2013-10-25(Fri)

アイカツ! #54 笑顔のヒミツ

宣材撮影からフォトセッションイベントへ。

aikatsu_54_00.jpg

久々のトリオステージは大変おいしゅうございました。

aikatsu_54_fufu.jpg

アイカツの顔たる開幕フフッヒに微修正。画像左列が第53話、右列が今回第54話です。今回分から主線全体にタッチが入り、頬に紅ブラシ追加、さらによく見るとキャラ絵に白オーラが追加されています。主線がちょっと弱いかも?と思っていたのでこれは良い修正でした。

aikatsu_54_01.jpg

改良フフッヒから始まったアバンはプロフィールファイルを眺める学園マザーのシーンから。この名簿に記載されているプロフィールや学園内記録・主な出演歴などなかなか興味深いのでチョイと起こしてみました。

紫吹 蘭
Shibuki Ran
学籍番号:30024
学年:中等部三年生
生年月日:8月3日
身長:163cm 血液型:AB型
学園内記録:
第35期スターライトクイーンカップ準決勝進出
センセーショナルスチューデントオーディション 総合1位
第36期スターライトクイーンカップ準決勝進出
長所:責任感がある、真面目
短所:一人で抱え込んでしまう
主な出演歴:
「スパイシーアゲハ」専属モデル

霧矢あおい
Kiriya Aoi
学籍番号:35131
学年:中等部三年生
生年月日:1月31日
身長:157cm 血液型:A型
学園内記録:
第35期スターライトクイーンカップ準決勝進出
第36期スターライトクイーンカップ準クイーン
長所:器用、好奇心旺盛
短所:心配性、主張が弱い
主な出演歴:
ドラマ「イケナイ刑事」シリーズ主演
14代目ポンポンクレープガール

星宮いちご
Hoshimiya Ichigo
学籍番号:35132

スターライトクイーンカップの期数と学籍番号をリンクさせて考えるとおそらく学籍番号の頭2桁は期数と思われます。だと仮定すると蘭は30期の入学、つまり小学二年生時に初等部へ編入(?)したと推測できそう。というか状況証拠だけだったスターライト学園初等部の存在がこれにて確定したような。第10話で示された中等部一年生(当時)のトーナメント表を見るに一学年(一期)96名、途中脱落者の補充(編入)数を考慮すると姐さん&いちごの131&132という番号はリアルかも。

※追記
よう考えたらいちごたちは4月に進級していて、第35期スターライトクイーンカップは年度替わり後、つまり「学籍番号の頭2桁=期数」とするなら前年度編入のいちごたちの頭2桁は「34」でなければならないのでした。ざんねん。まあ学園創立年度(生徒が1期生だけの時代)は4月開校→9月クイーンカップというスケジュールに相当無理があるため、第1期クイーンカップ自体が次年度(運営上の第2期)に先送られ、そのズレが今も継承されている(だから学籍上35期のいちごたちが運営上36期の学園にて「第35期クイーンカップ」を争った)とすれば一応の辻褄は合うか(笑
※追記終わり

学園内記録によると姐さんは前回の準クイーン!? おとめとの決勝戦を見たかった(笑。蘭もきっちり準決勝に残っていたようで、つまりランク8位以内をキープしていた…他の準決勝進出者は不明ですがおそらく元STAR☆ANISメンバーで占められていたと思われ、つまり大型新人の台頭は無かった=有望新人はドリアカに取られた、みたいな?

蘭が36期センセーショナルスチューデントオーディションに結果が残せていない辺りフラッシュさんに負けたのかな。念願叶ってスパイシーアゲハのミューズとなったのは既報のとおり、ファンとしては数カットの回想でもいいから至る経緯をぜひ見たい。

「話は聞かせてもらいました~っ!」
「まだ何も言ってないけど?」

ほんの数秒のプロフィールファイルカットだけで何行書いたのか(笑。ともあれこの写真をキーに始まった今回はアイドルの基本「笑顔」についてのお話。今や新人アイドルでもないいちごたちにイマサラ? という所ですが、洗剤もとい宣材写真の撮り直しというテイで改めておさらい・「笑顔の何たるか」を意識する作りはイマサラなテーマを自然に落とし込んでいたと思います。

