2014-11-21(Fri)

アイカツ! #109 アイカツのアツい風!

女優志望の熱き編入生。

aikatsu_109_00.jpg

紅林珠璃、これからよろしく!

今回は3rdシーズン初のドラマ回、そして新キャラ「紅林珠璃(くればやし じゅり)」登場であります。OP/EDにて既に顔見世済みの赤髪セクシー(?)ちゃんは予告をチラリと見た限り事前のイメージと違ったアバンギャルドな様相を窺わせ、さてその真相や如何に?と思いつつ視聴に臨んだ今回でしたが…予想以上にアバンギャルドで笑った笑った。

aikatsu_109_01.jpg

アバン冒頭っから口パクが合っていない=過酷な制作環境をほんのり窺わせながらの三人娘の会話は占い好きのスミレによる「扉が開く」という預言から。ほどなく学園に到着するとトレーニングウェアで集うみなさんへジョニー先生から「アイカツ先生・ドラマオーディション」のおしらせ…登校風景からオーディション告知までついにユウちゃんの出番が無くなってしまって寂しい限りであります。

ともあれ初体験のドラマオーディションをしてあかりたちはアイドルとして新しい扉を開き、扉を抜けた向こう側…女優という新境地に加え、憧れのSoleilと競演できると知って穏やかじゃありません。なるほど説明シーンのヒトコマにて映ったSoleil娘の教師コスは穏やかではなかった。あの三人もいつしかオトナの佇まいを見せるようになったなあと、ついついお父さんの気持ちに(笑。やはり女教師はタイトスカートに限る。白衣丈より短いタイトミニの破壊力も凄い。

「私も参加します!」

などと盛り上がっているレッスンルームに唐突に響いた声。今まさにあかりたちが新しい扉を開かんとする時に、扉の向こうから乱入者現ル!ってのはなかなかニクい演出です。

aikatsu_109_02.jpg

というわけでアバン早々に今回からの新キャラ「紅林珠璃(CV.齋藤 綾)」が登場しました。扉を開けて入って来た珠璃はいきなり真顔でフラメンコのポーズをキメ! 呆然と見守るみなさんの前へグッと迫り出してキメ! さらに3ポーズをキメ!キメ!キメ!…またいきなり濃いぃのが出てきたと思いつつ、まさか事あるごとに3アングルキメを繰り返すとは。最初の印象は熱い!というより暑苦しい!感じ(笑

aikatsu_109_03.jpg

オーディションへ向けてのレッスンが始まると珠璃の気合いがビシビシと弾けて周囲を圧倒。既に台本が入っていてタイトルコールまでこなす意気込みにあかりは「熱い!」と繰り返し…それはそれで良いのだけれど例の真顔のキメ!キメ!キメ!を立て続けにやられると腹筋に悪い。というかいちいちのフラメンコポーズにいちいち「熱い」と応えるあかり(しかも全員大マジメ)を見ていると、ナチュラルにキていた初期アイカツのノリを思い出すような。

「変わったな珠璃」

そんな珠璃を見ていたひなきの呟きから子供時代の回想をチラリ。仕事は子供服のモデルでしょうか、何度か一緒に仕事をした珠璃はある日仕事を辞めてしまい、その理由が判らないまま突然目の前に現れ(=仕事を再開し)、当時ほんわかしていた雰囲気はすっかり変わってしまっている。いったい子供の頃に何があったのか? 何が彼女の雰囲気を変えさせたのか? と珠璃の謎について前振り完了。それはそうと小っさいひなき&珠璃かわいい。高橋絵のせいか子供なのに目力が凄く、厳しい芸能界を生き抜いてきたひなきの強かさすら窺えたり(笑

aikatsu_109_04.jpg

レッスンを終えた食堂でも情熱的なフラメンコノリが続きます。他の生徒や四ツ葉シェフが戸惑う中で我が道を行く珠璃、その姿を見たあかりは「熱い」と繰り返し…さすがにこの領域まで来ると「熱い」以前に単なる変わり者のような気がしなくなくも(略

「珠璃のお母さんは女優の紅林可憐さん」
「大人気のサスペンスドラマ『カルメンは見た!』シリーズの主役――」
「踊り子探偵カルメン役として、毎週犯人を崖に追い詰めているあの紅林可憐さん」

毎週崖に追い詰めている、って説明がいかにもベタなサスペンスドラマで笑った。リアルで言えば片平なぎさポジション? 船越英一郎とセットで2時間サスペンスドラマの顔役みたいな? フラメンコスタイルで崖に追い詰めるシュールさはアイカツらしいっちゃそうかもしれない。しかし熱キャラの七光り問題キーパーソンとしてこの発想は無かった(笑

