2014-01-20(Mon)

プリティーリズム・レインボーライブ #41 星がつなぐ絆

デュオ大会二組目はクロスさん&おとはペア。

prismRL_41_00.jpg

Lucky☆Star結成、解散、そして事故の真相がついに語られます。

明るい三角関係解消ショーに続く今回はついに涼野家vs神浜家の因縁ネタへの踏み込み。親同士の因縁に振り回され引き裂かれるプリズム版ロミオとジュリエットの運命は如何に? では解説の弦さん、よろしくお願いします。

prismRL_41_01.jpg

みんなの前では気丈に明るく振る舞うも、出番に向けてみんなから離れた控え室のクロスさんは奈津子さんとのアレコレによるダメージに今だ打ちひしがれ、コウジくんとの付き合いも「みんなが傷付くなら別れた方がいい」とほぼ諦め気味でした。両家の因縁についてクロスさんには全く落ち度も責任も無いのだけれど、逆にそれらが無い分フォローや懺悔のしようも無く、つまり直接の解決手段が無い以上「別れ」を選ぶ事が唯一自分が出来る解決法と考え…とはいえそうカンタンに諦めきれるものでも無いから大変なのよね。などと八方塞がり投了ムードのクロスさんへ、おとはは小鳥遊家のお家事情を語り始めます。

「まだ諦めてはいけません」

バリバリ働くキャリアウーマンに養われるメルヘン主夫かと思いきや、そうしさん(おとはの父)ってば高貴な家柄の出でしたか。佇まいから滲み出る浮世離れ感はメルヘン脳によるものだけではなく、まさに存在そのものが浮世離れだったというオチ。おとは宅の立派さもなるほど。そういう家柄へ「働く女性」が入り込むのは確かに障害が多そうで、しかしおとぎさん(おとはの母)は諦めない!負けない!――雨の中、傘も差さずに、門の前――というベッタベタな描写にはちょっと笑ってしまいましたが、これはベクトルが違えど今のクロスさんを苦しめる「自分たちにはどうしようもない壁」の乗り越え実例であり、つまりどうしようもない事でもどうにかできる道があるという喩え。でもこれ見方によってはストーk(略

「女の子だって王子様になれる」

そんな母に育てられたおとはの芯の強さも合点がいきます。また王子様に憧れ続け、それをクロスさんに重ねるおとはフィルターは単なる少女マンガ・ヅカ趣味(笑)では無かったという事。こんな風に本作の子たちは両親の影響が人格にきちんと反映され、極端な性格をキャラ性だけで終わらせず作劇に活かしている辺り感心しきり。

prismRL_41_02.jpg

「僕はもう逃げたくない」

一方コウジくんは「お母さんを悲しませたくない」を自分への言い訳にしていた事に気付き、自分のためクロスさんのため真実を受け入れる覚悟を決めた。対する奈津子さんはこれまで100%味方だった息子の反旗に狼狽え…これがよくある「子離れできない母親の反動」では無く、交際禁止の理由である弦さんに対する恨み節は筋違いではないだけに辛いトコ。いつまで恨み辛みを重ねても誰も幸せにならない、クロスさんには何の落ち度も無い事は奈津子さんとて判っているでしょう。けれど愛する旦那の命を奪った男の娘と思えば、息子の笑顔を奪った男の娘と思えば、すんなり笑顔で迎えられるはずもありません。ああ辛い。

さて奈津子さんから離れたコウジくんは既に役者が揃っている控え室にカチ込み、この因縁の当事者中の当事者である弦さん本人から事の真相を聞かされる流れへ。

prismRL_41_03.jpg

「いとはコウジくんのドコが好きなんだ?」
「はい~~~っ!?」

まずは「Lucky☆Star」結成の経緯について。ここで突然クロスさんへ衝撃質問(笑)、さらにコウジくんへも同じ質問を行い、その返答にいちいち衝撃を受ける弦さんがいかにも意味深…と思ったら、クロスさん&コウジくんの関係性が弦さん&丈さんの馴れ初めマンマで、つまりこの二人はDNA単位で惹かれ合う事必然だったのでした。しかしこれまでほとんどヘタレコミュ障だったコウジくんがすっかり男らしく饒舌になってしまって少々寂しい(笑

