2014-09-12(Fri)

アイカツ! #99 花の涙

逢いたい人がいてありがとうって言える歓び。

aikatsu_99_00.jpg

ただ少しでも、心からお返しのピース。

aikatsu_99_01.jpg

「私たちダブルエムはトゥインクルスターカップを最後に解散します」

前回ラストから引き続きTVに映るインタビュー番組にて爆弾発言、2wingSの新ドレスや新曲新ステージの流れを予告の一発で吹き飛ばしてしまった美月さんのヒトコトから今回のお話が始まります。ダブルエムの解散は薄々気付いていたというか本筋を考えればほぼ予想どおりですが、改めて本人の口から、しかも決戦前に宣言されるとは思わなかった。TVを見ていたアイカツ娘たちはもちろん仰天、頼智記者も仰天、てな中でキッチンのりんごさんだけは「そっか…」としみじみしている辺りニクい演出です。同じ道を歩んできた身として解散の意味を何となく察しているのでしょう。

一方りんごさんの境地に達していないいちごは解散の理由を知りたい。前向きな気持ちで決戦に向かっていたはずのいちごが浮かべた疑問に姐さんは即座に食い付き、一方蘭はそんないちごを心配する。この辺りに姐さんと蘭の立ち位置の差が表れているような。芸コマ。

いつの間にか完成している「ミルキーウェイビッグステージ」を一緒に見物しに出掛けたセイラもその思いは同様でした。大きいステージを前に感動し期待する二人はじきに揃って表情を曇らせ、お互い顔を見合わせて薄いムネに秘めた同じモヤモヤを確認…というわけで、横浜赤レンガの美月事務所を直撃した二人へ解散理由の語りが始まります。

aikatsu_99_02.jpg

「じつは解散は私が言い出したんだ」

これまでの事例から予告でのセリフに「美月さんまた!?」と思わせた解散騒動は、それだけに逆張りも予想させ、そして今回明らかになった答えはやはりみくるの事情によるものでした。花屋とアイドルの二足の草鞋の大変さは第84話で見せたとおり、そんな多忙な日々に加え――

「ガーデニストになる事は小さい頃からの夢だったんだよね」

みくるは世界一のガーデニストを決める大会「ガーデナーズワールドカップ」を目標に据え、その夢を叶えるためアイドルの道から離れる事にした。だからと言ってアイドルカツドウを軽視していた訳ではなく、美月さんとの出会いによって「もう一つの夢」として育っていたのですね。来るトゥインクルスターカップはダブルエムとして、言うなればみくるの「もう一つの夢」の節目であり、これを機会に小さい頃からの夢を叶えに戻る。夢はいくつ持っても良いのです。何せ彼女たちが挑む先人こそ同じ道を歩んできたのですから。そう考えると解散後の美月さんはスタライに戻って後側からアイカツを盛り上げていくポジションに落ち着くような?

などなど解散ライブを控えているのに二人は至極フランクに、お別れ前のしんみりさなど皆無のまま笑顔で全て話してくれました。そこからは自分たちの夢に対する自信が伝わってきて、また解散へ至る経緯を聞けば二人の信頼関係が滲み出て、なるほど歌やダンスの実力以上にこのメンタルこそダブルエムの強さの理由かもしれません。

aikatsu_99_03.jpg

CM明けてBパートはスタライのレッスン室に集うみなさん。決戦を控えているとはいえセイラ&きいが普通にスタライにいる(溶け込んでいる)のを見ると、イマサラながらわざわざ学校を分けた意味に疑問を覚えたり(笑。最後の練習に遅くまで励む二人へあかりからの差し入れ。

「お二人の気持ちがビシビシ伝わってくるというか…」

勝ち負けよりも究極のステージを目指す二人のスタイルにえらく感動し、二人を見つめる瞳を輝かせ…いちごが読んだ「いつか自分も!」というあかりの思いはおそらく今回から50話後、4thまで続けば100話後くらいに叶うような気がする(笑

aikatsu_99_04.jpg

「花ってさ、太陽の下で輝くだけじゃなくて、夜空の下でも輝けるんだよね」

一方ダブルエムも遅くまでレッスンを続け、その後月が高く昇る頃みくるはワールドカップで作りたいオープンガーデンのイメージ画を描いていました。月明かりに映える幻想的なイメージは美月さんをモチーフにしたもので、おそらくそれは決戦前夜=ダブルエムの集大成である決戦を控えた夜だからこそ浮かんだ最高のイメージなのでしょう。

しかしこんな風に同世代と自然に話す美月さんを見られるのが残り僅かと思うとじつに寂しい。みくる良いキャラだったのに解散離脱はホントもったいない。スタライのガーデニング担当業者(笑)としてひょっこり戻って来ないかな。

aikatsu_99_05.jpg
aikatsu_99_06.jpg

というわけで始まったトゥインクルスターカップの1組目、ダブルエムの決戦曲は二人バージョンの「Precious」でした。おおお、これで来ましたか。しかも今回内容にドンズバな二番歌詞というサプライズ。もう曲を聴いてるだけで画面が滲んで困る困る。

