2014-05-09(Fri)

アイカツ! #81 ビビビッ☆パートナー

ダブルエム結成秘話。美月さんは何故みくるを選んだのか? 

aikatsu_81_00.jpg

お客さんには心から笑って欲しいじゃん!

aikatsu_81_01.jpg

パートナーズカップ開幕まであと一週間となって先日決まったパートナーとレッスンを始めるみなさん。どうやらいつもの三人娘はドリアカへ出掛けて合同レッスンのようで…上げ上げ気分でうっかりしているいちごへタオル&替えジャージを手渡す姐さんが奥さんすぎる。これだけツーカーなのにペアを組まない道理が判らない(それは言わない約束

そんな冒頭っから作画の良さにビビビ☆、というか高橋作画丸出しじゃん!と思ったら次の学園マザー&ティアラさんのシーンが輪を掛けて高橋絵すぎて判りやすいったら。特にティアラさんはバランスが難しいのか美人に描かれる事が少ないので私的に非常に眼福でした。などと突然乗り込んできたティアラさんはダブルエムの話題からマスカレードを例に「最高のパートナー」について学園マザーへ話を振り――

「いつも一緒にいなくてもミヤが何を思って生きているか何となく判る」

これは後に描かれるいちご&セイラの関係性に掛かっているとは思いますが、後段を抜き出せば先のジャージ話からしてどうしてもいちご&姐さんの方がしっくり来てしまう。現状は既定どおり(それは言わない)セイラと組んでそういう流れになっていますが、やはり最終的にはそういうオチになるような、姐さんと離れた後に気付く「最高のパートナー」への布石とすら。セイラもいい子だとは思うのだけれど、いちごの最高のパートナーとするにはいろいろ弱すぎるんだよなあ。

aikatsu_81_02.jpg

ここから暫く非本命ペア(それは言わない)の様子をチラリ。まずは同室のパンク娘とペアを組んださくらちゃん。ほとんど水と油のようなペアですが歌舞伎とパンクの融合で魂の共鳴! から先輩たちの度肝を抜くよ! と気合いバシバシです。それはカブキロッ(略。まあ歌舞伎自体が元々パンクスみたいな存在、「傾奇者」ってくらいなので意外と親和性は高いかも。

続いて例のお姫様&王子様、じゃなくてユリカ様&かえでのペア。かえでからのペアの証は血が滴るドラキュラ丼…まぐろ丼で血が滴ってちゃ生臭くてダメだろう?(笑。ドラキュラキャラをして戸惑うユリカ様へ「新鮮だよ~、美味しいよ~」と揉み手で迫り、不本意顔に半分拗ね、嬉しいくせに渋々食べるユリカ様へ満面笑顔の表情変化がかわいすぎ。高橋絵のかえでは凄い破壊力です。そしてお返しの誓いの証は絞りたての血に見立てたブラッドオレンジジュース、を挟んでキャッキャの二人が仲良しすぎて見ているこっちは頬の緩みが止まらない。キモい! ほっといて。後シーンで見せる「ずっと好きだったの!」からのかえでドラキュラマジシャン、対するユリカ様のハート目リアクションも頬の緩みが止(略

aikatsu_81_03.jpg

さてドリアカへカチ込んだ三人娘はまず売店へ。いつぞやジョニー先生が持ってたうちわは市販品だったのか! ブレインサンダーに手を出しちゃダメだ蘭! なんてドタバタからほどなく合流したみなさんは各々ペアに別れて練習スタートです。

ダンスレッスン室に入ったいちご&セイラはダブルエムに挑む準備としてまず「私たちの最大の武器」について話し合い…そりゃもちろんジーンシモンズモデルの斧ギターだろう? これを振り回して襲いかかればダブルエムなど恐るるに足らず! と思ったらそういう意味の武器では無かった。対するいちごの答えは「勢い」、確かにあれこれ考えるより突っ走ってナンボ、ド!レ!ミ!ファ!と言い合いながら互いを高め合う関係性は未知数のパワーを秘めていると言えなくなくも。

