2014-09-05(Fri)

アイカツ! #98 ふたごのドレス

2つのドレスが合わさって、大きな1つの衣装として羽ばたき始める。

aikatsu_98_00.jpg

満を持しての双子座ドレス初披露&新曲ライブです。

2連続のあかり回が終わって本編はいよいよ佳境へ。最終決戦たるトゥインクルスターカップへの準備として2ndシーズンのマストアイテムである星座ドレスのラスト1枚を巡るお話は、久しぶりに「アイドルはカードが命」のコンセプトに沿ったお話だったような気がします。プレミアムレアを求めて各デザイナー氏と渡り合った1stシーズンのノリを思い出すプロットというか。何せ2ndシーズンではデザイナー氏とツーカーになりすぎて黙っていても勝負服が舞い込んで来るパターンばかりでしたから。

aikatsu_98_01.jpg

アバンにていちご&セイラのランデブーを軽く補完しながら今回のネタである「新衣装」についてネタ振り。もちろんこの二人だけで相談しても話が進まない事しきり、当然のようにプロデューサーズと合流し知恵を出し合う流れになります。そういや今回から冬服なのね。

「考え事には甘い物が一番の味方でしょ?」
「じゃあいろいろ試してみよう!」

って事で色とりどりの差し入れケーキに続いて様々なアイカツカードをバーチャル試着で取っ替え引っ替え。各々のお気に入りブランドから選び出して試着したり、取り替えっこしてみたり、日が暮れるまであれこれ試した挙げ句ランダムでコーデしてみたり、しかしイマイチ妙案は浮かばずタイムアウトに。最終決戦という大きなステージだけに既存衣装の使い回しではなく新しい星座コーデが出る流れに決まっている…と判りながら、一足飛びにそちらへ走ったりデザイナー側が用意してくれていたりせず、まず自分たちでいろいろ考える過程を挟んだのは良かった。こういう姿勢が1stシーズンの雰囲気を思い出させたのかも。

aikatsu_98_02.jpg

「あおいときいちゃんは提灯だね」

道を照らしてくれる二人を「提灯」に例えて感謝のいちご、一方毎度毎度予想を越えたサプライズをもらって感謝の姐さん。相変わらず仲が良い二人のピロートーク(違)は姐さんの微妙に切なそうな表情が印象的でした。何だか「いちごが私の手が届かない所へ行っちゃってもずっとずっと応援してる」と言っているような。深読みしすぎ?

「提灯は少し格好悪かったかな」
「じゃあ懐中電灯?」
「それもいまいち」
「かっこいい懐中電灯」
「うん…もう寝よ?」

こういう他愛ない会話が二人らしくてほっこり。

明けて翌日プロデューサーズはパソくんを駆使して衣装の調査し、すると謎多きマスカレードに新たな謎(?)を発見。二人は当時のマスカレードが構想した「今までに無いセンセーショナルな衣装コンセプト」に強く興味を引かれ、しかしそれは結局実現しなかったため追う事叶わずきいちゃんハニーは諦め顔に。すると諦めない負けない姐さんは瞳を蒼く燃え上がらせ…まあ本人に訊けるなら訊いたほうが早い(笑

aikatsu_98_03.jpg

というわけで「ヒメ」の所へ直撃取材に出掛けるも老年性健忘症数多のボツ案があったため本人でもどれの事か判らず、ならば自分で調べて頂戴! ってな流れから第47話以来まる一年ぶりのマスカレード資料室へ。というか衝撃のマスカレード復活ライブからもう1年経ってしまったのか。

そういや今回の作画は件の第47話以来のスタジオエルグロスでした。特に菊池氏が担当したBパートは絵柄が特徴的なので一目で判りますね。この絵柄もまた今回懐かしさを覚えた原因かも。

