2014-02-10(Mon)

プリティーリズム・レインボーライブ #44 虹の救世主は君ジャ!

ペアともが七匹集まって七面鳥になっちゃった~! 

prismRL_44_00.jpg

プリズムの煌めきを失い始めたこの世界を救うには?

prismRL_44_01.jpg

アバン冒頭はプリズムショーができなくなった世界。小さいお友達に混ざって堂々と並ぶ田中さんの逞しさ、しかし列の先の筐体はエラーを吐いて動かず…これまでいちいち描写されなかったけれど一般人もこの筐体を通してコーデを変えてプリズムショーをしていたのか! それはともかく自宅で静養中のジュネ様。前回手のひらのシミのように描かれていたダメージはキラキラ輝き全身に広がり、いかにも「プリズムの力が弱まっている」感がアリアリです。闇のシミのようだったダメージが今回キラキラに変わった。これはダメージを補修(姿を維持)すべく空中のプリズム粒子(?)が集まっている→結果的に世の中のプリズム粒子が減ってしまったということ?

さて前回引きで光って回った7匹のペアともは1つの光となり、大方の予想どおり光の中からピコック先生が現れました。というかあまりにマンマでちょっと笑った。そしてピコック先生によるご教示のテイで一気に経緯説明に入ります。注目のジュネの正体は「ジュネもりんね」というもの、りんねと同じ姿形で舞い降りたプリズムの使者はモーフィングの如くジュネ様の姿と化し、以降その姿でこの世界を導いた。つまり失われた(本体と分離した)りんねの記憶が「地球人ジュネ」に憑依して云々という推測はこれにて完全否定ということ。いやそうすれば「使者としての記憶は失っても聖さんへの思いはジュネのムネに永遠に残る」みたいな綺麗なオチになると思ったんですよ(笑。あの歌詞のとおりに。

prismRL_44_02.jpg

ダメージをキラキラさせたジュネ様の繋ぎ。聖さんとのツーショットの待ち受け画像をしみじみ見つめる表情、そしてほどなく掛かってきた聖さんからのコールに頬を染めて俯く表情などなどオトメすぎて辛い。本当に好きなのだなあ。一方聖さんは何よりまず「Over thr Rainbow Session」への出場可否を気にし、奈津子GMの「大丈夫」の声に「それならいい」と安堵…つまりこの状態でも聖さんはジュネ様を「プリズムスターのジュネ」としてしか見ていないのだなあ。ああ辛い。

「プリズムの煌めきが失われ、世界に危機が訪れた時、七色の羽根を持つ鳥が自らの身を七つに分け、七人の救世主を捜す。やがてその七人の救世主は心を極限まで輝かせ、暗闇に煌めきを取り戻し、天にとき渡る虹の橋を掛けるだろう」

prismRL_44_03.jpg

シーン再びプリズムストーンでの説明会。ここで突然モモガッパが思い出した(笑)伝説は経緯マンマで、続いてピコック先生曰く「りんねの命は次の満月の晩まで」「それまでにジュネに勝ち、りんねと共にプリズムライブを行う」「満月が浮かび虹の橋が掛かりりんねは帰れる」、そしてスケジューラーおとはによって「次の満月はオーバーザレインボーセッション当日」となり、最終決戦への大まかなレールが敷かれました。

「この世界でジュネのお供をしている者がいるはずなのに…」

消え際のピコック先生が呟いた疑問。普通に考えるとスタンがその役っぽかったけれど、よう考えればピコック先生の一部なわけで、つまり他に「本来の仕事をしていないお供(ペアとも)」が存在する? プリズムワールドの記憶を都合よく失った、普段は何もしていないペアともの成れの果て…1匹しかいないじゃないか(笑。または色違いの鳥類か? ともあれ使命を受けた六人娘は円陣を組んでみんな行くよ! やはり円陣描写はこのアングルのが見栄えしますね。

