2015-01-25(Sun)

プリパラ #29 EZ DO グロササイズ

基礎からやさしくエクササイズ! 

puripara_29_00.jpg

プリパラジムで宙返り特訓!?

puripara_29_01.jpg

「私たちも進化しないと負けてしまう」

相変わらず人気のボリューム急上昇のファルル、そして前回 新サイリウムコーデを手に入れたDressing Pafe。などなど進化著しいライバルたちに勝つためにはどうしたら? というシーンから今回のお話が始まります。目には目を、進化には進化をって事で、らぁらは先日見たきゅぴこん☆の宙返りを提案し…大ノリで話に乗った委員長と大盛り上がりの一方で体力が無いそふぃに気を使い、しかして当のそふぃはやる気まんまん満面笑顔で「私も宙返りしたい」と宣言します。体力に自信は無いけど仲間と一緒にがんばりたい、いやはやそふぃも立派になったものです(お父さんの気持ち

puripara_29_02.jpg

と言ったものの現実はキビシー。らぁら&みれぃは意外(?)と筋力が無く、極めつけはやはりそふぃの力の無さ。というか納豆餅で筋力トレーニングってナンヤソラ(笑。ってな現状を見ていたクマは「プリパラジム」のチラシを渡し、それを見た三人は渡りに船とばかりさっそくジムへ駆けていきます。そこが獅子の谷とも知らずに(笑

テレビ局ビルの裏手の奧に広がる深い森をずんずん進んで辿り着いた「プリパラジム」はいかにも怪しい古城風の建物でした。ともあれ看板に導かれるまま中に入って元気よく挨拶! の次の瞬間入り口がゴッツイ格子で閉じられ、三人のお道具は聴き慣れたSE(笑)の元へ吸い込まれ、そして講師役として現れた人物は――

「私は当ジムの館長、大神田グロリアですわ。グロ~」
「鍛えるなら任せて! ラブフィフティーン!」

あれほどプリパラを毛嫌いしていた大神田校長はいつの間にか「プリパラ好きな校長ランキング世界一」へランクアップ(?)しジムの館長に。そして長身の校長先生と並んでも全く見劣らないラブちゃんがラケットを振り回しつつ熱血教官役として参戦。黙っていれば超スタイルの二人が並ぶとなかなか壮観であります。栄子ちゃん回を賑やかすイロモノキャラだった彼女がまさかこれほど長命・活躍するとは予想しませんでした(笑。今や大元の栄子ちゃんよりキャラが立っちゃったかも。

「返事はグロに統一!」

ってな流れのまま、戸惑う三人の意思など完全スルーでプリパラブートキャンププリパラジムの特訓がスタート。語尾の統一は「Sir! yes! Sir!」のノリ?

puripara_29_03.jpg

宙返りをしたい三人はさっそくトランポリンにてテストを受けるもご覧のとおりどうにもこうにも。あらら。そんな体たらくの三人へこんな事もあろうかと用意してあったスペシャルプログラム「EZ DO グロササイズ」のCDをリナちゃんへ挿入し…CDプレイヤの機能まであったのか! 開始当初の緩いトレーニングに楽勝顔の三人でしたが、グロササイズのグロササイズたる所以、校長先生のトレードマークたる巨大ドリル頭(笑)を強制装着されて本格トレーニングが始まります。なるほどこりゃキツいわ(笑

続いて何故か始まる瓦割りテストは一撃粉砕のラブちゃんに対し昭和ギャグチックな失敗カットがナントモ(笑。気合いが足りぬ!とラクダの腹巻きを巻かれ、腑抜けたキメポーズに怒れる校長先生は三人を次々とコーデチェンジ…みれぃの金太郎は腹巻きだけにしてくれたら以下自重。というかそふぃは何故マタギなんだろ。

puripara_29_041.jpg
puripara_29_04.jpg

ってな所へひょっこり現れた新しい入会希望者は何とファルル。現れるや稲や三人のキメポーズを見事にこなし、課題だった宙返りもあっさりキメ、瓦割りも頭突き一撃で粉砕と、次々と披露されるカンペキなグロササイズを見れば実力差は歴然であります。それはそうとして突然興奮するラブちゃんがいい味、というか今回はいろいろ突き抜け過ぎていてツッコむ気すら起きない。

「あなたたちは私が認めるまでジムから外に出てはいけませんグロ!」

あまりの実力差に校長先生の愛のムチが発動。こんなトコに軟禁しちゃって親とか学校はどうすんの? という問題点をあっさりクリアできる立場だけに始末が悪い(笑

puripara_29_05.jpg

収監中の三人の所へさっそく面会に現れたDressing Pafe のみなさん。いやガラス越しの面会室はホントに刑務所みたいな(笑。げっそり落ち込むらぁら&みれぃの隣でぐっすり寝ているそふぃさんさすがです。

「捲土重来!」
「なんかちょ~らい!」

シオンの四字熟語による激励に「なんかちょ~らい!」と返してギャフン!の異次元っぷりに絶句しつつ、そこからピザの差し入れ→食べ物持ち込み禁止!→レッドフラッシュを偽装差し入れ→そふぃの覚悟をきっちり示す一連には思わず感心。ほんとキレッキレのシナリオです。M字開脚で運ばれるらぁらはキワッキワ。そして偽装に使われた「恋愛小説 恋する横綱 ~春場所編~」を読んでみたい(笑

そういや第27話で不自然に姿を消していた定子が普通に復帰していてちょっと笑った。何だったんだろ?

