2014-05-05(Mon)

ラブライブ! School idol project #05 新しいわたし

暫定リーダーを任された凜ちゃんの奮闘&受難、トラウマ克服。

lovelive205_00.jpg

いちばんかわいい私たちを見ていってください!

lovelive205_01.jpg

作中時間でも季節外れの真夏みたいな青い空、青い海、そして水着姿の三人娘。いったい何事?と思ったら沖縄への修学旅行でしたか。海へザブーン!の二年生組から水飛沫を通り抜けると居残り一年生組が集う屋内プールへシーンチェンジ。さりげなく状況説明の後、いつものようにハイテンションの凜ちゃんは満面笑顔で二人を押してザブーン! この無邪気な笑顔はいかにも曇りフラグであり、また「背を押す」アクションも大詰めへの振りでしたか。芸コマ。

というわけで今回は第1期 第4話でチラリと描かれた凜ちゃんのトラウマを乗り越えるお話。ボーイッシュキャラが最もオトメチック=オンナノコらしさに憧れるってのは古今東西超々ベタな設定なれどはたしてどう料理してくれますやら。

lovelive205_02.jpg

どんよりとした雲が空を覆い、陰鬱な雨が窓を濡らす部室に集う一年生三人組+にこにーは、窓外の風景マンマにいかにも停滞MAXやる気ゼロな雰囲気。てな所へエリチカ&希がやってきてさらなる状況説明へ。エリチカ&希はポンコツ生徒会長の穴埋めに奔走し、一方残る四名は今週末に開催されるファッションショーイベントへ向け、主軸の二年生三人組が欠けたまま練習&段取りを済ませなければならない。ファッションモデルへの気後れ話でにこにーの一部をジッと見つめる真姫は少しは手加減してあげて。というか「野生のちんすこう」って何?(笑

なーんて流れで生徒会組はサッサとシゴトへ向かい、頼れる先輩がいない状態で週末イベントへの宿題を課せられた居残り組のどよんどはさらにドン! 止まない雨空を恨めしそうに見上げ沖縄に思いを馳せる凜ちゃんでしたが――水着姿でキャッキャウフフのイメージカットと裏腹に現実の沖縄は台風直撃で宿舎にカンヅメという不運。いったい誰が雨女? ここはひとつ「雨やめー!」で何とか…ならんか。体操服+ジャージってのがいかにも修学旅行って感じで良し良し。

「う~ん、誰がいいかなぁ?」

てな所へ掛かってきたエリチカからの電話に部屋をウロウロしながら考える穂乃果。修学旅行中の相手へ自在に連絡を取れるってのは便利な世の中になったもので、ストーリーの組み立てもカンタンになったものですが、その一方でいわゆる「連絡できない故のすれ違い」をドラマに組み込み辛くなってしまった弊害もありそう。むしろ今や「連絡が取れない事」に理由が要るわけで、そう考えるとアニメ・リアル関わらず世知辛い世の中になってしまったような。

lovelive205_03.jpg

「え~~~っ!? 凜がリーダー!?」

先の電話は修学旅行期間中の暫定リーダーの人選でした。突然のご指名にテンパる凜ちゃん、しかし沖縄のリーダーを含めて周囲の全員が凜ちゃんを推し、エリチカの真摯な説得もあって渋々ながら了承する事に。まあ花陽は頼りないし、真姫は良くも悪くもマイペースなので、一年生三人の中から選ぶならいつも前向きなムードメーカー(に見える)凜ちゃんが適任ということでしょう。

lovelive205_04.jpg

ところがいざレッスンが始まると緊張のあまりお嬢言葉でテンパってもじもじ、リズム取りの手拍子はズレ、口論の仲裁もままならず…わかりやすくテンパる凜ちゃんかわいい(笑。その後慣れないリーダー稼業に疲れ果てての帰り道にて花陽と「かわいい」の応酬、しかし花陽の言葉をどうしても認められない凜ちゃんは自己否定に突っ走ってしまいます。あらら。