「2つのドレスがまるで右の羽と左の羽が合わさって、初めて1匹の蝶が完成するように大きな1つの衣装として羽ばたき始める」

マスカレ部屋を探索するうち見つけた例のコンセプトについての記述。2人各々ぴったりなブランドでふさわしいドレスを作りつつ、その2つの衣装を融合させ1つの世界観を演出する。ところがいちご&セイラの場合それがエンジェリーシュガーvsスイングロックとなり、180度違うコンセプトの各々ブランドが融合デザインを引き受けてくれるかどうか…頭を悩ませる姐さんへいちごの一喝「考えてたってしょうがない、とにかくお願いしてみよう!」の流れはベッタベタなれど彼女たちらしいと言えばそうかも。

aikatsu_98_04.jpg

きいちゃんハニー ド緊張の中始まった天羽さん&マキナさんのお見合い、じゃなくて今回の企画説明。天羽さん若返ってる?(笑。神妙な面持ちで趣旨を説明し、4人揃って畏れながら頭を下げ、すると二人の反応は――

「天羽先生さえよろしければ」
「こんなに面白そうなお話、こちらからお願いしたいくらい」

この上ない快諾でありました。展開上断るはずがないベッタベタの回答と判っていながら、ブランドの垣根を越えた互いの向上心・挑戦心による熱いデザインカツドウに好印象。アウトローっぽいマキナさんが先輩を立てつつご鞭撻を願い、対する大御所天羽さんも慢心なく後輩から何かを盗もうとする辺り非常に気持ちが良い関係であります。

aikatsu_98_05.jpg

くじ引きによってトゥインクルスターカップのステージ順も決まってドキワクフルスロットルの二人はドレスの仕上がりが気になって庭師さんへ電話、すると――

「天羽さんとマキナさんが昨日から作業部屋の外に一歩もでてこない!?」

心配したご一行は揃ってエンジェリーマウンテンへスタライカーでフニクリフニクラ、そして登山口へ到着するとフル装備で崖へ…作監菊池氏が拘ったという登山装備のリアリティに笑ったけれど、素手+ミニスカでサラッと崖を登るのが売りなのに本気になってどうする?と思わなくなくも。というか緊急時の今回はさすがにエレベータ使えば?と思ったら。

「でもエレベーターがあるよね?」
「うん! しかも超高速!」

姐さんがしっかりツッコんで事もなく。あははは。そういえば乗降口は何度か映ったけれどエレベータの全景は今回初披露? 動き始めて即到着の超高速昇降はGコントロールが装備されてるレベルのハイテクでありましょう。アイカツワールドのハイテクおそるべし。

aikatsu_98_06.jpg

ドタバタしながら屋敷へ入り作業部屋へカチ込むと意識を失い倒れている二人を発見! ここからストーリーは一気に風向きを変え、衣装デザインどころではないミステリー展開へ。密室での殺人事件に遭遇してしまったアイドル4人はどうするどうなる? とりあえずイケナイ警視総監を呼べ! ってもう来てるか(笑。そうではなく。

「すっかりドレスのデザインに入り込んじゃってさ」
「徹夜が続いて、気が付いたら…」

騒動の原因は連日徹夜するほど集中した末の寝落ちでした。これまたお約束のオチながら天羽さんクラスの大御所が寝るのを忘れるほど充実した仕事だったてのは熱い。若いね。さすが永遠の17歳! でも睡眠不足が即お肌に出るおt(自重。

「エンジェリーシュガー&スイングロック ジェミニコーデ」

そしてついに12星座ドレスの12番目、双子座ドレスの完成・お披露目です。ほんとに丸一年かかりましたね(笑。長く引っ張った割りに12宮揃ったらどうこうってイベントが無さそうなのは残念かも。せっかくだから富士山の麓でボクシング大会やるとか?

aikatsu_98_07.jpg
aikatsu_98_08.jpg

というわけで新衣装のお披露目ライブへ。え? もう見せちゃうの? 販促上仕方ないだろうけど、決戦前に手の内を見せてしまうってのはどうなの?と思わなくなくも。と思ったらこの後ダブルエムも自分たちの衣装をわざわざ公表しちゃったり、じつにナントモ正々堂々駆け引き無しの対決であります。コーデチェンジ完了後のキメから双子座の星座フィーバーは双子の妖精(?)に導かれてキメポーズ。12宮のトリの割りに意外と地味だったかも?

