2015-01-22(Thu)

艦隊これくしょん -艦これ- #03 W島攻略作戦!

大切な人への大切な気持ちを伝える事をためらわないで。

kancolle_03_00.jpg

明日会えなくなるかもしれない私たちだから。

kancolle_03_01.jpg

kancolle_03_Wake_Island.jpg

前回ラストでスポ根的に決まった吹雪の作戦参加、というわけで今回はその作戦「W島攻略作戦」の作戦説明シーンから。ビビリながら入った教室にメンツは既には揃っていたけれど私的にはオレンジ服の三姉妹以外サッパ判らない。ううむ。すると睦月は画面左端の同じ制服の子と手を取り合って笑顔を見せ…今回視聴後に改めて過去話を見直してみたら第1話、2話の端々にこの子との仲良しアピールがあったけれど、正直各々それほど印象的なカットでもなく、当該話のプロットを鑑みればせいぜい名前付きモブ程度の意識でした。

そして今回作戦の現場である「W島」。作中では「ウ島(とう)」と発音されていましたが、これは深く考えずとも「ウェーク島」の事で、つまり先の大戦の開戦直後に遂行されたウェーク島攻略戦を題材にしている事が予想でき、放映前にチラリと見ておいた史実に照らせば如月の轟沈は予想範囲なれどまさか…と思っていた私。しかし作戦説明の巨乳上官は「死」を意識させる厳しい表情・口調で、対する隊員たちにもそれなりの覚悟が見えます。というわけでこの時点から死亡フラグがにゅるにゅると生え始め。

kancolle_03_02.jpg

その後 甘味処間宮(間宮と聞くと某「まみやかもしれない…」を思い出して変な笑いが)にてどよんどの吹雪を励ますべく陣中見舞いが続々と届きます。ブルーベリーを持ってきた子たちは相変わらず誰が誰だか、毛のお守りを超アクションで渡す金髪巨乳は前回の銭湯で出てきた子? あと教官役(?)のツインテちゃんが大盛りパフェを差し入れたり、、などなどミソコの吹雪を心配して集う雰囲気は判るも…中心となる吹雪との関係性が見えないためこれまたほとんど名前付きのモブ状態としか。ユリ熊セーラーペアのキツいハッパに再びどよんどの吹雪、の手をギュッと握って「信じる」と励ます睦月、ってな様子を明子姉さん状態で遠目から眺める如月。オンタイム時には単に仲良し三人組を見守るお姉さん的なイメージでしたが、睦月との顛末を知った後に見直すと「以前は泣くばかりだった睦月が仲間を励ます立場に成長した」事に微笑んでいるようにも見えます。

kancolle_03_03.jpg

兵舎での軽いキャッキャウフフから睦月と如月の曰くを回想でチラリ。赴任直後の出撃で小破を負って落ち込んだ時にお世話になった経験が今の睦月を作り、その思いは吹雪に伝わる…という今回プロットの肝部分・睦月&如月の関係性を示したシーンでしたが、本編外の回想をチラリと映してサラッと語られただけでは如月への思い入れも発生し難く、また前述のように第1話・2話にて睦月&如月の仲良し描写があるにはありましたがやはり思い入れを生むほどでもなく、何しろ主役(?)の吹雪とほとんど絡まないので特段注目すべくキャラにもならないまま…以下後述。それはそうとスチームジャミング仕事しすぎ。

kancolle_03_04.jpg

出撃に備えて休んどけと言われても体を動かさずにいられない吹雪はいかにも。すると早朝の訓練湾(?)にて赤城さんとご対面。

「正射必中という言葉があります」

例によって水面上で微動だにせず弓を構えた赤城さんは目を瞑ったまま矢を射っても見事命中。正しい射は必ず中るという意の言葉を「きちんと訓練すれば結果は必ず付いて来る」と解釈し、連日の訓練を越えてきた吹雪への激励とする赤城さん…という後の金星の前振りとなる場をセッティングしたのは睦月でした。睦月の気遣いに感激した吹雪はしかし「感謝の形(恩返し)」をどう表せばいいのか判らない。そしてそれは如月に対しての睦月も同じでした。

「鋼の艤装は戦うために、高鳴る血潮は守るために、秘めた心は愛するために」

生まれながらに戦う事を運命付けられ明日をも知れぬ艦娘の信条。大切な人への大切な気持ちを伝える事をためらってはいけない、明日会えなくなるかもしれない私たちだから…ゆるゆるな日常描写が続いた所で毎日が水杯の現実を突き付ける赤城さんのシビアな言葉は私的には願ったり叶ったりだけれど、本作ってそういう方向性なの?といきなりの宣言に少々戸惑ったり。その不穏なお言葉の後に流れる娘たちのイメージでは如月だけ妙にクローズアップされていてイヤな予感がうなぎ登り。