「凜ちゃん、小学校の頃ずっと男の子みたいって言われてて…」

心配する真姫へ説明のテイで凜ちゃんが抱えるトラウマ(小学校時代のスカート事件)についてチラリ。セリフもない短い回想シーンでしたが1期4話の当該シーンを思い出すとココロが抉られる思い。その男子にしても特に悪意はなく無邪気なからかい程度なのだけれど、思い切って履いてきたスカート(女の子の象徴)を出鼻で挫かれた凜ちゃんの傷は思いの外深く、それ以来人前でスカートを履けなくなった=自身の女の子成分を否定するようになってしまった。だから凜ちゃんは女の子成分に対する憧れが誰よりも強く(トラウマの裏返し)、ひょっとしたら普段の元気も内面の繊細さの裏返しなのかもしれない。

lovelive205_05.jpg

そんなシリアスの一方で沖縄組は海未の顔芸ババ抜きに盛り上がり、てな所へ荒天による飛行機欠航のお知らせが! あらら。週末イベントに頼りのリーダーが来られない、それどころかセンターの代役を決めなければなりません。当然ながらその役割は暫定とはいえ現リーダーの凜ちゃんに白羽の矢が立ち、しかし指定の衣装はこの上なくオンナノコしたドレスで…普通のスカートでも抵抗があるというにこれはほとんど拷問に近く、凜ちゃんを壊すに十二分な破壊力でありました(笑

lovelive205_06.jpg

にこにーの罠を突破し一目散に逃げ出した凜ちゃんでしたが屋上にてみなさんに囲まれ、それでも頑なにノゥ!を貫き、さらに衣装サイズの問題もあって結局花陽がドレスを着る事に。

「でも、凜ちゃん、いいの?」
「いいに決まってるにゃ!」
「ほんとに?」

凜ちゃんの本心が判っている花陽は戸惑い問いかけ、それでも凜ちゃんは考えを曲げません。この明るさが辛い。とはいえ問いかけに一瞬置いて答える辺り凜ちゃんの本心が窺えます。芸コマ。事情を知る真姫はその情況に言葉を失い、事情を知らないエリチカは見たマンマの情況をしてあっさり了承という視点差も面白い。

lovelive2_05_rin01.jpg

lovelive205_07.jpg

そんなこんなで例の衣装を試着すると確かにキャラもサイズも花陽にぴったり。

「脇をちょっとだけ搾った方がいいかもしれないわね」

つまり穂乃果のウエストが(略。ともあれ花陽のドレス姿に超テンションの凜ちゃんでしたが…上げ上げ気分で練習へ向かう表の顔と、振り返りざまに見たドレス姿への羨望、そこから判りやすく落ちて未練と諦めの狭間で揺れる様子はじつに切ない。

「穂乃果ちゃんだったらどうする?」
「それは花陽ちゃんが決めなきゃ」

凜ちゃんの本心を判りながらも押し付ける事を良しとしない花陽、すると相談を受けた穂乃果は花陽の判断に任せ…ココロの内側まで知り抜いている親友への葛藤に指図するのは野暮の極み、凜ちゃんの事を思うならどうするのが正解なのか?は花陽自身が考えるしかないのですね。

lovelive205_08.jpg

さてイベント当日となり盛り上がるファッションショーの傍にて自分たちの準備を始めるみなさん。エリチカ誘われてるし! ほどなく控え室に集まって着替え&踊りのチェック!と気勢を上げる暫定リーダー、すると用意されてた凜ちゃんの衣装は件のドレスでした。他五名の超早着替えにちょっと笑ってしまったけれど。

「かよちん間違ってる…」
「間違ってないよ」
「あなたがそれを着るのよ、凜」

困っている凜ちゃんを見かねてセンターを引き受けたけれどやっぱりそれは違った。アイドルに憧れて憧れて、でも引っ込み思案ゆえに飛び込めなかった自分を押してくれた凜ちゃんの手、自分の本当の気持ちを判ってくれて力強く後押ししてくれた。だから今度は私の番。それでも自分の「女の子らしさ」を否定し続ける凜ちゃんへ、ついに花陽は思いの丈を叫ぶのでした。

