2014-07-04(Fri)

アイカツ! #89 あこがれは永遠に

いつか憧れの自分に。

aikatsu_89_00.jpg

唯一無二のアイドル、満を持してのユリカ様回でした。

要所要所で気を吐くものの純粋なお当番回としては1stシーズン第20話以来 何と69話ぶり、期間にして約1年4ヶ月ぶりのユリカ様回であります。タダでさえ渇望していた所へあの予告映像、もはや期待はオーバーフローしハードルは上がる一方で迎えたオンエアは、過ぎた期待を全く裏切らないどころか楽々と越えてしまって嬉しい悲鳴が止まらない出来でした。メインキャラ(ユリカ様)の持ち味を十二分に活かしたプロット、それを周囲のキャラが自然に支え、また子供番組の命題たる販促関係も綺麗に溶け込ませたシナリオを繊細なコンテへ落とし込んだ珠玉の一本。長きに渡る本作にてこれほど掛け値無しで「上手い」と感じたのは久しぶりです。

シナリオはローテ的にそろそろ来そうだった平見瞠氏。1stシーズンからセンス良いシナリオ立てでキャラの魅力を上手く引き出せるライターさんで、2ndシーズンでは第57話 ゆるキャ蘭ウェイ!第70話 おしゃれ探検隊クールエンジェルス!第80話 アイカツ!ブートキャンプなどを担当された方と言えば伝わるでしょうか。直近登板であるブートキャンプ回の直前の第79話 YES!ベストパートナーを綺麗にリスペクトした今回のキャラの動かし方も良かったと思います。そして絵コンテはまさかのこだま兼嗣氏…いったいどんなツテで氏ほどの大御所がコンテを切る事になったのか。出来の素晴らしさにEDテロップを確認してリアルで茶を吹きそうになった(笑。本作はたまにこういうサプライズが入るから油断ならぬ。ってマクラが長いな。

aikatsu_89_01.jpg

「ヴァンパイアのユリカ様に朝ご飯を食べさせようだなんて…血を吸うわよ!」

アバンは「ベリーグッドモーニングシリアル」のCMオファーを受けるユリカ様。バンパイアに朝食シリアルという無茶振りにまず笑い、そして戸惑いながらもあえて挑戦を受けるユリカ様のプロ意識に痺れる。甘いシリアルの販促ならおとめ辺りが適任だろうにわざわざユリカ様を当てる捻り具合からして今回の当たりを予感させました。こういう時に感じる「こう来たか!」みたいな感覚は嬉しいやら悔しいやら。

CM明けのAパート冒頭はスタライ食堂でユリカ様の噂話のいちごたち、という流れから完成した件のCMをさっそく披露。いきなり映った不気味な屋敷はロケ地:魔夜さん邸、その屋敷に置かれた棺桶がパカッと開いてユリカ様登場!


aikatsu_89_02.jpg

そして「何よ! まだ朝じゃない!」と不機嫌顔からパァッと笑顔が弾ける商品アピール…何このかわいすぎる吸血鬼。作画リソースを惜しげもなくブチ込んだCMムービーは眼福の極み。凄いな。

「600年ぶりに早起きした甲斐があったかも~!」

このキメセリフは素晴らしいセンスだと思う(笑。怪しい雰囲気からコメディタッチへ変わり、シリアルを一口食べて目を見開き、と同時にカーテンが開いてキラッキラの商品アピールへ繋がるコンテも綺麗にハマっています。約80秒の尺はTVCMとしてはちょっと長いけれど、今風のネット配信商品PVとすれば問題なさげ。

aikatsu_89_03.jpg

番組はユリカ様をゲストに迎えて撮影裏話などを紹介しつつ「握手会イベント」のおしらせ。するとその告知をノートPCで見ているメカクレ少女がチラリと映り…部屋にユリカ様のポスターを貼り例の本を胸に抱える、いかにも内気そうなこの少女が今回のキーキャラとなります。続いてドリアカ側のリアクションもチラリ。キミら最近チョイ解説役しか出番が無いけど大丈夫?

