2014-03-18(Tue)

そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- #11 聖者が街にやってくる

サンタさんは嘘を吐きません。

soniani_11_00.jpg

そに子が紡いだクリスマスの奇跡。

soniani_11_01.jpg

季節は早くも12月。キラキラのクリスマスデコで飾られたアキバの街を歩く第一宇宙速度の話題は年越しライブの資金稼ぎについて。この時節に女が三人揃って浮いた話の一つも無い切なさというか世知辛さというか、まあ本人たちは意気上げ上げなので何の問題もありませんけれど(笑

鈴はライブ資金のためバイトを突っ込みまくり、フウリもまた商店街のクリスマスセールでバイトの予定。ところが件の商店街は大型デパート出店の影響により存亡の危機の真っ最中で、このクリスマスセールが分水嶺というじつにシビアな情況でした。大きく聳えるジャイアントデパートが下へスクロールすると暗く裏寂しい商店街へ変わり、怨敵を見据えて決起する商店街のおっさんたちへ繋ぐ演出は、最小限の尺で今回ストーリーの舞台背景をきっちり印象付けてくれます。

そしてタイトル前の短いシーンで今回のオチ「あやかちゃんが欲しいクリスマスプレゼント」の振りをさりげなく仕込んで下地が完成。このシーンにしてもお母さんとの歩幅の差や細かい仕草の描写によりあやかちゃんの子供らしさを強調し、サンタを信じる純真さをより印象付ける丁寧な作りに感心。こんな表情を見せられたら「この子の夢を壊してはいけない」と誰もが思うことでしょう。

soniani_11_02.jpg

商店街事務所にみなさん集まってクリスマス決起集会のシーン。事務所前に止められたレトロなスクーターはラビットS301とまた渋い。その集会に特別顧問として現れたのは黒メガネ+黒スーツで身を包んだ鈴…「策といえば鈴」の二つ名どおりドヤ顔での演説はいかにも彼女らしい。これだけ立派な演説をしといて本人は当日バイトで来られないってのもまた(笑。そういや街のおもちゃ屋さん(&模型店)ってすっかり姿を消してしまったなあ。残っているのはイ○ンとヨー○ドーとトイ○らスだけってのは寂しい限りでございます。関係ないけど私もEF63好き。

そんな窮地の商店街を救う秘策はサンタ娘のコスチュームでした。ところがこの程度のコスプレ衣装で、この程度の露出で若者が戻ってくるのか? と物言いが付き、すると鈴は――

「このサンタはあくまでもサブ、メインは私が選りすぐりで集めた彼女たちに、この衣装で頑張っていただきます」

soniani_11_sonico01.jpg

12月の屋外でこの衣装は、常人より厚い脂肪層に保護されている彼女たちでもさすがに厳しかろう(笑。そに子のスリットはスカートとしてほぼ機能していない感じ。フウリのクリスマスベルはカウベルに見えなくなくも(略。ムネが大きすぎてサスペンダーがえらいことになっちゃってますね。

soniani_11_ouka01.jpg

続いて大仰な演出からマントを翻してドヤ顔で現れたオウカでしたが…みんなスルーしないで!

soniani_11_03.jpg

というわけで涼しい衣装に身を包んでクリスマスセールが始まりました。昔ながらの八百屋にてキワキワサンタ&トナカイが接客するシュールな絵面にまず笑い、宅配サンタの「チェンジ」に思わず吹いてしまった。オウカの扱いひどいよ(笑。その後コスプレ撮影会やらサイン攻めやらそに子たちは大忙し…そりゃ12月の寒空屋外で一日中これではさすがにHPも削られようってものです。頑張り屋のそに子が震えて弱音を吐くレベル。でもみんないい顔してるなあ(酷

