2015-01-16(Fri)

アイカツ! #116 大空JUMP!!

今日のお空はどんな空? 

aikatsu_116_00.jpg

「大空お天気」の時間です!

aikatsu_116_01.jpg

楽しい楽しいクリスマス→年末年始は光の速度で過ぎ去り、あっという間に通常平常日常の生活が戻ってまいりました。ほんと12月中旬から正月明けまでって時空ワープでもしてるんじゃないか?と思うくらい異常に早い。そんなこんなで年明け初日の登校を控えたあかりは新学期に大張り切り、ところが今日のお天気はハイテンションを冷ますような暗い雨空でした。あらら。しょんぼりあかりは溜息吐きつつ天気予報をチラリ、すると「午後には気持ちのいいお天気になりそうです」との予報を聞いて再び笑顔に…予報の言葉一つで1日の気分が変わる=お天気キャスターへの関心をさりげなく印象付けて学校へゴー!

教室では相変わらずのジョニー先生がいつもより多く回り、今やアバン専任となってしまったユウちゃんと新年初頭のお約束「今年の目標」について短いやり取り&タメからOPへ。

「今年の目標はどうしようかね?」

OP明けて食堂に集ういつもの三人娘。ここでひなきの第一声のおばちゃん臭さに笑った。定番の「ですなあ」にせよひなきの口調は普段から妙なベクトルで年齢不相応で、それはつまり社会経験の長さゆえおばちゃん化(笑)が加速されているって事だろうか。ともあれ「今年の目標」の話題に即反応したあかりの目標は「サインを新しくする事」…楷書で書かれたあかりのサインは逆に新鮮というかあかりらしさが溢れているのに変えちゃうなんてもったいない。本作にてサインといえば第6話の騒動を思い出し、今回もこれだけ振っただけに新サイン決定に纏わるドタバタが起きるかと思いきや、特に本筋に絡む事なくラストシーンであっさり決まっててちょっと拍子抜けだったり。

aikatsu_116_02.jpg

その後グラウンドでアイ!カツ!するにも相変わらずの雨空、なので室内のレッスン室にてアイ!カツ!アイ!カツ!…って広いレッスン室を三人で貸し切りとは他の生徒は何してんだろ?(毎度の事。柔軟しながら「今年の目標」についてアレコレ、大スター宮いちご祭りを手伝った経験=先輩たちの輝きの源を知った経験からまず「自分の得意な事」を見つけなきゃ!とあかり。過去エピソードの経験を踏まえて少しずつかつ着実に成長している描写はじつにあかりらしくて良し良し。ほどなく予報どおり雨が上がって雲間から日が射し始め、陽光のように笑顔を弾けさせたあかりたちは外へ飛び出しアイ!カツ!アイ!カツ!

「とは言うものの、私の得意なことって何だろう?」
「私はおとめ先輩とやらせてもらっているようなバラエティーをもっとやるとか、それともファッション系かなあ」
「私は歌かな」

ランニングが一段落すると休憩しながら再び先の話題へ。ひなきの自己申告は結構的を射ているようですが、スミレの「歌」はどうなのか? とりあえず「タルトタタン」を聴いた分には(以下自重。というか次回予告を見てもスミレは歌売りで…他の特技設定ならともかく歌に関しては「そういう設定」で済まされないのが厳しい所です。逆にドンズバハマればこの上ない説得力を発揮するんですけどね。関係無いけどこの会話カットがロングなのに整っていてちょっと感動。これかなり上手い人が描いてる感じがする。またまた関係無いけどジャージズボンの裾をいつも捲り上げてるスミレのオシャレアピールかわいい。

寮に戻って夜の夜中、スミレが寝静まった後までサインの開発を続けるあかりでしたが…ボツ案を見るにもう少しマシなサインを考えられんものか?と(笑。そういや「思案中」の描写としてペンを鼻下に挟む表現って久しぶりに見た気がする。名案が浮かばない上に自分の得意な事も浮かばないあかりは気分転換に夜のお散歩に出掛け、困った時の先輩頼みの名所である例の東屋にていちご先輩と偶然のバッティングに。いちごもすっかり美月さんポジションです(笑

