2015-01-15(Thu)

艦隊これくしょん -艦これ- #02 悖らず、恥じず、憾まず!

波間に煌めく水雷魂。

kancolle_02_00.jpg

吹雪、行きます!

いろんな意味で今期の話題作たる「艦隊これくしょん -艦これ-」。先週(1/7)の初回を見た分には全編に漂うビミョーなキテレツさにハテサテドウシタモノカ? 的な印象でしたが、第1話を何度か見返して世界観を見慣れた効果(?)か今回第2話は意外とフツーに見られたのでカンタンにレビューを。OPっから繋ぎが多かったのでキャプが捗ったってのもありますが(笑

世間でこれだけ流行っているのにゲームに疎い私は全く未プレイ=キャラも何もサッパ判らない状態からの視聴スタートです。旧海軍艦船の名前くらいはそれなりに知っているけど船は専門外なので細かい所はほぼ判らず、なので元ネタ艦船に纏わるネタがあってもおそらくほとんど気付かないまま流してしまうと思われます。

kancolle_02_op01.jpg

kancolle_02_op011.jpg

kancolle_02_op012.jpg

朝日に向かう後姿から幕を開けるOPはストライクウィッチーズかビビッドレッドか…その辺の作品で見覚えあるような無いような。そこから振り返ってタイトルIN、続いて数数多の艦むすから選び抜かれた(?)メインキャラたちのスクロールカットをポンポンと。この辺のキャラを覚えておけば当面の視聴には困らないっぽい。ぽい。顔見せカットの直後にパッパと入った轟沈シルエット(?)のカットから赤城さん&加賀さんのアップは何か曰くがあるのだろうか?

そこから雨中アイ!カツ!(違)カットで吹雪の努力キャラ&見守る友達アピールの後、Bメロに入るとその他の艦むすを続々と顔見せ。

kancolle_02_op021.jpg

kancolle_02_op02.jpg

たくさんいすぎてシロウトには何が何だかですが現段階で無理に覚える事もありますまい。キャラによって制服がまちまちなのは寄せ集め部隊(?)って事だろうか? 公式のキャラ表を見るといわゆる女学生制服なのは駆逐艦&軽巡洋艦までで、それ以上のポジションの娘は専門のコーデ(?)っぽく…それにしても戦艦娘の装備の物々しさ(&露出のアンバランス感)にはちょっと笑ってしまった。こんなん背負ったら身動き取れないっぽい。ぽい。

kancolle_02_op03.jpg

サビ入り後は海原に出張った艦むすたちの砲塔が火を吹きまくるアクションシーンへ雪崩れ込み。前回第1話で見た艦むすアクションは正直言って唖然ボーゼン&苦笑いが先に立ってしまったけれど、曲の盛り上がりに合わせて豪快にぷっぱなしまくる絵面はなかなか見応えがあります。グルッと回り込んでファイヤー!の金剛さんもアツい。とはいえマーブルチョコの筒くらいの砲身を設えた手持ち砲塔のそこはかとないマヌケさは如何ともし難いなあ。

手ぇ繋いでぐるぐる回る北上&大井のカットは本編中でも判りやすく描かれた仲良しペア(言葉を選んでいます)らしいアクション、そしてそんなホットな絵面にも関わらず背負った装備の巨大さ(アンバランスさ)に思わず吹く。何というかもう少しスタイリッシュにデザインできないものだろうか? この艤装(?)に馴染みがないシロウト目には、あえて例えるなら志村白鳥に近いものを感じてしまう。

kancolle_02_op04.jpg

kancolle_02_op041.jpg

先に艦むすは全然知らないと書きましたが、そのコスチュームの特異さにて結構頻繁に話題になってた「島風」だけはさすがに知ってた。「ぜかましちゃん」と呼ばれる事が多いこの子の「ぜかまし」っていったい何? 金髪キャラだけに外国艦船の名前? とずっと思っていて…それが「しまかぜ」の右読みと知った瞬間のアハ体験は今でも忘れない(しかもそれは最近の出来事。波間からポーン!と飛び出したローアングルから剥き身のケツを突き出してぶっ放す一連はかなり印象深いけれど狙いすぎの感ありあり。というか本当にこのケツまる出しのコスチュームなのだな(当然だけど)。その後もどっかんどっかんぶっ放しシーンが続き、素性がよう判らん敵方の黒いヤツがマントを翻し、さらにどっかんどっかん。