シーンはスタライへ戻ってぽわプリによる市場調査(笑)からみんなで試食の流れも気が利いてます。アイカツ好きの小さいお友達がこんなん見たら食べたくなるでしょう(笑。「2ヶ月前」という後付けを無理なく正当化する機密保持ネタも上手かった。

aikatsu_89_04.jpg

そして握手会へ。これってSoleilの握手会をやった場所ですね。懐かしいな。てな所へ現れた例のメカクレ少女は大盛況に気圧されながら最後尾へ向かい…パッと駆け込んで来た子供たちに遠慮しちゃうヒトコマにこの子の性格が表れていますね。細かいなあ。濃いぃファンの熱意とユリカ様のサービス精神が溢れる握手会の描写も良かった。

「どうしよう…なんて言おう…」

一方メカクレちゃんの順番が迫るも緊張しすぎて頭が真っ白、ほどなく順番が来て念願のご対面では真っ白な頭がスパークしてさらに真っ白に。ああ判る判る(笑。すっかり固まってしまったメカクレちゃんが落とした本をきっかけに笑顔で話し掛けるユリカ様、しかし無情にもハガシの手によって夢の時間はあっという間にオシマイに。

「ユリカ様、どうしたら私もユリカ様みたいに強くなれますか?」

するとメカクレちゃんは別れの刹那に問いかけの言葉を残してサヨウナラ。気弱な少女の必死の叫びはユリカ様のココロに深く刻まれ――

aikatsu_89_05.jpg

「ファンはユリカ様を無敵のヴァンパイアだと思ってる。それでいい」

CM挟んでBパート冒頭、夢小路邸のシーンではユリカ様を気遣う魔夜さんの優しさと、微妙に噛み合わない相談内容のギャップがじつに良い感じでした。魔夜さんいい人だなあ。ここはキャラ作りの大先輩であり恩人でもある魔夜さんへ相談するという流れも良かった。このセリフは誰でもない正に魔夜さんが言ってこそ説得力があるわけで、まさかの再登場は最高のキャスティングという結果を残してくれました。やはり大人がきちんと機能しているストーリーは見ていて安心感がありますね。

そこからシーンはスタライ寮へ変わって第20話でのスキャンダル事件についてあれこれ。なるほどあの事件の時かえではまだ来日していなかったから知らないのも道理か。例の事件を知った事でユリカ様への理解を深め、パートナーとしての繋がりをさらに深めたかえでの表情が絶妙に素敵でした。今回は全体的に作画が良かったため各シーンの説得力も増し増し。

aikatsu_89_06.jpg

「ちゃんと答えたいな…」

CMプロデュースの前振りを星座プレミアムドレス発表イベントのプロデュースへ繋げる流れも自然で綺麗。そこからイベント準備風景を背景に「弱かった頃の自分」と向き合うモノローグを乗せ、魔夜さんからのアドバイス(心遣い)と葛藤しながら過去の自分によく似た子を放っておけない胸中を示す一連も綺麗でした。何だか今回は隙が無さすぎて怖い(笑

そんなこんなで発表会当日となり、メカクレちゃんに会ってきちんと答えたいユリカ様でしたが名前も判らずキラキラッターの呼びかけも空振り、おそらくこのイベントにも来ているはずなのに捜す手段が見つからず手詰まり。ってな姫様の窮地を救うべく王子が登場! 「昔の私に似ている?」というボンヤリとした手掛かりながら、次の瞬間いちごの手を取り会場へ走るかえでが男前すぎて惚れる。

aikatsu_89_071.jpg
aikatsu_89_07.jpg

とはいえ満員の会場で先の手掛かりだけを頼りに捜すのは無理筋、なれどかえではいちごを信じてエイヤっと肩車を…なんという絶景。というかあのいちごが振り回されるほどのかえでの勢い・思いが熱すぎる。すると追ってきた姐さん&蘭がさらなる手掛かり(例の本)を持ってきてあっさり発見、所在なさげな壁の花がいきなりこの四人組に声を掛けられたらパニクるのも無理はありません(笑