「毎日アイカツを頑張ってれば前には必ず進んでるって事かな」

「自分の得意な事」についてのあかりの悩みに対するいちご先輩のお言葉もまた美月さんが以前同じような事を言っていたような? 毎日頑張っているうちにきっと見つかる、「面白い」と思った自分の気持ちを信じて突き詰めればいずれ…などなどいちごが先輩らしい貫禄を見せ、そんな導きにあかり感動のシーンはこういう時に限って気象テロップ(千葉 北東部に暴風警報)が入りやがって! と思ったらまさかまさかの神の啓示。ううむ。アイカツおそるべし。

aikatsu_116_021.jpg

その後あかりが部屋へ戻ったシーンにて描かれたスミレの寝姿が気合い入りすぎていて何事かと。すやすや眠る表情に加えて口元に置いた手がまた! いやはやルームメイトがあかりで良かった(ナンヤソラ

aikatsu_116_03.jpg

そんなスミレ貞操の危機(?)を乗り越えて明けた朝にてあかりは「お天気キャスターオーディション」の告知を発見! というわけでさっそくオーディション対策のレッスンを始めます。まずはでっかい日本地図を背負ってのカメラテストから。

「う~ん、なかなか難しいなぁ」
「見てると簡単に見えるけど…」

予報を伝える時に思わず地図の方を向いてしまったり、正面を向いたままだと地図を指し示すのが上手くいかなかったり、見るとやるとじゃ大違い的なあるある話から――

「まあもちろん実際の現場ではADさんのガイドやモニターを見ながらだけどね」
「でもちゃんと意識してやらなきゃ絶対にうまくはできない」

解説のひなきさんによる説明、そしてこの後描かれるお天気お姉さんへの突撃シーンまで、第85話第90話のような取材に基づくお仕事紹介編みたいなノリです。関係無いけど地図の「おきなわ」がひらがなで書かれている辺り中学一年生っぽくてちょっと笑った。

「他にやらないといけない事は…」
「あっ、あれなんじゃない?」

ひなきの言葉を意識しながら再度のカメラテストをどうにかクリアし、ひとまずこの練習は一段落。そして次なる練習は…という所でスミレの発想は意外というかなるほどと言うか(笑

aikatsu_116_041.jpg
aikatsu_116_04.jpg

パッと映ったリモコンスイッチを入れると唸り始めた轟音と共に巨大扇風機が姿を現し…こんなデカかったっけ?(笑。カメラ係の珠璃がスタンバイ、カッパを着込んで準備オケオケオッケーのあかりの号令の下、放水係(笑)のスミレが扇風機に向かって水を噴射開始! かくしてスタライグラウンドは暴風雨直撃の犬吠埼と化し、お天気キャスターお約束の「台風レポート」の特訓が始まりました。って、先の気象テロップ(千葉 北東部に暴風警報)とまさかのシンクロに絶句。この警報が4分ズレていたら本気で伝説になっただろうな(笑

例の扇風機が出てくるのは予告で見ていたけれど、まさか台風レポートの特訓に使われるとは予想しなかった。激しい風雨に耐えてレポートを続けるあかり、するとスミレはノズルを開けてさらなる暴風豪雨を再現…なんという容赦の無さ。しかもこの時の表情が良い良い(笑

aikatsu_116_05.jpg

モーレツな特訓を終えて一息の食堂にてノリノリすぎを反省して小っちゃくなってるスミレがまたかわいい。おとなしそうに見えてスイッチが入ると我を忘れるタイプ?

「デ・ダーナ! つまり…」
「いいってことよ!」
「だいたい合ってる」

続いて珠璃&ひなきの判るような判らないようなツーカーがいい味。お互い遠慮ないノリは付き合いの長さゆえ? あかりはまだ誰ともこの領域に達していないっぽく、その進展も今後の興味だったり。実家での様子を見てしまうとやはり学園でのあかりは未だ薄皮一枚貼ってる感じですし。

てな所へ姐さんが現れてお天気キャスター・彩香さんへの口利き。というと語弊があるけれど、こうあからさまに優遇しちゃうのはどうかと思うのも確か。まあ尺の都合もあるだろうけど、あかり独自の方法で彩香さんと知り合う流れのほうがお天気キャスターへの本気度が見える=アイドルとお天気キャスターの共通点に気付き、自分が得意な事(やりたい事)に気付くドラマの深みも増すと思う。なのに渡りに船で即面会ではありがたみが…。

「最近のお天気お姉さんってかわいいなあ。アイドルみたいな人ばっかり」
「本物もキラキラしててかわいい方なんだろうな」

面会に向かう車中にて彩香さんの映像を眺めてニマニマのあかり。確かに最近はアイドルばりの子が多いですね。NHKの魔法少女とか(それは言わない。TVで顔を晒す以上ルックスが優先されるのは当然、しかし華やかな見た目はあくまで表の顔であり…こういう点も人前ではあくまで「キラキラ☆かわいい」を通すアイドル稼業と共通しているのかもしれません。

aikatsu_116_06.jpg

ほどなく毎度おなじみTV TKYへ到着するとあかりはさっそく「気象センター」を訪れ、通りがかったスタッフにきちんと名乗って用件を伝えるとずらり並んだ机の奧からはっちゃけ笑顔の女性が全力で手を振ってます。キラキラかわいいアイドル然を想像していたあかりはこの時点でまず驚き(笑

