2014-03-11(Tue)

そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- #10 ラーメンに半ライス

このまま増えていくとこの家猫屋敷になっちゃいますよ?

soniani_10_00.jpg

…言ってるそばから新しい家族が増えました。

思えば第1話冒頭っから目覚まし時計が効かないご主人をにゃーにゃー起こす働きを見せ、つい前回ではニャンコレンジャーに姿を変えてご主人を守った(?)頼れる住民、そに子の部屋にわらわら住まう猫さんたちが今回の主役です。ゲーム会社マスコットキャラのアニメ化に於いて、キャラが飼ってる猫をメインに据える作り(しかもひたすらにゃーにゃーにゃー)はどんだけ思い切りが良いというか、本作の懐の深さ&フリーダムをしみじみ感じる一本でした。

soniani_10_01.jpg

まずはそに子とチャー・シュー・メンとの出会い。このシーンから推察するにそに子は高校生時代からあの部屋で一人暮らし? 肉親としてお婆ちゃんが出てくるものの両親は全く姿を現さず、また次回予告の幼いクリスマスの寂しそうな表情からして…その辺の事情は次回描かれるかな。ともあれ猫さんに飛び付かれてコケちゃうセーラーそに子際どいかわいい。

soniani_10_02.jpg
soniani_10_sonico01.jpg

今回は猫さんたちがメイン。つまり本編中にそに子の出番がほとんど無いため、ストーリー上ほぼ無関係なモデル撮影シーンをねじ込んでサービスショットをサービスサービス(変なニホンゴ。まずは「GOOD SMILE RACING」の記者発表のテイ、というかマンマのシーンにてミクコスのそに子をパシャパシャと。前回のコスプレ撮影会もそうでしたが、そに子の体型と真逆のキャラのコスプレはわざとやっているのだろうか?(笑

soniani_10_sonico03.jpg
soniani_10_03.jpg

たくさんの人に囲まれて緊張MAX→疲労困憊の帰り道、そに子はチャーシューメンの時と同じシチュにて薄汚れた子猫と出会い、部屋の現状を鑑みながらも連れ帰ってしまうのでした。いや猫好きがあの情況に置かれたら知らん顔で帰るなんてまず不可能か(笑。普通のアニメだったらそのまま胸に抱いて連れ帰るでしょうに、動物病院の箱で連れてきた(=病院を経由している)ってのもそに子の猫愛を感じさせます。芸コマ。

さっそくお風呂でキレイキレイ、そして件の子猫にラーメン繋がりから「ライス」と名付け…満足げな笑顔で語り掛けるそに子に対し困り顔のライス、つまり別に本当の名前がある=飼い猫という事を窺わせます。

soniani_10_04.jpg

さて既に出来上がった猫コミュニティに新参者が加わって仁義なき猫戦争の勃発? と思いきや、体が一回りも二回りも小さい新参子猫ちゃんはなかなか逞しく…興味を示して近づく先住民を猫パンチ&キックで退け、シッポを立てて覇者の構えであります。 マンチカンの特徴である短い足をくるくる回して猫キックつええ!(笑

ライスは留守宅で遊び回る猫コミュニティから外れて外を眺め、そに子が帰宅するや稲やドアへ向かって一直線! 明らかに外に出たがっている=帰りたがっている事が判ります。またメンに寄り添って眠ってしまう辺り子猫の寂しさ=母猫の存在をチラリ。

soniani_10_05.jpg

サービスシーン第2弾はオウカとの合同グラビア撮影。ハロウィンのコスって事は時期的に10月末、ここまでの流れからして1話で約1ヶ月くらい過ぎているようです。

このグラビアにテンション上げ上げのオウカは撮影後上機嫌でそに子へ話し掛けるも、当のそに子はテキトウに相槌を打ちながら右から左でそのままお帰り。あははは。ぴらぴらのミニスカから伸びる脚が(以下自重。キャミを突き上げる(以下自重。やはりそに子は服を着ていたほうが(以下自重

soniani_10_06.jpg

そんなこんなで新作キャットフードをお土産に部屋へ帰ったそに子がドアを開けると足元から脱兎の如く、いや脱猫の如くライスが飛び出し、ここから自分の家に帰りたいライスの大冒険が始まります。

道路を駆ければクルマに驚き、塀に駆け上がれば足場のプランターが犬を直撃し、怒った犬に追われてさあ大変です。一方ドアの隙間から表に出たニャンコレンジャーたちはライスを探すべく捜査開始。ここに限らず猫さんたちのシーンにて一切人語を被せず、しかしてやり取りが手に取るように判る表現力に感心。呑気な絵柄の一方でこの拘りは凄いと思う。

基本的に猫視線で描かれる一連のクライマックス、犬に追いつめられいよいよピンチ!のシーンでは俯瞰とアオリとクローズアップを切り替えてピンチ感をいい感じに煽り、そこから間一髪で間に合ったニャンコレンジャーの勇ましさで溜飲を下げる。ううむ。犬猫の戦いにこれだけのパワーを注ぐスタッフ各位の熱量にはシャッポを脱ぐしか。

soniani_10_07.jpg

戦い済んで日が暮れて、猫さんたちを見つけたそに子はライスを抱き締め一安心、そして本来の飼い主宅にお届けのラストシーンへ。なるほどライスはお母さんに会いたかったのですね。飼い主さん&母猫と一緒にライスは家に戻って一件落着、では私たちも帰りましょう。という所でドアをじーっと見つめて動かないニャンコレンジャーに何故か画面を滲ませられてしまった。ズルいよこれは(笑。てな膠着状態に楔を打ったライスの鳴き声、その声を聞いたニャンコレンジャーたちは各々がシッポを立てて顔を見合わせ…もちろんネコ語の会話はCパートでの再会の振り、おそらく「また遊びに行くにゃー」とでも言っていたのでしょう。あはは。

というわけで今回サブタイトルの「半ライス」は母猫の半分の大きさである見た目と、篠崎さん宅&そに子宅の両家を掛け持ち(半分クリーム、半分ライス)を掛けた? いやはやこのサブタイセンスにまたほっこり。

soniani_10_08.jpg

毎回変わるEDの今回は第一宇宙速度の「Affection」。これまでの3DCGばりばりの映像から一転して淡い水彩調の捨て猫そに子のストーリーによくマッチしています。もはや眺めているだけでほっこりが止まらない。オガタガクオ(ポリゴン番長)氏による映像はパッと見全て手描きっぽいけれど動いているパートをよく見ると3DCGなのね。スゲエ。

雨の中で拾われたそに子猫の幸せな日々。魚にかぶりつく表情やご主人の帰りを今か今かとドア前で待つ後ろ姿から胸に飛び込む表情などかわいすぎてほっぺたが落ちそう。しかしその幸せな日々はフィギュアを棚から落としてしまった事で突然の終わりを迎え…逃げ出したそに子猫と心配して探し回るご主人の再会でまたしてもほっこり全開。何という癒やし映像なのかと。

         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- 第10話「ラーメンに半ライス」

猫回! EDまで猫仕様でカワイイと言うしかない(笑)     猫屋敷になると注意されたのに、また子猫を拾ってきてしまったそに子。 ライスと名付け飼い始めるが、子猫は飼い主がいるようでしきりに帰りたがる。 ドアの隙間から逃げ出してしまい、そに子と猫たちはライスを探すが…

そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- session10「ラーメンに半ライス」

評価 ★★ ネコかわいい(小並感)                  まあ、一言でいうと……

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2