「私がかわいいって思ってるもん! 抱き締めちゃいたいって思っちゃうほどかわいいって思ってるもん!」

普段おとなしい花陽の強い言葉・本気の思いにハッとする凜ちゃん。そして花陽&真姫に背中を押されてドレスの前に立つ流れまでTV画面が滲んで困った。自分の事を誰より判ってくれる二人の思いを背で受けた凜ちゃんはもう大丈夫でしょう。とはいえ「トラウマ克服」には、ベッタベタとは思いますがやはり元凶たる例の男子の転びネタが欲しかったかも。

lovelive205_09.jpg

ドレスを着てステージに立った凜ちゃんは前評判どおりのかわいらしさ。普段の元気娘も良いけれど女の子モードもかわいすぎ。少々照れ気味のMCも良い良い。スカートが意外と短い? センターのお姫様を引き立てる黒執事組もよく似合っています。ほどなく始まったステージは「Love wing bell」に乗って沖縄組の様子とステージ&その後の様子をチラチラと。

lovelive205_10.jpg

台風一過の沖縄を満喫する二年生組。普通天候による欠航が明けたら遊ぶ間も無く即帰還だと思うけどそれはそれ、アバンでもそうでしたが水着姿のウエストがちょっとくびれすぎているのが気になったり。もう一周りくらいウエストに肉が付いているほうがそれっぽかったような気がする。帰って早々エリチカの落雷、まあ穂乃果さん相手なので効果の程は判りませんが。一方お土産のシーサーに頬ずりの希が良い味(笑

lovelive205_11.jpg

無事にステージを終えて抱き合って喜ぶ二人、それを祝福するモデルさんたちの微笑ましさ。何よりトラウマ解消によってスカートで出掛ける凜ちゃんがかわいくて。

lovelive205_12.jpg

lovelive2_05_rin04.jpg

ラストシーンは階段を駆け上がる脚から光のドアを抜け、みんなが待ってる屋上にてスカートの練習着を初披露。にこにーと真姫がナチュラルにスキンシップしていてどうしたら。照れが残る横顔からひらひらミニスカを強調するカットは女の子としての自信の表れでしょう。トラウマを乗り越えいつもの調子に戻った凜ちゃんのお日様のような笑顔に思わず頬が緩む締め。EDも凜ちゃんのソロバージョンでした。






       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ラブライブ!2期 第5話 「新しいわたし」

ハラショー!!

ラブライブ! 第2期 第5話「新しいわたし」 キャプ付感想

凛ちゃん回! 穂乃果たちが沖縄に修学旅行に行ってる間、リーダーに指名された凛ちゃん。 センターなんか無理とごねますが…。 穂乃果たちの水着シーンもちょっとだけあります(笑) メインは、凛ちゃんたち1年組。 凛ちゃんの可愛さを再認識ですねw  

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

凜は可愛いですね(小並感 男ご法度気味の本作ですが、確かに今回は凜を男扱いしてた男子がノックアウトされるっていうお約束が見たかった(笑)

ファッションショー終了後の集合写真場面でえりちがスカウト?されてるのは何なんだろう。個人的に絵里にはキャリアウーマンとして歩んでほしいのだけど…(意味不明

れすれす

>tamanoさん
そういや本作は見事なほど男が出てきませんね。役に絡む男キャラってトラウマ小学生男子と先のにこにー回の虎太郎くんくらい? 見直してみたらエリチカは集合写真でもスカウトされてんですね。まああの美貌であのスタイルではモデル業界が放っておかないでしょう。さすが真姫が太鼓判を押しただけの事は…希には何故スカウトが来ない?(笑

小学生です

凛ちゃんが可愛くて仕方なかったです(笑)
普段元気な子が裏では引っ込み思案とか言われちゃうとほんと可愛くて(*´▽`*)

自分もスカートが好きなんですけど、ネットでスカート履いてる女子は自分も気持ち悪さに気づいてんのか?っていう書き込みを見てから学校に履いていけなくて自然に夏休みとかだけしか使えなくなってしまってたんで凛が履けるようになったのは凄く嬉しかったです

もっとミニスカの凛ちゃん見たいなあ。この次も出てくると良いです!

れすれす

>オーロラさん
スカートのどこが気持ち悪いのかそれを書き込んだ子に聞いてみたい。というか凜ちゃんトラウマを無差別にやらかす子がいるんですね。ほんと男子って馬鹿。あと何年か経つと女子に頭上がらなくなるのに…(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2