呼ばれるままに席へ向かったあかりは彩香さんの机を見てまた驚き。気象データが表示されたPCモニタや専門書の山、さらにお天気コーナーの原稿などなどまるで学者の仕事場のようで…TVに映る華やかな印象と違った地味で堅い舞台裏の描写は、得てして「用意された天気予報を読んでるだけ」と思われがちなお天気キャスターの大変さを制作現場視点からアピールしているよう。そして単なるお仕事紹介ネタに留まらず、お天気キャスターとアイドル稼業の心構えの共通点を示し、ひいては今回テーマ「自分が得意な事(やりたい事)」に沿った流れへ導く辺り上手い扱いだったと思います。

「私がもしお天気キャスターになれたら、今日は晴れます!って楽しく伝えて、見てる人たちに元気になってもらいたいと思っています」

照る日があれば降る日もある。晴天は爽快、雨天は憂鬱。すっきり晴れれば気分が良いし、雨が降ればジメジメ気分ってのは、まあ平均的な天気観でしょう。ところが世の中には雨が恋しい人だっているわけで――

「TVを通して何かを伝えるからにはいろんな人が見てることを意識しないといけない」

彩香さんの言葉にハッとするあかり。今まで自分はそこまで考えてTVに出ていただろうか? TVカメラの向こう側にはいろんな立場の人がいる。それをきちんと「意識」する事で伝える姿勢は自ずと変わる…先の日本地図レッスンにてひなきが言った事はここにも掛かっているのですね。深いな。

aikatsu_116_07.jpg

「空は雨でも 気分は晴れ」

どこかで見たロゴによく似たロゴ(笑)の「おはよウォッチ」のお天気キャスターオーディションにてあかりは先の心構えを強くアピール。楽しい時はもっと楽しく、悲しかったり寂しい時は少しでも和らげたり前向きになれるきっかけになったり、いろんな立場で見ている人が「元気」になれるキャスターを目指したい…いったいどうしちゃったんだ? というくらいしっかりした受け答えに驚きつつ、地道な成長に頬が緩んだり(お父さんの気持ち。とはいえこれだけ良い話なのに、その経緯が姐さんの口利き→ヒトコトフタコトの会話で得た意識改革ってのはちょっとショートカットだったかも。彩香さんの言葉を得るまであかりがもう少し苦労(?)したならば同じ結果でもココロにより響いたと思う。ってのは贅沢な注文か。

そういや頻繁にオーディションがネタになる本作にてこういうきちんとした形(?)のオーディション描写って結構珍しいかも。あかりの言葉や態度に対するスタッフ側のリアクションもきちんと描かれたため、その後の合格発表もすんなり納得できましたし、合格を知ったあかり&二人のカットも喜びの感情がきちんと伝わってきます。やはり過程描写は大切ですよ。

aikatsu_116_08.jpg

あかりがキャスターを務める事になった新コーナー「大空お天気」のお披露目にて「まずはステージをご覧ください」といきなりライブステージが始まったのはちょっと笑った。どういう進行だ(笑。なーんて流れから「ピンクキングマウスコーデ」にコーデチェンジを済ませてステージON! ステージに現れてお客さんを前にしたあかりがぺこりとお辞儀をするカットに思わず声を上げてしまった。「新キャスターのお披露目ステージ」といういつもの「ライブ」との違いをこういう形で示したのはじつに芸が細かい。そういやキングマウス=ねずみの王様=くるみ割り人形のロマンスコーデ(?)でスワンレイクのステージはミスマッチな感じだけど、それを言い出すとキリが無いからやめとく。

そんなこんなで始まったライブステージは今やお馴染みの「Du-Du-Wa DO IT!!」。この曲のソロは2回目、やっぱりまた使い回し? と思いきや…今回の振り付けは第111話で演じたスミレとのデュオバージョンのソロバージョン(判りにくい)で、もちろんカメラアングルやステージ演出も変わり、一皮剥けたあかりを象徴するように表情描写も大幅にリメイクされた進化バージョンでした。

頭サビで跳ね上げた水飛沫がカメラレンズ当たって水滴となり、回り込み後のカットチェンジまでずっと映り込む(しかも時間経過と共に滴が落ちていく)拘り描写に思わず唸り。歌詞に合わせてパッパと入る表情アップも絶品ばかりで目が離せず。やばい、あかりがどんどんかわいくなってく。

