体的な仲良し感がほしいところ。

       
関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ドキドキ!プリキュア「第32話 マナ倒れる!嵐の文化祭」/ブログのエントリ

ドキドキ!プリキュア「第32話 マナ倒れる!嵐の文化祭」に関するブログのエントリページです。

ドキドキ! プリキュア 第32話「マナ倒れる!嵐の文化祭」

文化祭の準備で頑張りすぎたマナは前日に倒れてしまう。 お見舞いに来た六花がマナを“幸せの王子”と言ってのを聞いた亜久里。 「幸せの王子」のような悲しい結末にマナをさせるわけにいかないと、文化祭で奮闘するが…  

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2