それはそうと「吹雪と同じ事を思っていた」睦月は同時に吹雪から見たら恩人=恩返しを受ける立場なのだけど、この時の赤城さんの言葉「ただ ありがとうって言えばいい」に対し「それだけでいいんですか!?」と驚いて見せたのがちょっと不思議だった。世話をした吹雪に対してどう思っていたか?を考えれば如月への「恩返し」も自ずと答えが出るはずで、「私なんかいいよぉ!」と言ってた辺りもちろん立場の違いで捉え方は変わるでしょうが、決して「それだけで~!?」と全力で驚くほど意外な話では無いと思う。というか会話の流れ(&お約束)からして「恩返し」とは九分九厘「無事に毎回生きて帰ってくること」と予想していたので、ここから始まるありがとう!大好き!攻勢にちょっと戸惑った。

「あのね、この作戦が終わったら話したい事があるんだ!」

ほどなく出撃となって睦月は如月に話し掛け、ベッタベタベタな絵に描いたような死亡フラグを建立。とはいえ今どきこんな死亡フラグなんて逆に生存フラグだろう? と思わず笑ってしまった。これで本当に死んだらギャグになっちゃうよ?と。

kancolle_03_05.jpg

現場に着いたみなさんは夜戦前の待機、そして偵察に零式水偵を発射する姉妹…こういう風に飛ばすんだ。零式のコクピットに収まる小っさい人かわいい! でも撃墜されると死んじゃうと思うとかなり切ない。その後目視哨戒を命じられた三人娘、すると睦月&夕立は任務中だってのにキャッキャウフフを始めちゃって何だかなあ。それにしても背負ってる艤装が小学一年生のランドセルみたいでやっぱり見慣れない。これどうしても背負わないとダメなん? というか何が入ってるんだろう?

などとキャッキャの一方で帰ってこない零式水偵→唯一きちんと任務を続けていた吹雪が敵機を見つけてさあ大変です。さっきの小っさい人はどうなってしまったのか? というわけで映像も3DCGに変わってアクションシーンスタート。

kancolle_03_06.jpg

前線の情況は司令部(?)に伝わるも判断を下すのは常に巨乳上官の艦娘で、最高責任者であるはずの提督さんは影も形も口出しも無し。アニメニワカからすると何だか不思議な光景です。なーんてやってるうちに敵方の空母(?)が加わり、ほどなく無数の敵機に囲まれて戦闘開始。水上にベタ立ちで手に握ったオモチャチックな砲塔をドンドン撃ってる様子はやっぱり緊迫感がイマイチっぽい。ぽい。ここで「みんなと一緒に帰るんだ!」と叫び出す吹雪にはどこかシナリオ飛ばした?かと。などと対空砲撃に奮闘する三水に他海域から目をやる如月をチラリと映してまたフラグ立て、続くカットで今度は睦月が「一緒におうちに帰りましょう!」…セリフの意図は判りますがいろいろ端折りすぎているような。そんなやり取りの一方でやっぱり背中の荷物が緊迫感を削ぐ。

魚雷を撃っても当たらず撃っても当たらず、呆然と突っ立ってる睦月を敵機が狙い…バリアあるんだ。ってな所で敵機の照準(?)が入って絶体絶命! ってな所へ吹雪が颯爽と現れて撃破&正射必中を体現すべく魚雷をぶっ放して金星へ。猛特訓の成果をイヤボーン的に発動するのはこのテのお約束とはいえいきなり大活躍だなあ。この肝心の時にやらかして睦月大破→吹雪覚醒くらいの流れかと思ったけれど大ハズレ。

kancolle_03_07.jpg

その後何故か装填されてる魚雷を部隊全員でぶっ放して敵艦撃破、一息ついて敵機の攻撃にヒヤリのヒトコマは後の惨劇の前振りだった? 気を抜かないで!の声と共に再び戦闘に、と思ったら三式弾が水平線の彼方から飛んできて空は撃破の光に包まれ…ぐるぐるのCGアクションからいきなり止め絵の揺れスクロールはちょっと唖然呆然。予算尽きた? そして次のカットで現れた偉い人たち(?)の背中の荷物には…マジメな顔とギャグみたいな艤装の違和感はじわじわ来る。撃破後の後姿もじわじわ来る。ごめんなさい。何だか笑ってはいけない選手権をやってるような感じ。

