2015-02-27(Fri)

アイカツ! #122 ヴァンパイアミステリー

誰が予想しただろう。

aikatsu_122_00.jpg

スターライト学園でこんなに恐ろしい事件が起きる事を。

今回はどういう経緯か一部のアニメファンに超有名なカトキハジメ氏がコンテを切ったドラマ回。122話を担当すると噂では聞いていたもののカトキ氏とアイカツ!の共通点が見つからず、一方監督始めライター陣もノリノリのご様子と聞き、さてどんなフィルムが上がってくるのか?超期待の今回でしたが…これほどツッコミが追い付かないどころか周回遅れにされちまうほどのカオス&フリーダムをぶちかましてくるとは予想しませんでした。とりあえずツッコミが全く追い付かないのでよりぬきで(これでも。

aikatsu_122_01.jpg

お茶の準備が整ったあかスミ部屋にひなきが訪れ、すると珠璃がいつものポーズで現れ…腰をぐいっと捻ったポーズはスタイルの良さを際立たせるものの、この子はいちいちポーズ取らないと喋られへんのか(笑。手にした「スターライト学園 ヴァンパイアミステリー」の白箱をキメキメでアピールする様子も冒頭っからハライテエ。やってることはすっかりイロモノなのに本人はド真剣で、そのノリに周囲もきちんと乗っかっている辺り仲の良さが窺えます。ある意味暖かい空間です(笑

というわけで新人アイドルの定番コンテンツ、あかりたちが出演した30分ドラマ「ヴァンパイアミステリー」の上映会というテイでクールに1度のドラマ回が始まります。そういや昭和の頃は新人アイドル主演の30分ドラマってよくやってましたね。セットや特殊効果も思いっきりチープな作りで、役者の芝居もお察しの安っぽく素っ頓狂なドラマなのについつい見ちゃったっけ。原田知世の「セーラー服と機関銃」とか「ねらわれた学園」とかまだVHS録画が残ってますよ。懐かしい。そう、今回のアイカツはそんな昭和アイドル番組的な懐かしさもあって面白さフルゲージ突破、星座アピールを12連続で出せそうな勢いでした。

aikatsu_122_02.jpg

物語の始まりは雷鳴轟く真夜中のスタライ寮あかスミ部屋から。

「ねえ、あなたは欲しい?」

ドコゾから聞こえてきた声に目を覚ましたスミレはその声に誘われるように部屋を抜け出し表へ出て、先の声主へ「永遠の輝きが欲しい」と叫ぶと稲妻一閃。その代償として「血を吸うわよ」と現れたのは待ってましたのユリカ様です。暗い部屋で戸惑うスミレ、雷光を浴びて廊下の壁に映る大きな影、背後に迫るシルエット、振り返ったスミレの表情&瞳に映ったシルエット、そしてトドメの牙きらりん☆から悲鳴が響いて靴だけ残ったカットまで、ここへ至るおどろしい雰囲気はミステリー作品の導入として結構本気で作ってる感じでした。

鑑賞会のひなき&あかりも思わず引き込まれてビビリまくり。そんなひなきへ「あなた出てるじゃない」と珠璃の冷静なツッコミから「そうだけど!」と返すやり取り、続いてスミレの演技や出番云々の話で盛り上がる様子はいかにもキャストの上映会っぽく、こんな具合に節目節目で鑑賞会の様子をチラ見せしながら完パケのドラマを本編として流すってのはなかなか面白い試みでした。では続きをどうぞ。

aikatsu_122_03.jpg

ルームメイトが姿を消して三日も経つのに何の動きもない学園マザーに直訴のあかり。ってな所で入り始めた役名テロップに目が点に。そしてこの素っ頓狂な役名をいちいちフルネームで連呼させるシナリオにハライテエ。スミレジェラートちゃん! スミレジェラートちゃん!と真顔で連呼されるとそれだけで笑えちゃいます(笑

何やら事情を抱えていそうなレジェンド織姫学園長。シーザーサラダって言いたいだけやろ?的なネーミングのヴァンパイアハンター珠璃アスは、証拠も無しに呼ばれた事に戸惑いながらも仕事を受け…スッと立ち上がるカットで背中の得物をさりげなくアピール。さすが役者が本業の珠璃は重要な役どころを任されたのかな。