続いて姐さん&きい。パソくんラボを訪れた姐さんはそのデータ管理に舌を巻き、一方きいは姐さんが持つ膨大なアナログ資料との合体を申し出、ここに無敵のアイドルデータバンクが立ち上がるのでした。ドリアカ出張組のラストはメイクルームでクルクルキャワワの蘭&そら。私的にはこのセクシーペアこそダブルエムに対抗できると思うのだけれど大人の事情で勝ち残りは難しそう(それは言わない。というか背後で蘭の髪をいじるそらが獲物ロックオンにしか見えない。

aikatsu_81_04.jpg

そしてメイン3ペアから外れて何故かスタライに残ったおとめ&マリアペアの様子。

「もしかしてここがおとめちゃんがよく落ちるというあの有名な噴水?」

噴水を見るや稲やド直球のマリアに笑った。少しはオブラートというものを。虹の架かる噴水とかステキ~♪ というわけで幸先良く架かった虹を前に盛り上がるおとめ&マリア。「虹の上を弾んで渡るようなステージ」はこの二人の雰囲気にピッタリかも。ポップな曲で笑顔を振りまくマリアをぜひ見たい。おとめはスターライトクイーンの意地を見せてくれ。

などなどダイジェスト気味に各ペアの動向が描かれた今回Aパートにて、何よりインパクトがあったのは頼智記者&ノエルちゃんの成長した姿でした。初登場時10歳だった頼智記者は3年経てば13歳、同級生のノエルちゃんももちろん13歳、つまりあかりと同い年=中学一年生なんですね(イマサラ。これぞ高橋作監の影響とは思いますが、これまで1stシーズンの時とほとんど変わらなかった頼智記者&中一にしては幼すぎたノエルちゃんが年齢相応に修正された感じ。第72話までツーサイドアップだった髪を後ろで纏め全体的に大人っぽく…亜久里マンマとか言っちゃダメ! ともあれノエルちゃんは頼智記者と組むよりスタライに入ってあかりと組んだほうが生きると思う。というわけで3rdシーズンのメインはあかり・ユウちゃん・ノエルちゃんで行きましょう。

「あおい姐さん、誤解ですーっ!」

そんなアイカツ新聞編集部へ姐さんからのド直球なメールを全力否定の頼智記者に笑った。いかにも仲良しなツーショット写真を送っといて五階も六階も無いだろうに(笑

aikatsu_81_05.jpg

Bパートはダブルエムのビビビ☆が気になるいちご&セイラが敵情視察! のテイでダブルエム結成の経緯がついに明らかに。まさに勢いのまま例の事務所を訪れた二人を冗談交じりで迎える美月さんはいつになく自然体で、みくるとの会話も普通の友達同士のような気安さ。今まで見た事がない素の笑顔を浮かべていました。

アイカツ界の女王たる美月御大はおそらくこれまでドコへ行っても敬われ気遣われ、こんな風に自然な笑顔を交わせる相手がいなかったのでしょう。てな所へ現れたみくるは業界と無縁ゆえ美月さんを無用に崇める事も無く、それどころか持ち前のフランクさでぐんぐん距離を詰め…もちろんそれが決め手には成り得ませんが、しがらみ無く同じ目線で付き合ってくれるパートナーを無意識のうちに欲していたとも思えます。

「それは私がまだスターライト学園にいた頃…」

なんて流れから始まったダブルエム結成秘話。注目の出会いはコーデに悩む美月さんの楽屋へ花屋のみくるが花を届けに来たこと。トップアイドルと花屋のファーストコンタクトをどう設定する?と思ったけれど自然というか無難というか。その楽屋にて臆することなくミラクルを見せるみくる。「見たこと無い神崎美月にへ~んしん!」と選んだコーデはあくまで客目線で、それは美月さんがいつしか見失っていた事そのものでした。

aikatsu_81_06.jpg

「お客さんには心から笑って欲しいじゃん」

満員の客席をステージ袖から眺めながら、プロとして最も大切な「お客さんの期待に応えること」について語るみくる。この時点では歌やダンスの才能は未知数なれど、美月さんはアイドルと花屋の立場を越えたプロ意識の高さを感じ取り、みくるが選んだコーデの盛り上がりから可能性を確信し、「同じ根っこの生き物」と言わしめるほど波長が合った二人は成るべくしてペアを組むことに。結成からデビューまでのタイムラグについては、おそらく出会った頃はド素人なのでペアデビューは不可能だった=そこから1年以上歌&ダンスのレッスンを続け、満を持して先日のダブルエムデビューという事でしょう。

なるほど今回描かれた経緯を見ると降って湧いた「最高のパートナー」の存在も判るような気がしますが、これが美月さんがスタライにいた頃=放浪開始と同時に解散となったTristarが健在の頃の話と考えるといろいろ微妙だったり。