さっそくの撮影風景にてモデルの貫禄を見せ付ける蘭。カメラマンの要求に躊躇なく応えてポーズ・表情を作る場慣れっぷりはさすがミューズというところ。

aikatsu_54_02.jpg

てな様子を覗いていたいちごたちへあおい先生による「いい写真を撮ってもらうための心得講座」の始まり始まり。曰く――

(1) これだ!と思える顔の角度や表情・ポーズを鏡で見たり、実際にカメラで撮って研究しておくべし
(2) 何たって笑顔がいちばん。口角を上げる事を意識すべし
(3) 生き生きとした表情を心掛けるべし

先生の講義をノリノリで実践するいちご&おとめがかわいい。いちいちいい表情してます(笑。口角上げてニコッと笑顔の姐さんもかわいい。木村監督のツイートにあった「黒沢ともよ嬢の協力」はこの一連の事かな? 協力へのご褒美か他キャラの出番が無い中でおとめだけはしっかり存在を主張していましたね(笑。まあドリアカ組の印象付けが落ち着くまでSoleil組以外の出番は暫くこんな感じでしょう。

スイングロックのCMで笑顔を振りまくセイラを見たいちご&姐さんはドリアカ組に対抗心めらめ~ら。確かに顔の角度とかスゲー研究していそうです。それはそうと姐さんの脚(そういう所ばかり見ない

さて明けて翌日学園長室に呼び出された三人娘は新型カメラのフォトセッションイベントのオファーを聞いてアレコレ。やはりオーディションよりオファーの流れなのだなあ。そしてこのフォトセッションにセイラも参加すると聞かされ…スターライトvsドリアカの勢力争いがチリチリと浮き出る中でいちごは「一緒にアイカツしたらみんなもっと凄いアイドルになれる」と、ドリアカとの比較・大人たちが考える優劣意識など軽く吹き飛ばす前向き全開の発言を。いちご的にドリアカは競争相手である前にアイカツ仲間なのですね。

aikatsu_54_03.jpg

一方ドリアカのきいもフォトセッションに向けてアレコレ研究中。てな所へセイラが差し出す例の謎飲料「ブレインサンダー」を一気飲み、すると全力全壊のハイテンションに…これってやっぱり良くない成分が入ってるんじゃ?(笑。プロデューサーきいはもちろんセイラの写真写りについてカンペキに分析済みで、しかしそのきいをして「今回のお仕事はそれだけじゃ足りない」と言わしめ――

「それはズバリ…」
「意外性?」

と、ドリアカサイド→スターライトサイドへセリフで渡す流れはベタなれどなかなか気持ちがよろしい。こういうの好きなんですよ(笑。またこれはきい&姐さんが考えるキーポイントが同じという表れでもあり、プロデューサー専任のきいとそうではない姐さんが同じレベルのプロデュース能力を持っている証でもあります。さすがアイドル博士。

意外性の例として晒されたお宝写真がいい味出しすぎててナントモ。寝起きいちごはともかく蘭の照れ顔の破壊力が凄い。すっかりトロトロです(笑。とはいえ自分でも気付かないような表情だけに意識して作れるはずもなく、「意外性」と言われてもさてどうしましょう? ってな所でいちごがキラーン! 二人の手を引っ張ってアイ!カツ!アイ!カツ!

aikatsu_54_04.jpg

向かった先はゲーセンのプリクラでした。三人並んでセイ!ジョニー!と撮ったプリクラ、しかし出来上がった写真は勝手に修整されていて表情研究の役に立たず…ただでさえ目が大きいアニメキャラに今どきのプリクラ修整はキツい! キツすぎる! この発想は無かった。というかこれは遠回しなプリクラ修整批判かも? 君たちがかわいいと思っているプリクラ修整は傍目にはこんな風に見えますよ?的な。

それはともかく他のプリクラから聞き覚えのある声が聞こえて何となく合流。みなさん揃って街歩きにて「「どうすればファンの人たちに喜んでもらえるか?」」とユニゾンの姐さん&きいは既に息がピッタリです。やはり何か通じるモノがあるのでしょう。そこから始まる学園を超えたアイカツ仲間のゆるゆる交流もまたじつに本作らしくて良し。

