2014-07-25(Fri)

アイカツ! #92 サマーアイドルストーリー

憧れを超える事で自分も知らない未来が広がる。

aikatsu_92_00.jpg

サマーツアーの宿題にいちごが出した答えは?

aikatsu_92_01.jpg

あっと言う間に最終公演を控えたアイカツ8サマーツアー。せっかく全国ツアーなのだから各地方でエピソードの一つずつくらいやってくれれば騒いだ甲斐もあろうと言うモノですが常に全力で駆け抜けるアイドルたちにそんな暇は無いのです。という事にしておこう。という訳でみんなで過ごす最後の晩にパジャマパーティを開催。去年(作中時間では2年前か)のSTAR☆ANISサマーツアーではキャッキャ賑わう部屋へ入っていけなかった美月さんが堂々とセンターで出迎えている辺り成長が見られますね(笑

てな所へ姐さん&蘭と電話してて遅れたいちご、迎えに行ったセイラが加わり、オレンジ120%ジュースを掲げてパジャマパーティスタート。ユリカ様のグラスはもちろん真っ赤なトメィトジュースであります。などと賑やかに始まったパーティにてセイラはいちごの横顔をチラリと振り、先の電話で話していた「アイカツの未来」について気に掛けている事が判ります。一緒に考えるって言っちゃったし。

パーティが始まるとさっそくカメラを構えてぱちぱちぱちり。いちごは今回参加できない姐さんからの厳命(笑)によりパーティの様子を写真を撮りまくり、同様にきぃちゃんハニーから頼まれたセイラもカメラを構えています。姐さん&きぃちゃんハニー共々「個人的に楽しむだけ」と肖像権に配慮したお願いでしたが――

aikatsu_92_02.jpg

「個人的に楽しむだけじゃもったいないな」

このプライベート写真をステージの盛り上げに使ってしまおうという美月さんのアイデアにプライベートNGのユリカ様はすかさず反対、そりゃそーだ。結局「ファンが喜んでくれる」という魔法の呪文にてユリカ様は了承、とはいえユリカちゃんモードじゃないから構わないような。そんなこんなで代わりばんこにカメラを構えてステージで晒す写真を撮りまくりながら宴もたけなわ、初対面ではあれほど怖がっていたフェレッ太を撫でられるようになった事で共に過ごした時間を表した後、今回ツアーの様子を止め絵ダイジェストでつらつらと。

aikatsu_92_03.jpg

各会場でのステージ風景は繋ぐほどではないと言ってしまえばシマイな画質の一枚絵。横スクロールで流すだけの原画一発でこの画質ってのが今回の作画クオリティを物語っていますね。止め絵スクロールとバストアップの口パクばかりなのに微妙にヘタレた今回の作画は映画版制作に人を取られた影響かもしれない。子供アニメで作画にアレコレ言うのは野暮とはいえ、シリーズ終盤を迎えるこの時期にこのレベルの作画が続いてしまうとクライマックスで盛り上がれない予感。

aikatsu_92_04.jpg

「街を歩いて美味しいものを食べたり…食べたり…食べたり…食べたり」

続いてマリアが語るツアーの思い出。北海道ソフト、東京ではもんじゃ焼き、名古屋では小倉トースト、大阪ではタコ焼きと各都市の名物を食べまくり。さすが若い子はよう食べ…いちご&おとめは食べすぎ(笑。北海道では何となく各グループで固まっていたみなさんが、ツアーが進むと枠組み越えて打ち解け合ってるってのはいかにも。

aikatsu_92_05.jpg

「最初ドリームアカデミーが出来たって聞いた時にはちょっぴり怖かったのです」

食い道楽話に仲良く盛り上がる中でスターライトクイーンがついに語ったドリアカへの本音。スタライのワンツーである美月さん&いちごが抜けた後クイーンに立ったおとめは、ライバル校の台頭を前にスタライを背負った重責に打ち震え…そんな大げさなものではないにしろ近い感情は確実に存在したのでした。また強力なライバルの出現に当時のユリカ様も焦り、さらにダブルエムという思わぬ敵まで現れ、無敵のバンパイアですら脅威を感じていた。などなど「ライバル出現」へのストレートな感情はどれも納得なれど、スタライ側のそういう感情が本編でほとんど描かれず、時おり危機を仄めかしてもいつの間にかスルーされてきた現実にただ残念と思うばかり。

