2014-12-06(Sat)

アイカツ! #111 ディア マイ ファン!

大事なのはファンの気持ちになって考えること。

aikatsu_111_00.jpg

あかり&スミレ、初めての握手会でがんばる!?

今回は1stシーズン初期の名エピソード 第4話「Oh!My!Fan!」のリメイク? 自分の事でいっぱいいっぱいの新人アイドルがファンとの触れ合いを通して「アイドルの何たるか」を知るという王道話に、これまでファン視点から作品を盛り上げてきた頼智記者&ノエルちゃんがサポート役として加わり、アイドルとファンの関係性についても触れた一本となりました。

aikatsu_111_01.jpg

アバン冒頭は学園に届いたファンレターを笑顔で読むあかりから。ってな所へ久々のユウちゃん登場、さすが大知シナリオだけに出せるキャラは全て出します(笑。そのファンレターの差出人は常連らしい「東 あさひ」くん、いったいどんな人だろう?

とテンプレどおりの振りでシーンは頼智記者&ノエルちゃんが通う公立(?)中学校へ。なんでも弁当に棲まう頼智記者は素人時代のいちごと同じ学区なので同じ中学校に通い、ご近所(同学区)のノエルちゃんはかつていちご&姐さんが着ていたセーラー服を纏っています。ピンクカーデかわいい。これまでの本編中でも地味に成長が窺えましたが、こういう制服姿を見ると「中学生」である事を実感しますね(お父さんの気持ち

その教室にてお手製のあかり写真集をニヨニヨ眺めている男子生徒が件の「東 あさひ」君。クラスメイトに見つかると慌てて隠して追い払う辺り男子中学生のビミョーな心理が窺えます(笑

「いい所に目を付けたね。大空あかりちゃんはこれからきっとググッと来るよ!」

再び写真集を眺め始めたあさひ君の側へスッと現れてドヤ顔で語る頼智記者。あはははは。でもナチュラルにウザい!

aikatsu_111_02.jpg

場所をノエル家へ移して暫しご歓談。せっかく店に来たのにお姉ちゃんの影すら無かったのは残念というか、まさか2ndシーズンの準主役を差し置いて妹キャラが話をリードする事になるとは思わなかった。話題にすら出ないんだもの。

「失敗しても頑張るあかりちゃんに感動しちゃって、気付いたら応援してたんだ」

あかりに目を付けたきっかけもいちごの時と同じパターンでした。いやはやスタライの入学オーディションまでチェックしているとはあさひ君も大概アイドルマニアと言えましょう。やはり太田君同様アイドル好きが重症化すると普通のアイドルでは物足りなくなるのだろうか。そんなあさひ君に対抗するようにスマホの待ち受けをドヤ顔で晒す頼智記者がやっぱりナチュラルにウザい(笑

「アイドルファンならキラキラ☆ッターは絶対チェックしなきゃ!」

そこから話題はキラキラ☆ッターへ移り、姐さんのまぐろ御殿収録、そしてあかりの握手会情報を仕入れて今回の仕込みがパッパと完了。それにしても隣に座るノエルちゃんがアイドルバカの旦那を生暖かく見守る嫁すぎる。何この落ち着き。

一方スタライ食堂では初めての握手会を控えたあかり&スミレがドキワク中。ってな所へこの道の先輩であるひなきが加わり、握手会のアドバイスが始まります。ああやっぱりユウちゃんはもういない。

aikatsu_111_03.jpg

「ひな的チェックポイントその1、握手は両手でしっかり包み込むように!」
「その2、ファンとのトーク!」

あかりがファン役になっての握手会レッスンはひなきのプロっぷりが光っていました。手を握られて舞い上がってるあかりを優しくフォローしトークを弾ませる手慣れた客あしらいはさすが芸歴13年だけのことはあります。その様子を見学していたスミレはスムーズなやり取りに感心し、今度はあかり&スミレが組んで練習スタート。ところが見るとやるとじゃ大違い、互いの手を握ってもトークの言葉が出て来ず、言葉を詰まらせお見合いするばかりでした。あはは。これでは先が思いやられる…ってなところでピーピング姐さん(笑)が登場し、まぐろ御殿収録に誘ってファンへの対応を実地指導の流れへ。って先のひなきと同じヒキだ(笑

