2014-05-19(Mon)

ラブライブ! School idol project #07 なんとかしなきゃ!

自分たちのミスだもん、私たちで何とかするよ。

lovelive207_00.jpg

生徒会もダイエットも結局は自分次第。

lovelive207_01.jpg

穏やかじゃない筋書きの前振り?と思われた謎の書類は何と身体測定の結果、まさか開始1分でネタバラシ&コメディ展開決定とは。意味深な引きからしょうもないオチってのは本作のお約束ではありますが、体重なんて量る側から読み上げるだろうに書類を見るまで自分の体重を知らないってのはいくらなんでも展開ありき、血液検査で高脂血症の兆候が!→ダイエット必須! みたいだったら判るけど(笑

今回は予告からして花陽メインのダイエット回を予想でき、なのに絵面的にもこれまでの描写的にも太る要素が見当たらない(本棚整理でだらしなさを指摘された程度)穂乃果に突然ダイエットネタが降りかかる…それどころか実際は穂乃果メインで肝心の花陽はオマケ程度、特にBパートなどほぼ出番無しで終わってしまった。穂乃果のだらしなさ&花陽のハラペコは基本微笑ましいとはいえ今回はデフォルメがキツすぎておいおいおい!でしたし、予算トラブル発覚後の生徒会ネタも気持ち良い解決とも思えず、率直に言うとフルスイング肩透かしだったような。

そんなこんなでラブライブ最終予選へ向けてダイエットを開始するも穂乃果はイマイチ真剣味が足りず、ってな所へ海未軍曹は厳しい現実を叩き付けるのでした。1stライブの衣装懐かしい。作中時間で約半年の間に悲鳴&茫然自失モノの体型変化、傍から見ると何の変化も無く見えますがおそらく服の上から見えない所が大変な事になっているのでしょう。できればその変化を視覚的に表して頂きたかったけれど、まあそれは穂乃果のオトメゴコロに免じて(笑

lovelive207_02.jpg

続いて今回メインと思われた花陽の一幕。部室にて特大おむすびを眺めパク付きピカピカの新米を味わう表情は心底嬉しそうであります。かわいい! ダイエット中の穂乃果を他人事の如くおむすびパクパク、ところがそんな様子を眺める凜ちゃん&真姫のヒトコトで情況は一転。

「気のせいかと思ってたんだけど、あなた最近…」
「ん?」

天国から地獄の如く表情変化が清々しい。そりゃあれだけ食べればねえ(笑。そんな二人を心配気に見つめる希(以下多くは語るまい。リミットオーバーの二名は海未軍曹から厳しい厳しいダイエットプランを言い渡されてガガントス! 先ほどまで他人事だったのに急転直下、大好きなお米を制限されて涙目の花陽の手を取り励まし合う先輩後輩の熱い絆。

「でも良かったよ! 私と同じ境遇の仲間がもう一人いてくれて」
「…仲間?」

優しいBGMと共にキラッキラの表情で見つめたオチがこれとは(笑。その後屋上を訪れた後輩ちゃんたちによる言外の体型評価にガガントス!の追い討ち、気遣いの裏側が見えてしまうと何よりキツい。こういうのって地味に効くのよね。

lovelive207_03.jpg

ズンドコ気分で生徒会室へ戻ると山積みの書類にさらにズンドコ、てな所へ美術部ちゃんが予算申請書を持って登場。海未がサッと書式チェックの後ことりが承認箱へ入れ…これがまさか後半トラブルの布石だったとは。普通に「受付済み(正式な申請書として承認)」程度の意味かと。まあ現場にいる海未すらミスに気付かないんだから視聴者が気付くわけありません(それは言わない

シーン変わって神田明神。ダイエット組はいつもの階段を息も絶え絶えに登り切り、休む間もなく5kmのランニングへ追い立てられます。海未軍曹キビシー。でも丸太を抱えなくていいだけペッパー軍曹(アイカツブートキャンプ)より優しいかも(笑。などと異様に厳しい海未軍曹を心配する先輩二人、一方真姫は海未の態度に何かを感じ始めたようでした。