さて笑顔の円陣で気合い十二分だったべる様でしたが、やはりプリズム粒子の欠乏にはあがなえずプリズムジャンプを出せず、法月主宰が見つめる前でリンクへビッターン! いたたたた。「プリズムショーは点取りゲーム」と相変わらずの主宰へべる様は「心の煌めき」を説くもこの顔…いやはやじつにいいヒール顔です。さらに「ジュネはオーバーザレインボーセッションに出場できません」と続けていかにも悪巧みの顔を見せます。普通に考えると「ジュネが出ている大会で勝たなければ意味が無い」はずが、主宰の考えは「相手を貶めて出場阻止→不戦勝でも勝ちは勝ち」なのでオケオケオッケー。実力で潰す事など考えない、つまりべる様に対する特訓は単に自己満足の道具作り(&反抗者への懲罰)という事か。

prismRL_44_04.jpg

その悪巧みは聖さん&ジュネ様のでっち上げスキャンダルでした。すっかり具合が悪いジュネ様は訪れた聖さんに応答もせずヒキコモリ、引き返した所をパパラッチされてあれよあれよとスキャンダラスに祭り上げられ…この二人って公認の仲じゃなかったのか! プライベートも大会見物もたいてい1セットで描かれてきただけに、今になって仲を騒がれる事にまず驚いた。パパラッチに撮られる直前、マンションを振り返る聖さんを照らすドアからの光がすっと閉まって影が落ちるカットは、聖さんが抱える不安と先の不穏をヒトコマで表す好演出。本作はこういう小技が厳しい尺を上手く補っていると思います。

「キングの隣にはクイーンこそ相応しい」
「あなたは偽りのキング。人を貶めてまで上に立とうとする最低の人間」

何故主宰は聖さん&ジュネ様へあれほど敵愾心を持っているのか? について判りやすい回想。主宰小っちぇええええ! なるほどヒロくんへの「恋愛」に関するご高説は童貞を拗らせた末のお言葉でした(笑。ともあれこれは時系列的に聖さんの事故の後、つまりジュネ様は件の事故の「原因」をきちんと判っていて、しかも「心の煌めき全否定」の人物がプリズムショー界の頂点とすれば、そりゃ使者として「プリズムの煌めきをもっと広めなければ」と考えるのも止む無し…と考えれば、この一連ストーリーの根源をエーデルローズの闇に求める事も可能か。いや結局はジュネ様の恋愛感情こそが最たる原因なのだけれど。

prismRL_44_05.jpg

べる様の苦境をチラ見しながら爪を噛むしかないヒロくんとカヅキ先輩の対面から、今度は二人の対峙のテイで男子組の過去について、そして謎のプリズムスター「黒川 冷」についての説明が入りました。ストリート系のカリスマのショーは気合一発ブレイクスピンから炎を背負った分身の術「EZ DO バーニング」と誰か同様やたら熱い。このトーマス旋回にて「ブレード以外が接地している」と物言いが付き得点は抑えられ…そんなルールがあったのか!? ところが実際は宙に浮いていてルールに抵触しておらず、しかし冷は反論せず、「お前だけ判っていればいい」と言わんばかりに聖と視線を交わし、受けた聖は四連続に挑戦するも…という一連はなかなか熱い。一方法月のクレームは結局「浮いていた事を見抜けないマヌケさ」に繋がり、それ以前に冷の視界に入っていないという小物っぷりを引き立てます。

「最近そういう馬鹿が多くて困りますねえ」

そしてカヅキ先輩のエーデルローズ入試についてあれこれ。尊敬するプリズムスターとして冷の名を挙げたら拗ねた主宰がイヤミ全開とか、いきなり圧迫とか判りやすく小っさい男で大笑い。こんな扱いを受けたらそりゃ入学辞退もするでしょう。しかしヒロくんはこれをして「逃げた」と指摘。するとカヅキ先輩は――

「プリズムショーはどこでもできる!」

prismRL_44_06.jpg

「しかし黒川冷は表舞台に上がったぞ!」

即切り返されてグゥの音も出せず。これでスイッチ入った? などとカヅキ先輩に正面からガチンコのヒロくんは、じつは誰より勇者脳・熱い男なのかもしれない。今だ部屋に貼られている「PRIDE」のポスターにも燻り続ける熱い思いが見え隠れ、残り尺が限られてきた中でこれら燻りを燃やし尽くす男子のバーニングショーがどんな形で描かれるか楽しみです。ちょ!