「敵って…そんなに怖くないでしょう?」

その点みくるは強者の余裕か、持ち前のフレンドリーか、社会経験&年の功か、初対面から間も無い相手に全方位ウエルカムの構え。このさっぱりした言い方がまたみくるっぽくて良い良い。ともあれ「ライバル」ではあっても「倒すべく敵」ではないという本作のスタンスを今さらながら強調するヒトコマでした。ただそのポリシーが徹底しすぎていて人間的なリアリティが感じられない場面も多々あった。負けた悔しさが希薄(というかゼロ)のままひたすら勝者を讃えるのでは、勝負への真剣味すら薄く見え、勝負を見守る視聴者的にも握る拳に力が入らない。そういう点で負けて悔し涙を落とした第10話のおとめや、不甲斐ない自分に悔し涙を流した第80話のあかりがことさら人間くさく見えるし応援したくなるのだなあ。

「これからみんながどんなストーリーを描いていくのかとっても楽しみ」

ライバルという立場を越えて一緒に笑い合える今、この変遷をして未来を見つめる美月さんの言葉にいちごは物思い、隣のセイラはそんないちごを黙って見つめてフラグ乱立。

aikatsu_92_06.jpg

棺桶で震えて眠るユリカ様、髪を解いて熟睡のおとめ、ってな夜中のホテルの一室にて寝付けないいちご…この棺桶はズルいわ(笑。いちごは夜のお散歩へ出掛けると同様のセイラと行き会い、するとどこからともなく聞こえてきた物音からみくるの一人レッスンを目撃。みんなが寝静まった頃に人知れず汗を流す=隠れた努力の描写は、華やかなデビューから一気に昇ったみくるが単なるラッキーガールではない事を改めて印象付けます。そして美月さんと一緒に叶えたい目標「マスカレード超え」をいちごたちに告げ――

「憧れを超える事で自分も知らない未来が広がる」

誰かに憧れて物事を始めた時、まずは誰しもその憧れを目標に努力を重ねる。つまり憧れを追っているうちは憧れそのものがゴール=見た事がある未来であり、それ以上の世界が広がらない。だから美月さんは「自分も知らない未来」を見るため目標を超えたい。それが美月さんにとってのマスカレードであり、いちごにとっての美月さんということ。

そんなこんなでアイカツ8サマーツアーの最終日が開幕しました。姐さんは撮影現場で、蘭はスパイシーアゲハの現場で、そしてきぃちゃんハニーはブレインサンダーのCM撮影現場でステージ中継をチェック…このカキワリは怪しすぎないか?(笑

aikatsu_92_07.jpg
aikatsu_92_08.jpg

ライブ開幕とともに巨大モニタに流されるメンバーの紹介ビデオは前回の制作風景から打って変わってライブムービーが編集されたものでした。そりゃイツモミテル氏撮影の超プライベートショット(笑)は使えないでしょう。淡々と紹介が続く中で客席の盛り上がり(ガヤの声)が妙にそれっぽくて笑った。美月さんへの一際大きい歓声もそれっぽい。続いて昨晩撮ったプライベートショットをパッパと披露…ユリカ様美味しいな。ほどなく激しい爆発音からメンバーがステージに現れて開幕MCもユリカ様いじられまくって美味しさMAX。あはは。でも美月さん、客席への第一声「みんな盛り上がってるー!?」はちょっと昭和っぽいですよ(笑

aikatsu_92_09.jpg

みくる&美月さんのMCを袖から見つめるいちごは美月さんのパワーを再確認。同じステージに立っていても、ステージに何人アイドルがいてもみんなの視線を引き寄せてしまう凄い存在。いつも先頭を走っている美月さんを私も超えたい…とここまでは良かったのだけれど、ここから何故かセイラが同調し――

「私、セイラちゃんと一緒ならすっごいパワーが出せちゃう気がするんだ」
「私もだ。星宮いちご、二人で超えちゃおう」

パートナーズカップなどで一応下地はあるもののどうしても唐突感が拭えない「すっごいパワー」宣言、そしてダブルエム超え宣言。ううむ。いちごはともかくセイラのキャラアピールがこれまであまりに希薄ゆえ「何故セイラなのか?」について作品ファンの贔屓目をしてもすっきり納得する答えに辿り着けない歯がゆさ。最終的にこの流れにするのならここへ至るまでもう少しセイラの描写が欲しかった。そもそもこの重要な決意を全てセリフで語ってしまう辺り描写の弱さを自覚しているとさえ。

8つ並んだフィッティングボックスが壮観な舞台裏にてアイカツ8ラストステージの気合い入れ…から始まったステージは前回と全く同じ「SHINING LINE*」でした。歌はもちろんステージ演出までマンマ同じってのはかなり残念、せっかくの8人ステージなのだから違う視点からも見たかった。

aikatsu_92_10.jpg

というわけでアイカツ8サマーツアーは全日程を終了。祭りの後の寂しさに包まれるロケバス車内はほとんどお通夜で、あれほど怖がっていたフェレッ太と仲良しになってるユリカ様もお別れの寂しさにしょんぼり。ああぐにぐにしたい。