お披露目ライブの曲はわか&ふうりさん歌唱の「フレンド」。作曲:山崎佳祐氏 / 編曲:南田健吾氏と本編クライマックスの曲なのに若者のMONACA離れが進んでいて寂しい。サビ頭で賑やかに始まった曲はビートが効いたラップ調のアレンジも楽しく、立ち位置的に挑戦者であるいちご&セイラデュオの瑞々しい勢いを感じさせるもの。重すぎず緩すぎずこの二人によく合った曲だと思います。

映像的には表情描写の繊細さにますます磨きが掛かっている感じ。客席やカメラへ向ける笑顔、お互いへの目配せ、そしてもちろん歌いながらの細かい表情変化などなどかなり極まっている感じです。CGでここまで描けるようになったのだなあ。能面状態だった初期CGと比べると同じコンテンツとは思えない進化でありますね。メリハリが効きながらふわっと柔らかい衣装や髪の揺れも凄い。二人の振り付けが全然シンクロしていないのに不思議な一体感を感じる振り付けはまさにコンセプトどおり、アイコンタクトだけではなく体全体で会話しているようなダンスに魅入ってしまいます。作るの大変だっただろうなあ。

双子座の星座アピールがペアもののお約束である「○○フラワー」の亜流で無かったのはさすがトリだけの事はある? とはいえ意外とシンプルで少々拍子抜けだったり。クライマックスなのだからもっとド派手にやらかしてくれても良かったような。キメはドヤ顔セイラのさりげないネコ口にほっこり(笑

aikatsu_98_09.jpg

さてお披露目ライブも無事に終わってケーキ囲んで一息のみなさん。トゥインクルスターカップに向けていろいろ話す中でケーキしか見てないいちごは相変わらず食欲魔人でありますね。きいちゃんハニーの私服が凄い(笑。てな所へ今回出番が無かった蘭から突然のお電話。蘭がすっかりこんなポジションに落ち着いてしまってかなり寂しい…けど仕方ないか。ともあれ言われるままにTVをつけるとダブルエムの勝負服が映って宣戦布告で引き、そして予告で衝撃のヒトコト。

「私たちダブルエムはトゥインクルスターカップを最後に解散します」

まったく美月さんには驚かされっぱなしです。今シーズン限りでの解散はある程度予想していましたが、このヒトコトで今回のストーリーが全部吹き飛んでしまった(笑



       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第98話 ふたごのドレス」

アイカツ!「第98話 ふたごのドレス」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

フレンド良かったです。
いちごちゃんのジャンプとか、「考えたくないないない」のとこの眉毛なんか絶品でした。
公式MVみたいにストップモーションの演出入れてくるかと思ったんですが、それは無かったですね。
あと、注意深く聴いたのですが「先輩…」の声は確認できませんでした。(曲違い)

本編最後のみくるの「お姉さんたち!」が可愛かったです。
来週どういった理由でWMが解散に至るのかも気になりますが、解散後のみくるの進退やいかに?
今期限りじゃもったいないなぁ…と思うのです。
美月さんは恐らく一線を退くつもりなんでしょうね。9月までって期限も切ってましたし。

脱線しますが、以前管理人さんにコメントで教えてもらった「ろこどる」録画して毎週見てます。面白いですね!
視聴には限りがありますので、見てるのはアイカツ、プリパラ、ろこどるとアイドルものばかり…。(あと何故かさばげぶっ)
今回Bパートの特徴的な作画がけっこう懐かしい感じでしたが、ゆにこさんも来期からローテーション復帰なんかしてくれると嬉しいんですが…
みらいちゃん可愛い!

No title

初心に立ち返ったプレミアムドレスGET回。
あすかさんとマキナさん、お二方の関係性もさることながら、
徹夜するほど没頭するとは、どれだけ最後の星座ドレスに精神力と魂を込めていたかが窺えます。

WMも何の策もなしに迎え撃つようなタマではない。
しかも、自らファイナル宣言をして集大成とせんばかりに。
これはもう、持てる力のすべてをぶつけるしかありませんね。

来週はみくる側の事情が絡んできそうだが・・・?

