2015-01-31(Sat)

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS #04 Everyday life, really full of joy!

喜びに溢れる日常生活。

deremas_04_00.jpg

シン・デレ・ラ・プロ・ジェクト・を・どうぞ・よろ・しく・おね・が・い・し・ます!

「あなたたちに動画を撮ってきてほしいんです」

緊張のデビューライブを大成功で終え、アイドルの第一歩を踏み出した三人娘へP氏からの指令は、プロジェクトメンバーの日常生活を撮影=PRビデオの素材撮影…というテイで、今回は丸一話かけてメイン三人以外のプロジェクトメンバーを改めて顔見せ&キャラ紹介。第四話を数えるもののシンデレラガールズはアニメが初見の私は未だメイン三人以外ほとんど誰が誰だか状態なので、メイン組の印象付けが一段落したこのタイミングで周りを取り巻く他メンバーの生態をまとめて見られ、ここまでの三話分でチラチラ顔を見せていた子たちの人と形が見えてきたのは結構ありがたかったり。おかげさまで今回を経て顔と名前がだいたい一致するようになりました(笑

deremas_04_01.jpg

というわけでカメラを構えて最初のターゲットは眠い目をこすりながら事務所に入ってきたネコ娘…ネコじゃないじゃん! これまでの登場カットでは始終ネコミミ&にゃんにゃん言うてたみくでしたがスイッチが入っていないと普通の子なのね。撮影を知らされてネコスイッチオン! なるほどネコに変身するとケツで会話できるようになるのか(あざとい。一頻り撮影してサッサとカット、あまりに短い尺にプンスカ猛抗議のみくへ再びカメラを向けるとアイドルスイッチオン。いつでもキャラを作れるようにネコミミを持ち歩き、人前では常にネコキャラを保ち、対外的にはアイドルの顔を即座に作る。これまでコメディチックに描かれる事が多い子でしたが、シーン中に凛がボソッと言ったように意外とマジメにアイドルしてる子なのかも。ステージへの執念も尋常ではありませんし。

deremas_04_02.jpg

場所をレッスン場に移して莉嘉&みりあの撮影へ。仲良くじゃれあうお子様ペアはグラビアポーズの練習中で、背伸びしたいお年頃しかも莉嘉はお姉ちゃんがお姉ちゃん(笑)なのでお色気ポーズ上等であります。なーんておマセなお子様たちに速攻でブレーキを掛けるみくはやっぱりマジメっぽい。ぽい。改めてカメラを構えて撮影開始、すると今度は両手を挙げて脇見せポーズで迫り…これは…これは…ナントモ背徳感に襲われるポーズであります。そりゃ凛も止めるわ。すべすべの脇から二の腕へ続く柔らかそうなラインは核弾頭並みの破壊力で、ここまで絶品の脇カットはそうそうお目に掛かれな…というか最近うちのレビューは脇!脇!言いすぎててこのままではちょっとマズい気がしなくなくってもなく(略

改めて^2カメラを構えて撮影再開。今度は莉嘉が一人で立ち、ト!キ!メ!キ!のダンスを披露するもみりあが乱入してわやくちゃに。あははは。その後のドタバタも思いっきりお子様すぎて頬が痛い。一人ずつって言ってるでしょ! などなどこのレッスン場シーンは各カットの動きが尋常ではなく、休みなく戯れ合うお子様ペアの可愛らしさ&賑やかさを存分に楽しませてくれます。凄いな。今回はこのシーンに限らず全体的に高水準のキャラ絵がよく動いていて眼福&感心しきり。はたしてこの作画レベルをどこまで保ってくださるか。

なーんてドタバタの隙間にてデビューへの執念を燃やすみくが静かにアツい。にゃあにゃあ喧しい子と思っていたのにこんな面を見せられるとおっさんはコロッと転んでしまうよ(ちょろい

deremas_04_03.jpg

お子様パワーを満喫してぐったりの三人が通路で出会ったギラリドン…は敵じゃないの! 白目剥かないで! 他キャラとの立ち絵にて一人だけ縮尺がおかしい巨娘とはいえこれほど本気の着ぐるみ仕事とはアイドルとしてどうなのか?と思わなくなくも(略。というわけで着ぐるみ姿のままきらりの撮影が始まり、一頻りの撮影の後 次は杏の番、と思ったら速攻で逃げてしまわれた! あれだけグータラしてるのに逃げ足だけは速いんだ(笑。グータラの杏を厳しく優しく仲良く介護(笑)するきらりは特徴的すぎる体格もあって開始当初から注目していましたが、あの素っ頓狂な声&口調には未だ慣れないみー。逆に慣れてしまえばこの声以外考えられない!ってなるんだけれど。