ソロバージョンで完成されていると思った本曲ステージでしたがデュオとなって魅力倍増、ソロとほぼ同じ振り付けなれどシンクロや対称を織り交ぜ、大きくなったステージングはよりゴージャスに進化しました。これがダブルエムの究極か! 特に気に入ったのはスペシャルアピール直前に交錯する瞬間。これから違う道を歩んでいく二人を象徴しながら、SAで見つめ合い、アウトロで優しく微笑み合い美月さんが頷く一連はこれだけで涙腺バルブが破壊されるほど。アイカツのCGムービーは毎度驚かされますが今回は文字通り格別だったかもしれない。凄いとしか言い様がない。

aikatsu_99_07.jpg

ステージ後に映った客席の様子が何というか他人事と思えなかった。顔の造作は別としてTVの前のおっさんも同じような表情だったと思います(笑。作中の観客たちとシンクロした気分で、ハッと我に返ってちょっと笑ってしまった。

「美月、ありがとう」

ステージを終えた楽屋にて涙を浮かべて抱き付くみくる、泣きじゃくるみくるを抱き締めて涙粒を光らせる美月さん。「花の涙」というサブタイからみくるの涙は予想していましたが、今回サブタイの真意は「みくるにとっての花」の涙という所にもあったのですね。これまでプレッシャーや別れの辛さを決して表に出さずオーバーザトップを目指して突っ走ってきた美月さんが見せた涙はクライマックスに相応しい輝きでした。この一粒にこれまでの思いの全てが詰まっていた感じ。

さて最高のステージを見せられた後攻2wingSのステージはどうなるか? はたしてダブルエムを越えることができるのか? いや越えられなくてもドラマになりそうですし、むしろ勝ち負けよりも最高のステージを! と作中人物と同じ気持ちで見守りたい気分だったり。

       

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

自分もステージを見終わった後は登場人物と同じ顔をしていました。アイカツはどちらかと言えばテンポの速い曲での魅せ方がうまいなあと思っていたのですが、今回のPreciousステージはしっとりとした雰囲気がすばらしくてよかったです。二番を使うのもにくい…!ちょろいのでこんなことされたら泣いてしまいます笑。

交差するところいいですよね、本来なら交わらなかったかもしれない二人の人生が交差する瞬間=WMを表しているようですごく印象に残っています。

この半年でどんどん好きになったみくるがおそらく見れなくなるのも、みくるとフランクな会話をしている美月さんが見れなくなるのも寂しい。でも来週の2wingSのステージも見たい笑。さみしくもありつつ、来週が楽しみです。

No title

バックには都市の夜景、空には天の川。地上の星と空の星。たくさんの星(スター)に囲まれて感謝の歌を歌う2人は美しかったです。美月からみくるへ、みくるから美月へ、そしてWMからすべての星へ。
衣装がロングドレスならもっと良かったのですが、それはこれからのお楽しみということにしておきます。いつか神崎美月には余計な装飾の無い単色のロングドレスで踊ってもらいたいです(カードにするには地味ですね)

かえでとユリカがヘリコプターに乗る話で「美月さんは先に進んでいるのに私達は…」というセリフがありました。このセリフはユリカ達が美月の進む先を知らないと出ないセリフのようにもとれます。図らずもシングルプレイヤーになった美月さんがこれからどう動くか予想がつきませんが、あかりの物語が落ち着いてきたころに一夜限りのトライスター再結成というのもいいですね。
夢は一つだけじゃないというセリフが今後のストーリーにどう関わってくるか気になりますが、今は2期最終回ラストシーンが2年連続劇画調神崎美月静止画になるかどうかの方が気になります(笑)

お久し振りです、色んなことが重なってなかなか来ることができませんでしたがアイカツ!はずっと観てました!
CGステージ感動的で素晴らしかったですね、次が挑戦者いちごの最後のステージ(物語的にはこれからも挑戦し続けると思われますが)とおもうと感慨深いです、いちごを追いかけて激励しに来たのもさくらちゃんではなくあかりハニーだったのも次代の地盤と言いますか、切なさひとしおです(涙)
でもCMでDSソフトのパッケージにあおいと蘭が居たのが3期の希望でもあります
サイト等見ないようにしてるので何話までやるのかわかりませんが、星座ドレス大集合的なことはやらないのですかね?
心残りなのは16~17話にてあれほど拘ったスペシャルアピールの連発は…後日伝説的なエピソードとして語られるんでしょうね(笑)
寝る前にコーヒーとか色々ツッコみたいところありましたが、一つだけ言わせてもらうと、みくるさん独り言デカっ!!