「グラシアス、つまりありがとう」

小さいお友達には難解であろうスペイン語+訳をセットにしたキメゼリフ(?)は四字熟語を駆使する某囲碁の人のノリに近い? この時のアングルは珠璃のチャームポイントである大ボリュームポニテ&つり目が良く映えるベストアングルかも。やはり高橋絵のつり目美少女は良いな。そういやポニテのせいで背が高く見えるけれど身長自体はひなきとあまり変わらないのね。

「あの子でしょ? 紅林可憐の娘さんって」
「あっ、お母さんに似てるね」

「私を見て…」

食堂に集う生徒たちから向けられる視線・言葉、対する珠璃のリアクションはいかにも二世タレントの苦悩を示唆していました。「紅林可憐の娘」ではなく「紅林珠璃」を見てほしい。私は誰かの付属物じゃない、もっと私を見て、ママにはナイショのオ(略。というわけで予告~今回導入にて見せた暑苦しいキャラ(笑)が抱えたドラマは意外な方向へ進んでまいります。そういやいろんな芸能人ネタを散りばめた本作ですが、現役芸能人の二世は意外にも初めてですね。さくらちゃんが歌舞伎名家の出だけれどいわゆる「芸能界」とは畑違いですし。

aikatsu_109_05.jpg

仕事に出掛けたひなきと別れたあかり&スミレは明日のオーディションに向けてアイ!カツ!アイ!カツ! 一方ひなきは仕事への道すがらに一人シュート練習を続ける珠璃を見つけます。これがまさかオーディションの課題だったとは(笑。ほどなく珠璃はひなきの熱視線に気付くも暫し見つめて練習再開、対するひなきもそんな珠璃に掛ける言葉が見つからず、二人の距離は離れたままです。そしてやっぱりこのアングルの珠璃は美人すぎる。

明けて翌日始まったドラマオーディション。会場はスタライの教室で、受ける者も全員スタライ生とはどんだけ癒着したオーディションか!(笑。Soleilの面々や加藤監督(笑)も登場し、オーディションが始まるまで暫し待ち時間…ってな所へ現れたサングラスのおばちゃんにスタッフたちは大わらわ、何と大女優・紅林可憐がお忍びでオーディション見物にやってきたのでした。そりゃバレるだろう。一方七光り扱いを返上するためオーディションに気を入れていた珠璃にとって母親の登場は決して歓迎するものではなく。

aikatsu_109_06.jpg

ドラマ競演で面識がある姐さんに続いていちご&蘭と挨拶を交わす可憐さんはドラマの役どころと違って穏やかな人でした。まあ本当の泉ピン子は貧乏人ではなく、本当の佐野史郎はマザコンじゃないのと同じですね(笑。熱いカルメンはあくまでそういう役であって、大変な稽古の末に作り上げた役者としての顔なのです。

「私は自分の力でこの役を掴みたいだけ」

お母さんが来てもどよんど状態でソッポを向いてる珠璃。子供時代の珠璃がお母さん大好きだった事を知っているひなきはその変化に戸惑い心配し、すると珠璃は過去に仕事を辞めた訳・そこから復帰した訳を語り始めます。

小さい頃は七光りなんて事を意識せず仕事を楽しんでいて、自分もお母さんみたいな女優になると何となく思っていた。ところがお母さんは人が見ていない所で一生懸命稽古を重ねていて…陰の努力を知った珠璃はこのままではお母さんみたいな女優になれないと気付き、お母さんから離れて女優の勉強をする事を選んだのでした。そして幾年 機は熟し、スタライの編入試験を受けて今に至ると。関係無いけど編入試験の隣の子がかわいい。この子は合格できたのだろうか。ともあれ七光り扱いへの反発というより、七光りの立場に甘んじる事を良しとしない志の高さを行動原理とする流れはじつにアイカツらしいと言えましょう。

とはいえ大女優が娘のオーディション会場を眺めている情況は変わらず、その影響をウヤムヤにしたままオーディションは進み、登場回だけに当然のように珠璃が合格し…決して七光り合格ではない、という事をもう少しフォローしてあげてもよかったような。例えばSoleilの出番は旧来ファンへのサービス以上の意味が無かった訳で、その尺を使えばもう少し細やかな描写ができた気がする(言うのは簡単。