さて鬼軍曹に追い立てられてランニングの二人はその道中にて「GoHAN-YA」の誘惑に…。

lovelive207_04.jpg

満面笑顔で店の前にて足踏みする穂乃果、対する花陽は脳内天使vs悪魔の戦いに表情をコロコロ変える。あらかわいい。足踏みでたゆたゆ揺れるジャージの突き上げの存在感たるや。などなど店前の路上にて身振り手振りで続けられる誘惑の戦いは、言葉は無くともお互い言わんとする事が判りすぎて辛い(笑

そんな誘惑を振り切るように走り出した花陽の首根っこを掴み「黄金米」の幟を嬉しそうに指さす穂乃果、すると花陽は一気に墜ち、二人はそのまま極上笑顔で光に包まれ…なんて光を抜けると一週間の時が過ぎていて笑った。そして最初あれほど嫌がっていたランニングへ張り切って出掛ける二人の異変に気付いた海未軍曹の鋭さに敬礼。

スタンプカードがいっぱいになるほど通い詰めた二人の前に仁王立ちの海未軍曹。人は怒りのリミットを越えると逆に笑顔になるという。

lovelive207_05.jpg

同じように黄金米を食べていたはずなのに花陽は計画通り体重が落ちてブートキャンプを卒業。おそらく誘惑に負けた分トレーニングを頑張り、自分を律してダイエットに挑んだ結果が正直に出たのでしょう。いや単に消化器系の能力差かもしれないけど(笑

一方穂乃果はメニューどおりトレーニングを重ねているのに以前と体重が変わらない。まあ消費した分を随時補給していたら減るモノも減らないのは道理で、度重なるつまみ食いを指摘され、言い訳→一斬→逆ギレの泥仕合に。厳しすぎる海未もどうかと思うけれど、さすがに今回の穂乃果を弁護する余地は無いなあ。平時ならともかく最終予選を控えたこの時期にこの緊張感の無さは、後半上げの前振りとしてもお馬鹿ベクトルに振りすぎたと思う。

「穂乃果ちゃんの事 嫌いなのかなあ?」

穂乃果にだけ異常に厳しい海未、その様子を見た凜ちゃんの言葉は私的に結構衝撃でした。あの絵に描いたような痴話ゲンカ(笑)を見て「嫌いだから怒っている」と感じる? 今まで一緒にいてそんな事も判らないの?と。即座にことりが「大好きだよ」とフォローするけれど、引き続きガミガミ怒鳴る様子に今度は真姫まで疑惑の眼差し。キミらはこれまで「仲間」の何を見ていたのか。

そんな騒ぎを断ち切るようにクラスメイトちゃんが登場。隙あらば脚アングル。

lovelive207_06.jpg

「予算会議前なのに予算が通った」と聞いて瞬時に承認箱のミスを思い出すことり。ガガントス! というわけでさっそく美術部ちゃんへ謝罪&無効を伝えに行くも「今からダメだったなんて言えない」とケンもホロロ。いやいやいや、手順違いは明らかなのだからゴネた所でどうにもならず、ましてや「部員に言えない」なんて理由になっていません。ところが生徒会三人娘は落ち度があるとは言え美術部ちゃんの言い分にすごすご引き下がってしまうのでした。ううむ、ジョシコーセーの思考は判らん。

突然降って湧いた面倒なトラブルに元生徒会の先輩が出動の構え、すると現生徒会長が立ち上がり自分のケツは自分で拭く宣言であります。この辺からぐうたら穂乃果が別人のようにリーダーシップを発揮し始め…部外者にまで迷惑をかけて気付いた至らなさ、環境に甘えた挙げ句のトラブルにようやくスイッチが入って「やる時はやる!」の表れでしょうが、切り替えが極端すぎてちょっと追いつけない。前半のお馬鹿全開からいきなり逞しくなりすぎですよ。

娘の成長を暖かく見守るお母さんと、娘の独り立ちが心配&寂しいお父さんの図は、来るべく「卒業」を否が応でも意識させます。しょんぼりエリチカをパフェに誘って元気付けも地味に良いシーンでした。それはそうとダイエットネタの回にパフェ食べまくる希は(以下多くは語るまい

lovelive207_07.jpg

「集中すればできるのにどうして毎日少しずつやれないのですか?」
「そうだよね、判ってはいるんだけど…」
「ま、それが出来たら私がやる事が無くなってしまいますけどね」