ステージ後は改めて新お天気キャスターのお披露目へ。そして下がってきた巨大ポスターに新しいサインを書いて…大空へ昇る風船をモチーフにしたデザインはなるほど今のあかりにぴったりかも。とはいえ前述どおりいきなりの披露にちょっと面食らってしまった。このネタだけで1本作れるのにね(笑

        

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第116話 大空JUMP!!」

アイカツ!「第116話 大空JUMP!!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ライブ冒頭のお辞儀と水飛沫の演出は良かったですねー。
表情描写も素晴らしく、だんだん志村けんが気にならなくなってきましたよ。
見慣れたせい?あ、オデットスワンじゃないからか…

ノリノリのスミレちゃんが面白かったです。寝姿も可愛すぎてヤバかったですねぇ。
あ、タルトタタンの歌唱は良いですよ!!
上擦った感じが堪らなくエロスです!
とはいえ、新曲も聴いてみたいところですが来週なにやるんだろ?

あかりちゃんの旧サインはグッズ等では既出ですが、アニメでは初登場でしたっけ?
確かにそれだけでお話ひとつ出来そうですけど、それが許されないほど尺がびっしりなのだとしたら逆に期待持てますね。

お天気キャスターは新鮮ですけど、あかりちゃんもうこれからは夜更かしできないですね。
帯だとしたらスケジュールも制限されそうで今後のアイカツの足かせになりませんように…
というか、そろそろあかりちゃんの挫折&泣きを見たいと思う自分はドSの変態なのでしょうか…

No title

アイカツ3期おもしろくなってきましたね。「お天気お姉さん」という謎の発想が、あかりのこれまでのキャラ設定とか考え方と実はかなりマッチしているんだと納得度の高い話の運びにつなげていくのがとてもよかったですね。ここ数回はキャラ設定と演出とストーリーの歯車がうまくかみ合っていて、いかにも調子の良い時のアイカツって感じで見ていて心地いいですね。
話が大きく動く回は加藤氏脚本のときが多いですが、たぶんこのお天気おねえさん路線はしばらく本気でやるんでしょうね。こういう展開も見越してシリーズを構成しているとしたらさすがの手腕ですね。おはよウォッチ(笑) 今は女の子も妖怪やってたりするのかなあ…。

あとはサイン!あかり旧サインに対するひなきの対応にセンスを感じました!この子はきっと出世するな~(笑) ツッコミ希薄な3人組ですが、3人が同じ目線でわちゃわちゃやってるのを見るのもそれはそれで楽しいかも。

あと、お天気おねえさんはアイドルじゃなくてアナだろ、って話なんですが…まあそんな無粋なことは言わんとこ。

普段より本文が長くなってしまいましたが、大丈夫ですかね? 読みづらかったらすみません。

 今回はまずライブシーンが凄く良かったです。
 ステージへの持って行き方の強引さに最初笑ってしまいましたが、ステージ演出は107話のファッションショー版からライブ版へ変更してあって、かつ歌詞の内容に合った表情変化がとても可愛いく、また水滴の演出も凝ってました。 同じキャラで同じ曲と言う、差別化しにくいステージをここまで別物に変える制作スタッフの技術力は凄まじいなと、改めて感じました。
 ひなきに珠璃と、コーデも含め全部使い回しステージが続いてただけに、今回もそうだと思ってたので、ちょっと得した気分にもなりましたし。
 しかし3シーズンはソロショー多いですよね。まだレギュラーの人数が少ない事もあるとはいえ、現状2人でのステージすら貴重です。 ゲームの方はロマンスにユニットと多人数押しなのに、アニメではそれに逆行するかの様で、何かの伏線?と勘ぐってしまいます。(例えば、終盤の大会がプリリズADやRLの様に個人ショー対決になるとか。)
 
 今回の話自体は、筋書きそのものは良いのに、トントン拍子に事がすんなり進み過ぎて、説得力に欠けたかな、と感じました。
 あかりがお天気キャスターの実態を知って、アイドルとキャスターの仕事への姿勢が同じだと気づくまでに、もうワンクッションぐらい苦悩する描写があれば大分印象は違ったかと。 場面展開があっさり目だった事もあって、最初は厳しい現実を知って学ぶ話かなと思いましたし。
 あかりが3シーズンに入ってから目立った失敗がないのは、大きな壁(SPアピール習得)を乗り越えたことで一皮剥けたからだと思うので、そんなに違和感ないんですけど、少なくとも初プレミアムget回ぐらいの根性描写が毎回あった方が、あかりらしいじゃないかと思います。けれど、尺的に厳しいのかも知れません。
 まあ、ゲームの方ではもうすぐ大きな大会(アニメでも多分やるのかな?)があるらしいので、あかりのスポ根描写はその時に期待します。