deremas_04_04.jpg

続いて庭には二羽にわとりが、じゃなくて、芝生スペースにてティータイム中のかな子&智絵里を発見→撮影へ。かな子ってほんといつ見ても何か食ってるなあ(笑。ほんわか丸い笑顔に癒されるけど個人的にはもう一回りくらいプニっていても良い感じ。手作りクッキーをお裾分けのカットはいい感じに肉が付いてる胸部(あえてバストとは言うまい)と腹をドアップで。一緒に映る手のプニ感もじつによろしい。内面外面問わずふかふかしていそうなかな子は見ているだけで和みます。和みすぎて何しに来たのか忘れちゃうほど(笑

慌ててカメラを構え直して智絵里の撮影。ただでさえド緊張の中で「言う事メモ」を風に飛ばされてさあ大変。しかしそんな時でもかな子の癒やしパワーによって笑顔を取り戻し、その笑顔が極上という綺麗なベタオチから次のターンへ。

deremas_04_05.jpg

 天使の声響く時、
 聖なる泉の前にて待つ。
 我の姿を収め、
 魂を封じ込める
 器を保って訪れよ。

 神崎蘭子

蘭子からのメッセージカードに記された内容はいかにも痛々しい(笑。ここのポイントは既に待ってる蘭子をチラリ→次カットの時計がまだ15:40って事。つまり蘭子は1時間以上前から待ってたのね(笑。マジメかわいい。

そんな蘭子を三人娘はとりあえずスルー(笑)してちょうど行き会った美波さん&アナスタシアの撮影を始め…たは良いけれど地味すぎるアピールを見て暫しアイデア待ち。そして閃いたのは背中に背負ってるラクロスラケットを使ったパフォーマンスでした。エアラクロスで浮かび上がったボディラインのアピール力はなかなかそそります。まる出しよりこういうカットの方が以下自重。でも往来でのエアラクロスはちょっとキツそう(笑。続いてチアガール姿のアナスタシアは美波さんを応援しながら流暢なカタコトでアピールアピール。突き抜けた美人レベル+素直な性格とかどんだけ破壊力が…。などなど衆人環視の中で撮影を終えると蘭子からのメッセージを美波さんに解読してもらって待ち合わせ現場へゴー!

deremas_04_06.jpg

良い子のみなさんがお家に帰る頃、一人噴水の前で待っている蘭子とご対面。そして対峙するや稲ややおら立ち上がって語りを始めるも、「器」についてよく判らない卯月に止められてキョトン。あははは。器=カメラと教えられて撮影開始、暫し痛々しい語りが続きますが、何を言うてるのかよう判らない未央が割って入って「らんらん」呼びに固まり、ほどなく帰りの鐘が鳴るとそそくさとお帰りになられ、キメながら歩を進めるも傘を取りに駆け戻る…この絶妙なポンコツっぷりはズルいわ(笑。ってな一部始終を映す引きアングルも効いてます。

deremas_04_07.jpg

事務所に戻って一休みの三人。残りは李衣菜と杏を残すのみ、というタイミングでまずは窓際に佇む李衣菜を発見(杏は椅子の下に(笑)。話し掛けるか思案している三人を薄目で気にし→ヘッドホンを外してロックアピールのジャブ→近づいてきた卯月をまた薄目で確認→興味無さげに振る舞いつつ→撮影が始まるとミサワばりのロックアピール。その後もクールでロックなアピールを続けるも「オススメ曲」を訊かれると言葉を濁し、どうにかごまかすと今度は勢いよく開いたドアに驚いて「きゃっ!」…なんちゃってロッカーだったのか! 正直この子は全体の中でかなり印象が薄いけれど、なんちゃってロッカーの実例を数多見ている私としてはこの正体バレにて結構興味を引かれたり。こういう子にはとりあえずギターを渡して反応を見たい。

deremas_04_08.jpg

凄い勢いで開いたドアに現れたのはたいてい画面フレームに収まらないあの子でした。こんな具合に枠から外れたカットを見ただけで嬉しくなってしまいます(笑。こんなにでっかいのにピンクリボンやフリルやら一番オンナノコしてるファッションってのもまた良い良い。