aikatsu_89_08.jpg

「私が強くなれたのは大好きなロリゴシックのドレスでアイカツしたい気持ちがあったから」

怪しい四人組に拉致されたメカクレちゃんの行き先はもちろんユリカ様、いやユリカちゃんとのご対面でした。これまた驚くでしょう。300年に1度しか見られない(割に結構見る)素顔を晒し=元々の弱かった自分を示しながら先の質問にきちんと答え、さらに「まずは少しだけ自分を変えてみる」と続け…ユリカ様への「変身」を通じて言葉の意味を深める流れも上手く作ってます。その一連から常に俯いていたメカクレちゃんは上を向いて前髪が開く=世界が拓ける演出も良し。細かい所ではモードチェンジにパネル裏へ引っ込む瞬間、長い髪を二つに分ける仕草の生々しさに唸りが止まらない。このうなじは反則でしょう。

aikatsu_89_09.jpg

そしてお待ちかねのやぎ座プレミアムドレスのお披露目です。コーデチェンジを済ませると例によって十二宮盤が現れて星座フィーバー、盤から落ちてきた青い薔薇を手に取ったユリカ様は軽く香りを嗅ぐと紅いクリスタルへ投げ、薔薇の蔦が絡まって両断の後バーン!と弾けてユリカ様爆誕の流れだけでお腹いっぱい美しい。

aikatsu_89_10.jpg
aikatsu_89_11.jpg

始まったステージはもちろん新曲「永遠の灯」、作曲は「オトナモード」作曲の成瀬氏同様onetrap所属のアーチスト南田健吾氏、このところMONACAの牙城が崩されてきてる? 歌ユリカといえばもえさんでしたがいろんな都合によって今回楽曲かられみさんへ交代…歌おとめと歌ユリカを兼役ってのも凄い話であります。「硝子ドール」のイメージが定着しすぎているせいか今回楽曲はさすがに違和感を隠せず、荘厳な映像の割にどうにも軽く聴こえてしまう。などと言いながらじきに聴き慣れるでしょう。

映像的にはステージオンの羽根使いがまず印象的。プレミアムドレスに付き物の羽根は正直無理くりを感じていましたが、今回ドレスは冒頭から曲中まで羽根の美しさをきっちり活かした演出に魅入ってしまった。曲調に合わせた妖艶な表情も素晴らしく、背景含めてブラッシュアップされた最新ムービーはユリカ様の魅力をブーストしまくり。サビ入りと同時に発動する星座アピールは通例どおり既存アピール(クロックサーカス)のアレンジなれど色合いや雰囲気がドンズバなのでかなり良い感じにキマっていました。ただ好みを言うなら、以前書いたような気がするけれどちょっとかわいすぎるのが難点かもしれない。

憧れのユリカ様から力をもらい、変化への第一歩を踏み出したメカクレちゃんはもう大丈夫。ひょっとしたら何年か後のスターライトに…なーんて。

そして来週は姐さん回。この大詰めで嬉しいサプライズでした。楽しみ!

      

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第89話 あこがれは永遠に」/ブログのエントリ

アイカツ!「第89話 あこがれは永遠に」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

泣けました(´;ω;`)良かった

お久しぶりにコメント来ました。
いつも、ブログは欠かさず見ていますよー今回も素敵情報満載で感動しました。

今回のゆりか様は、待ちすぎただけありましたよね(*´д`*)私は断然いちご派ですが、ゆりか様の久しぶりの魅力にクラクラです。

ファンの女の子とやり取りに胸が熱くなりました。確かに日本のアニメはアナ雪のようなデッカイファンタジーは少ないけど、アイカツとかのアニメは心に響く現実的なメッセージがあるから素晴らしいです。