なんて会話をドア越しに聞いていた「学園一のひねくれ者!」は結構シリアスに進んでいるドラマで一人コメディの気を吐いています。あんまりな枕詞はともかく、これまで約半年経った3rdシーズンにてひなきは今回が一番輝いていたような? 本編でもこんな風に思いっきりはっちゃけて良いと思う。

aikatsu_122_04.jpg

スミレジェラートちゃんが消えた学園内を寂しげに見回るあかりサンシャイン、ってな所で行き会った珠璃アスへスミレジェラートちゃん失踪の事情を話し、「何か知っているのなら教えてください」と直訴するももちろんお約束どおり「深入りするな」と釘を刺してソッポ向き。

「あの学園長は何かを知っている…」

その後珠璃アスはスミレジェラートちゃんの行く末を案じながら学園長への不信感を呟き、一方学園長はカーテンの隙間から珠璃アスを見つめ…声出して笑ってしまうくらいベッタベタのお約束シーン波状攻撃です(笑

aikatsu_122_05.jpg

背中の得物を取り出すと寮の屋根へ向けてフックをぶっ放して調査開始。ワイヤーガンは浪漫だなあ。でも真っ昼間からこれは傍から見たら丸バレじゃ?(笑。フックの位置や後の階段シーンからしてあかスミ部屋は3階の角部屋でしょうか。そういや元の部屋の雨漏りはどうなったんだろ。学園長室から食堂へ向かった学園マザーは四ツ葉さんと意味深な密会。「例のモノ」を急かされての表情からしてこの人も何か関わってる? と思いきや…まあ確かに大きく関わってはいましたが(笑

夕陽がこぼれる階段室の窓際にて待ち構えていたスミレジェラートちゃんとの再会。このシーンは逆光の中で瞳だけ輝いているスミレジェラートちゃんの異様さと、奧が暗い広角俯瞰アングルが醸し出す不安定さ=あかりサンシャインのココロの揺れがいい感じにミステリーチックなタメになってます。

aikatsu_122_06.jpg

「スミレジェラートちゃんやっぱり何かおかしくない?」

あかりと一緒に部屋へ戻ったスミレジェラートちゃんはバレバレの言い訳を話し、しかも見慣れぬアイシャドウを付け…気付かぬふりでお茶を淹れるあかりサンシャインへだるまさんがころんだ状態で襲いかかり、バレてもなお誤魔化し続ける一連の痛々しい芝居には思わず変な笑いが出ます。このビックリ演技のわざとらしいこと(笑。こういうチープさを含めてじつに良い味です。がうがう。

「あなたをこの学園で開かれる秘密のパーティにご招待したいの」

続いてスミレジェラートちゃんはあかりサンシャインをいかにも怪しい「秘密のパーティ」にお誘い。ドア外で聞いていたひなきツイスターも部屋へ入れ――

「アイドルとして永遠に輝き続ける方法を教えてくれるんだ」

件のパーティの趣旨を伝えるとひなきツイスターは即食い付き、いかにも怪しそうなパーティだけれどスミレジェラートちゃんが心配なあかりサンシャインも参加する事になりました。その答えを聞いてニヤマリの表情はいかにも怪しく、ってな一部始終を窓外で聞いてた珠璃アスは危機感を強めます。

…名前打つの面倒くさくなってきた(笑

aikatsu_122_07.jpg

パーティへ出掛けるべく着替えて部屋を出た三人を見張る珠璃アスはそのまま尾行を続け、するとスミレジェラートちゃんに気付かれて…まさかアイカツでビーム攻撃を見る事になるとは! 珠璃アスを吹き飛ばしたスミレジェラートちゃんはシュッとテレポート。対する珠璃アスも負けていません。捕獲ネットを凄い勢いで撃ってスミレジェラートちゃんを見事捕獲! しかし捕らわれたスミレジェラートちゃんは異様な瞳をカッと見開き「無駄ね」のヒトコトを呟くと今度は轟音とともに光柱を立ち昇らせ…いつからアイカツは異能バトルアニメになったんだ!?(笑

aikatsu_122_081.jpg

aikatsu_122_08.jpg

aikatsu_122_082.jpg

「スミレジェラートを逃した。このままでは一緒にいる二人が…」
「二人だけじゃない。二人だけじゃないのよ」

倒れた珠璃アスに得物を手渡すと共に手伝いを申し出る学園長。しかしその表情には深い罪悪感が見て取れ、しかも「二人だけじゃない」と学園の異常事態を今さらながら呟きます。いかにもヤバげです。

