2015-02-12(Thu)

艦隊これくしょん -艦これ- #06 第六駆逐隊、カレー洋作戦!

ご注文はカレーですか? 

kancolle_06_00.jpg

第六駆逐隊、カレー作戦!

いろいろ思う所があろうともお話のベースとして一応「艦隊」のテイを守っていた本作ですが、今回はついにその根本部分すら放棄し、数多の女の子キャラがキャッキャするだけの異世界日常アニメになってしまわれた。これも「明日をも知れぬ艦娘が気を張らない日常イベントを全力で楽しんでいる」とすればアリだろうけれど、そう解釈するにはこれまでの本編が中途半端すぎ、結局前回まで描写されてきたキャラ描写や得た教訓などほぼリセットされて、ちんまい4人組かわいい!だけのお話になってしまった…というのがアニメ組である私の正直なところ。艦これのプロの方々が見ればニヤリとするであろう小ネタやギャグの数々も元を知らない私はポカーンとするばかりで、相変わらずキャラ名ひとつ紹介されないまま進むドタバタを黙って見守るしかありませんでした。まあ全て忘れてこの一本「だけ」見ればこういう作品・作風として素直に楽しめたかもしれない。

kancolle_06_01.jpg

アバン冒頭は神妙な表情で次作戦への決意を示す長門さん&いつものお付きの人。何せ一番偉いはずの提督さんが全く姿を現さないため作戦遂行に於ける判断や指示は描写上全て長門さん任せ=この人が実質トップに映ってしまい、それは作品全体に言いようのない歪みを生み出しているような気がする。この神妙な雰囲気はオチへの振り、とはいえ立場上トップではない人が単に個人的な味の好みで出来レースを演じるってのはやはり不自然というか、お祭りのオチ(味判定)はやはり提督さんが付けないと収まりが悪い。節目節目の六駆隊への肩入れにしても辛いモノが苦手な提督さんのために動いていた、とすればいいのだから。

A頭は雰囲気ガラッと変わってちんまい4人組の入浴シーン。小学生? 懐かしいシャンプーハットはその洗い方だと全然洗えてないような?(笑。茶髪の二人が「いなづま」「いかずち」みたいだけどどっちがどっちだかよう判らない。銀髪ちゃんは常にハラショーハラショー言うてる子、紺髪ちゃんはいつもレディレディ言うてる子、という程度の認識です。てな所へ入浴中の赤城さんが割り込んで「ボーキサイト」に目ぇキラキラ…何やら後の展開によるとこの娘たちはボーキサイトを食用にするらしく、いくら赤城さんが大食い設定でも鉱土までは食べないだろうし、つまり「艦娘は普通の人間ではない」事がこれにて明示されたわけです。そりゃ戦闘シーンや風呂での修復を見りゃ普通じゃないのは判ってますが、普通の女の子に何かが憑依したとか謎の魔力でああなっているとかではなく、体の構造自体が普通の人間と違うとまでは思っていなかった。じゃあ何で普段は人間の食べ物を食べてるんだろ? どーでもいいけどここの赤城さんが丸顔すぎて最初誰だか判らなかった、と思ったら後半ではこんなものではなかった。

お約束どおり腰に手を当てて湯上がりの牛乳タイムにて「鎮守府 カレー大会」のおしらせ。ぱんぱかぱーん! 今週のハイライト! と現れた金髪巨乳さんによれば、この大会は海軍名物「週に一度のカレーの日」に出すカレーを決めるイベントとの事で、それは「鎮守府 お料理ナンバーワン」の称号に等しく――

kancolle_06_02.jpg

kancolle_06_021.jpg kancolle_06_022.jpg

その後 間宮での会議によって第六駆逐隊はカレー大会への参加をけってーい! 円陣組んでファイト! イエース! あれ? 手が1本多いよ? と思ったらさりげなく金剛さんが混じっていて六駆隊へ宣戦布告、その金剛さんは続いて現れた婚活先生と火花を散らし、お子様たちはいつの間にかアウトオブ眼中に。あはは。