 最後にスミレの歌得意設定についてですが、歌唱担当が同じもなさんのみくるの歌声は、ハスキーで透き通った声が聴いていて心地良くて、個人的には一番好きな歌声で、歌も上手かったとも思います。 
 スミレの歌声は、みくる時とは別に意識して歌声を変えてる(みくるに比べて甘く可愛らしい声な印象)様なので、その分微妙に感じてしまうのかも。 みくるはこの先出番があるどうかも分からないので、別に使い分ける必要はないと思うんですけどね。 もしかしたら、セイラの歌声の様に、今後改善されて行くのかも知れません。
 
 

No title

今回は3年目になって一番重要な話だったのかなと感じました。
アイドル予備軍としての大空あかり回は2年目後半からたくさんありましたがアイドル大空あかり回は初めてのような気がします。
いちごそっくりの髪型を切る事はできても、いちごの後を追うことをやめる事ができなかった大空あかりが、大空あかりのアイカツの一歩目を踏み出すことが出来たのかなと思いました。
初めてあかりがセリフ付で登場した回でいちごがあかりから見出したアイドル大空あかりの光をあかり自身見出しつつあるようです。
空へ登っていく気球のようなあかりの新サインは本当のアイドルになった証のようにも見えました。

無理だと思っても挑戦するあかりは、いちごの言葉を受け成功して実績を積むことも大事だけど失敗しても努力し挑戦することがより大事だと考えたのかと思います。
オーデイションに落ちた方がそこらへんをうまく視聴者に伝えられたと思いますがあえて合格させるところが良いですね。
3年目キャラで一番脳筋かと思われるスミレが結構大食いなのも芸が細かくて良かったです。

れすれす

>ロコじじいさん
歌う前のお辞儀には何となく昭和のアイドル(歌番組)を思い出したり(笑。いかにもお客さんへのお披露目って感じでほっこりしてしまいました。件の志村白鳥(笑)はカメラワークの工夫によってかなり抑えられていると思います。「タルトタタン」については初々しさは感じますがどうしても「上手い」とは聞こえないんですよねえ。まあ歌が「得意」「好き」と言うだけで、決して「上手い」と言ってる訳ではない…ってのはフォローにならないか(笑。お天気キャスターはおそらく週一くらいのローテなのでは? 実際の朝番の女子大生キャスターなんかもそんな感じですし。

>tamanoさん
いちごの後追い=1stシーズンのリメイクを1クール続けた後、満を持してあかり(3rdシーズン)独自路線への舵切りが始まった感じです。脚本の大筋はおそらく半年後くらいまで決まっているでしょうし、今回のお天気キャスターを口火として3rdシーズンキャラを本格的に動かし始める計算と思われます。今の三人娘の関係性については私も同感ですが…各キャラが突き抜けていくのも見てみたいというビミョーな心境だったり。

>ユウさん
同じ曲でもこう作りを変えてくると見てる方も飽きませんね。それどころか映像の差によってキャラの成長まで感じ取る事ができるという美味しさ。今回は私も「また使い回しか…」と思ったのでユウさんの「得した気分」もよく判ります(笑。ソロライブの頻発は確かに気になりますね。これは伏線というより、(プレミアムお披露目など)ほぼ単独キャラ主体のエピソードが続いたため複数ライブのきっかけが無かったって感じ。あかりの根性描写は…やはり登場当初の扱いやその後のキャラ描写により「泥臭いスポ根」を期待した向きの多さを感じます。多分に漏れず私もそう。まあ3rdシーズンも2クール目に入ってそろそろそういう描写が入ってくるんじゃ?と呑気に構えています。

「オトナモード」の歌唱は感心するほど上手かったので、決して歌スミレ(もなさん)の歌唱力が云々って訳では無いんですね。上のレスでも書きましたが、初々しさを強調するあまり声がひっくり返り音程が苦しくなり、結果的に「歌が得意なキャラ」の歌唱に見えなく(聞こえなく)なってしまい、係るキャラ付けに無理を感じたというのが正直なところです。次回ステージではその辺を良い塩梅に調整してくれると良いのですが。

>アイカツパパさん
おっしゃるとおり今回を機にあかり独自の道を歩み始めると思います。サインの件も同感。いちごへの憧れから一歩進んだ「アイドル・大空あかり」としての始動を感じさせるヒトコマでした。スミレの大食いは私も笑いました。昼にカツ丼食らう子とは思わなかったです(笑
プロフィール

Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2