2015-02-19(Thu)

艦隊これくしょん -艦これ- #07 一航戦なんて、大ッッキライ!

続・一航戦vs五航戦の仁義なき戦い。

kancolle_07_00.jpg

仲良く喧嘩しな。

kancolle_07_011.jpg

kancolle_07_01.jpg

冒頭は大本営(?)からの無線連絡を受けるメガネ通信兵さんから。モールス速すぎて頭の「ワ レ」しか聴き取れない(笑。そんな超速モールスを受信し暗号解除して長門さんへの報告はFS作戦に関する出撃命令でした。「本鎮守府」というくらいなので他にもあるんだ、と思ったら今回中盤にて出てきてましたね。相変わらずよう判らんけど。ってな一幕の裏側で敵さんの意味深なクローズアップ。如月の成れの果てだったり? 全然関係無いけどメガネさんのスカートもえらいデザインだなあ。

一方第五遊撃隊の面々は洋上にて交戦中。前回のカレー大会では全く触れられなかったのでまさか一話限りで解体?と思ったけれど、件の隊は第五話どおりきちんと存在していたのでした。よかった。相変わらず仲がよろしい百合組、相変わらず賑やかな金剛さん、すっかり旗艦が板に付いてる吹雪…の後方で相変わらずモメている一航戦と五航戦。何だか以前より露骨に啀み合ってるみたいでしたが、この人たちって第五話ラストでそれなりに通じ合ったんじゃないの? ってな丁々発止から前に出て弓を構えたツインテちゃんへ魚雷が走り、結構危機的状況だろうに何だかのんびりした空気の中、突然加賀さんが走り寄ってドッカーン!と身替わり被弾。あらら。また油断して突っ立ってるトコへ…ですか。というかあの距離を水上ダッシュして身替わり被弾する時間的余裕があるならツインテちゃん自身が回避運動できたんじゃ? 凄い勢いでゼロ発進できる機動性があるのだから。

kancolle_07_021.jpg

kancolle_07_02.jpg

思いっきり直撃した割に中途半端に服が破けただけで帰還。肩を借りてる=足をやられたってのは船底への被弾の表れでしょうか。でもニーソの破れ方にセンスがない(笑。油断していたツインテちゃんを庇って被弾したのは明らかなのに加賀さんは決してそれを認めず自ら責任を被り、一方タダでさえ啀み合ってる相手から二重に庇われちゃツインテちゃんのプライドはズタズタでしょう。それでも加賀さんは決して認めません。ああもう面倒くさい人たち!(笑

まあ壊れた所でマジックバスクリンを入れればモノの数分で修理完了じゃん? と思ったら補給線の問題でバスクリンが底を突いてるとか…そんな状態なのに呑気にカレー大会なんてやってたのか。やはり世界観がよう判らない。そして赤城さんはまた風呂入ってるし。この人ってばバカ食いするか風呂に入るかしか出番が無いの? というか先週元気に生イモ食べてたのにまた被弾したのか。湯船に浸かってあやとりしている様子は、何というかお花畑の住人みたいでちょっと危うい。

というわけで加賀さんの即時復帰が不可能となってどうしましょう? ってな所へ名乗り出たのは五航戦の銀髪紐パン姉さん。これまでチラチラ登場しているけど、ツインテちゃんの姉貴分(?)にしてはほわほわ要素が多すぎ、つまりアニメ本編を見る分には未だどんな性格なのか掴めないキャラです。袴の隙間からチラリ見えてる肌色が地味にエロい。今日は紐パンじゃないのかな。

kancolle_07_03.jpg

ドタバタ続きの遊撃隊にトホホが止まらない吹雪、を励ます睦月&夕立。今や申し訳程度の出番でありますがそれだけに作画に気合い入ってる? 特に夕立がめっちゃ美少女に描かれていて驚いたっぽい。ぽい。そんな吹雪はツインテちゃんの様子を見にいきなり突撃、ノックの後は返事を確認してからドア開けようよ(笑。例のタオルウサギを突っついて物憂げな表情から吹雪に対して慌てて隠す辺りじつに判りやすいツンデレです。でもそれを交戦中まで持ち込むのは悪いツンデレ。