aikatsu_111_04.jpg

「入り待ちも出待ちもマナーが大切だから」
「大騒ぎして周りの人に迷惑をかけたりしたら、応援してるアイドルに迷惑をかける事になるでしょ?」

シーン変わってTV局前、アイカツ新聞社の記者二名はあさひ君を引き連れて「入り待ち」「出待ち」などなどアイドルファンカツドウについて蘊蓄を云々。ファンのマナーについてはよく聞く暴走ファンよりよほどオトナです。それはそうと珠璃はやっぱり平時からこの調子なのか(笑

ほどなく姐さん&あかり&スミレを乗せたアイカツカーが車寄せに止まって局入り、そしてまぐろさんとの小芝居を挟みながら番組の収録が始まります。トークテーマの「穏やかじゃない話」を披露しまぐろさんと共に場を盛り上げ、休憩時にはファンサービスを忘れない姐さんを間近で見た後輩二名は感心しきり。いったいどうすればあんなにお客さんを楽しませる事ができるの?

「大事なのはファンの気持ちになって考えること」
「ファンはアイドルに会いたい!」

元々がアイドルファンである姐さんは誰よりファンの気持ちが判る。いや今も現役なのでなおさら(笑。と同時にいちごに魅了されてこの世界に入ったあかりもファンの気持ちが判るのですね。姐さんは幼き日に体験したグッピー握手会を浮かべ=ファンとしての喜びを思い浮かべながら、「その思いを受ける側」になった時の心構えを後輩に伝えるのでした。しかしまさかグッピーまで再登場するとは大知シナリオおそるべし。

「ファンの気持ちになれば、どうすれば喜んでもらえるか判るんじゃないかな」

aikatsu_111_05.jpg

…と言われたものの実際どうすれば喜んでもらえるか判らず不安を浮かべるスミレ。するとあかりはスタライ入学後のいちごとの会話で最も嬉しかったこと――自分だけに話してくれるひと言ひと言の嬉しさ、自分だけにまっすぐ向けられた言葉の嬉しさ――を思い出し、ならばファンへまっすぐ向き合えばきっと喜んでくれるはず、今の自分に出来ることを精一杯やろう、という結論に達します。この辺はアイドルファンとしての実体験が無い(薄い)スミレとの差を思わせる絶妙な話運びでした。

そしてSoleilユリカ様に続いて三度目の同会場(笑)にて始まったあかり&スミレの握手会。会場の行列を見ると二人はいつの間にか結構な売れっ子になっているみたい? まああかりはポンクレガール、スミレは二つ名が付くレベルのアイドルなのでこれくらい集まっても不思議では無いか。

「え? あさひ君来られないの?」

たくさんのファンで賑わう握手会の一端で頼智記者からの電話を取ったノエルちゃん。私服もかわいい、というか手袋暖かそう。いつの間にか元気になってますが、元々病弱設定のノエルちゃんだけにこの季節の外出時は体を冷やさないよう気をつけているのでしょう。芸コマ。それはともかく頼智記者からのお報せ。件のあさひ君はよりによって楽しみにしていた握手会当日にお風邪を召してベッドの人となり、頼智記者はそんなあさひ君に付き添って現場に現れず、その代わりノエルちゃんにある「お願い」を託すのでした。いったい何を企んでる?

aikatsu_111_06.jpg

などと陰謀蠢くアイカツ新聞社の一方でファンとの触れ合いを続けるあかり&スミレをチラリ。ファンからの質問に一生懸命答え、気が利いたトークができなくても精一杯ココロを通じ合わせ、緊張で冷えた手をファンに気遣い…これは反則だ(笑。ともあれ不器用ながらまっすぐなファンサービスに努める二人は順調(?)に列を消化し、すると何やら神妙な表情で佇んでいるノエルちゃんの順番が来ました。