最高のパートナーを既に見つけていた美月さんのTristarカツドウ。みくるとの出会いがどのタイミングなのか判りませんが、もしTristarオーディション前だったら振り回されたスタライ生全員、ましてやそのために来日したかえでがピエロすぎ(マジカルトイだけに。逆にオーディション後なら意中の本命がいるのにTristarに付き合わされた蘭・かえで・ユリカ様、特に解散に関わるアレコレでつい最近まで思い悩んでいたユリカ様は骨折り損と、どちらにせよ救いが1mmもありません。先の第79話でTristar関連の厄をすっきり落としたのに何故蒸し返すようなシナリオを持ってくるのか、せめてスタライを出た後に出会った事にすればいいのに何故わざわざ在学中(ややこしい時期)に設定したのか理解に苦しみます。

結成経緯のモニョモニョ感以上に問題なのは、きっかけ含めてみくるに美月さんと釣り合うほどのアイドルオーラを感じない事。シナリオ上で「凄い! 凄い!」と言っているだけで凄さの説得力が薄いと言うか、「そりゃ美月さんも全て投げ打ってみくるに賭けるわ!」と唸らせるパワーを感じないのだなあ。今回の経緯説明にてその辺が補完されると期待し、なるほど美月さん的には衝撃的な出会いだったらしいけれど、残念ながら私にはビビビ☆と来なかった。ううむ。

aikatsu_81_07.jpg

そして他のペアの葛藤や奮闘ぶりなど全く描かれないままパートナーズカップが開幕。巻き入ってる? 控え室にて緊張を隠せない面々の一方でリラックスしているダブルエムが印象的であります。これが王者の余裕か。てな様子を取材する頼智記者もガッチガチですが「姐さんの誤解」という理由にノエルちゃんは呆れ顔、という描写からしてノエルちゃん→頼智記者のラインも無し? いや呆れ顔の裏側でニマニマが止まらない「霧矢さんを好きな頼智くんが好き」という魔性のNTR属性(以下自重

aikatsu_81_08.jpg

まさかのトップバッター、ダブルエムのステージはもちろん「笑顔のSuncatcher」です。曲もコーデも振り付けも第78話マンマですがカット割りは大幅に変わり、私的には今回の編集のほうが見やすかった感じ。さすが大きな大会だけに観客も多く、雲に乗った2階席まで設置されていました。芸コマ。本編中のみくるの設定はイマイチ納得し難かったけれど、さすがステージ映えするデザイン&コーデにはついつい魅入ってしまいます。スペシャルアピールは「ダブルエムフラワー」の一発のみ、サプライズライブよりグレード落としてどうすんの?と思いながら、その分増えたダンスシーンを堪能して良し。

ステージを終えて出たポイントは前代未聞の高得点らしいけれど基準が判らないのでニントモカントモ。などとフルマークで無い辺り後の展開に想像の余地を残しながら、次回の出番は姐さん&きい? それともサッサといちご&セイラ出撃か? いやいちごペアが出ちゃうとおそらく打ち止めだろうからあと一週くらい引っ張って(笑

         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第81話 ビビビッ☆パートナー」/ブログのエントリ

アイカツ!「第81話 ビビビッ☆パートナー」に関するブログのエントリページです。

アイカツ81話感想 美月とみくるのWMは前代未聞なのでやはりいちご&あおいで臨むべきと激しく主張!

ほらぁぁぁぁ!ダブルエム強いんだって!前代未聞だって!もうこの画像の時点でオーラ出てるもん!なにか主に寿美奈子と洲崎綾のオーラが!

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

やっぱり高橋作監の回はみんな可愛いですね。高橋色に染められた作画を愛でているうちに30分が過ぎて行きました。個人的にはいちご、かえで、ユリカが際立って可愛くなってる気がします。ゆるさの中にもキリッとしたところがある、アイカツのキャラと絵が合ってるんでしょうね。

あとはノエルちゃんのイメチェンが目立ってましたね。今回の初登場シーンは中学生を通り越してOLに見えました。もうらいちも中学生かと思うと時間の流れの速さを感じますが、あおいとらいちが年の差三年違いしかないのかと思うと、なんか生々しいですね…(笑)。

あっ、確かによく見たら美月さん在学中ですね。なんかこう、モワワッ……と来ますねw けどまあそれも、スター故の業ということで……。

WT(ダブルティー)

晃作監&ナツコ脚本のダブル高橋は堪能できたかな?