それはそうとコウジくんは初期からクロスさんしか見えていなかった事が明らかになり、彼がクロスさんへの思いを語れば語るほど、始まる前に失恋してしまったなる店長が不憫でならない。マイソング作りやドリーミングセッションでの異空間ツーショットなどなど立てまくったフラグはあくまで「友達」としてのもの、つまり完全になる店長の空回り1000%だったってのはじつに切ないなあ。

prismRL_41_04.jpg

ってなラブラブエピソードの合間合間でメルヘン全開のおとはがいい味出しすぎて思わず茶噴き、次の瞬間ハッ!と我に返る表情変化も素晴らしい。後藤(弱)さんノリノリでした(笑。これらおとはのカットインによって会話シーンが必要以上に重くならず、次ターン「事故の真相」への落差を稼いでいた感じ。

prismRL_41_05.jpg

そしてついに語られた弦さん&丈さんの出会い、Lucky☆Star結成の経緯について。若い弦さんはいかにも唯我独尊のギター小僧で、てな所で出会った丈さんとのエピソードは前述どおりクロスさん&コウジくんの経緯マンマ。刺々しく暑苦しい曲を優しいアレンジで包み込むスタイルもマンマです。とはいえ男同士にしてはちょいと仲良すぎ?(笑

そんなこんなでLucky☆Star結成後はトントン拍子で人気が高まり、メジャーデビュー後もまたトントン拍子で売れまくり――

prismRL_41_06.jpg

各々が後の伴侶となる女性と付き合い始め、全てが順調に回って幸せの絶頂に。こうしてツルんでいるうちに鶴さん&奈津子さんも友達になったのでしょう。しかし絶頂の先の転落はお約束、売れたバンドお約束の内部分裂によってLucky☆Starは解散し、弦さんは華やかにソロデビュー、丈さんはそのまま引退と明暗を分け…互いが互いを無二とした思いを弦さんは反故に、丈さんは貫いたという事か。弦さんと離れたら音楽を続ける意味が無いと。先のシーンからチラチラ映る黒メガネがあからさまに怪しい。どうでもいいけど本シリーズは赤い911カブリオレが好きだなあ。オーロラドリームでもそなたさんが乗ってましたし。弦さんソロデビューのスクープを報じる雑誌の表紙に「人気絵本作家と童~」の見出しは彩瀬夫妻の事かな。芸コマ(笑

ついに語られた事故の真相は結果から言うと九割方予想どおりで、弦さんの運転に同乗していた丈さんが亡くなり、その償いのために弦さんはギターを捨てた。車上の会話シーンでずっと横を向いて話し掛ける弦さんをして「運転中は前を見ろ!」とずっと思っていた(こういう表現の度に思う(笑)けれど、まさかそのまま脇見運転が原因で事故ってしまわれるとは。センターラインオーバーの相手との衝突事故は基本的にこちらに過失は無く、また狭い道でのあの状況は仮に前を見ていても避けがたい事故…とはいえ「脇見をしていた」「再結成なんて考えなければ」「誘わなければ丈は死なずに済んだ」と弦さんが自責の十字架を背負うに十分な事故でありました。

prismRL_41_07.jpg

「僕は諦めません!」

全ての責任を被り頭を下げる弦さんへ強く叫ぶコウジくん。どうにもならない壁を前にして、しかし思いを貫き諦めない気概は、先におとはが語った「王子様」そのものであります。そりゃクロスさんも蕩けます。というか蕩けすぎ(笑。そしてこのヘビィでトロトロな情況に楔を打つが如く出番を知らせるおとはのスケジュール管理能力に感心(笑

「曲はコウジと私、詞はおとはが作ったんだよ」

三人共作のマイソング、特に作曲については在りし日のLucky☆Starを思わせ、この時点でショー後の弦さんのリアクションが読めてしまうけれど気付かない振りが大人の嗜み。そして始まったプリズムショーはもちろん「ALIVE」。曲もステージ演出も好きなのですが、クイックイッとした腰の動きだけはどうしても笑ってしまう。パンツスタイルであの振り付けは生々しすぎ(笑