れすれす

アイカツ!の記事が今回で100本になりました。
開始当初は始まる前に終わったコンテンツ扱いだったのに今やこの大ヒット。売り上げでプリキュアを抜き、果ては生ライブや劇場版まで…思えば遠くへ来たものです。
別に古参アピールではありませんが、アイカツアニメ初期の閑古鳥状態を知っている身として最近のムーブメントはいろいろ感慨深い。ただでさえうちがレビューするとコケる率高いのに(笑

>ロコじじいさん
フレンドリピートしまくりです。絶妙な表情演出は見る度に新発見がある感じ。凄いですねホント。ダブルエム解散は諸々の前振りにて既定事項っぽかったけれど改めて本人に言われるとガガントス!でありました。次回サブタイ(花の涙)からして解散理由にみくるの事情が深く関わっていると思われ、キャラ背景など考えるとかなりの確立で引退エンドのような気がしますが…私もみくる好きなのでこのまま引退は寂しすぎ。冬でもへそフォルテのみくるを見てみたい(笑

ろこどる面白いですね。地味なろこどるカツドウの中に各キャラの成長や地方のリアリティが見えて毎回楽しみな作品です。ツイッターでEDカードネタをまとめているので興味があったらどうぞ♪ さばげぶも見てます。サバゲアニメで久々のヒットかも(笑

>オルタフォースさん
2wingSのドレスお披露目に合わせるように勝負服を発表してきたダブルエムが横綱すぎ。勝負後の引退宣言は勝って花道を飾るか? それとも華麗に散って後進へ花を贈るか? どちらの結果でも行けそうなので難しいところ。3rdシーズンが無ければいちごが美月越えしてフィナーレでしょうけど。

No title

2年目後期OPでWMのシーンだけラインの色が変わらないのは解散するからだったのでしょうか?
300円くらいで売っているアイカツデコテープ2の袋に「みずきへ またいっしょにアイカツ!しようね。みくるより」とネタバレが書いてありますが、その隣に「HAPPY BIRTHDAY」とあるので美月誕生日に関係しているかもしれません。

フレンドのCGステージとてもすばらしかったですが歌詞からするとツイングスの2人がお別れする展開もありそうです。
「どんなに遠くたって、私たち同じ地球にいるんだもん」あおいの手紙を先週開示した理由がそれならちょっと寂しいです。

今回は星座ドレスのおひろめということなので最終決戦でフレンドを歌うと決まっているわけでは無いかもしれません。
「叶えましょう この夢を 叶えましょう 君とFlyHigh 光る翼 愛の愛の翼 羽ばたけ空へ」
2つのドレスの羽が合わさって大きな1つの衣装として羽ばたきはじめるというコンセプトならKIRA☆Powerもいいかなと思います(基本1番でサビの部分だけ2番にしてくれれば巨大ステージにぴったり)話の流れ的にフレンド。2年目を総括するならKIRA☆Power。いちごの物語である1年目+2年目を総括するならシグナライズとどれがきても納得です。
WMは何を歌うのでしょうか?もしPreciousを歌うなら1番より2番を歌って欲しいと思います。

大御所がさらっていきましたね

Σ(・ω・ノ)ノ今回も、一番最後の美味しいとこは大御所が持っていきましたねー

見ながら呆れてしまい、さすがミズキ様と思いました。

ドレスの熱い話し久しぶりで、ドレスがカードになるときに感動して泣けました!

確かにそうですよねー販促からむからか、御披露目が速すぎですよね。
もう、アイカツのカードゲームには出てるから仕方ないのでしょうね。

れすれす

>アイカツパパさん
OP確認してみましたがマゼンダ→赤に変わっているような? というかそこまで気にして見てませんでした(笑。「またいっしょにアイカツ!しようね」はドンズバですね。美月さんの誕生日がダブルエムのラストライブになるのかな? いちご&セイラの決戦曲は私も「KIRA☆Power」の方が合っていると思います。曲イメージもまさにおっしゃるとおり。

>りんごの親友さん
何だかんだ言っても美月さんが展開をリードしているんですよね。画面に映っているトータルタイムは相当少ないのにこの影響力はさすが美月さんとしか(笑。新ドレスは決戦本番で初お目見えのが演出上もインパクトあったと思いますが、販促の都合を考慮せずとも、ドレスゲット回のライブが他の衣装では少々ビミョーなので難しいところ。

トップになったんだな~

今後の勝ち負けはさておき、トップデザイナーを呼びつけて、プレミアムドレスを作らせるなんて、プレミアムドレスをもらいに行くために、必死にがけ登りしていたころを考えると、隔世の感がありますね。
このエピソードだけで、今のいちご達の位置が良く分かります。
プロフィール

Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2