そして私的に今回のハイライト。行方知らずの杏を誘き出す最終兵器「スーパーハピハピキャンディシャワー!」の発動であります。キャンディをバラ捲いて誘き出すって流れも大概ですが、そのアクションを描く二回転動画にはもう顎が外れる勢いでした。思わず全コマ画像(縦7155pixあるので注意)を作ってしまったほど。キャンディを手に取ってフィニッシュまで全53枚(2コマ撮り)、グーッと回り込むきらりの映像はさすがの迫力&杏への思いが弾けています。これ背景も作画だったらシャレにならないんだけどさすがにそこは時流で。しかしこう言っては何だけどお子様組のアクションやキャンディシャワーに第4話の時点でここまで作画パワーを割いちゃって大丈夫なのだろうか?と要らぬ心配が尽きない。この53枚をライブシーンで使ってくれれば…って事になりませんように。

閑話休題。キャンディシャワーであっさり捕まった杏は引き続きやる気が無く、するときらりが厳しく優しく「めっ!」…どう見ても保護者すぎる(笑。叱られた杏は渋々やる気を出し、着替えのテイでみなさんを部屋から追い出し、ドア閉め際のニヤリのとおり鍵を掛けて籠城へ。ほんと徹底してます。そして当然の如くフレームに収まっていないきらりが愛おしい。ってな所へみくたちが帰ってきてドタバタのまま締め。しかしこれほどやる気が無い子がなぜシンデレラプロジェクトのメンバーに選ばれてるんだろ。そこはツッコんではいけない?

deremas_04_09.jpg

「シン・デレ・ラ・プロ・ジェクト・を・どうぞ・よろ・しく・おね・が・い・し・ます!」

そんなドタバタの末に出来上がったPRビデオはメンバーによるツギハギリレーメッセージでした。あははは。ビデオを見たP氏は考え込む素振りをしながら、自分たちの分を撮り忘れてた三人娘の顛末に一瞬笑っちゃってたり人間味をチラ見せするようになってきました。しかしそれも部屋に一人の時だけで、事務員さんやアイドルたちにはいつもどおり感情を表しません。あくまで裏方に徹しているのでしょう。

deremas_04_10.jpg

「今日はみなさんに発表があります」

プロジェクトルームに集まったアイドルたちは勿体付けたP氏の言葉に想像や希望を膨らませて大賑わい。我も我もと行き交う中でひときわ張り切っているみくはこんな口調だけど本心から仕事が欲しいんだろうなあ。ほどなく発表された内容は美波さん&アナスタシア、そして卯月&凛&未央、各々のユニットによるCDデビューの話でした。後入り三人組ってばステージデビューからCDデビューまで既存組をゴボウ抜き、なんという破竹の勢い…他の子たちはともかくみくは面白くないだろうなあ。本作はそういう方向へは行かないんだろか?

    

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

THE iDOLM@STER シンデレラガールズ BS11(1/30)#04

第4話 Everyday life, really full of joy ! シンデレラガールズのPR動画撮影を任された 卯月、凛、未央の3人。まずは部屋にやってきたのは前川みく、撮影と知って 即座に猫耳装着、いつも持ち歩いているらしい。 続いてレッスン場に移動すると城ケ崎莉嘉、赤城みりあ。二人を撮影して移動中に怪獣と遭遇。着ぐるみ姿の諸星きらり、双葉杏を仕事に連れて行くところだった。お腹...

アイドルマスター シンデレラガールズ ♯04

「Everyday life, really full of joy!」 評価 ★★☆ 今後……活用させていただきます      

アイドルマスター シンデレラガールズ #04 「Everyday life, really full of joy!」

PR動画撮影は下っ端(後で入ったから)の仕事。 「アイドルマスター シンデレラガールズ」の第4話。 PR撮影のためのビデオカメラを持ってスタンバイの卯月と凛と未央。 まず部屋に入ってきたのはみくだがまだ通勤モード。w しかしカメラが向けられていると分かれば猫キャラにチェンジ! 続いて城ヶ崎莉嘉、赤城みりあがトレーニングしている所へ移動してちょっとしたコント。 目の前に怪獣...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

途中からきららになってますw

れすれす

ご指摘ありがとうございます。さっそく修正しておきました。
キャラ名をろくに憶えていない上に新プリキュアの「きらら」が混ざっちゃったみたい(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2