「お別れじゃないよ! いつでもフェレッ太に会いに来て!」
「それにアイカツ8のツアーは終わったけど、これからも一緒にアイカツする仲間だから寂しくないよ!」

こういうセリフを自然に言えるのはやはりみくるの持ち味か。それは良いのだけれど引きの作画がいよいよ壊滅的で見ていて辛い。先にも書きましたがホントギリギリなんだろうね。今回は相当作画に優しいコンテだろうにそれでこの出来とは現場の悲鳴が聞こえてくるようです。ともあれみくるの言葉で明るさを取り戻したロケバス内にて、ツアー中の課題だった「アイカツの未来」について美月さんへ答えるいちご。ここは美月さんの「ん?」がかわいかった。しかし答えは未だ見つからず――

「私セイラちゃんと二人で、九月までに美月さんを、ダブルエムを超えます」

目標を超える事で未来を見つける。セイラとアイコンタクトを交わしたいちごは堂々の宣戦布告であります。何故九月?については引き続きツッコまずにおきたい(笑。周囲のみなさんが目を丸くする中、美月さんはいちごの考えが判っていたかのように穏やかな表情で受け入れ、そして意味深な微笑みを浮かべながら対決を仄めかして締め。

aikatsu_92_11.jpg

予告からしてさっそく次回から最終決戦シリーズがスタートするのかな。それはそうと高橋絵のティアラ学園長が楽しみ。

      

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第92話 サマーアイドルストーリー」/ブログのエントリ

アイカツ!「第92話 サマーアイドルストーリー」に関するブログのエントリページです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ホテルの廊下はパブリックスペースなのでパジャマや浴衣などでウロチョロしてはイケマセン。
まあ、スタッフ含めてワンフロア貸し切りとかなんでしょうけど。

今回はステージの使い回しと作画が残念至極でしたが、内容は「まあ、こんなところか」って感じですね。
アイカツ8は現実の投票結果という障害がありますから、そこまで深く突っ込んだ話はやらないだろうという予想をしておりましたので…
良かった点を挙げるとすれば、いちごちゃんに初めて自分の口から美月越えを宣言させた事と、ユリカ様とみくるが気を吐いたあたり。ドリアカ頑張れよ。
あと、メンバー紹介ビデオやMCがあったり、ヤラセっぽいフアンの声を写したりなど本当のライブDVDのような雰囲気は感じました。
というか、CG作り直して各ソロパートも入れたライブDVDの発売をお願いしたいですね。きっと買います。

いちごセイラコンビの行く末については、あまり過度な期待をせずに見守っていこうと思います…
あと、あかりちゃんが不足しています…

No title

いちごが舞台袖から美月を越えたいという自分の願望を自覚するシーンは良かったですね。台詞もすごい自然な流れで上手かったなあと思います。

ただなぜそのパートナーはセイラなのか。あおいじゃないのか。ちょっと采配(?)があまり良くないのではという気が……。

どうでもいいですが、みくるのレッスンシーン、髪型の後姿がまんまカニでしたね(笑) そこで似せて来るか!と思ったのですが、良く見るとシーンごとに髪型が変わってるのに今気づいた。遅い…。

No title

2期終了まで残り8話。回収されていない伏線がたくさんあるのに、このペースでいいのかなと正直少し不安です。しかもアイカツは伏線を張ったり回収したりする時、ちょっと意地悪する時があるので油断なりません(笑)たとえば、2年目前期OPの星座盤のシーンで美月の影をちらつかせる→アゲインオフタイムで美月の投げキッスが月と星座盤に変わる→翌週のOPで確認しようと思ったらOPが変わっていて確認できない(笑)すべてが書いてあるかもしれない、らいちの作っている新聞を読んでみたいです。

今回は見所がいっぱいありました。
皆が寝ている時間に一人特訓するみくる(蘭が特訓した部屋と同じだったので「夏樹みくる、あんたはこんなもんか」とか言いながらがんばってるのかなとか思いました)
「WMなんて思わぬ敵まで現れて」と本人の前で言えるようにまで打ち解けたユリカ様。
「あなたがドなら~」のセリフを封印してから貴重な真面目常識人として魅力的になってきたセイラ。
高い空の彼方として見上げているだけでなく、僕の目にも見えた地の果てとしてそこに歩きだす事を宣言したいちご。
最後の慈愛に満ちた表情ひとつで全体的な作画の悪さを吹き飛ばした、さくらが言うところの天女様。
来週からは待ち望んでいた美月超え宣言を受けて大張り切りの美月さんが動いて、いちごセイラとWMの第2ラウンドが始まるわけですが、いちごセイラの曲はsignalize!であって欲しいと強く思います。

ここまで来たらスタライはいらなかったと断定できそう?