ゆりか様のうなじ写真お宝ですよね!ブログでもう一度見れて良かったです。

シリアル買います

いやぁ、最高のユリカ様回でした。
今回ほどリアルタイムに子供と見ずに、一人で録画を見て良かったと思ったことはありません。
AパートのCM映像から握手会まで終始ニヤニヤが止まず、後半は学園マザーとの会話シーンで頬を伝う何かの汁が・・・。
もしも見られていたらからかわれていたとこでした・・・。

巷に溢れるステマを嘲笑うか如く、正々堂々とした販促は完全にチョコポップ探偵をも上回っていましたが、それでいてこの完成度ってのが凄いですね!こんなの初めて見ました。
登場した時から描かれていたユリカ様の「キャラ作り精神」=「ファンを大切に思うキモチ」が丁寧に伝わってきて、最後に思わずホロリと目から汁が出てしまいました。
自室でのボヤ騒ぎもファンサービスのブログのためでしたもんね。
握手会での対応もカンペキ。
ちまきちゃんの直前の子に両手を振ってる仕草が可愛いすぎてどうしよう・・・。

おとめちゃんの時も思いましたが、プレミアムドレスゲットまでのアレコレは無くなったものの、デザイナーさんとの信頼関係がアイドルとしての成長を感じさせてくれて素晴らしいと思います。
来週は姐さんの番ですかね・・・。

2代目歌ユリカ様はCD発売前から我が家ではファンブック付録のDVDがヘビロテされてましたのでもう慣れました(笑)
ふうりさんのセイラ声も最近すごく良くなった感じなので、れみさんの今後に期待です。

メカクレちゃんがかわいい!

記事更新お疲れ様です。今回も最高のユリカ様回だった…
どこを切り取ってもかわいいユリカ様やパートナーとして厚い信頼を寄せるかえでの様子などはもちろんですが、今回はそれに加えて握手会の丁寧な描き方がすごく印象的でした。

船上のフィナーレやエンジョイオフタイムでもそうでしたが、アイカツはファンの描写がすごくしっかりしてますね。
無個性なモブとするのでなく、一人ひとりが個性をもって大好きなアイドルを応援していて見ていてとても気持ち良くなります。
アイドル同士の切磋琢磨もいいですが、こうしたファンとアイドルの交流回もしっかり面白いのがアイカツの魅力ですね。

No title

ユリカ様ひさびさの単独ステージ良かったです。ステージ冒頭のあれはカプリコーンのシュラのエクスカリバーでしょうか?
1期のユリカ様単独ステージはプレイステーションというよりはセガサターンといった感じでしたが1年ちょっとで凄く進化しました。
とどまるところを知らないCG進化ですが、私は1期41話~50話くらいのCGの方が好きです。
もちろんCGとしての出来は今の方が良いですが1年前くらいのCGがアイカツのCGという気がします。

DCDで使うと周囲から一目置かれるカードNo1はユリカ様のゴスマジックコーデでした。
青い薔薇(魔夜さんの飲む酒はワインではなくてサントリーのウイスキー?)をふんだんに使った2着目のプレミアムドレスはとても美しかったです(クトゥルフの呼び声みたいな感じでなくて良かったです(笑)
ただ、2期のプレミアムドレスは自己主張が少ないというかマイルドというか…色数を絞るか増やした方が良いような気がします(プリキュアの主線みたいに細いフレッシュ・スィート、太いハートキャッチ・スマイルみたいに期によって変えるのでしょうか?)
1期最終回の美月といちごの衣装を超えるものが出てきてほしいです(蘭獅子座コーデの羽が金色だったなら……惜しい)

ユリカ様人気を実感

今回良かったですね。ユリカはもちろん、かえでもイキイキしているし、ぽわプリも馴染んでるし、やっぱりスタライ勢がみんなで生き生きしてる回はするっと入ってきますね。

しかし実際、ユリカ様も強くなりましたね。朝日を浴びてシリアル食べたりとか、舞台裏ネタばらししたりとか、「えっ?設定は?」みたいなシーンも少々ありましたが、それもおそらく、前みたいに細かい事にはこだわらなくなってるという成長の証の描写なんでしょうね。