ブティックでの服選びに賑やかな三人を撮り続けるプロデューサー陣。あはは。蘭の楽しそうな笑顔がナントモ、セイラのミニスカ生脚がナントモ(そういう所(略。続いて楽器屋でのショット。いちごが持つ水色ギターはよくあるストラトタイプ、間違った肩ストラップにお悩みの表情がド素人かわいい(笑。セイラが下げている黄色ギターはシルエット全体がYAMAHA SGVっぽい? これはかの寺内御大が使っているギターと同タイプのモノ…年齢にそぐわず渋いギターがお好みのようです。重い重いレスポールに潰れているきいはいかにも、フォローに回る蘭もいかにも。蘭ってばこういう子を放っておけないんだろうなあ。その蘭が持っている紫のギターはナイフヘッドの形状からIbanezのRGっぽく、現行モデルならIbanez RG550辺り? 姐さんが下げてるのは青ラメのレスポールタイプ、さすが毎日鍛えているだけあってきいとの体力差が明らか(笑

aikatsu_54_05.jpg

「刺激がピリッと来て、脳がシャキッとするんだ!」

表情研究も一段落して一服入れましょう! という流れからセイラの家「Cafe Vivo」へゾロゾロと。きいはここでもブレインサンダー飲むのか! 店で普通に出てくるのか! というかやっぱり危ない成分が含まれているような。寝なくても疲れが取れる的な。そんな謎飲料の講釈を軽く流してパフェ一直線のいちごさんさすがです。

それはそうとこのテーブル配置、蘭だけ別テーブルとはどうしたことか。テーブル二つ使うなら普通は2対3に別れそうなものなのにこれは蘭の立ち位置を如実に表しているようでナントモ。まず海苔食べな。その後写真の品評会(?)をしているうちにいちごテーブルのお誕生席に合流、これは真面目にテーブル定員を守っていた蘭も思わず乗り出して…みたいな表現だろうか? 係る演出意図の真相を知りたい。

「音が重なってる、ハーモニーが広がってく」
「あなたたちは三人でいる時が一番いい顔ってこと」

ともあれ写真とパフェを肴に盛り上がる仲良し三人娘を暖かく見守るドリアカ組のお言葉。おそらくセイラはこの時「仲間」の大きさを意識し始め、一緒にステージに立って頑張る三人への羨望が芽生えたのではあるまいか。もちろんきいも大切な仲間ではあるけれど、二人の関係はあくまで演者と裏方なので、三人娘の如く一体感には残念ながら遠く及ばない。そんな思いを浮かべた所で三人娘のあのステージを見たら、そりゃラストのセリフも自然に繋がるというもの。

なーんて一部始終をキラキラ笑顔で見つめているノエルちゃんがまた!

aikatsu_54_06.jpg

そしてお待ちかねの姐さん&蘭の新モデルステージへ。もうね、フィッティングシーケンスからしてズッキューン!ですよ。顔モデルのレベルアップはもちろん、コーデチェンジ完了時のターンで見せる髪の流れからして違う。とはいえ蘭の旧キメ(投げキッス風のやつ)も大好きだったので正直言って非常にフクザツだったり。

始まった曲はセカンドシーズンからのED「オリジナルスター☆彡」が早くも登場、例によって歌唱はステージどおりの三人(わか・ふうり・すなお)なので、CD発売以来ヘビロテが止まらない私の耳にちょっと新鮮でした(笑。もうSoleilは名乗らないのかな。

新スクールドレスの三人が元気いっぱいに歌い踊るステージは想像以上に完成度が高く、新モデルとなったキャラ顔はご覧のとおり表情もより豊かとなり、曲にきっちりシンクロした振り付けも相まってニマニマが止まりません。このステージを見ている顔を他人に見られたら軽く死ねそう。

aikatsu_54_07.jpg

今回のネタであるフォトセッションを上手く組み入れた演出も「いい顔でスマイル」を強調しまくっていました。サビ入りでの三人ウインクから強気な表情の姐さんウインク、さらに多彩なカメラワークによって映し出される三人娘のステージは瞬きすら惜しい、どのカットも恐ろしいほどの破壊力であります。シャッター音が思いっきりデジイチだったのはご愛敬で(笑

スペシャルアピールがいつものデルタエンドだったのは残念だったかも。スクールドレスで星座アピールは無理として、せっかく久々の三人ステージに何か新技が欲しかった。また贅沢を言えば「カレンダーガール」のようなフォーメーションチェンジを見たかったかも。

aikatsu_54_08.jpg

ステージを終えたいちごたちを迎えたドリアカ組は賛辞と同時に気合い入れ。相変わらずハイテンション大騒ぎのきいがウザかわいく思えてきました(笑。短い会話の後いちごたちは控え室へ、セイラたちはステージへと別れ、するとセイラは並んで歩く仲良し三人娘を見送りながら――