てな所へデパートの反撃情報ががが。大人気アイドルグループ「ラブアイドルABCフォーエバーマウンテン109」のメンバーが日替わりで来るとか…色めきだつおっさんたちに「アイドルならここにもいるでありますよー!」のオウカがこれまた完全スルーでじつに辛い、もはやフォローすら無いのには笑った。今回のぽちゃ子は徹夜列整理のバイト役でチラリ、地味に出演を続けたご褒美として次回最終回ではセリフの一つもあげてほしいなあ。いや意味深モブのまま終わったほうがオイシイかも。二期への期待を込めつつ。

soniani_11_04.jpg

さすがラブアイドル(以下略)の効果は覿面、すっかり客足が無くなってしまった閑古鳥商店街に佇むしかないみなさんの無力感が凄い。あっさり諦めてるオウカを挟む山脈も凄い。この肉感たるや! てな所へ聞こえてきた天の声、わざわざハシゴを掛けて高いところでポーズ取ってる鈴かわいい(笑

「若い男性客がデパートに取られたなら女性客をこっちに呼び寄せるのよ!」

イケメンサンタ軍団のアイデアを高らかに語るもデパート側は既に対応済み、海外の男性アイドルグループを呼んでいるとか…何だこの腹筋!? 先手を取られて愕然とするみなさんの端で浮き足立ってる二人、の反対隅で滑り降りてる鈴がいい味すぎる(笑

「パパが言ってたもん! 本物のサンタさんはいるって!」

そんな騒ぎの最中に接客に走ったそに子は、友達から「サンタはいない」と言われて不機嫌顔のあやかちゃんとヒトコトフタコト。あやかちゃんに問い詰められて一瞬言葉を詰まらせちゃうそに子が嘘付けない子すぎてナントモ、ってなところへ割り込んできた鈴。

「いるに決まってるじゃない」

当然のような顔で断言し、そして集客アイデアを閃くのでした。一方思いがけない断言に戸惑うそに子かわいい(笑

soniani_11_05.jpg

「「「本物のサンタクロースを呼ぶ!?」」」

確かに公認サンタクロースは実在するんですよね。とはいえ実際に呼ぶにはどうしたら? と考えているうちにスマホを取り出し流暢な英語でドコぞへ電話のレイラさん。

「商店街にサンタクロースを派遣してください」
「できなくてもしてください」
「云う事を聞かないと スゴい事するわよ」

穏やかな表情と裏腹に言ってる事が穏やかじゃありません! いったい何者!?

そんなこんなでメインイベントも決まってクリスマスセールは大盛り上がり。肉屋の前でビラ配りのフウリがそのまんますぎる! 男の子の視線に合わせて前屈みのそに子は無防備すぎというかいろいろこぼれそう。そのコスで前屈みは危険すぎるって(笑

soniani_11_06.jpg

その帰り道の公園にてブランコに佇むあやかちゃんに気付いたそに子はフレーム外からパッと引き返し…ベタな演出だけどこういうの好き。夕暮れの時間に一人ブランコに佇むあやかちゃんを心配して声を掛け、「本物のサンタクロース」の話を振るそに子。

「パパは嘘吐きだ」

クリスマスに帰ってくるはずのパパが帰ってこない。パパは嘘吐き。嘘吐きのパパが言うことはみんな嘘。サンタさんだっていないんだ。さっきまでパパを信じてサンタを信じていたあやかちゃんの悲しい言葉にそに子は何も言えず、迎えに来たママに連れられて行くのを黙って見送るしかできません。でもそに子はあやかちゃんの気持ちが判っていた、幼い頃あやかちゃんと同じ体験をしていたのですね。幼いそに子が欲しかったのは立派なプレゼントではなく…という気持ちが判っているから何も言えなかったのでしょう。

