2014-08-24(Sun)

プリパラ #08 ドキドキ!夏だ!水着だ!プールでかしこまっ♪

言いたくて言えなくて、起きた悲しいすれ違い。

puripara_08_00.jpg

私がいつも笑っていられたのはあなたが友達でいてくれたからだよ。

puripara_08_01.jpg

あまりの暑さにゴロゴロ転がるらぁらがまず良い味。暑すぎて何もする気が起きない、でもジッとしてると噴き出る汗が不快指数1000%、やり場のないウダウダを転がってごまかす気持ちはわかるわかる(笑。そこでピン!と閃いたのが「寒い冬をイメージして涼しくなろう作戦」…寒風吹きすさぶ冬山イメージにて一瞬涼しくなったものの、続いてコタツや鍋焼きうどん、そして何故かノロイ(笑)まで現れて魘され終了。あはは。らぁらってばイメージ膨らませすぎです(笑

てな所へやってきたなおちゃんからプールのお誘い。もちろんらぁらは二つ返事で快諾し、最近何故か忙しいらぁらと久しぶりに遊べるって事でなおちゃんも大喜びであります。ところがのんマネージャー(笑)の指摘によって本日のライブを思い出してさあ大変! それはそうと本人以上にスケジュールを把握しているのんちゃんおそるべし。

puripara_08_02.jpg

ライブを取るかなおちゃんとの約束を取るか、すなわち「仕事と私とどっちが大事なの!?」的なオトナでも即答に困るダブルブッキングに大弱りのらぁら。ジャストタイミングで掛かってきたクマからの電話にスケジュール変更の期待を掛けるも黒霧を漂わせる相手へついに言い出せず、しかしらぁらはプリパラの事を未だ話せていない不義理続きの親友を優先し、時間限定ながら両立を目指し、そしてついにプリパラの事を打ち明ける決意を固めます。確かに打ち明けるには良いチャンスではありますね。これを逃したら泥沼が深くなるばかりでしょうし。

それはそうと今の小学五年生にとってスク水はダサダサなのか。似合う期間が限られているというのにもったいない。

puripara_08_03.jpg

なおちゃんとプールで合流するとさっそくキャッキャ!と仲良く水遊び。予告でチラ見せしたスイカ柄のセパレーツ水着かわいい。へそフォルテ! 一頻り遊んだところでランチを買いに駆け出すらぁら…をビシビシ取り締まる南委員長は夏休みの校外までお勤めご苦労様です。あはは。校則第13985条「プールサイドを走ってはならない」、さらに22411条「準備体操なしでプールに飛び込んではならない」、35439条「こまめな水分補給を怠ってはならない」などなどインフレしまくった校則は小さいお友達への夏の注意か。子供番組的に気が利いてますね。

水着トレンドの調査というテイでプールに現れた委員長は双眼鏡を覗いてカウンタカチャカチャ、生真面目は良いけどどう見ても怪しい人です。あはは。リアル等身に戻っても首ブラブラのらぁらかわいい(笑。居合わせたのは偶然でもその後の監視対象(笑)はらぁらにシフト、何だかんだ世話を焼いてくれる委員長ってば底抜けに仲間思いの子でありますね。

puripara_08_04.jpg

「らぁらの考えてる事はお見通しなんだから」

テーブルいっぱいの料理に加えて至れり尽くせりのサービスで御機嫌を取り、さて言うべき事を言わなくちゃ! と思っても「わかった! 夏休みの宿題見せてってことでしょ?」とかわされ、意を決して「プリパ…」と言いかけるとプリパラTVが始まっちゃってナニゲに流され…またしても言うタイミングを逃してらぁらは辛いトコ。そしてらぁらの事を全部わかっているつもりのなおちゃんもまた辛い。こんな風に思っているところへ(結果的に)裏切りが発覚したらそりゃ感情的にもなります。

大型ビジョンに映ったプリパラTVの出演者はそふぃ&めが姉ぇ。夏と言えば海、海と言えばクラゲ、クラゲと言えば98%が水、じゃあ冷蔵庫で凍らせたら冷たいわね。クール! あはははは!…少し涼しくなった。その大型ビジョンからカメラが下がって映ったプールに浮かぶクラゲ、BGMのフレアシャーベットに乗って漂うクラゲ女の図はどんな演出だ(笑。一方親衛隊の面々は行方知らずのそふぃを大捜索、ちゃんこ! それはそうとして衆目の中大声で「そふぃさま~!」は良いのだろうか? その流れで見つけたら正体バレちゃうんじゃ?