一方例のパーティに向けて銅像ホールへ入った二人。並んでいる銅像をよく見るとお馴染みのあの人たちってのが笑えます。そして最奧に聳える銅像にあかりサンシャインが目を止めると――

「この学園は呪われている」
「ドーン!」

激しい爆発音と共に銅像モードを解いた美月さんのパンアップから、カッと目を見開いて「特別出演! レジェンド美月」のテロップ&集中線には腸がねじ切れるかと思った。ズルいよこんなの!(笑

「ここは永遠に輝き続けるアイドルたちの虎の穴、ヴァンパイア学園よ!」

ユリカ様&スミレジェラートちゃんのヴァンパイア軍団を控えて啖呵を切るレジェンド美月さんがノリノリ素敵すぎて頭痛が痛い。ほんとズルいわ。この人ってば「いる」だけで全部持ってっちゃうんだもの。そして今回ドラマもしっかり参加しているジョニー先生に乾杯。

一方この顛末の真相を語る学園長。曰く――

「アイドルを今のまま永遠に輝かせたいと思った」
最初にヴァンパイアユリカがレジェンド美月の血を吸った
「レジェンド美月はヴァンパイアになり、永遠の命・永遠の輝きを手に入れたわ」
「そしてこの二人によって他のみんなも…」

プール回でのあのネタはここに繋がっていた!

aikatsu_122_09.jpg

というわけでおなじみのみなさんが次々とヴァンパイアキャラとして登場します。かえでにセリフがあった! それにしても蘭の定番「これアイカツか?」から唐突に始まったヴァンパイアアイドルカツドウ! フフッヒ!は何事かと。カオスにも限度があるだろう! ヴァンパイアいちごにちゃんと牙生えててかわいい。そして学園長のさらなる懺悔が続きます。

「ヴァンパイアの持つ永遠の命でみんな永遠に輝ける。永遠にフアンに愛される」
「でも私は大きな計算違いをしていた」
「ヴァンパイアは闇に生きる存在。だからスポットライトを浴びることができない」
「つまりヴァンパイアアイドルは…フアンの前に出られないのよ!」
「あっ!」
「ラジオにブログ、執筆活動くらいしかできないアイドルになってしまったの」

なんつーオチ(笑。学園長の語りに対する珠璃アスの大マジメなリアクション、そこから顔に線を落としたオチまで二人とも熱演すぎる。それにしても意外とマジメなミステリー仕立てだったAパートからこの急転とは…これがアイカツか!

aikatsu_122_10.jpg

「あなたたちもヴァンパイアアイドルになりなさい」
「は~い、ぜひ~!」

レジェンド美月さんの誘いに即答のひなきツイスターだめじゃん! 「輝けるなら手段を選ばない」ってのはひねくれ者というよりどちらかといえば究極の正直者のような気がするけど。そこから契約の刻印に降りたヴァンパイアユリカによる吸血シーンは脚のアップが強烈にエロい。ここはあえてエロいと言おう。

「血、吸っちゃうぜ~」

振り返ったひなきツイスターは例のシャドウが付いて牙を光らせ、他のヴァンパイアアイドルに囲まれ、一人対峙するあかりサンシャインはいよいよ大ピンチに! ってな所で白飛びバックで飛び込んできた二人のカットがまたお約束で笑った。もうニマニマが止まりません。