「お願い、もう頼智君と会わないで」
「わ、私、そんなつもりじゃ…」

なーんて女同士の修羅場みたいな絵面(笑)から明らかになった先の「お願い」はあさひ君へのお電話でした。風邪で来られなくなったあさひ君へせめてもの慰め…ガジェット系が超進化しているアイカツワールドならホログラムTV電話でも出来そうですが、あえてやらないのは互いに顔を知らないまま話を進めるべく理由(今後の都合)があるのかも。深読みしすぎ? ともあれその名前を聞いたあかりはファンレターの君の名を思い出し二つ返事でオケオケオッケー、ファンレターのお礼とライブの応援を交換する電話越しの触れ合いはちょっといい話だけれど…握手会の真っ最中に電話かけてるアイドルってどうなんだろ?と思わなくなくも(略。ファンとしてのマナーを論じる割に(略。そういやノエルちゃんせっかく並んだのに握手してない(笑

続いて頼智記者により「アイカツライブ」のアバター設定について云々。ライブの観客席にふよふよしている例のアレはネット観覧者の応援イメージとされてきましたが、こんな風に具体的な設定が説明されるのは初めてです。アバターの色は応援するアイドルのイメージカラー、つまり全身サイリウムってコト?

aikatsu_111_07.jpg

そんなこんなで始まったあかり&スミレのライブはスワンレイクのロマンスコーデで揃えた「Du-Du-Wa DO IT!!」でした。やはりスミレはプレミアムよりこっちのドレスのが似合っていると思う。白い肌に濃色のドレスがよく映えます。輝く湖面を舞うオデット&オディールは絵面的にかなりハマっていて、デュオバージョン(?)に変わった振り付けもあって曲とのイメージ差もそれほど感じず、しなやかに歌い踊るライブステージに意外なほど見入ってしまった。あとは例の白鳥アクションさえどうにかしてくれれば…。

スペシャルアピールはロマンスユニットアピール「スワンダンス」。解説の頼智記者は単に「ロマンスユニットアピール」と言っていたけれど、(ゲームのTVCMで見ただけなのでよう判りませんが)技名としては「スワンダンス」で合ってますよね? それはそうとスミレの絶対領域が眩しすぎる。濃色ドレスと濃色ストッキングの隙間に生じる白き桃源郷は、バレエ風の振り付けが激しいだけにチラチラしすぎて目に悪かった(そういう所ばかり見ない

aikatsu_111_08.jpg

今回EDは来る12/13(土)より公開の劇場版 アイカツ!のネタバレEDでした。ぐは! プリキュア映画では恒例のネタバレ放送ですが、まさかアイカツまでも…油断した! 先日の劇場版特番も見るの我慢したってのに! まあ見てしまったものは仕方がないのでこれら映像を踏まえて公開を楽しみにしときます。マジシャンかえでかわいい! きわどい! そしてドリアカ魂!!

劇場版公開記念にこれまでのライブステージを振りかえってみたのでおヒマな方はどうぞ。かなり長いので本当にヒマな時に。

※2ndシーズン終了記念に2ndシーズン曲の人気投票を開催中。
 お気に入り曲に1票どうぞ♪
 曲名がようわからん方はステージソングまとめを参考に。






        

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第111話 ディア マイ ファン!」

アイカツ!「第111話 ディア マイ ファン!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

2人でのステージ美しかったです!私もスミレはプレミアムよりこちらのドレスが似合うと思います。
らいちは初め、髪の毛わしゃわしゃの女装が似合う可愛らしい子供だったのに、
今やかつての姉と同じ制服を着て、クラスメイトにファンカツ指南(?)とは成長したものです。
らいちとノエルが一番見た目が変わりましたね。
あおいが車内であかりとスミレを見守る、良き先輩としての表情が優しかったです。ああ幸せ!
いちごたちが歩んできた道を次世代のあかり達が経験する回は、それぞれの個性や背景を比べることができて楽しめますね。
ひなきやあおいの協力を得ながらも、最終的にはあかり・スミレが自分達で答えを出す流れが良かったです。
欲張りですが、サイン会や正月太りのようなつまづく回もそろそろ見たいものです。後方支援するいちご世代の出番が減るのはジレンマですが…。