puripara_08_05.jpg

「その子ね、なんとらぁらって名前なの!」

プリパラTVを眺めながら最近のお気に入りアイドルを語るなおちゃん。まあお約束ですね(笑。思いがけず自分の名前を呼ばれて青ざめるらぁら、黙ってプリパラに行っていただけならまだしもお気に入り登録(笑)までされていたのではますます言い難く、しかも「行けるようになったら二人でらぁらちゃんのライブ見に行こう!」と満面笑顔で約束され…さすがにこの波状攻撃にはココロが耐えられず食器片付けのテイで一時待避するしか。これはキツい。と逃げたところでどうにもならず、ライブへ向かうタイムリミットも迫り、いよいよ真実を伝えるべく気合いを入れるらぁら。

「私、プリパラに行ってるの!」
「何言ってるの? らぁらはプリチケまだ来てないじゃ…」

らぁららしく直球ストレートな告白でしたがなおちゃんは苦笑いで取り合わず、しかしプリチケの現物を突き付けられたら疑いようがありません。と同時にポトリと落ちるジェラートは予告での煽りマンマでした。ギャグシーンのブラフじゃなかった! 続いてプリパラでのらぁらの正体も話し、人前で歌が歌えるようになった事も話し――

「嘘つき! 大嫌い!」

これまで抱いていたらぁら像をことごとく覆す告白を矢継ぎ早に聞かされたなおちゃんは混乱→感情的になって厳しい言葉を叫んで去ってしまいます。あらら。こんなガチだったのか。オンタイムで見ていた時はこっちもオロオロしてしまった(笑。まあいくらしっかりしていると言ってもらぁらと同じ小学生、全部判ってる親友と思っていた相手がいきなり知らない事だらけだったと聞かされて平静でいられるはずありません。

puripara_08_06.jpg

辛いCM明けから暫しらぁらはフォローを試みるも完全スルーされて号泣うわぁぁぁん! これは辛い、辛すぎる! と思いながら、拗ねてるなおちゃんがかわいいと思ってしまった(笑。こういう所はやっぱり小学生ですね。

「アイドルは泣き顔を見せてはいけない!」

大泣きの末にプールでも大泣きのらぁらへ委員長のチケットがバーン! 校則第○○○○○条プール内で泣いてはいけない!って事ではなく、アイドルの心構えから外れたらぁらへの叱責でありました。そう言われて涙を拭うも悲しい気持ちは拭えずしょんぼり、すると委員長は続けてハッパ掛け。

「あなたが今すべき事、それははプリパラのステージに立つ事じゃない?」
「たった一人の友達を笑顔にできなくて大勢のファンを笑顔にできると思ってるの?」

このテの流れのテンプレみたいなセリフですが道理といえば道理。またらぁらにとって「どんなに落ち込んでいてもらぁらちゃんのライブを見ると笑顔になれる」と言っていたなおちゃんの思いに応える=仲直りのハードルという意味もありますね。だかららぁらはしょんぼりから一転して気合いが入ったのでしょう。かしこま!

puripara_08_raaramirei_01.jpg

水中からのパンアップで描かれた説教シーン(笑)はカメラレンズに付いた水滴まで再現。芸こま!キラーン☆

puripara_08_07.jpg puripara_08_nao_01.jpg

ほどなく大型ビジョンからライブ前のらぁらの声が聞こえると気まずそうに立ち去るなおちゃん。らぁらの必死の呼び掛けにも背を向けて帰ってしまいます。

「私がいつも笑っていられたのはあなたが友達でいてくれたからだよ」

ビジョン越しに溢れるらぁらの思い・変わらぬ友情になおちゃんはついに足を止め、ビジョンへ振り返る一連は心の動きがよく伝わってくる好演出でした。

puripara_08_08.jpg

なおちゃんに捧ぐ二人のライブは水着コーデと言うよりもサマーリゾートコーデって感じで、何というかViVid Kissにありそうな(笑。名前的に「ハイビスカスサマーコーデ」と「真っ赤なハイビスカスサマーコーデ」とは単なる色違いっぽいけどみれぃの方は水着がセパレーツでへそフォルテ、また少女アニメ的に極小の布地から伸びる手脚がスタイルの良さを際立たせています。脚長ぇ! 曲は今回ばかりは「Make it!」のが良かったような?