kancolle_02_op05.jpg

メインキャラの一端を担う三姉妹もどっかんどっかん。ホップステップげっちゅー。本作もアクションシーンに3DCGを取り入れているようですが、全体に作画に気合いが入っているOP映像では少々浮いてる感じが否めないかも。そしていろいろ物議を醸した赤城さんの弓射シーンへ。まあ弓道に詳しい人なら気になるのかもしれませんが、その分野に明るくない私としては正直言ってどうでも。それよりも波打つ洋上で微動だにせず直立状態で弓を放つ異彩さのほうが気になったというか面白かった。放った弓矢が爆ぜて零式に変わるギミックは私的に(前回を見ても)なるほど~!と感心しちゃった仕掛けなのだけどあまり評判良くないみたい?

kancolle_02_01.jpg

kancolle_02_011.jpg

では本編レビューをカンタンに。戦中の学校を模した美術(だるまストーブ懐かしい)の中で繰り広げられる艦むすたちの日常生活。前回は日曜日だったためお休みでしたが、今回はそこへ集う娘たちの賑やかな朝の様子から描かれていきます。すっかり馴染んでいる様子からして配属から何日か経ってるっぽい? ぽい? 宿題がどーのこーのと賑やかな中で登場したキワキワコス、後から見るとケツまる出しの島風は本当にこのコスなのだなあ(二度言う

先生のご指名にしどろもどろな夕立への助け船、そして改めての指名にすらすら答える吹雪は知識だけなら優等生なれど…致命的な運動神経の無さによって実技はてんでダメダメです。あらら。水上転倒の激しい動きは3DCGの恩恵がアリアリ、でもこれくらいなら手描きの方が早いかも? ってなドタバタを長門さんは厳しい表情で見つめ、一緒に見ていた三姉妹はここで吹雪の処遇に関する事情を知って後の無茶特訓の振り。

kancolle_02_02.jpg

「入渠ドック」と書かれた建物は外に聳える大きなクレーンの絵面も相まっていかにも船体修理施設なれど、中に入ると銭湯というか温泉というか…湯治で船体の破損を治すという仕組みになるほどと言うしか(笑。赤城さんを訪ねてきたのに出てきたのは金髪巨乳の知らない人、その大きなムネに顔を埋めて、言われるままに万歳すると服を抜き取られ、言われるままに湯船へドブン。スタート2話目でもうテコ入れの風呂シーンですか(笑。お湯に浸かって至福の瞬間、すると一人用の修復ドック(?)に赤城さんをはっけーん!

kancolle_02_03.jpg

残り約15時間半の暇潰しにプチプチを潰す様子はこれまでの気高く凛々しいイメージをさっそく覆し、ゲーム未プレイの私でも一目でゲームネタと判る高性能バスクリン(課金アイテム?)投入カットから瞬時に修復完了。エクスタシィ。続いて山盛りと呼ぶにはあまりに盛りすぎのカツカレーを普通に食べる姿を目撃、こうして吹雪は憧れの赤城さんと着々と距離を詰めていくのでありました。やはり海軍はカレーなのか。

kancolle_02_04.jpg

kancolle_02_041.jpg

そして件の三姉妹による24時間体制の特訓へ。夜通しのバランス訓練を終えて部屋へ戻ると射撃訓練へ連れ出され、一睡も出来なかったゆえ机に突っ伏していると今度はアイドル訓練に引っ張り出され、疲れ果てて部屋へ戻るとまたしても夜襲に遭い…先の長門さんとの会話で吹雪の処遇を知った三姉妹の気遣いによる各特訓でしたが、三交代で隙無くやられては身が持ちません(笑。そんなドタバタの一方で黙々と訓練を始める吹雪を見て改めて協力を誓うみなさん。不器用だけどまっすぐなココロで頑張り続ける姿に感銘を受け、そのサポートを通じて仲間の絆も強まる…などなど王道テンプレな流れは今どきちょっと照れちゃうレベルかも。そしてひたむきな努力と誰にも負けない強い魂はいずれ艦隊随一の性能を開花させ、までがテンプレ?