「仲間とステージに立つのも悪くないかも…」

一緒に頑張るいちごたちに感化されたセイラの呟きはいかにも仲間フラグですね。今はまだ裏方、光の中へ一人飛び込むセイラを見送るだけのきいがどんな流れでステージに上がるのか、どんな思いで影から光へ転じるのか楽しみです。

aikatsu_54_eyecatch.jpg

今回は姐さんのアイキャッチがセカンドシーズンバージョンに変わりました。姐さんかわいい! いちごもそうだけれど、制服モードのキャラ絵が以前のままなのでスクールドレス絵との差が気になるといえば気になるかも? 蘭のスクールドレスがまたかわいいので早く見たい。






         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第54話 笑顔のヒミツ」/ブログのエントリ

アイカツ!「第54話 笑顔のヒミツ」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ご無沙汰です。
今週のお話、久々のいちあおらん回ということで良かったです。
新シリーズでは一番の出来かと(作画は妖しかったですが笑)
これぞアイカツ!というか元気を貰えました。

彼女らの可愛さを満喫できた(蘭海苔最高!)上に私服まで!
蘭やあおいは変装してましたがいちごは現状の知名度の低さから無しと芸が細かいです。

ステージはあおいと蘭の新モデルが初お目見え、
トゥーンシェイドを駆使して表情の多彩さアニメらしさはもはやDCDより上ですね。
刺さりそうな顎が気にはなりますが(笑)
特にあおいのモデルは完成度が非常に高くバキューンのところは萌えますね!

ドリアカ組がまだ馴染みきれてないこと以外は文句なしです。
予想以上にソレイユが主役だし流石に難しいのかなぁ。

最後に、経歴は時系列っぽいので昨年度センセーショナルスチューデントは蘭が1位だと思いますよ。
一昨年みたくフラッシュさんと同着かもですが。
時期的にはもうすぐ開催の筈ですね。

No title

今回は、全編を通して楽しかった、アイカツらしい良回だったと思います。いちごとおとめの、にへら~とした緊張感の無い笑顔と、蘭の美しい海苔の食べ方には笑いましたw
CGは本当に見とれてしまうほど、進歩してますねえ。カメラごしに見る映像というアイデアも、ありそうで無かったと思います。
学園長の言うように、ライバル校の登場によって、アイドル同士の対決は避けがたい状況になっていますが、そんな中でも、対決より協力に価値を見出してるいちごが印象的でした。いちごは、この作品をより良い方向、楽しくそれでいて熱い方向に持っていく力があるなあと思いました。このアニメは、勝負や対決よりも、それ以外の話の方が、面白い話になることが多いと思います。

ナイスリズムの回

他の皆さんもおっしゃっていますが、今回の出来は素晴らしかったんじゃないでしょうか。脚本といい演出といい、見事にマッチして楽しいリズムがあったと思います。「必要なものは?」⇒「意外性!」とドリアカからスターライトにシーンが切り替わる演出とか、僕も好きです。あとここ毎回セイラの家でダベる流れになっているのも面白い(笑)

ということでスタッフさんを調べてみたんですが笑、演出小山田桂子さんもベテランだそうで、個人的にテンポがいいなと思った話数を担当されてるみたい(しおんアリス回、いちごパニック、最終回など)です。

あと脚本の山田由香さんが、前期後半でキャラ紹介回(例えば蘭、さくら、かえで+しおんアリス回)をメインで担当されてる方というのも大きいかなと思います(個人的には「それゆけソレイユ!」も良かった)。実際今回は三人組再結集ももちろんですが、セイラちゃん紹介回としても良かったと思います。

セイラちゃんは、今はまだ正直イマイチアイカツに乗り切れてないのだと思います。けれど、それでもいちあお蘭の三人組をみて楽しそうで、うらやましく思ってしまってやる気が出てきた。っていうのをセイラのキャラ付けである「音感」で表現していたのは面白かったですね。それと対比してのきいちゃんの暴走ぶり&アイドルとは一線引いてる感じ、という位置付けも今後に向けていい伏線かなと思いました。

継続にも拘らずアイカツ二期のこの好発進ぶりを見ると、プリリズDMFがどうし(ry

訂正

すいません、前の投稿
(蘭、さくら、かえで)じゃなくて
(ユリカ、さくら、かえで)でした…。

なぜこんな間違いを…。

No title

皆さんおっしゃる通り楽しい回でしたね~

うーん。やっぱ蘭とあおいはすんごく可愛いです
ここ最近あまり楽しくなかった気がするのはこの二人の扱いがちょっと悪かったからですね!
はっきりと理解したぜ!販促とかくそくらえ!(アカン