「らぁら、何度も私に打ち明けようとしてたんだ」

ビジョンに映ったライブを見たなおちゃんはこれまでのらぁらを思い返し、話を聞こうとせず怒ってしまった事を反省し、そもそもらぁらは何も悪くない(嘘も吐いていない)事に気付き…結論として「羨ましくて怒っちゃった」というのはじつに小学生らしい嫉妬心で、なおちゃんみたく出来た子もやはりメンタルは小学生なのだなと安堵する一方、今回の流れを見ると「(結果的に)裏切られた事」が怒りの理由として大きいような気がするので少々フクザツ。

同じ「プリパラへ行けない立場」だと思っていた、いつも一緒の友達が知らないうちに満喫していた上に憧れのアイドル本人だった。そんな事実を突然突き付けられたら反射的に「何故らぁらだけ楽しんでるの?」と思ってしまっても仕方なく、またケンカの別れ際での「アイドルのらぁらちゃんだって大嫌い! さっきのは嘘だから!」は嫉妬心の裏返しとも取れ、展開的に不合理は無いとは思いますが…誤解して怒っちゃっただけにしたほうがスッキリ落ちたような気がする。

puripara_08_09.jpg

ライブを終えたらぁらは一目散にプールへ走り、そして笑顔を取り戻したなおちゃんと再会。お互い謝って無事仲直りの後、熱い熱い大好き宣言を受けたらぁらはトモチケを手渡し――

「待っててなお。私、校長先生にも認められるようなアイドルに絶対なる!」
「そしてなおのプリチケ必ず取り戻してみせる!」
「その時は絶対一緒にプリパラ行こうね、約束!」

約束は守らなければいけません。親友との約束ならなおさら。というわけで何となく流れでアイドルをやっていたらぁらに強い目標ができました。やはりこういう目標が有ると無いとではモチベーションが変わりますし、挫折しそうな時のココロの柱としても機能しそう。ともあれ当面のハードルである校長先生の話をドコまで引っ張るか?は難しいところでしょう。あっさり折れたらせっかくのキャラがもったいないし、かと言って終盤まで引っ張られてもクドい上になおちゃんそれまでプリパラへ行けないし(笑。キャラが強すぎるゆえの扱いの難しさがありそう。

      

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリパラ「第8話 ドキドキ!夏だ!水着だ!プールでかしこまっ♪」

プリパラ「第8話 ドキドキ!夏だ!水着だ!プールでかしこまっ♪」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

前回の予告そのままでしたね。直球勝負なお話でした。素直でよかったと思います。
今回は、毎回濃い内容のお話に、さらに水着と友情という二大美的要素が加わって、一層濃密なお話だったと思います。
個人的に好きなシーンは、なおに無視されて、画面をトボトボ横切った後、号泣し、そのままプールに入って泳ぐところでしょうか。らぁらはやれる限りの誠意を尽くして、正直に話して、謝って、それでも上手くいかなかった。特別な力を持ってる訳でもない、一人の小学生としての主人公らぁらがよく描かれていたと思います。あれは泣く。泣くしかない。
そして、この状況があったからこそ、みれぃという仲間の助力、アイドルであることの意義や価値が際立ったんだと思います。普段のらぁらには出来なかったことも、アイドルらぁらには出来た。素直な気持ちを伝えられて、揺れ動くなおちゃんの心を再び正しい方向に向けることが出来た。友情が美しかったです。
とにかく今回は、お話の濃密さを感じつつ、らぁらが主人公でよかったとつくづく思いました。やはり彼女には、関わる者を惹きつけ笑顔にさせる、魅力と素直さがあると思いました。

思いの外、早くやってきたなおちゃんバレ。
これこれ、こーゆー話が見たかったんです。スタッフ分かってるなぁ。しかも水着回とか!なんのご褒美ですか、コレ?
普通に二本作れそうな内容が詰まった濃密さでした。贅沢というか、ハイペースというか…。今クール中に校長問題が解決しちゃいそうな勢いすら感じます。
らぁらもなおちゃんも小○生らしくてカワイイ!泣き声もデカいから泳ぎながら号泣してたんですね。
ギャグはいつもより少なめでしたが、所々の絵面が狂っているのが素晴らしいですね。クラゲとか、シュノーケル委員長とか。
でもやっぱり今回はmake it!でレッツゴープリパラが良かった気がしますねぇ…