「家族とLucky☆Star、どっちが大事なの!?」

その頃奈津子さんは会場外で事故の日の事を思い出しながら一人黄昏れていました。弦さんに対する丈さんの思いは判っていただろうに平穏な家庭を守るため面倒くさい定番選択を押し付け、すると丈さんは奈津子さんの思いを汲み、家族を思って「断ってくるよ」と優しく答えてそれっきり。黙れユンス!(違。これが別れの言葉になってしまった事が奈津子さんを苦しめているのだろうなあ。などなどクロス組のショーを見ずに亡き夫への思いを馳せるヒトコマは解決展開の判りやすい布石。

prismRL_41_08.jpg

間奏パートに入ってのキーボード&サックスによるデュオプリズムライブは予想以上に華やかで、特におとはのサックスは反射的にさぶいぼが出るレベルでした。かっこいい! そこからのプリズムジャンプは「クール&フェミニンスプラッシュ」→「ジュエルスピンクロス」→「私のメルヘンドリームシティ」→「二人のロマンティックショー」とこれまた普通に四連続を跳んでいました。デュオのスピンクロスすげえ! とはいえ残念ながら結果はあん組にも及ばず――

「惜しかったな」
「でも最高のショーでしたわ」

今のクロスさんにとって勝ち負けは二の次。おとは姫の手を取って会場の声援に応える笑顔には、ショーに対する、パートナーに対する、そして見守る弦さん&コウジくんに対する思いが溢れ、周囲全てが敵だった彼女のこの一年間の成長が見て取れますね(しみじみ。ショー後コウジくんに丈さんの笑顔が重なる演出はベタベタながらいい泣かせどころ、これにて残るハードルは奈津子さんのみ…と思いきや、自主的に十字架を背負っている鶴さんのが難しそうかも。

ってなところでクロスさん&コウジくん問題は一旦区切り、次回はついになる店長の試練ががが!?






       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリティーリズム・レインボーライブ「第41話 星がつなぐ絆」/ブログのエントリ

プリティーリズム・レインボーライブ「第41話 星がつなぐ絆」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

いきなり娘に彼氏を好きになった理由を聞き始める弦さん(笑)。いつも思いますがプリリズは真面目とギャグの配分が絶妙ですね。丈の声優がユンスなのも最早鉄板というか…。回想シーンの毎度のホモホモしさに笑った。

まあでも、コウジの凛々しさがシーンを引き締めてくれた感じ。あの螺旋状のCGはこういう意味だったのね…。ボーイズステージに期待が止まらん。丈がコウジに乗り移る位の事は平気でやってくれそう!

しかし、教会風の、そなた像とステンドグラスを背後にしたステージって、ちょっと物々しいですね。像は蝶の羽が生えてるし(笑) りんね&ジュネデュオでどうなるかが気になる。

なるちゃん…。

No title

今回は、ここまでの経験を経て、強くなったいとが個人的には印象的でした。辛い時だからこそ笑う、おとはに嘆きの言葉を語るいとの笑顔に、何とも言えぬ人生の重みみたいなものを感じました。また、周りの人間を好きで、それを言葉に出来ること、パートナーであるおとはを信頼し、全てを語れること・・・人を好きになり、人を信じることで強くなったなあと。出た言葉はあきらめ半分でしたが、言葉ほどには本心はあきらめてないと思いました。
今回の中心である過去話は、しっかりとしたバックボーンとなって今に至る経緯を明らかにし、また親子それぞれが築いた関係の相似が面白かったです。ただ、あくまで過去は過去であって、今生きてるキャラには変えられないので、あまり動かしようがないというか・・・次回の解決編への前フリみたいなw今、生きてるキャラが何を言い何をしでかすかって方が、個人的には好きなのでw
デュオショーは、相変わらずロマンチックで美しかったです。間奏のサックスは確かに、インパクトが強かったと思います。アクセントになってたというか。

No title

お久しぶりです。
今回はいとちゃんの成長が見られて良かったです。みんなの前では笑っていても、おとはの前では本音が出てくる。あぁ、人を信頼できるようになったんだなぁと。この関係をハッピーレイン♪でも見たいのですが…。次回もなるちゃんを救うのはべるちゃんでしょうし。今後に期待。
弦さんと丈さん仲良いですねー。と思っていたら丈さんユンスなんですね。あー…。
サックス×キーボード(ピアノ音)凄く綺麗でした。現実でも一番上手くいく組み合わせでしょう。次回はギター×ヴァイオリンですか。というかライブできるのか…?普通ならできるだろうけどだってこれプリリズだよ…((震
店長はいつもハピなるな分曇ると悲しいです。