てな所へ提督室へ呼び出された吹雪はガチガチに緊張して入室。しかしてそこにいるはずの提督さんは絶妙なカメラアングル(笑)によってついに姿が映されず、そこにいるはずの提督さんの御心をいちいち長門さんが代弁するという不自然MAX・不気味MAXなヒトコマに。いろいろ都合があるのだろうけど、言葉も発せず姿も見せず、影で頷くだけの提督さんが幽霊扱いすぎて思わず笑ってしまった。どうすんのこれ。

kancolle_07_04.jpg

メガネさんが他の鎮守府からの出撃部隊を報告すると第五遊撃隊へ出撃命令が下り、ほどなく出撃口へ集まったみなさん。姉さん顔近いよ! 姉さんは一航戦に対し劣等感を持っていないようだけれど、これはデキた人格ゆえなのか、それともおっとりした性格ゆえなのか。ツインテちゃん的には頼れる姉さん扱いみたいですが、ミニスカを触っただけでひっくり返って紐パン全開のポンコツさんが戦闘現場で頼りになるの?と思わなくなくも(笑

まあそれを言えば最近はバカ食いor風呂の二択状態であるポンコツ赤城さんなんてどうすんの?って事になっちゃいますが。海へ出て行く遊撃隊の一方でのんびり湯に浸かる一航戦の二人はホントにのんびり。加賀さんにカマをかけつつキャッキャとからかい、一緒の入浴を喜んでいる様は、作中の戦況を鑑みると余裕がありすぎて凄い。これが一航戦の大物っぷりなのか。

kancolle_07_05.jpg

「私たちの作戦目標や艦隊の動向が敵に漏れている可能性を考えること」

百合組の積乱雲アピール(前振り)を軽く済ませると、提督さんの忠告を重視した旗艦吹雪は目標の海域に向かう途中で入念な索敵を指示。水面をろくに進めずついこないだ初出撃でヒーヒー言うてた子がずいぶん立派な策士になったものです。すると遠い洋上の爆煙がパッと映ってイヤな予感が的中。あれだけの爆撃&炎上ではやはり轟沈なのだろうか。数多の艦の中で貴重な出番が即轟沈ってのも切ないな。

そんなこんなで艦載機さんが頑張って敵艦を見つけて攻撃開始。艦載機のちっさい人かわいい。見事空母を中破させて敵艦載機の発艦を止めると、吹雪たちは残敵掃討に向かい、空母二人は支援隊へ合流する運びに。一仕事終えて戻ってきた艦載機の着艦シーン、ちゃんとアレスティングフックを引っ掛けててちょっと感動(笑。あの飛行甲板は飾りじゃなかったのね。

kancolle_07_061.jpg

kancolle_07_06.jpg

というわけで二人仲良く別行動を始めたところを敵艦載機に狙われてあっという間に大ピンチに。やっぱり服だけが破けるんだ。やられちまった姉さんを置いて逃げるなんてもちろんできず、しかしそうこうしていうるちに敵の攻撃は激しさを増し、無線封鎖中のため応援も呼べず、ツインテちゃんは反撃の隙すら与えられぬまま姉さんを抱えて逃げるのみ。ここのCGカットは緊迫感&スピード感に溢れていてなかなか。気にする余裕が無いのかぱんつも豪快に見せまくりです(笑。アクションシーン全体に常にこれくらいの迫力があればアツいんだけれど。

「絶望の瞬間の僅かな希望」

負傷兵を抱えながら逃げ場のない激しい攻撃に晒され、どうにもこうにもな戦況からツインテちゃんが見つけた「僅かな希望」は先の振りどおりスコールの積乱雲でした。スコールに入れば当面の攻撃は止む、もし切れ目があれば反撃だってできるかもしれない…とはいえ現状こちらからの反撃もできない上に待ち伏せされたら一巻の終わりというハイリスクな賭けであります。

kancolle_07_07.jpg

その頃吹雪隊は掃討を終えてホッと一息。無駄につええなキミら(笑。提督さんのお言葉どおり最悪の事態を想定して動いたゆえの勝利に感慨深げな旗艦吹雪は、しかしそこから「最悪…これが?」と考え直してスイッチオン! さすが理論は優等生だっただけに頭の回転は早い? その頭脳+機動力鍛錬+実戦経験を積めばこれほど有能な旗艦になってしまわれるのか。もはや他の名だたる先輩衆すらタダの一兵卒にしか見えない。