「ニンニクドーナツさえ食べさせればみんな人間のアイドルに戻ることができるはず」

四ツ葉さんに頼んでいた「例のモノ」とはこのニンニクドーナツでした…って何という力技な。

aikatsu_122_11.jpg

ここから暫しヴァンパイアアイドルvsドーナツ組のバトルへ。ひなきツイスター&らぶゆ~おとめはあかりサンシャインが指さしたUFOに気を取られている隙にドーナツIN! アホっぽいけどかわいすぎるだろうこれは。続いて珠璃アスが例のワイヤーガンを構えてかえで→蘭とドーナツを撃ち込み三段キメポーズ…を見てテンション上げ上げの姐さんへ無情にもドーナツを撃ち込む珠璃アス容赦ねえ! でも姐さん嬉しそう(笑。続いて撃たれたいちごは自分から食べてて笑う。まあいちごなら食べちゃうでしょう。

aikatsu_122_12.jpg

てな具合に次々とニンニクドーナツを撃ち込まれたヴァンパイアアイドルはお約束どおり幹部三人が残り、まずはヴァンパイアユリカ様がビーム攻撃で珠璃アスをヒット! あっさりやられた!? と思ったら血を吸うべく顔を近づけた所へドーナツIN! あ、ヴァンパイアジョニーもいたっけ。こちらはレジェンド学園長によってあっさり乾酪されてました(笑

「一緒に輝きましょう。あかりサンシャインちゃん」

突き出したドーナツをひらりひらりとかわし、その腕をひねり上げて壁ドンで迫るスミレジェラートちゃん。対するあかりサンシャインの脇から始まるスミレジェラートちゃんの攻めがこれまたエロすぎた。ここもあえてエロいと言おう。今回はいろんな意味でゲージ振り切ってます。美麗な絵がよう動いてますしどんだけ気合い入れてんのかと(笑

もみ合って倒れた拍子に宙に浮いたドーナツは見事スミレジェラートちゃんの口へ。目ぇ回して倒れている子へドーナツを押し込むのは危険が危ないから良い子はマネしちゃいけません。などと大ボス以外を片付けた所でススッと集まってきた二人…テンションMAXのキメポーズのまま語りかける珠璃アスをどうにかして! もうこのポーズ見ただけで腹筋が壊れそう。

aikatsu_122_13.jpg
aikatsu_122_14.jpg

「正義よ!」
「愛よ!」
「アイカツパワーサンシャイン!」

珠璃アスから例の得物のアタッチメントを受け取ると空間がいきなり魔法少女の必殺技モードと化し、薔薇&ハートの力を受け止めて現れた弓を構え…少女アニメで弓矢のキメ技は古今東西数多あるのでナントモですが、パッと見たイメージはドキドキプリキュアの「ラブハートアロー」か、古いトコならチャチャの「ビューティーセレインアロー」に雰囲気が近いかな。ともあれキラッキラ☆の必殺技は画質も動きも極上で、おそらく一発限りのぶっ放しにこれだけ気合いを込めるスタッフ諸氏の熱量に感服するやら呆れるやら。ドーナツが命中して断末魔(笑)のカットまでノリノリで笑う。レジェンド美月さんのドラマ回での輝きは異常です。タダでさえ存在感が凄いのに毎度美味しいトコ総取りなんだもの(笑

不死の血に冒されたアイドルたちの浄化が済んで任務完了のヴァンパイアハンターは異様に本気デザイン&きっちりした始動シーケンスで浮上したエアバイクに乗って人知れず学園を去り…足元に赤い波が絡みつきそうなEDで締め。ああ面白かった、面白すぎた。

「みんなヴァンパイアになっちゃうなんてドラマで良かったよ~」
「ヴァンパイアはこの珠璃アスが成敗するよ!」
「うふっ(キラーン☆」

DVDを見終えて思い思いの感想で盛り上がる中、人知れず牙を光らせるスミレジェラートちゃんでオチ。こんな所まで古典パターン準拠の拘りを貫くサービス精神に感動を禁じ得ないオチでした

         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

カトキハジメさんの名前はもちろん存じておりましたが、あまり演出とかコンテのイメージは無かったんでピンとこなかったですねー。
あのバイクのデザインはそういう事なんでしょうけど。