「辛いだけがカレーじゃないんだから!」

目を><にして叫ぶ声が今回勝負の決め手となったか(笑。大会に向けて意気を上げる六駆隊を陰からじっと見守る長門さんをチラリと(前振り

kancolle_06_03.jpg

さっそくカレー作りに挑戦する4人組。ところが勢いよく始めたはいいけれど誰も作り方を知らず、まず作り方を調べる所からという超ビギナーっぷりをいきなり発揮。ほどなく調理を始めるも慣れぬ手つきは危なっかしく、子供たちの「はじめてのおりょうり」を見ているようでハラハラするやら頬が緩むやら。いちいちわちゃわちゃした動きはかわいらしく和むけれど、この幼気な子たちも明日をも知れぬ運命を背負っているかと思えば素直に見らんない。敵の直撃を食らったらアフロ頭の涙目で「ていとく~(泣」って帰ってくるような作品だったら良かった、というか今回はそういうノリですよね。

煮えるのが待ちきれないせっかちさも子供らしい。でもそこから火炎放射器を思いつく辺りやっぱり普通の子じゃ無い(笑。一瞬でケシズミと化した元カレーを前にボーゼンの4人、ってな所へ緑髪のタンクトップお姉さんがやって来てトンカン!トンカン! とピッカピカのアルミ鍋を作ってくれました。カレーを作るのに鍋から作るなんて某T○KI○じゃあるまいし(違。そしてまた別のお姉さんからちょいと混ぜればどんな料理も最高の味になるという「幻のボーキサイト」の事を聞いていざ出撃! 時に鍋の材料になり、時に食用にもなるボーキサイト万能すぎ。でも隠し味で忍ばせたカレーを(おそらく普通の人類であろう)提督さんが食べたらマジで死んじゃうけど良いのかな。良くない。

こんな私用でほいほい海に出ちゃって良いの? 任務でも無くほいほい出掛けて敵と遭遇したら大変よ? という展開かと思ったら。

kancolle_06_04.jpg

CM明けていきなり表示された「遠征 失敗!」のテロップは何かと思った。失敗に落ち込む4人の前に長門さんが現れて一喝! のシーンは未熟な部隊に喝を入れる厳しき上官の温情…結果から言うと全然そうでは無かった(笑

というわけで始まった「鎮守府 カレー大会」。在住の艦娘総動員!?と思いきやエントリーは6組と少々寂しく、また一航戦とか五航戦とか金剛組とか前回再編成されたはずなのに以前の括りで出ています。しかも加賀さんは「五航戦のカレーなんかと一緒にしないで」とか前回のお話が無かった事になっちゃってますし、赤城さんはポンコツMAXだし、そもそも吹雪たちメイン組が見物組とかいろいろおかしい。単独参加の島風のエプロンはどこからツッコんで良いのか判らない。

kancolle_06_05.jpg

異次元に意気込んでいる婚活先生&抑える妹ちゃん組、そして手指を包帯だらけにした六駆隊の4人が揃ってカレー大会の火蓋が切って落とされます。手指の傷は猛特訓の証=記号だろうけど…包帯巻いてるのがこのカットだけってのは何かモヤモヤする。

さて始まったお料理タイムは金剛組のデスクッキングを手始めにしっちゃかめっちゃかでありました。具無しのカレー汁を作り上げて舞い上がってる金剛さんも大概ですが、こんな事もあろうかと用意してあったモザイクの具(笑)を放り込むとカレー汁は一瞬で紫色に変わり、しかもこの毒々しい汁を前に比叡も一緒に舞い上がり、味見→即KOってどんだけポンコツなのかと。

kancolle_06_06.jpg

kancolle_06_061.jpg kancolle_06_062.jpg

ポンコツといえば憧れの凛々しい先輩のはずだった赤城さんまでこの体たらくです。異次元の大食い設定はともかく、このテのキャラは涼しい顔で大量のものを食べるから活きるんだろうに、スピンオフや二次創作ならともかくアニメ本編でこの顔はダメなんじゃないの? そんな姿にキラッキラ☆が止まらない吹雪の盲目っぷりを強調しているのかもしれませんが、逆にこの姿を見てキラッキラ☆はこっちが退きます。