山積みの書類をサッサと片付けてスキップ♪ やればできるのにケツを叩かれるまでやらない、ってのは耳が痛い(笑。ともあれそれを承知の上でフォローを厭わない海未、強く頷くことり、そんな二人に安心して世話を掛けまくるけれどここ一番では引っ張り役の穂乃果。長い付き合いで培われた固い信頼関係は上辺だけでは見えないものってこと。

「無い袖は振れません」

ほどなく開催された予算会議にて美術部予算問題への説明は至る経緯を一斬する明解なものでした。それで済むなら何の問題も無いだろうに美術部ちゃんは表立った抗議もせず、生徒会側が独自に組んだ予算案を全会一致で承認してシャンシャン。えええ? これでいいの? みなさん物わかりいいなあ。とはいえ最後まで何か言いたげだった美術部ちゃんは採決挙手も最後&控え目と無言の抵抗が何か切ない。抗議をしないと言うより場の雰囲気に呑まれたまま権力に屈しちゃった感じ。こんなシーンでも脚アングルを忘れない拘りは評価できますが(笑

深々と頭を下げる三人の一方で挙手を促すにこにーが地味に先輩していて粋だったかも。そういやこの場に三年生ってにこにーしかいない、というか三年生の11月に部長を張ってるにこにーってば男前すぎる。

lovelive207_08.jpg

予算も通って感謝のハグもそこそこに、今回課題のダイエットのオチは連日の生徒会業務(予算編成)に追われ食べるの忘れていつの間にか減量成功オケオケオッケー!…それでいいのか。生徒会での一連やパンでじゃれ合う(笑)穂乃果&海未を見て三人の信頼関係に気付く真姫は定石どおりの纏めとはいえどうにも今さら感が。真姫は今まで二年生組をどんな仲だと思っていたのだろう。

仲良くじゃれ合う後輩たちを優しい目で見守るエリチカ&希。そのまま校舎を眺める希の横顔はどこか寂しげで…そんな相方へ先のお返しとばかりパフェに誘うエリチカの気遣いが暖かい。この引きから次回が希回なんて期待が止まらないにも程がある。






       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ラブライブ! 第2期 第7話「なんとかしなきゃ!」 キャプ付感想

アイドルにとって体重増加は深刻ですよね(^^; 前回の引きが、まさかの穂乃果の身体測定の紙でした。 ダイエットと、3年から2年に移った生徒会の話でもありました。 穂乃果の体重がたいへんなことになり、待ったなしのダイエット! 新米をぱくついてた花陽も体重増加で一緒にダイエットを敢行。 そんな中、部活の予算で問題が起きてしまう…。  

ラブライブ! 第2期 第7話「なんとかしなきゃ!」

評価 ★★★★ 久保ユリカさん誕生日おめでとうございます!             で、 前回のラストの問題は……

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

いや、希のダイエ(ry

標題の件が気になり過ぎて、全てがインチキ臭く見えてまともに見れませんでした(笑) 次回はその辺を掘り下げてくれるんでしょうかw

というのは冗談として、まあ一見やり過ぎ感あっても、いざって時にはお互いお互いをフォローし合う三人っていうのが見えてよかったなあと思います。人間関係の件ですが、今期初見の人もいるわけですし、まあそういう人向けのわかりやすさって面もあるのかなと。

ただ、ラブライブは毎回ライブがあるわけではないからなんか物足りない時もあるよなあ……とは思います。特に個人的には、もう少しアライズを絡めてほしいですね。ていうか、なんで絡めないのが不思議でならん。

れすれす

>tamanoさん
のんちゃんは今回公式にデ○ではないと表明された、と受け取るべきでしょう(笑。だってムネおっきい子は服のせいで太く見えちゃいますやん? ほんとは細っそいのにいつも誤解されて悩ましいわあ…山盛りパフェを食べながらのんちゃん談

A-RISE放置は確かにもったいないですね。第3話で直接のコンタクトがあったのだから、そこからさらに話を広げてライバル感を煽ればいいのに。こっそり入ったGoHAN-YAにA-RISEが大盛り飯を食べていて意気投合、でもA-RISEはμ'sの3倍くらいトレーニングしているから大食いでも足りないくらいだった、みたいな。
プロフィール

Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2