 珍しくシリアス要素の強い回でしたね。プリパラはギャグの印象が強かったので、真面目な方面もしっかり掘り下げる様で安心しました。
 ギャグが薄かった訳じゃないけれど。(個人的にそふぃはもう出てくるだけで面白いキャラに成っていると思います)
 ただこのタイミングで、(この回に合った)新メインキングドラマが出たらもっと盛り上がっただろうなと思いました。プリズムジャンプよりもそう言った面での押しが弱いのがちょっと残念です。

No title

繋ぎご苦労様です(笑)。今回は衣装が際どいのが多くてちょっと刺激が強かったですね。特にステージ衣装は史上最大の脇だったかと…。こんなことしか見てなくてごめんなさい(笑)。

ストーリーとしては「校長説得」という新しい目標ができましたね。そふぃ仲間回が終わったらこの辺りで一クール目を〆ることになるんですかね。正直グロリア校長はいい加減とっちめて、早めに話を前に進めてほしい所ですね(後から懐かしくなったりもするんでしょうが・・・)

れすれす

>適当にフォローさん
作風的にもう少し軽い感じにヒネってくるかと思いましたが予想外に直球ストレートでした。リニアな感情のぶつかり合い・すれ違いは見ていて切なかったけれど、普段穏やかななおちゃんが怒っちゃったり拗ねちゃったり、シカトされて大泣きだったり、いちいち小学生らしいリアクションにはシリアスシーンなのについほっこり。また中途半端な優しさを見せずビシッとキメる委員長も良かったです。まだ8話なのにレギュラーキャラのキャラが立ちまくっていて感心しますね。

>ロコじじいさん
火事と喧嘩は少女アニメの華ですね(違。ともあれガチンコなお話の所々にクラゲそふぃを漂わせてシリアス一辺倒にならない工夫は良かった。シュノーケル委員長のシュールさも確かに。特にラストの仲直りを見届けてほっこりしているカットはシュノーケルの破壊力が際立ってます(笑

>ユウさん
8話で3パターンと考えるとメイキングドラマも頑張ってる感じですが、ライブでのメッセージ性を考えると使い回しは少々厳しい。また本作の場合今のところ常にデュオなのでライブもパターン化してしまい、毎回の新鮮さがすぐ失われてしまうのも辛いトコですね。

>tamanoさん
繋ぎ楽しいですよ~。なおちゃん脚長い! 水着コーデは脇から脚からへそフォルテから見どころ特盛りでした。どうせならサイリウムチェンジも水着バージョンを作ってくれたら良かったのに(笑。4クール作だったら校長先生攻略は2クール目ラストの山場に持ってきそうですが…本作は3クールらしいのでどのタイミングで来ますやら。

1言いいか?

らぁら・・・
今回の話は女児アニメとしては
めちゃウマだったけど
プリリズRL好きとしては
「絶交してあんわか状態!?」
とヤバイ期待を膨らませたな。
てか、小学生モードでは
「アイドル」じゃなくて
普通の女の子なんだろ?
あと
みれいさんも
中途半端は嫌
って言うならさぁ・・・

「ありのままで
アイカツ!しろ!!!」

そふぃさんは文句なしの可愛さ
天然クールキャラ最高
(特にいとさんww)
でも、あたしから見れば
夏=恋愛=花火=メルヘン
だから、ちょっと
物足りないんだよな。
うん。

ここで書き込まねば墓場行き決定チア!

今年のプリパラ・・
らぁらという女の子はこの回で全てが見えました。

間違いなく,
この子の中にはセインツの輝きが・・
この子にとっては,3か月間見た謎の夢・・
おまけにもう覚えていない・・

でも,確かにらぁらの中には,みあの熱い情熱の炎・・
なるの天性・・明るさ・・前向きさ・・純粋さ・・自然体・・
あいらの・・あいらの・・・・ええ~っと・・・・

らぁらはとってもイイ子クマァ!
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2