puripara_29_06.jpg

そしてその晩今度は(?)そふぃが姿を消します。もぬけの殻のベッドに気付いて「まさか脱走!?」と慌てて捜し始める二人、しかしそふぃはもちろん脱走などしておらず――

「宙返りできるようになるためにはまず足腰を鍛えなさい、って言われて…」

暗い運動場(?)にて黙々とタイヤを引いていたのでした。レッドフラッシュが切れた途端にクラゲになっていたそふぃが「みんなと一緒に宙返り」するため必死に頑張っている。ところが何故かその場にいたファルルは、無垢な口調でそふぃの頑張りを「無理」と斬り捨ててしまいます。

「もう諦めたら?」

ユニコンによる英才教育によってプリパラの全てをゼロから学習したファルルは、習ったとおりパラプラファイナルの勝者を「自分」と語り…今のそふぃのスペックを考えればどんだけ特訓したところでファルルの勝ちは動かないでしょう。けれど勝負事はそれ(実力)だけでは決まらない、って事を前回やりました。傍目八目で突破口を見つけ、奇想天外な活路を拓けば、空前絶後の逆転劇に繋がるかもしれない。

「友達が一緒だから」
「友達? 逆立ちのこと?」
「うん。私が宙返りできたらきっと喜んでくれる」

ファルルにとっての奇想天外(イレギュラー)は「友達」の存在。というか噛み合っているような無いような会話にてファルルに「友達」の概念が無い=ユニコンに教わっていない事が判りますね。現に今回ラストのユニコンは以前の大神田校長の如く「友達禁止」を叫んでおり…ユニコンの髪(?)がグロちゃんのそれに酷似しているのが以前から気になっていて、校長先生改心前はその髪型から両者に何か関連が?と思ってましたが、改心後の今になってユニコンの思想「友達禁止」が明らかになり、はたして両者の関連説が強まったのかそうでもないのかよく判らない(この文章自体が自分で書いててよく判らん。

駆け付けたらぁら&みれぃの声援も後押しし、するとそれまでピクリとも動かなかったタイヤが僅かに動き始め…そふぃは二人から力を貰い、二人もそふぃから力を貰い、三人は笑顔を交わして絆を強める。ってな友情シーンを遠目から呆然と眺めるファルルは何を思うか。などと盛り上がっている三人へ突然のスポットライト!

puripara_29_07.jpg

puripara_29_071.jpg

「三人でもっと頑張ろうって話してただけぷり!」
「そう? そんなに特訓をしたいの?」

高い塀の上から三人を見つけた校長先生はみれぃのご希望どおり夜の特訓&テストをプレゼント。次の瞬間グラウンドが四角く開いた時には特訓ロボットでも現れるのかと本気で思った(笑。しかして穴から現れたのはテニスコートの設備一式&ラブちゃん教官でした。せり上がって登場するラブちゃんかっこいい。普通にかっこいい。

「100球のうちもし1球でも返すことができれば合格。すぐにここから出してさしあげましょう」
「でも、もしできなかったら…この先三年間一歩も出しませんわグロ!」

全力で撃ち出されたボールに次々と抜かれ、重機関銃の如く発射される超速ポールに翻弄される三人。こういう時に手加減ゼロのラブちゃん頼もしい! ラブちゃんだけに! ほどなくボールはラスト一球! するとそふぃが「骨のあるクラゲになる!」と気合い一発から導かれるようにボール受け止め、ビリビリ痺れて耐えるそふぃをみれぃが支え、さらにらぁらが加わってかしこまレシーブ!

「Won by SoLaMi SMILE!」
「チーム三人 心をひとつに頑張れば…あなたたちならきっと気付いてくれると思っていましたよ」

見事打ち返したSoLaMi SMILE はラブちゃん&グロちゃんの祝福に見送られてプリパラステージへ。グロ!

puripara_29_08.jpg

三人仕様にカラーチェンジされた「ウィッシュリボンアイドルコーデ」にコーデチェンジしライブステージスタート。曲は今回もケンケンパでしたがアイドルコーデがかわいいのでついつい見入ってしまいます。やはりひらひらフリル+ミニスカは良いな。

そして新メイキングドラマ「夜空のムーンライト・トラベリング」にて念願の宙返りを披露…それどころかグルグルグルグル回りまくっていました(笑。大ブランコから飛び出した三人が手に手を取って縦回転から三日月を描き、パッと飛んだらぁらが大アップから後方宙返り一回捻りで再び三日月へ収まってキメ。月だけにムーンサルトをキメればさらに格好良かったのに(笑

友情パワーが弾けるライブは客席で見ていたファルルのココロに何かを残したようで、しかしてその後ユニコンに「友達って何?」と訊いても頭ごなしに全否定が返ってくるだけ。曰く「アイドルに友達は要らない、ファンがいればいい」。以前ユニコンがトモチケのパキりを速攻止めたのは出自の都合ではなく思想の問題だった?

プリパラの学習を全て終えて知識レベルはカンペキに仕上がり、ライブの実力も上がりっぱなしのファルル。ところが実際はユニコンの意のまま動いているお人形さんで…つまり彼女が「自我」を持った時どうなるのか? ってのが気になるところ。まあその辺も含めて次回明らかになるでしょう。いよいよ大詰めっぽい。ぽい。

※プリパラ ステージソングの人気投票を開催中。
 お気に入り曲に1票どうぞ♪





         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

今回はもうサブタイの時点でおかしかったけど、お話もそれに違わずおかしかったですw連発するギャグの回転率のよさみたいなものを感じました。
話も前回に比べれば分かりやすかったような気がします。特訓や協力のありようが、囲碁に比べて見て分かりやすかったからだと思います。
そふぃさんは、面白そう楽しそうという感性で動くことも多いのですが、彼女には相手の心を思い、何をするのが正しいのか分かる感性もあるんだと思います。大事なものを感じて正しい答えが分かる感性・・・そこにそふぃさんの天才を感じました。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2