CGの進歩の凄さはあおいと蘭でようやくはっきりと分かりました
いちごとセイラには悪いけどこの二人のモデルは前シリーズでも図抜けてましたし色あい的にも映えますね
個人的にはそらとマリアのモデルも楽しみなんです

さて学園長の見てた履歴書から空白の1年間の様子が少し垣間見えました
蘭はミューズになって学年一の実力者をかけてひかりとの決戦に勝利した?ようですし、
あおいはスターライトクイーンカップの決勝に進み、おとめとのステージ決戦に挑んだようです
カップの準決勝は人気投票形式だったのでテレビで知名度の高い二人が残ったのは妥当なんですね(去年の15さんは忘れてくださいw)

ちょっとずつでもいいからこの辺の回想はさんで欲しいっすねー…では!

プロフィールなかなか興味深かったです。蘭といちあおの学籍番号の差が大きいのは初等部の存在をにおわせてたし。
皆さんもおっしゃってますが、2年時のセンセーショナルは蘭が優勝したのではないでしょうか?
時系列で書かれてたから、いちごが渡米した直後のセンセーショナルで優勝でしょう。姐さんはイケ刑事の映画の主演は決まってたけど、公開はまだだったから、ミューズに決まったばかりの蘭が勢いに乗って優勝と。もしかしたら、決勝はヒカリさんとではなく、姐さんとだったかも。
姐さんの短所に「主張が弱い」とあったからそりゃスターライトクイーンカップの決勝でおとめちゃんに負けちゃうわなと、おとめちゃんがクイーンに選ばれて納得しちゃいました。フレッシュガールズもおとめちゃんが勝ったのかな?
と、プロフィールの件が長くなってしまいましたが、ほんとに今回のアイカツは面白かったです。
ライバル二人もやっとかわいいな~と思えてきたのは、みんなでほのぼの仲良くしてたからかな?
いちごがセイラちゃんに興味持ちすぎで姐さん以上に私がやきもちを焼いていたのですが、やっぱりいちあお蘭は三人いるのが最高なのねとやってくれたので満足(*^^*)
姐さんのレア写真での弄りっぷりも久々にごちそうさまでした。
姐さん、いち蘭のレアショット、いくら出したら譲っていただけるのかしら?
レアショットを見せられたときの二人の表情もかわいかった!
そして、待望の三人でのライブ。あお蘭(いちごはすでに見てるので)かわいすぎて、もう大変!CGの進化はメガ進化を超えてますよ!
こうなるのおとめちゃんやユリカさまも早く見たい!もともとかわいいかえでちゃんはどうなるんだ?!
あと、私はこれでソレイユは復活したと信じて疑わないのですが、違うの?(ToT)

はじめまして!いつも楽しく読ませてもらってます!!

新シリーズになってまた面白くなったなーと思ってます。
今回のあおいちゃんのアイカツステージでの困り顔と挑戦的な視線を見て完全にフォーリンラブしました笑
30歳の女をフォーリンラブさせるなんてあおいさんのアイドルオーラ凄まじいです。

来週も楽しみです!ってかいつビューリフォームーンが再登場するのか!

れすれす

>moonさん
ネタ的にイマサラ感は拭えませんが、笑顔をテーマとしたアイ!カツ!ストーリーは見ていて安心感があるというか、やはりこういうプロットでの軽妙絶妙なやり取り&成長描写こそ本作のあるべき姿だなあと。ドリアカ組についてはセイラの魅力がイマイチ伝わって来ず、出番が優遇された開幕4話を数えて未だどういう子なのかよく判らないのが辛いトコ。

センセーショナルスチューデントオーディションの真相はどうなんでしょうね。ともあれ第8話で同率1位になったのは間違い無いので、私的にあの記載順は時系列ではなく期別の箇条書きと判断して上の記事となりました。まあミューズの件と合わせて空白の一年(笑)についての言及を待ちますか。

>適当にフォローさん
写真講座の緩んだ表情にほっこり(笑。ステージでのデジカメフレーム演出は今回テーマにピッタリで最高の笑顔を満喫できました。対決描写については作劇上1年目以上にステージ対決が増えそうですがノリはおそらく相変わらず、勝ち負けの結果よりも経緯を重視した作りで進めていくと思います。とはいえ年に一度くらいはガチンコ勝負を見てみたい(笑