kancolle_02_051.jpg

kancolle_02_052.jpg

kancolle_02_05.jpg

その後三姉妹による訓練に加え、ケンもホロロにお断りだった魚雷講座を受けられてキラキラ☆しながら特訓の日々を重ねた末の演習日。全身のバンソーコや気合い十二分の表情から厳しい特訓を乗り越えた強さが滲み出ていますね。演習開始の号令と共にグッと構えた下半身は以前と比べものにならない逞しさを感じさせます。そこからCGを交えての演習シーンも特訓の成果が窺えるものでしたが実戦レベルにはまだ遠く…ご都合的に一気に合格レベルとせず身の丈に合った成長、そして決め手は「水雷魂」という落とし所は悪くなかった。とはいえ部活ものならいざ知らず、一つ間違えたら自分だけではなく仲間の命も危険に晒してしまう戦場で精神論を優先させるのはどうなの? とも思ったり難しいトコロ。それはそうと最後の最後のキメ笑顔でバンソーコが消えていたのは残念、このカットのバンソーコの有無はカットの意味が変わるほどの重要アイテムでしょうに。

かのビビッドレッドすら楽しんだ私ですら一歩退いた前回から今回第2話は意外と楽しめ、いろいろ腑に落ちない点があれど世界観のキテレツさからしていちいちツッコむのもヤボと悟り、この分なら次回以降も普通に楽しめそうな感じです。ベタベタの泥臭スポ根好きですし(笑。ただ多すぎるキャラは初見者に厳しく、ヤマト2199や白箱のようにキャラ名のテロップをちょこっと入れてくれるとありがたいのになあとふと思ったり。

   

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

[アニメ]艦隊これくしょん -艦これ- 第2話「悖らず、恥じず、憾まず!」

サブタイが読めなくても恥じず!

艦隊これくしょん -艦これ- #02 「悖らず、恥じず、憾まず!」

体育会系「艦隊これくしょん -艦これ-」の第2話。 オープニング「海色(みいろ)(AA)」。本当にキャラが多いなぁ・・・ しまかぜの発砲が・・・w 配属されたものの初戦で経験が無いことが露呈してしまった吹雪。 知識はなかなかなものの実技がからっきしダメ。 で、入浴シーン。というか修復のためのプロセスらしいけど促進剤で あっという間に完了。最初っから使う訳にはいかな...

艦隊これくしょん -艦これ- 第02話 「悖らず、恥じず、憾まず!」

休息は必要だと思うよ? 徹夜で朝っぱらから運動して、更に良く分からないアイドルの練習。 教育の仕方位相談しとけwww 次の考査の前までに何とかしなくちゃいけないとはいえ、あのまま突き進んでたら練習でつぶれるわw ・OPとED 良いですねぇ。 あれだけ実践でもぐるぐる動いていると迫力あるんだろうなぁ。 ところどころシリアスシーンが混ざっていて、今後の展開に期待 そして、提督...

艦隊これくしょん -艦これ-  第2話

艦隊これくしょん -艦これ-  第2話 『悖らず、恥じず、憾まず!』 ≪あらすじ≫ 人類がその制海権を失ってしまった世界。海を蹂躙する脅威、それが「深海棲艦」。その­脅威に対抗できるのは、「艦娘」と呼ばれる在りし日の艦艇の魂を持つ娘たちだけ――。 深海棲艦に対抗する艦隊の拠点、「鎮守府」。そこは、多種多彩な艦娘が集い、そして日­々の演習などで切磋琢磨しながら、共同生活をする場...

艦隊これくしょん -艦これ- 2話「悖らず、恥じず、憾まず!」

評価 ★★ 海兵隊の新兵いびりは世界一チィィィィ !     

艦隊これくしょん -艦これ-「第2話 悖らず、恥じず、憾まず!」

艦隊これくしょん -艦これ-「第2話 悖らず、恥じず、憾まず!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2