「珠璃ちゃんのアイカツ先生とお芝居したい!」

二世タレントの苦悩(親の看板からの独り立ち)という今回テーマはアイドルモノの新キャラ登場回としてなかなか美味しく、タダでさえ立ってる珠璃のキャラをスカイツリー並みに際立たせるチャンスだったと思いますが、肝心の七光りの扱い(影響)がウヤムヤのままだったため全体的に「何となくいい話」レベルで終わってしまった感じ。熱い!熱い!言ってただけでいつの間にか天然ジゴロが発動し、唐突に友情モード全開オケオケオッケー!(いきなりちゃん付け)の勢いで解決しちゃったあかりも同様。そもそも先生役のオーディションなのにオーディション前から敗北宣言しちゃダメだろう(笑

「私はアイカツ先生。紅林可憐の娘でもなく、紅林珠璃でもなく、アイカツ先生なんだ」

一方あかりの言葉を受けた珠璃は女優にとって何より大切な「役に入り込む事」に気付き、七光り云々で凝り固まり振り回されていた心を解してオーディションに臨むのでした。などなど落とし所は良いのだけど、前述どおり至る経緯がイマイチ不明瞭なのでセリフ・展開に説得力を感じず残念。

aikatsu_109_07.jpg

そんなこんなで始まったドラマオーディションはセクシーな振り返りポーズをパンアップで流しながら黒板文字をドン!ドン!ドン! いきなり濃いぃスタートに笑った。一方生徒役のみなさんがいちごのカタギ時代のセーラー服を着ているってのはなかなか趣が深い。Soleil組はここで軽くすれ違うだけで出番終了、ところがここから意外な人物が大活躍…というかドラマオーディションでのジョニー先生って毎度通常の三倍くらい気合い入ってますね。短ランジョニーとの決着は何故かいきなりPK勝負で、先のシュート練習はこのシーンのレッスンだったというオチでした。なるほど。

aikatsu_109_08.jpg

その後他メンツのオーディションが粛々と進み、注目の結果発表は前述どおり珠璃の合格でした。おめでとうありがとう。ボロボロのジョニー先生おつか~。関係無いけど珠璃の後ろの席の子がいかにも高橋美少女っぽくてついつい視線が。英知の光!

今回含めて最近の高橋作監回は正面と真横アングルが多く、動きも最小限で、ローテの頻度や他作品の忙しさを考えるとやむを得ない(超特急作画の裏返し)を感じますが…せっかくの高橋作監回が残念作画の崖っぷちという現状はファンにとってちょっと悲しい。ローテ頻度が減ってもそれなりに時間を掛けた高橋絵を堪能したい。まあアバン冒頭の口パクズレを見れば、そんな悠長な事言ってられない状態(口パクを直す時間すらない)だってのは想像付くけれど。

「おめでとう珠璃…紅林珠璃さん」

合格祝いの言葉と共に珠璃の頭を撫でようと伸ばした手を思い直し珠璃の手を握る一連は、可憐さんの子離れと珠璃の巣立ち=七光りからの解放を判りやすく示す綺麗な締めでした。続いて冒頭の占い「扉が開く」を珠璃との出会いに絡めつつ、珠璃自身の扉が開いた事まで示唆して綺麗に纏め…なのにラストの三段キメで変な笑いが。これ事あるごとに毎回やるんだろうか? 

※2ndシーズン終了記念に2ndシーズン曲の人気投票を開催します。
 お気に入り曲に1票どうぞ♪
 曲名がようわからん方はステージソングまとめを参考に。






         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

アイカツのドラマ回というと尺の長いぶっとんだオーデイション内容はともかくとして、いちご達が必死になってオーディションを受けているドラマの主題歌を歌うのは美月であったりと残酷なまでに現実的だったりしましたが、今回いちご達が脇役のドラマの主人公をあかり達が競うという事にびっくりしました。
しかし、脇役なら収録時間が短くてすむけれど主人公だとそうはいかないと考えるといちご達のスケジュールが詰まっているとも考えられます。一時期の美月さんほどではないにせよいちご達も大忙しということですね。

OPに出ているキャラクターが今回で出揃いました。ここらでユニット展開も見てみたいです。
神崎美月が自身のユニット名を尊敬するヒメの経営する学園名を並べ替えてトライスターとしたようにあかり達も良いユニット名を考えて欲しいです。とりあえず”ん”を加えてスタートラインというのはどうでしょうか(笑)

No title

前回はコメントへのレスありがとうございました!