久々のセイラのお家ち登場でしたがセイラは出ませんでしたね、なんか寂しいです
ノエルちゃん凄い落ち着いた雰囲気醸し出してましたね♪

らいちとノエルちゃんの強力すぎるコネクション使えば入待ちも出待ちもしなくても…(笑)
あさひ君もその辺を期待して…いけないいけない、クリーンなアイカツを汚い心で観ていました;
アバター作ってるところで今まで全く気にしてなかったのですが、アレ色分けされてたんですね、気になって過去作見返してみたらたまに色付き居ますね♪
握手の練習、第2話で出てきた耐久握手マシーン使ってほしかったです(笑)
来週は大スター宮いちご祭りへのつなぎでしょうか?
映画物凄く観に行きたいです!!

れすれす

>アッサムCTCさん
アイカツ新聞社の面々は年齢的にも成長が判りやすいですね。今回は制服姿も見られましたし、やはり小学生→中学生の変化は大きい。それにしてもノエルちゃんの落ち着きっぷりったら(笑。車中の姐さんの表情については全く同感。ご指摘の指導姿勢を含め、良き指導者への道を着実に歩んでいる印象でした。へっぽこ展開(笑)は私も見たい、というか3rdシーズンのあかりにはそれを期待していたのですが…ここまでほぼ順調に進んでしまって少々拍子抜けだったり。

>かえで寿司さん
劇場版カットで気を吐いてたセイラでしたが本編では完全スルー。そらもマリアも声はすれども姿は見えず(笑)、ぜひ本編でもドリアカ魂を見せてほしいものです。耐久握手マシーン懐かしい。カメラ目線マシーンとかサイン養成ギプスとか、そういや初期は怪しい特訓マシンがたくさん出てきましたっけ。映画は私も楽しみ、というかまさか映画が作られるほどのコンテンツに育つとは思いませんでした(笑

No title

経験不足のあかりとスミレが不器用ながらも自分の気持ちをファンにつたえられたのに対し、ファンや周囲の期待を裏切らないことを第一と考え自分を自制してしまうひなきが練習の時でも完璧なテンプレの答えを発してしまう姿が印象的でした。もちろんプロとしてはそれで合格ですが、それに満足せずはじけたいと思うひなきの気持ちもわかります。しかし強キャラおとめでも自分自身楽しんでアイカツできるようになるまで時間がかかったわけですからあまりあせる必要は無いと思います。なにより3人それぞれが自分に足りないものを克服しようとしている努力は少しづつ実を結んでいる事はスミレの「うん」の発音の変化等からもわかります。
葵から知識・蘭から心構えを教わったいちごは2人に対して教えれる事はあまりありませんでしたが要となり周囲を明るく照らしていました。あかり達のチームには要となり周囲を明るく照らす存在は今の時点でいないかもしれませんが3人で協力してなにごとも克服していける気がします。

特番で作画ミスのため空中に浮いてしまっていた美月のシーンが今回のEDでは修正されていました。背景の倍率を縮小して修正していましたが背景の端を書き足した形跡がなかったので今回のEDでの背景がオリジナルなのかもしれません。どこになにをぶっこんでくるかわからない作品なので特番では作画ミスを装いある種のメッセージをこめて意図的に背景を拡大していた可能性を捨て切れません。もし意図的なものだとしたら特番で作画ミスにより空中にいた美月が今回EDで地上にいるということになり、飛ぶのをやめた・地に足をつけた・あるいは他の意味かもしれず解釈が難しいです。やっぱり美月さんはすごい(笑)