このシーンは夕暮れによる心情演出もさることながら、帰りたくないあやかちゃんの空中地団駄、有無を言わさず抱きかかえて連れ帰るママ、仏頂面で拗ねるあやかちゃん、構わず挨拶して帰るママなどなど、いちいちリアルな動きに感心しきり。

soniani_11_07.jpg

外国からやってくるサンタさん。外国から帰ってこないパパ。そして出迎えたサンタさんは日本語を喋っている。もうこの時点で仕掛けは九分九厘見えていて、車中の会話で確定しオチは見え見えだったのに。ああそれなのに。

ほどなく始まったサンタさんイベントは子供たちの笑顔が溢れる大成功、しかし会場にそに子の姿がありません。

「そに子ちゃんなら本物のサンタになろうとしてるぜ」

あやかちゃん宅へ走ったそに子は拗ねて部屋に籠もるあやかちゃんを連れて会場へ。そして賑わう会場を見てもしょんぼり俯くあやかちゃんへサンタの所へ行くよう促します。

「サンタさんがあやかちゃんが欲しかったプレゼントきっと持ってきてくれていますから」

だから。もうオチは完全に見えているんだってば。この後何が起きるかなんて全て判っているのに。それなのに画面が滲んでもう何も見えない。トドメは今回タイトル絵の「サンタさんは嘘を吐きません」でしたね。もうこれで私の涙腺堤防は完膚無きまで崩壊しました。後はもう止めどなく垂れ流すばかり。

soniani_11_08.jpg

「サンタさん、あやか欲しいプレゼントがあります。持ってきてくれましたか?」

サンタの前に立って半分拗ねたような口調で話し掛けるあやかちゃん。するとサンタは後の手下(笑)に目配せするとあやかちゃんの目を閉じ、フウリに促されて目を開けると――

「すごいすごい! パパが言ったとおり本物のサンタさんはいたよ! あやかのお願い叶えてくれたよ!」

ここまで一切言葉にしなかった「欲しいプレゼント」をサンタさんは本当に持ってきてくれた。何度も言うけどベッタベタの判りやすいオチは完全に読めていて、やってる事は完全に子供騙しなのだけど…こんな温かい子供騙しはそうそう拝めないかもしれない。

soniani_11_09.jpg

週替わりのEDは第一宇宙速度の「ベリメリ」です。チャーと一緒に雪空を眺めていたそに子は目の前に浮かぶプレゼントの箱を追いかけ、追いかけ、追いかけ、崩れた敷石から例によって自由落下し、ついに箱を捕まえると宙に浮かんだ無数のプレゼントをかき集め、自らサンタガールと化すクリスマスファンタジー…の一連は全てクリスマスの夢だったというオチ、と思ったら窓の外を箱が横切っていく二重のオチでした。夢か現かクリスマスには不思議な事が起きるものです。


黒船の如く出店してきた大型店舗vs地元商店街の戦いという身近な社会問題にハートウォーミングなクリスマスネタを上手く絡めておっさん殺しの映像に仕上げた今回は、本作の懐の深さを改めて感じさせてくれました。まさか以前からチラチラ出ていた小さい女の子がメインを張る日が来るとは(笑。毎回毎回何が飛び出すか判らないビックリ箱みたいな作りはホント毎回が楽しい。これで次回が最終回なんて信じられない。今やそに子が無い月曜日が想像できません。スタート時はB級イロモノアニメをウォッチする程度の感覚だったのにまさかこれほどドハマリするとは。やはりスタッフの愛情が溢れる作品は心に響くのだなあ。

         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-「第11話 聖者が街にやってくる」/ブログのエントリ

そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-「第11話 聖者が街にやってくる」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

これぞ、真の聖夜の奇跡。
こんな優しい嘘が、あってもいいじゃないか。

デパート側はその欲深さが命取りとなったな。
鬼田村マネージャーは間違った日本観を体現しているからね、外人人気はありそうだ。

れすれす

>オルタフォースさん
オチは丸わかりなのに涙が止まらないおっさん殺しの一本でした。
マネージャー氏はあまり出番が無いのに存在感が凄いですね(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2