珠璃はキツそうな第一印象に反して、いい子でした。
誰かに言われることなく自分で母親の影響力に気づき、仕事を一旦辞め、目標を設定し努力する姿は
かなりの向上心と決断力を持つ、アイカツ向きのキャラですね。
ただ、フラメンコのポーズはあまりないほうがいいかなと…スペイン語もあいまってさくらやかえでの二番煎じのような印象も持ってしまいました。少ししたら慣れるかなとも思いますが。
可憐さんの厳しい訓練風景に、3話の美月のように床材が消耗しているんじゃないかと思わず確認してしまいました(笑)

私事ですが、一番好きなキャラはあおいです。
白衣姿似合ってましたね。データを収集し分析し戦略を立てる、アイカツ界の科学者という感じです。
先輩としての出番も期待できて今後も楽しみですが、本当はあおいのステージシーンがもっと見たいです。
なんなら白衣の衣装でステージへ!なんて想像してしまいます。

No title

OP・EDを見たときから気になってはいましたが、まさかここまで濃く、ひとりで主役3人を食ってしまうくらいインパクトの強い子だとは思いませんでした。アツい!

3年目初のドラマオーディション回でしたが、ドラマ自体よりキャラ(珠璃)の描写に時間を使っているのは珍しいパターンでしたね。母親の姿を見て親の七光りに甘んじていてはダメだ、という理由付けがすごくよかったです。子役時代にほんわかしていたのが、そう決意してからあの暑苦しいキャラになるまでの過程が気になりますが笑

製作は映画の影響なのか、かなりギリギリ感がありますね…私は口パクのズレは気づかなかったのですが、珠璃のオーディションのときは生徒役がセーラー服だったのが、他キャラのときはスターライト制服になっていたのが気になりました。

余談ですがアイカツ先生は筐体版もカメラワークなど凝っていて、かなり面白い出来になっているので機会があればぜひ見てみてください。短ランジョニーとの決着がPK対決なのは「体育の授業で勝負よ!」という台詞があるからです(これはこれで謎展開なのですが笑)。

No title

流れだけ決めてあとは突貫ですませたのかと思う話でした。

今回は久しぶりにあえてつっこまずただただ楽しんで観ました(笑)
多分そう言う回ですよね♪
だってシリアスな回想シーンも「踊り子探偵カルメン」やポスターのカルメンの回りの血みたいのが強すぎて初見では内容が入ってきませんでした(笑)
随所にエスパニア推しのじゅりちゃん、後にスペインには一度も行ったことないと言うオチなら完全犯罪成立なんですが(笑)
セクシー担当はツッコミ役に見せかけたボケ役傾向にあるし…
しかし刃さんやキャワワさんと同じくじゅりちゃん美しいですね、今後の活躍が楽しみです♪

しかし本格派の女優志望で歌とかやらない感じに縛りすぎるとCGのないしおんちゃんみたいになっちゃうから演技意外もやるようになってくるのかな?と疑問も

れすれす

>アイカツパパさん
思えばドラマ回でメイン級のキャラが初登場するパターンは初めてですね。Soleil娘はゲストとして花を添えてくれましたが実際の絡みがほとんど無くて残念。ユニット展開はライブの絵面が華やかなので歓迎だったり。とりあえず珠璃のライブが楽しみですが…珠璃と組むべき相方像が想像つきません(笑

>アッサムCTCさん
初期の蘭みたいな一匹狼系かと思ったら意外と簡単に落ちましたね。アツいと言うより暑苦しい三連続キメはあまり多用せずここ一番でダンダンダン!とやってくれれば結構ハマるかも。というか日常的にアレでは会話が進みませんし(笑。あおい姐さんは単なる先輩ではなく指導者キャラの側面が強いので今後も何かにつけて出番がありそう。姐さんのソロライブももちろん良いのですが、私としては「いちごを見つめる姐さん」の表情が至高なので…第31話「Wake up my music」のレベルのツーショットライブをまた見たいです。

>そばさん
珠璃のキツめの顔立ちに高橋作画がドンズバ、キャラの濃さが3倍くらいに感じました。ダンダンダン! オーディション時の制服変化(?)については言及をコロッと忘れてました。確かにアレは不自然だったというか、何でキミらスタライの制服着てんの?と思わずツッコんだのに。あれでは珠璃のオーディションだけ特別っぽいですよね。ゲームでも短ランジョニーと対決するとは…しかしゲームに触れた事がない身としては、音ゲーのスタイルでドラマオーディションがどう進むのか?じつに不思議な感覚であります。

>774さん
七光りのオチがいまいち不明瞭だったのは残念でした。

>かえで寿司さん
登場いきなりのダンダンダン! 真顔であんなんやられたらゴメンナサイするしかありません(笑。珠璃は外見の激しさに反して性格的にはほんわかした子なので、おっしゃるとおりツッコミに見せたボケ役の系譜でしょう。ボケっぱなしは本作の常とはいえ、ビシッ!とツッコんでくれる子がいるとメリハリが付くため、切れ味鋭いツッコミ役がほしいところ。
プロフィール

Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2