来週はタオル持参で観ます(涙)


やや辛口

遅ればせながらアイカツレビュー100回突破おめでとうございます☆
自分が知る限りでは一話からずっと続けてらっしゃる方は他にいません!
この調子で是非とも200話(続くか?)まで頑張ってください。
101話が2期なのか3期なのか境目が曖昧ですが、そこらへんで「いちご編」のソウカツ!も是非。楽しみにしてます☆

さてWMのラストライブ、堪能いたしました。
別方向を向いての交差からの見つめ合ってのダブルエムフラワーで涙腺決壊しましたよ。
サマーナイトコーデはサマーデイと対をなすWMの初期衣装ですが、ここまで温存してたんですね。
タイミングを失してもう着る機会が無いんじゃないかと思ってました。
Precious、ラストにふさわしい選曲とステージで最高の最終回でした(違)
みくるにはいずれガーデニングの素晴らしさを伝えるためにアイカツ界へのカンバックを切に望みます。

WM良かった!…けど、対する2wingSには少しモヤッとするものが…
君ら挑戦者だろう?もっと勝負に拘れよ!…と。
「最高のWMのラストライブだからこそ勝ちたい!」という気概を見せてもらいたかったような…
なんだか最終決戦が決戦モードにならないのは去年のSLクイーンカップでも経験していますが…、さすがに本番前の楽屋で4人顔を揃えてるのはどうかと思いました。

う~ん、感動しきれなくて残念…

れすれす

>そばさん
ダブルエム至高のステージに思わず放心、開始当初はアレだったアイカツCGがここまで描けるようになった事にも感涙です。前回のフレンドと今回分を交互にリピートしまくっているので決戦へのテンションがかなり上がってきました。私もみくる好きなので今期限りは本当に寂しい。雰囲気的に夏限定メニュー(笑)っぽかったとはいえせっかく馴染んできた所でサヨウナラでは…。

>アイカツパパさん
「~たくさんの星(スター)に囲まれたステージ」。こういうセンス良いレビューを書けるようになりたいです。毎週毎週曲&ステージのレビューを書いてると語彙の少なさに毎回絶望するので(笑。衣装については私もそう感じました。まあいろんな都合があるでしょうけど、こういう曲はシンプルなドレスでしっとり聴きたいですね。

かえで&ユリカのセリフは「進む先」は判らずとも「進んでいる事」さえ判っていれば出るセリフのような気がします。この解散劇を機に美月さんの今後がどうなっていくのか私も気になります。ここまでやりきったらソロでアイドルを続ける線は無さそうで、とはいえこのままご隠居ってのも惜しい。難しいところです(笑

>かえで寿司さん
お久しぶりぶりぶっりー(苦しい。あかりの訪問は明らかに期渡しの顔出し&布石置きなのでツッコんでも仕方ないけれど、さくらちゃんを始めとしてスタライ生がほぼスルーされていたのは残念というか寂しい。大会前日のレッスンを邪魔しないためあえて行かないスタライ生の中であかりハニーだけ空気を読まなかったと解釈すれば良いのかも(笑。2ndシーズンは101話までなので残り2話、なるほど決戦のケリが付いた最終回にはぜひ星座ドレス大集合を見たいですね。2ndシーズンの売りだったのに各星座ドレス&アピールはたいてい1~2回しか見せませんでしたし。

>ロコじじいさん
ありがとうございます。ダラダラ続けているうちにいつの間にか100回を越えた感じ…というか開始当初は番組自体100回続くとは思いませんでした(笑。総括記事は(量的に)論文レベルになっちゃいそうなので手を出すかどうか。1週でも空いてくれれば書くタイミングもあるのですが。

サマーナイトコーデは格言での紹介がずいぶん前だったので私的には思い切り不意打ちでした。星座ドレスがキーアイテムだった2ndシーズンの大詰め決戦で星座絡みを使わない辺り王者の余裕を感じさせますね。そのステージもダブルエムの名に恥じぬ素晴らしいパフォーマンスでした。決戦前の楽屋風景については私は逆にアイカツのスタイルを象徴するシーンだと思いました。対決はあくまで互いを高め合う場=敵同士ではない、この最高の場で最高のステージを全員で作り上げようという意思の表れかと。

みくる可愛かった

みくるのあっけらかんとした性格、ころころ変わる髪型が好きでしたね。それだけに退場は残念です。あそこでみくるの地獄のミサワもびっくりの一人言がなければ……(笑)「出たいなあーっ、出たいなあーっ!」って笑わせに来てるのかと(笑)

ほうぼうで言われていますが、ユウちゃんどうなるんでしょう。ちょっととんがったビジュアルと、落ち着いた雰囲気のギャップが好きだったのですが。今回も不必要に見切れてたし(笑)

れすれす

>tamanoさん
あの独り言アピールは私も笑いました。つれー、アイドルと花屋の兼業つれー、昨日実質二時間しか寝てないわ。3rdシーズンではあかりのルームメイトが(伏字)と聞いて結構ショック、いいキャラだと思っていたんですけどねえ。部屋替えイベントか何かでルームメイトが変わった、というオチを切に望みます。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2