そして件の熱愛スキャンダル発覚→法月主宰ドヤ顔で批判→何故かプリズムストーン組が大会エントリー取り消しという謎コンボで引き。次回はサブタイ「薔薇の革命」からして話が大きく動きそうです。楽しみ。






       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリティーリズム・レインボーライブ「第44話 虹の救世主は君ジャ!」/ブログのエントリ

プリティーリズム・レインボーライブ「第44話 虹の救世主は君ジャ!」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

冷が浮いてた事以外で

今回驚いたのは、なる以外まだ変身があるってことですね。正直、後は七人揃って七連続くらいしかやる事ないのでは?と思ってましたね。
ただ、いとやべるはともかく、あんやわかな、おとはってまだ何かイベントが残ってましたかね?あんわかコンビでカヅキ先輩に惚れ直すとか?おとははいとかべるのお供で変身するくらいしか思いつきませんね…。エデロ三人で変身するのだとするとあんが余るし…。うーん…。

こう考えていて、何かハッピーレインっていう単位のことを完全に忘れてることに気付きました(笑) 序盤はMARsみたいに三人が仲良くなりそうにないのでちょっと不満でしたが、まさかそれでも全然構わないと思えるようになるとは…。

しかしこういう風に考えていられるのもあと少しですね。今回話の終着点をバシッと示されたのもあり、ちょっと寂しいですね…。正直、もう少し思わせ振りな時間を過ごさせてほしかった…。

No title

いよいよ最終決戦への御膳立てが整ってしまいました。ああ寂しくてたまらない。

まさか前回のデュオバトルが本当に命を賭けていたものだったとは…。そう明かされると前々回の「さよなら」「いってきます」の真意がよく分かりました。さすが上手い構成です。 今回でジュネ様の本来のペアともはどこに?という疑問が新たに浮かび上がりましたが、自分としては田中さんが実はペンギン先生で、という線を諦めていません(笑)

聖さんが今回の報道に否定なんぞしたらジュネ様は悲劇へ真っ逆様に堕ちそうで少々次回が怖いものの、立場もありますし本当にどうするのか予想がつきません。最後には男を見せてくれ!と思わずにはいられませんね。 それにしても聖さんの電話に頬を赤らめるジュネ様は可愛かった…。

ご存じかもしれませんが、次回は公式ガイドブックによるとハードな話になるそうです。もはや第四クールの名物ですねえ。

5・6月以来に想像してみました。

ピコック先生・・・あなたはいったい?

逃げた・・か。 ヒロ様に言われると辛い。

ジュネ様が消えかかっている・・。
妖精・・ペアチアにでもなったりして・・。
ジュネ様がショーに滅多に出ないのは,当人の気まぐれかと思っていましたが,体調の問題だったのかもしれませんね。
プリズムショーをする度にパワーが・・存在の力・・プリズムの煌めきを消耗するのでは・・。
モモガッパ『りんね!! ダメモモ!! プリズムショーをしては駄目モモ!!』
・・この言葉の真意が理解りました。

今期の予想・・全て外してきた私ですが,りんねちゃんが人魚姫~泡になって消える理論だけは正しかった様です。
・・正直,こちらは外れて欲しいのですが。

りんねちゃんとジュネ様が融合して消滅は免れる・・
時間限定と1つの身体に2つの感情が人間世界では不安定・危険なのでプリズムワールドに帰る・・
最期に聖会長とデート・・とか,ないかな。

スタンは残して下さい。

体調に支障を起こし易い時期かもしれません。 注意しましょう。

昨年末前以来に,ずいぶん久しぶりに書き込ませていただいております。

ここだけ,皆さんの感想の少なさと,れすれすの遅れが見られますが・・。

ちなみに,私は昨年3月頭に胃腸風邪をわずらい大変苦しみました。
仕事を3日も休んだあげく,リハビリもかね出勤したものの,完治まで2か月近くかかりました。
プリティーリズムはグレイトフルシンフォニアをタイマー録画で火曜日にようやく見れたくらいです。

もしや,皆さんも体調を?
だとしたら,大事にして下さい。

大雪・・お疲れ様でした。

日本中で大雪が降って大変でしたね。
私は職場がスタンド故に,降雪の中で雪かきをしていました。
積雪の多い地域では積もった上にさらに積もると雪かきも手に負えなくなるそうです。
降雪が止んでからの雪かきでは間に合わないそうです。
プリティーリズムは毎週タイマー録画なので深夜に見ます。

ちなみに我が家では雪が降ると興奮してプリズムアクトが跳べます。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2