今更、目標が美月を超えるというのは……
苺は、美月という目標だけでは駄目だと思い
アメリカにいったように記憶してるのだけど?
今更、美月越え宣言……?

1期末期で美月の苦悩、マスカレード等で
盛り上げてたけど今期はどうするの?
対戦相手がWM(美月)では、
対戦相手の描写でできることもない気がするし
盛り上げが1期を超えるのは無理のような
2期に温い対決を繰り返してきたせいで
対決も1期程盛り上がらない

キャラを増やしすぎて
話の掘り下げが足りてない部分が多いのに
3期は、あかりが主役で
今期のキャラも出るという恐ろしいことに
3期であかりが主役ということは、
WM後にあかり関連で締めるのかね?

No title

ここしばらくずっと黙って見てましたが、アイカツ8のライブがインパクトなさ過ぎてなんか悲しいです。一期のスターアニスと比べちゃいけないのはわかっちゃいるんですが…。全体的に…。

いちセイの流れがもうなんというか…。何故姐さんや刃じゃないのか。何故セイラなのかっていうところをもう少し深くやってほしかった。

ただこれ見てて一期がカレンダーガールだったとするなら、二期はsignalize!なのかなと思います。

たまにみくるさんのピンクが入ってなかったのがものすごく気になりました((

れすれす

アイカツ!3rdシーズンが発表されましたね。
http://www.aikatsu.net/new.html
記事を起こそうと思ったけど現状まだ書く事が無いから見送り。
とりあえずあかりメインで新キャラ2人、いちごは美月さんポジションへ昇格か?
そしてやはり青い子が気になる(笑

>ロコじじいさん
アイカツ8はゲーム連動で強引にねじ込んだ感が凄かったです。本筋的にほとんど意味が無い事をこの時期に入れなければならないのはキツいでしょうが、昨年のSTAR☆ANISがそこそこ上手く回っていたので余計今年がグダグダに見えてしまった。途中で入ったフアンの声はTV局制作の映画CMでよく見るヤラセインタビューを連想してしまいました。あかりちゃんは10月以降全力で画面に登場するみたいなので今のところは休ませてあげましょう(笑

>tamanoさん
最強パートナーがセイラである根拠がイマイチ心に迫らないんですよね。この展開は2ndシーズン冒頭から決まっていたでしょうに何故本編中にいちご&セイラの絆をもっと強化してこなかったのか…それどころかセイラはロクな出番すらありませんでしたし。みくるの髪型はポニテが一番好きなんですが花屋モードじゃないと見れないので残念(笑

>アイカツパパさん
ロングパスの伏線回収は3rdシーズンへ持ち越しってことで。思えば2ndシーズンももう残り2ヶ月(8話)、つまりドリアカ登場から10ヶ月も経っているなんて信じられない。いちご&セイラの曲は何が使われるでしょうね。私的には新曲を期待したいけれど、旧曲を使うなら「KIRA☆Power」がいいかな。二人の相性が確立された曲と言えなくなくも(略)なので。

>キャラ増えすぎのせいだと思うのさん
いちごの目標は作品スタート時からあくまで美月さんでしょう。アメリカ行きはアイカツの見聞を広げるための武者修行で、この終盤に美月さんとの決戦は「今さら」どころか最初っからの予定調和だと思いますよ。最終決戦に臨む時期にいまいち気分が盛り上がらないのは上でも書きましたがやはりセイラのキャラが立っていないせいでしょうね。ドリアカの他の子よりセイラをガンガン押しておくべきだったと思います。正直なところ4人の中で一番影が薄くなってしまった子を最終兵器に据えるのは贔屓目に見てもかなり苦しく、仮にいちご&セイラペアがダブルエムに勝っても達成感はそれほど感じないでしょうね。

>秋花(元サラさん
アイカツ8のライブについては同感。毎回新作の度に感心するばかりだった本作CGステージにて、衣装も振り付けもカメラワークも全てピンと来なかったのは初めてでした。正直「どうしちゃったの?」って感じ。

> 何故セイラなのか
結局そこに尽きると思います。本編描写からこれを実感できないためいまいち盛り上がらないんですよね。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2