一方スコールを抜ける瞬間に賭けて弓を絞る五航戦の二人。当然待ち伏せしている敵方はここぞとばかり一斉攻撃! の瞬間に戻ってきた艦載機ちゃんが援護を撃ち、できた隙に矢を撃ち込むツインテちゃん。

「お願い! 一発だけでもいい、五航戦の意地を見せて!」

祈りを込めて撃ち込んだ弓でしたが敵の対空砲撃によって全て撃ち落とされて万事休す。これ中のちっさい人も戦死しちゃうのだろうか? うわあん。しかしこの情況でも「五航戦の意地」と叫ぶ辺り、命より大切なものを持っているというか、何かにつけて一航戦に張り合ってる彼女の根っこが見えたようで悪くありません。

kancolle_07_08.jpg

「はああぁぁぁぁぁっ!」

最後の手段を全機撃墜されて唇を噛むツインテちゃんの背後から聞こえてきた気合いの叫び、スコールの水壁を突き抜けて現れた声の主はもちろん旗艦吹雪でありました。もうベッタベタなんだけどこの瞬間はさぶいぼが出まくり。無駄にアツい展開いいなあ。おっさんはこういうのに弱いんです。続いて吹雪はマーブルチョコ砲をぶっ放して敵艦の目玉を直撃(いたたた!)、そこからの反撃にバランスを崩されてビンチ!? のタイミングで遊撃隊の総攻撃が始まる流れもアツい。金剛さんも格好いい!

「海の藻屑と!」
「なりなよ~」

そして初めて百合組が格好いいと思った。続いて発射された大量の魚雷がサンチンのミサイル(R40くらいのネタ?)みたいでちょっと笑ったけど。尺自体は短かったけどこれまでで一番高揚したアクションだったと思います。破壊神たちの総攻撃を受けた敵艦は為す術もなく、しかし撤退の直前遊撃隊を、特に吹雪の顔をジッと見つめていたのはいったい? これが如月? と、敵艦全てが如月に思えて困る(笑

「やりましたね、あの子たち」
「はい。でもそれほど驚くことではないのかもしれません」
「だって……みんな優秀な子たちですから」

エピローグは風呂場で戦果を聞いた加賀さんのヒトコト。風呂で緩んだのか赤城さんにアテられたか、メンバー全員をきっちり認めていた加賀さんの本音が漏れて引き。こうまで言っといて次回また一航戦が!五航戦が!のリピートだったら、それはもう伝統芸能として静かに見守るしかなさそう。むしろそうしてくれたほうが彼女たちらしいかもしれないな(笑

   

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

艦隊これくしょん -艦これ-「第7話 一航戦なんて、大ッッキライ!」

艦隊これくしょん -艦これ-「第7話 一航戦なんて、大ッッキライ!」に関するアニログです。

艦隊これくしょん -艦これ- 7話「一航戦なんて、大ッッキライ!」

評価 ★★ やっぱり友達って嬉しいね!\っぽい/          

艦隊これくしょん-艦これ- TokyoMX(2/18)#07

第7話 一航戦なんて、大ッッキライ! FS作戦が開始、先ずは聖地MO奪還が目的となる。提督はある懸念があった。それならばW島奇襲の失敗も頷けます。 吹雪たち、第五遊撃部隊は敵と偶然、遭遇して戦っていた。有利な状況で瑞鶴が前に出過ぎて狙われる。魚雷を発見して加賀が瑞鶴を守って負傷する。高速修復剤があれば1日で修復可能だが、今は 戦線が広がって修復剤が足りない。赤城も未だ修理中。 加賀の代わりに...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2