・・・と言いたいところですが何やら引っかかる所があったようで。
今回はカップリングだらけの百合の園、かえユリ夫婦は言うに及ばず、皐さくのノリノリぷりや
そらさんマジックによる台詞回しが印象的。
言われてみればティアラ学園長いつもより整った顔です。
姐さんってアナログ派だったんですね。奇遇だね、私もですよ(ぉ

余談ながらこの直後、たまごっちでも交換お泊まり回があり、そこでも意味深な映像やセリフが頻出しました。

初めまして

いつもアイカツの感想を見に来ています。
的確な指摘をしつつ、楽しそうに視聴している様子が目に浮かぶレビューで、こちらもよりアイカツを楽しむことができています。
かえで推しですが、アイカツのキャラはみんな好きです。
よろしくお願いします。

79話のかえでとユリカに感動した身としては、
かえでとユリカが楽しそうにしている様子が見れてなにより。
このふたりはトライスターの厄は払えたように思えるのですが、肝心の美月さんはメタ的な意味ではまだまだ払えてなさそうです。
というか、二期に入ってから美月さんはアイカツ世界を引っ掻き回す存在として描かれているために、嫌われ役(大人層から)を一人で担ってしまっている状態に見えます。

みくるとの出会いは、アニメージュによるとスターライトクイーンカップのちょっと前だそうです。
といってもあのシーン、出しているカードが2014 3弾 4弾のカードだったので、
ゲームをやっている人はスターライト学園在学中なのになんで最近のカード使ってるの?と混乱してしまいますね。
販促上仕方ないかもしれませんが、そこは去年の6弾のカードを使うべきだったと思いました。
6弾のカードならば、スターライトクイーンカップのちょっと前にみくると出会ったことがよりわかりやすくなっただろうと思うと複雑な心境になります。
ゲームをやっているので、どうしてもそこが気になってしまいます(笑)

気になる点はあったものの、どのキャラクターもパートナーズカップを楽しもうとしている姿は見ていて楽しいですね。
来週の展開、かえでとユリカがまさかの優勝とかそういう展開だったら面白いのですが、
王道(?)的にいちごセイラペアの優勝、または引き分けになってもう一度決勝展開になったりしそうです。

また来週の感想が楽しみです。

れすれす

>tamanoさん
今回の絵は第75話の時より高橋色を強く感じました。初回参加時にはキャラデザへの対応の跡が見て取れるけれど今回は手癖丸出しというか。ともあれダブのグロスがローテ入りのようなので、高橋作画が大好物の私としては氏が描く美麗キャラを定期的に眺められるってだけでオイシイ。そしていつの日か氏の得意技・鬼フリルをぜひとも見せて頂きたい(笑

ダブルエムの出会いについて。スタライ在学中(=雲隠れ前)じゃないと「楽屋での出会い」を使えないってのは判りますが、つい先日「スタライを出るまでTristarが継続していた」と描かれたばかりで今回の顛末は不整合が際立ってしまった感じ。

>オルタフォースさん
ダブルティーなるほど。まあ美月さんの暴走癖については今さら気にしても仕方がない面があるのでツッコミは程々にしときます。それによって巻き起こされる周辺のドタバタを楽しんだほうが有意義ですから。

>KYKさん
はじめましていらっしゃいませ。私もかえで好きです。パラシュートでのド派手な登場、そして初ステージでの不敵な「ニカッ☆」で射貫かれました(笑。ダラダラ書いてる記事を楽しんで頂けて何より。毎度もう少し簡潔にしようと思ってるのですがなかなか。

アニメージュ掲載の情報ありがとうございます。該当シーンの美月さんが冬服だったので衣替えのタイミング的にTristarオーディションの前か、またはクイーンカップ前だと予想していましたがなるほど。ちなみにゲームをやらないのでカードの仕様には全く気付きませんでした。そういう点をきちんと整合させれば言外で語る事もできたでしょうにもったいない。パートナーズカップの結果については、いちご組がここで勝つ=美月さんを越えてしまうと残り5ヶ月の目標が無くなってしまい、また満を持して復活したスーパーアイドル美月さんがいきなり敗退ってのも何なので、今回はダブルエムの先行逃げ切りが固いような。なんて野暮な予想をガッ飛ばす意外な結末を針先くらいは期待したりして(笑