美月は映画で引退するのでしょうか?
引退→新ブランドとともに復帰→新ブランドのカードセットやバインダー発売(しかもちょっとお高い値段設定…)
娘を持つ父親としては美月は引退せずにラブムーンライズにこだわって欲しいです(笑)

今作はあまりにも順調すぎて面白くないと思うのは捻くれているでしょうか。
第1作のいちご・あおいの、失敗しながら成長していく姿には感動しましたが、どうもそれがないんですよね。
あっさりしていて、物語としては別に悪くはないんだけど、それだけで。
もしアイカツがさらに続いて、あかりが今のいちご達みたいな先輩役になったとして、「あ~、あんなだったあかりが、こんなにしっかり先輩してるんだな」という感慨を得ることができるでしょうかね。

 アイカツ初期を思い出す様な回だったかなと、思います。 そう言う回だからこそ、初期からのレギュラーのあおいとらいちの成長を感じられました。二人ともすっかりその道のプロって感じで(笑)。 特にあおいは先輩を通り越して先生の風格すらあって、さすが''スタライの柱''と学園長自らに言われるだけあります。今の所3期の先輩キャラで一番出番が多い当たり、スタッフ的にも扱い易いんだろうなぁと。
 あかりとスミレは今の所はまだまだアイドルとしては未熟だけど、その未熟な部分がそのままファンにとっての魅力になってるのが良いなと思います。特にスミレはこれはずるいてレベルで可愛い過ぎて。(初登場時は、ロリゴシの後継者キャラにしては普通すぎるかなと思っていたのに、今ではこの初々しさは最初の頃だけなんだろうなと思うと目が離せないです。)

 特番はネタバレが少なく、ちょいちょい映画に触れつつ、いちごとあおいが今までのエピソードをキャラクターごとに振り返って行く感じで、懐かしいシーンも多くて映画の予習にはとてもオススメですよ。 アイカツで総集編っぽい回は貴重なので、そう言う意味でも面白かったです。
  

れすれす

>アイカツパパさん
ひなきはベテランゆえの葛藤がよく出ているキャラですね。握手会レッスンの模範解答はまさに手慣れた模範なのですが、後に描かれたあかり&スミレの不器用ながら一生懸命な姿に比べるとどうしても「模範」の枠に収まってしまう=新鮮さに欠けるんですね。それこそひなき自身が抱える弱点なわけで、今後あかりたちから新しい刺激を受けどう殻を破っていくのか楽しみであります。映画の美月さん作画ミスはどこかで比較画像を見ました。まあ作画ミスというより単なる撮影ミスなので修正も事も無し。こういう時デジタル化の恩恵を感じますね(笑

>こたつさん
以前のポンコツ状態(笑)から比べると、確かに3rdシーズンのあかりは順調にアイドル坂を登っている感じではあります。私としてももう少し泥臭い展開を期待していましたが…まあ新シリーズのツカミ期間もそろそろ終わってこれからいろいろやらかしてくれるのでは? とほんのり期待しています。

>ユウさん
姐さんの「アイドル博」という立ち位置はただでさえ教職向きの上、3rdシーズンでは後輩の成長を見守るどころか「導く」ほどのクラスアップが見て取れます。先輩の出番と言えば今回本編(回想で一瞬出たけど)にいちごの出番がありませんでしたね。そしていちごが出て来なくてもあまり違和感を覚えなくなっている事に驚き。どうやら私の中でのアイカツ世代交代は順調みたいです。握手会でのスミレはズルいというか反則というか。特に小さい子とのご対面で言葉に詰まって焦ってるぎこちない笑顔にはニマニマが止まりません(笑

比較

今、DCDアイカツのHPで過去の名作回を視聴できますよね。
見てみると、やはりアイカツはいい!って改めて感動します。
しかしそれと比べると、今作は残念ながら…。
管理人さんが言う「泥臭さ」がないっていうのがすごくよく分かります。
作画は、特に初期の方はとんでもない乱れもあったりしますから、それは確実に進歩してますね。もちろんCGも。
しかし人を感動させるのはそこじゃないよなあ、と思うのです。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2