>tamanoさん
面白い!と思った回のスタッフを調べて…とやり始めたらアニメ沼の入り口です。ぜひずぶずぶと浸かってください(笑。山田氏はアイカツと水が合っているようで面白いホンを連発してますね。でも私的には大野木氏とゆにこ氏のシナリオが好みかなあ。このお二人のホンは空気感からして図抜けている感じ。演出陣は地味に監督レベルの大物が参加しているので毎度感心する事しきり。DMFに関しては、まあ私もいろいろ思う所はありますが…後半は結構楽しく見ていましたよ。というか前半のとっちらかりからよくあそこまで持っていったと思います。

>アイカツ紳士さん
やはり三人娘がきっちり噛んでくれると視聴気分が盛り上がりますね。しかもあの新CGの素晴らしさ! 本放送以来何度リピートしたか数えきれません。そら&マリアのステージも楽しみですね。登場はいつくらいになるんだろう? あとできればしおんモデルが歌って踊るぽわプリのステージを見てみたい(笑

>amazonさん
数秒のプロフィールカットだけでいろいろ想像させてしまう作りが憎い(笑。この空白期間はぜひ本編でチラリとでもいいから振り返ってほしいですね。姐さん&蘭の新CGはおっしゃるとおりかわいすぎ! 造形のレベルアップもそうですが表情付けがまた良いですね。はにかんだような絶妙な表情まできっちり描かれていてズッキューン!が止まりません(笑。これはCG第2世代のおとめ&ユリカ様の新モデルにも期待が持てますね。Soleilの復活はどうなんでしょう? セイラのセリフからしてユニット押しの雰囲気を感じますが…ユニット販促のタイミング次第のような(それを言うたら

>今回から姐さん推しさん
はじめまして、いらっしゃいませ。アイカツ面白いですね。今回のCGステージの破壊力はホント凄まじかった。セカンドシーズンに入ってますます進化が止まらないCGステージはどこまで行ってしまうのか心配になったり(笑。美月さんの再登場…何というか大魔王降臨!的なシーンになりそう。組んでるティアラ学園長の素性も気になるところです。

管理人さんの目の付け所すごいですね、全て納得です!

CG良かったですね、髪の毛の動きばっか観てしまいました♪


ブレインサンダーは一般的に売られてる物なんですね♪、と思わせといてセイラを通しての入手しかまだ確認されてないからパパの危ないルートでしか手に入らない(もしくはパパ作成?)のヤバい物!?(笑)
きいのしゃべり方はブレインサンダーの副作用!?(笑)


しかしスーパー新入生のさくらやスーパーアイドルのかえで達の出番は無くなってくるのでしょうかね?
星座ときいてスタアニの8人+4人とかで12宮的な未来を予想してたんですが…さくら達を過去のものにしてほしくないですね

逆に新キャラのきいのウザさがなくなって可愛くみえてきてる部分も否めません(笑)


プリクラは怯えるくらい怖かったですΣ
喫茶店ではちょっと詰めたら蘭座れたと思ったのは私だけでしょうか?(笑)



余談ですがレスポールモデル持ってました、本物は高いので;
ベースはモッキンバードです♪

No title

センセーショナルオーディションの件は最高成績のみ記載してあるとかじゃないですかね
回数や年数も書いてないですし
仮に前年蘭が1位を逃してても1位と書けますから

あおいの所に記載がないということはあおいは前年出場しなかったんですかね
今や学園屈指のアイドルなのに上位入賞できなかったとは考えにくいですし

いずれにせよ今年は蘭とヒカリの最終決戦が見たいですね(高等部もあるって?)
ヒカリはソロでCDをリリースするようですしそちらも楽しみです

れすれす

>かえで寿司さん
CGの髪の動きには思わず魅入りました。特に蘭はこれまでのレジンの塊(笑)みたいな髪から一転してストレートロングらしいサラサラ髪に。また繊細な表情もきっちり描かれるようになりいよいよ目が離せません。

美月さんを除いたSTAR☆ANIS(7人)+しおん+ドリアカ4人で12人とも思いましたが、1年スパンで考えるとドリアカ側にさらなる新キャラも来るでしょうし、そもそも自分の星座以外の星座アピールを普通に出していたので、12宮の椅子取りゲームが今後どう進むのやらサッパリ(笑。レスポール重いっすよねえ。モッキンバードといえばB.C.Richですか。ちなみにうちはギターもベースもYAMAHAがメイン。

>名無しさん
定例どおりならもう暫くするとセンセーショナルスチューデントオーディションの時期ですし、何せフラッシュさんの見せ場はこのイベントしか無いので、何らかの動き・昨年度結果への言及を期待したいです。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2