ユニット騒動って…

一期のユニット、何だったんですかね。

普段何も考えずに見ていますが、今回は少々違和感がありました。
斧ギター、なるほどです(笑)

美月さんの暴走っぷりにはTri starのときも自分で突っ込んでいましたが…今回は少々呆れました(笑)

ただ、スタアニのオフ回で美月さんがいちごに向けて言ったことば、詳しくは覚えて居ませんが、みくると出会った後だったら分かるような。いちみづの可能性も…。
追記
確認してきたところ、みくると出会ったあとなら頷けるような言葉でした。
「輝きが足りない」「待ってる」
こんな感じでした。こうなれば100話近くに共演も…?

結局、一期のユニットって、意味あったんでしょうか。
ひとつひとつをみれば良回ばかりで、楽しめましたが…二期を含めて全体を見るとケッキョクナンダッタンダヨ感が出てきます。
まあこれに突っ込んでしまうとアニメの意味がないのかもしれませんが。

パートナーズカップ、かえユリが勝ったらサンライズを尊敬します。
WMかいちセイなんでしょうが。
最近話の流れが読め過ぎてなんだかな、という感じです。
パートナーズカップが終わったらしおんが活躍してくれることを祈るばかりです。フラッシュさんと組めば良かったのに…

まあ深く考えずにこれからも小学生らしく純粋に楽しもうと思います。

WM結成は美月の中学生だからこその未成熟さ、無責任と思われてもおかしくないそれを上回るフロンティアスピリッツ!
若いうちはしがらみにとらわれず色んな可能性に自由に羽ばたいてほしいという、気が付けば社会や世間に縛られて自由に羽ばたけない大人たちの叫びみたいな?相変わらずうまく纏められませんが、そんな風に感じられたかなぁ、そう思わないと私が色んなしがらみに潰されそうです(笑)


かえでとゆりかも最高だしさくらちゃん皐様といい感じですね、二年以上寝るのも起きるのも一緒に過ごしてきて、あっ!!ちょうど母の日でしたよね?第31話ナツメロガールライブオーディション、あれはマスカレードの曲だったからつまりペアつまりデュオつまりコンビやったんですね、なんとなく引っ掛かってたんですが今回のそれとは関係ないんですね

星宮いちごの武器は斧でしょう!!斧ギターまさにフュージョン!!
Gシモンズと聞いて最初はベースかと思いきやギターとして発売されてたんですね♪

てかノエルちゃんいきなりでかくなりすぎ(笑)
今第6話みるといちごちゃんがすごく幼く見えるけどいつも見てたからあまり変化はわからなくノエルちゃんのでかさ衝撃的でした


とまぁそれほどユニットのお話無くパートナーズカップはじまりましたね、来週は全編CGステージで!!とかやってくれないかな…せめて全組CGステージ用意してほしいですがいちごとセイラだけのような予感も…
蘭ちゃんのそらアレンジ髪型期待してます!!

れすれす

>サラさん
1stシーズンのユニットはぽわプリ以外無かった事にされてるかと思いきやここ数回で普通に名前が出てきたり扱いが不安定な感じ。誰一人Soleil復活について触れない所も不思議ではあります(笑。言ってしまえばゲーム販促の都合に合わせただけのユニット展開、ストーリー上の必然性が無いねじ込みなのでいろいろ不都合が出てくるのも仕方ない事ではありますが、それにしたってもう少し綺麗に収めてほしいとは思いますね。キャンペーン期間が終わった途端に自然消滅を繰り返すのでは見ているほうも盛り上がれませんし。

パートナーズカップはダブルエムが勝たないといろいろ破綻しちゃう気がしますがどうなりますやら。いっその事レインボーライブくらい予想の斜め上をガッ飛んでくれると勝負を追うにも見応えありそう(笑

>かえで寿司さん
まあTristar結成時は美月さんとて中三ですから、あの経験からの成長でダブルエムに至ったと考えれば美月さん的には納得できそうだけれど…それに振り回される周りの子へのフォローにはなりませんね(笑。ついに始まったパートナーズカップも結局メイン2組のステージで終わりそう? せめて姐さん&きい、蘭&そらくらいはダイジェストでいいからCGで見せてほしいです。
プロフィール

Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2