五航戦の銀髪さんのスカートにカレー汁が飛んでの顛末はこれまた訳が判らない。触っただけで脱げちゃうスカートってどういう? こんなスカートで戦闘に出掛けたら常に下半身オープンじゃん? んで大赤面ドタバタしながら掃ける五航戦組もいい加減ポンコツです。続いてレトルト開けて自分で食べちゃう島風は何しに来たんだ?(笑

kancolle_06_07.jpg

結局残ったのは婚活姉さんと六駆隊の二組。順調に調理を終えた六駆隊はかつてない出来に大喜びなれど、婚活姉さんの作品をひとくち味見すると激辛なのに超おいしい絶妙な味わいに愕然! 自信を失い俯く四人へガチンコの追い討ちを掛ける婚活姉さん、ところがあまりのガチっぷりに会場の空気は一気にお通夜と化し…なんて所を冷や汗かきながら黙って見ていた長門さんがついに動いて一喝、すると見物組が応援に立ち上がり、六駆隊は再び立ち上がり、ドロドロの悪霊の如く手ぐすね引いてる婚活姉さんと一騎打ちへ。何この展開。

そんなこんなで長門審査員はまず激辛の婚活カレーを滝汗かきかきひとくち食べ、続いて六駆隊のお子様カレーをひとくち。そして出された判定は――

「本年度鎮守府カレー大会優勝は第六駆逐隊!」

お約束どおりちんまい4人組が優勝しておめでとう!

kancolle_06_08.jpg
kancolle_06_081.jpg

茶番と言えばこの上なく茶番だけれど、この茶番を真顔で通した長門さんに免じて。ひょっとしたらこの人こそ本作随一のギャグキャラかもしれない。あんなに頑張った(笑)のに負けて悔しい婚活姉さんのガチ泣き、終わった後も蒼い顔で倒れてる金剛組、そして超大盛りカレーにご満悦の一航戦組、そして本当に出番が無かったメイン三人娘などなど大会終了後の悲喜こもごもをチラリ。金剛さん大丈夫!? 赤城さんは違う意味でもうダメかもしれない。島風の連装砲が一緒にカレー食ってて笑う。かわいいけどこれはどういう扱いなんだろ。

kancolle_06_082.jpg

そしてよほど疲れたのか光り輝くカレートロフィーもそこそこに仲良くザコ寝のちんまい4人で締め。いかにも子供らしい幸せそうな寝顔が、激闘の末次々と轟沈していく惨劇の序章などと誰が想像できようか。

   

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

艦隊これくしょん -艦これ- #06 「第六駆逐隊、カレー洋作戦!」

足柄さん轟沈(社会的に)。「艦隊これくしょん -艦これ-」の第6話。 今回の主役は見た目お子ちゃまな第六駆逐隊、雷、電、響、暁の四人。 一年のカレーレシピを決定する鎮守府カレー大会に参加することに。 金剛を始めライバルは多数。 と、いうわけでまずカレーの基礎から・・・ 鍋を燃やしてしまったりと苦戦するが新たな超高性能鍋も手に入れ さらに伝説のボーキサイトを求めて出撃す...

艦隊これくしょん-艦これ- TokyoMX(2/11)#06

第6話 第六駆逐隊、カレー洋作戦 暁、響、雷、電は第六駆逐隊、遠征で疲れている。 今日もお風呂で疲れを癒していた。 遠征なんてレディの仕事じゃない。 赤城は知恵の輪をしながらも湯船に浸かっていた。 風呂上りに目にしたのは鎮守府カレー大会。カレーは曜日を忘れないための大事な食事。 そんなカレーのチャンピオンを決める大会。 チャンピオン=一番=旗艦、出場しようと決める第六駆逐隊。先ずはレシピをお...

艦隊これくしょん -艦これ- 6話「第六駆逐隊、カレー洋作戦!」

評価 ★★ じょじょ女子力ぞいや!          

艦隊これくしょん -艦これ-「第6話 第六駆逐隊、カレー洋作戦!」

艦隊これくしょん -艦これ-「第6話 第六駆逐隊、カレー洋作戦!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2