No title

今回はおとはの両親話が短いけど気に入りました。小鳥遊家も彩瀬家と同じく、既に問題を克服したからこその幸せな家庭であった訳ですね。以前の「おじいちゃまおばあちゃま」発言がここに繋がるんでしょう。そして「女の子だって王子様になれる」がいい台詞だなあとしみじみ感じたり。いわゆる女児アニメが伝えたい本分ではないでしょうか。

過去話の弦さんは古典的アーティストで何だか笑えました。解散理由も典型的で(笑)いとちゃんの気難しさはカンペキ父譲りですなあ。コウジ父の声優が、恐らくほとんどの視聴者の予想通りユンスでまた笑いました。黙れユンス黙れユンス言われたせいか、本当に黙ってしまって…。しっかし事故は電柱にぶつかったとかを想像していましたが、随分な正面衝突でしたね。むしろ弦さんもよく生きてたなあ。
デュオライブも期待通りとても良かったです。個人的にプリズムライブはおとはちゃんのが一番好きです。いとちゃんのもいつものキーボードではなく、きちんとピアノになってたのがまた良い。…サントラの発売とかないんでしょうか。

次回は何だかプリズムダイブの匂いが漂っているような…。いかんなるちゃん!がんばなるなるはフラグだ!

2か月遅れてますが,失礼いたします。

・・ほとんど,いとちゃんとコージ君のお話でしたね。

やっと聞けた・・これで・・! と,思いましたが,コージ君のお母さんはまだ過去を断ち切れない・・拒絶・・
こんな状態でいとちゃんはアクト(本気のオープンハート!のジャンプ!!)を跳べるのか? と,不安でしたが・・。

いとちゃんの将来(母親になって子供に語る姿)が見えてきました。
いとちゃんそっくりの男の子と女の子が見えます・・。
小さい頃と中学・・高校生ぐらいの頃・・
お母さんは怒りんぼうですが,子供がプッツンしている時になだめるのは上手な様です。 ・・多分。

さて,ヒロ様&コージ君の再結成・・カヅキ先輩も加えて・・はどうなるのか?
いとパパとコージママは・・いとちゃんのハート・・
思春期・多感なお年頃にこれは,とてもかわいそうです。

一方,おとはちゃんは順調~とても好調の様ですね。
常にべる様やいとちゃんを気遣う姿からは,
そして時おり垣間見せる気丈さからは将来立派なお母さんになる感が溢れてたまりません。
この娘(子)がこんなに気丈で慈愛に満ちた素晴らしい子だったとは・・。
結婚したい。

いと&おとにこそ,薔薇と果実と乙女の夢の世界があります。

CDを購入し,音楽のみで聴いてみました。
おといと。
映像付きで見た時は,感動し吸い込まれましたが,音楽のみだと・・
ちょっと,体質に合わないみたいです。

けど,いとおと2人のプリズムオペラショーには,色々と妄想させていただきました。
いとちゃんをお花のお姫さまにして,おとはちゃんを薔薇の貴公子にするのもありです。

以前,おとは『メルヘンが解らなくなってしまったんです・・』の話から,おとははノリ易い体質で,スイッチ1つで大化けし易い体質だと判明しました。
いつもべる様を間近で見ているおとさんです。
本人が徹底的にべる様になりきる妄想に入れば,当人を凌駕さえすると思われます。

いとさんにも,可愛いお花のドレスやお花のカチューシャを付けて,徹底的におとは好みの『メルヘェェ~ン!!♪』に仕立てあげたいですね。
相乗効果で,おとはのテンションも急上昇・・彼女の貴公子っぷりは天をも凌駕するでしょう。


おといと2名とも,王子・騎士となり小剣を構え演舞し合うプリズムショーもありです。
美しく華麗かつ可憐な,でもどこか儚い王子様2人ですよ。
もとは親友,でも国は敵対同士・・実はこの2人・・

昨年度(ディアマイフューチャー)のペースなら,各デュオ2~3回のショーのチャンスがありましたから,
もし同じペースで進んでいたら,いとおと3回分のプリズムチャンスもあったかもしれません。
・・見たい。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2