握手会でお客さん(しかも女の子だらけ)がかなりフィーチャーされてましたが、こういう描写はユリカ様の女の子ガチ人気を伺わせますね。ああいう握手してたキャラみたいな女の子ファンが実際たくさんいるんだろうなあ。販促回(?)だからこそここぞのユリカ様!という見方も成り立つかも。

ただちょっと、ユリカ様の良い所に焦点が当たり過ぎて、ちょっとツッコミ分が足りなかったかも(笑)。今後は蘭ちゃんあたりもツッコミに交えて、最低あと3回位はユリカ回やってほしいですね(←現実逃避

れすれす

>りんごの親友さん
どもどもです。久しぶりのユリカ様回はほんと素晴らしい出来でした。それも突出した大感動劇って訳ではない、丁寧なシーン描写の積み重ねからじんわり滲み出るような暖かい感動、血の通ったドラマとでも申しましょうか。ヴァンパイアだけに。

>ロコじじいさん
作中で使う小道具をアピールしまくる販促カツドウは数あれど、現実で売られている商品そのものを作中キャラがマンマ宣伝しちゃうってのは案外珍しいかもしれません。通販番組チックな試食シーンもいい味でした。こうなったらヘモグロビンZも商品化すべき(笑

握手会のシーンは今回の演出の上質さが判りやすく表れていたと思います。そこからCM渡った魔夜さんとのシーンも良かった。いや今回ばかりはどのシーンを切り取っても感心するばかりなんですけど(笑

>羽中さん
そういえば「船上のフィナーレ」も平見氏の脚本で、あの時もアイドルの個性とファンの特性(笑)の組み合わせが絶妙でした。まあこれほどクローズアップされずとも本作はけっこうマメにファンの姿を映しますね。ファンあってのアイドルという根本を常に意識している感じ。

>アイカツパパさん
レビュー本文でも何度か書きましたが2ndシーズンのCGモデルはどうにも「かわいすぎる」んですよ。言い方を変えれば頭身含めてアニメパートよりかなり幼く見えてしまう。そのバランスが最も取れていたのはおっしゃるとおり1stシーズン末期だと思います。あのバランスで今のCG技術をブチ込んでくれれば言う事ないんですが…小さいお友達はかわいい絵のが好きでしょうからどうにもこうにも(笑。2ndシーズンにてほとんどリファインされなかったさくらちゃん&かえでのCGモデルが一番バランスが良いってのは皮肉な話です。

>tamanoさん
2ndシーズンも終わりに近づいてきた昨今、ドリアカサイドにこのレベルのお話を期待できそうもない現状が辛い。握手会の賑わいは確かにリアル含めたユリカ様人気を感じさせました。ファンの濃さをリアルだったり?(笑。何かと解説役の姐さんはともかく、蘭ちゃんさんは宇奈月キャラに片足ツッコんでる感じなのでラス前にもう一花咲かせてほしいところ。

No title

20話のcg、今回のcg
最後の手が対になってますね

宵闇の宴

ユリカ様のファンに対する思い、アイカツへの情熱が伝わってくる傑作でした。
変わりたい、強くなりたいという思いを現実にしてきたからこそ、今の自分がある。
ファンと心を通わせることでアイドルとして、人として成長した姿を見せてくれたことに感動を禁じ得ない。
ファンもみんな個性あってかわいいし。

この回の放映と同時に1stシーズンの配信もスタートしました。
詳細はこちらに
http://jojiani.ldblog.jp/archives/39560213.html

No title

今回はとても非の打ち所がなく、いい意味でコメントに困ってしまい投稿がまたもや遅くなってしまいました。
かえでのユリカのためにした行動がとても素晴らしかったです。

CGステージはゲームと比べ、優雅さに比重している構成だったと思います。
羽にくるまるユリカ、プレミアムクロックサーカスの豪華さ、永久の灯の完成度、とにかく完成度が高かったですね。
プロフィール

Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2