「いやだ、髪の毛が痛んじゃう…」

敵艦隊の撤退を見送って一息、の次の瞬間の惨劇。被弾ゆえに帰投の列に加われなかった瀕死の敵機が蜂の一刺しを放ち、それは油断して突っ立っていた如月を直撃し…被弾炎上から沈んだ手が映った時はまさかバラバラに? と本気で思った(えげつない。

脇役の殉死を以て世界観を描写する作り(おそらく敵は轟沈した艦娘の成れの果てなのでしょう)はよくある構成なれど、その場合ある程度思い入れがあるキャラ(主人公との絡みが多いキャラ)じゃないと効果が薄いというか心が揺さぶられないというか。正直なところアニメニワカの私から見るとモブの一人が死んだ程度の印象で、これまでほぼ描写が無かったキャラが突然重要視された挙げ句突然殉死しても「え?」でおしまい。

kancolle_03_08.jpg

前述どおり第1話、2話でも睦月との関係性はチラリと描かれていましたが強く印象に残るほどでもなく、今回それなりにクローズアップされたとはいえ展開の生け贄にするには少々役者不足感が否めず。しかもギャグみたいな死亡フラグ乱立の末ではせっかく死んでも浮かばれない(本当に沈んじゃったけど。ともあれこの雑な殺し方、そして帰投後のいかにもな睦月たちの描写には違う意味の悲劇を感じた。ゆるゆるを装ったハードモードならそれはそれで歓迎だけれど、ならばきちんと殺してあげてほしい。展開の都合で安易に殺されてはたまったものではありません。

   

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

[アニメ]艦隊これくしょん -艦これ- 第3話「W島攻略作戦!」

戦犯:吉野弘幸(いつもの)

艦隊これくしょん -艦これ-  第3話

艦隊これくしょん -艦これ-  第3話 『W島攻略作戦!』 ≪あらすじ≫ 人類がその制海権を失ってしまった世界。海を蹂躙する脅威、それが「深海棲艦」。その­脅威に対抗できるのは、「艦娘」と呼ばれる在りし日の艦艇の魂を持つ娘たちだけ――。 深海棲艦に対抗する艦隊の拠点、「鎮守府」。そこは、多種多彩な艦娘が集い、そして日­々の演習などで切磋琢磨しながら、共同生活をする場所。その鎮...

艦隊これくしょん -艦これ- 3話「W島攻略作戦!」

評価 ★★ この戦いが終わったら告白するっぽい      つーことで、

艦隊これくしょん -艦これ- #03 「W島攻略作戦!」

百合っ気が強い回だったけど・・・「艦隊これくしょん -艦これ-」の第3話。 「水雷魂か・・・」 吹雪の根性と成長を見て大規模反攻作戦の口火を切る 夜戦による奇襲を行う艦隊を決める長門。 第三水雷戦隊が囮となり敵を誘い出し迎撃するというもの。 夜戦に緊張する吹雪達を応援したり励ましたりする他の艦娘達。 しかし自分が足を引っぱるのではとますます落ち込む吹雪を 「大丈夫!」と元気付...

艦隊これくしょん -艦これ-「第3話 W島攻略作戦!」

艦隊これくしょん -艦これ-「第3話 W島攻略作戦!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

3話で死亡は、かつてのまどかマギカ(奇しくも最速放送日が同じ)を思わせましたが、あちら程のインパクトはありませんでした。
ただ、放送後Twitterが荒れていたらしいのですが見返すと序盤から死亡フラグが立ちすぎてますね(-_-;)

まどかマギカはフラグなしに突然死でしたから

帰還はできるけどそのまま病院に運ばれて、早く治して戻るから→あいつはもう戦えない。位でよかったですよね。でも最終決戦には改修された姿で助けに来る、みたいな。

れすれす

>通りすがりさん
マミさんは例の3話までの間にまどかとの関係をガッツリ築いていましたからねえ。同じ死ぬにしてもインパクトが違いすぎます。しかも「魔法少女は死なない」みたいな暗黙の了解を蹴っ飛ばした惨劇でしたし。

>通りすがりさん
先にバスクリン赤城さんを見せてしまったため、どんだけ大破してもあの風呂に浸かれば無事に復活→無意味ィィィ!って事になりそう。まあ今回如月を沈めた意味が後々効いてくる事を祈っときます。
プロフィール

Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2