それにしてもすごいネタ回、面白かったです。
あかりサンシャインちゃん、スミレジェラートちゃんの呼称からまずシュールでした。
管理人さんのレビューの中で普通に名前書いてるとこが無いか粗探しをしてたんですがオールクリアーでした、あっぱれ。
と思ったら1箇所見つけた!
レジェンド美月さんの劇場版を除いた今期初登場がこれって…。ほんとズルいですね、あの人。
仕事選ぼうよとも思いましたが、アリス回でもノリノリでしたもんね。こーゆーのが好きなんでしょう。
他の先輩衆もイキイキとしてて、3年間キッチリとキャラクターを描いてきた上でのネタ回ですから、そりゃ面白いわ。

ひなきはひねくれ者とか酷い言われようでしたが、今までの言動の節々から察するにまだまだトラウマ克服には至っていないようで…
今後の成長も楽しみな、深みを感じるキャラですなー。

大変楽しい話だったのですが、欲を言えばユリカ様の出番が少な過ぎ、ハッチャケ足りなかったのと、さくらちゃんの出番が無かった事。
アリス回でのあの悪い顔がもう一度見たかった…

あと弓矢バンクといえば、自分的にはやはりチャチャの鈴木マジンさんボイスを思い浮かべてしまいますね、世代的に。

同窓会みたいだった

「アイドルといえば30分ドラマ」って何のことかと思ったら「セーラー服と機関銃」とかのことだったんですね…。正直そのあたりの文脈はわからなかった。図らずも世代を感じてしまいました(笑)

これまでもたまに出て来てたスミレの恐い顔がいいですね。眼つきが異様に光ってて、クスリでもやってるのかっていう感じ(笑) 同じヴァンパイア(笑)でもキュートなユリカとはちょっと違った個性がありますね。ふだんのアイカツ中は使いどころのないキャラなのですが、こうして出番を与えられるのは良いですね。

しかし1期2期のスターライトメンバーがこれだけ勢ぞろいするのかなり懐かしいですね。同窓会みたいでした(いや、まだほぼ全員在学中なんですけど笑)。あおいの「穏やかじゃない!」もものすごく久々に感じた(笑) 時間が経ったんだなあ……。

と思ってたら美月までこんなところに!というか美月は本当に久しぶりですね。最近見なくて久々の出番がこれなだけに、無用な心配が湧きあがってきますが(笑)、またちょいちょい顔を見せてほしいなあ(部活の先輩か

あとは他コメントの方も仰っていますがさくらの悪い顔もまた見たかった。せっかく前回出たばっかりですし、いちごの期と違ってまだ中等部に居るわけですからね。あとドリアカ勢もまた出て来てほしいですね。

No title

色々な意味で懐かしく色々な意味でおもしろく色々な意味で濃い話でした。
ファンを喜ばせ続けるため永遠の命により永遠のアイドルとして生きる事を選んだユリカ達も良かったですが、
母や祖母といった役をいつかは演じたい神谷しおんと誘惑に打ち勝った大和撫子さくらがいなかったところも良かったです。

3年目キャラの名前は進むべき方向性?のようにも思えました。
皆を照らす太陽のようになったあかりや今以上にクールビューティーさに磨きをかけたスミレを早く見てみたいです。
そして演じるべき役がはっきりしていれば(迷いが無ければ)今回のように大きく輝く実力者ひなきの巻き起こす竜巻に期待したいです。

現役でありながらレジェンドの美月は格が違いますね。今度は落ち着いたメインキャスター神崎美月なんて見てみたいです。
美月の3年目初登場がこれでいいのかとも思いますがドリアカ組やみくるが突然出てくる可能性が出てきたので良しとします(笑)

No title

ヴァンパイアがアイカツすると、文字通りの地下アイドルになる運命なのか・・・
地下の太陽さんヴァンパイア説が浮上してきました。

美月さんや珠璃アスは存在自体が卑怯。
皆いい表情をしてました。

♪足ー元にー からみー付くー 赤いー波をー 蹴って―

全力でお遊び回

いやー楽しかったです!ここまで開き直った回はもう、全てを受け入れて笑うしかありません!
織姫学園長が意外なノリの良さ!そういえば元・スワロウテイルですものね。演技もお手の物なのでしょう。
あおい好きの私としては、珠璃に目を輝かせる姐さんが見られて嬉しかったです。
赤ずきんチャチャ懐かしいですねー。でもあの武器は見覚えがなくて…私はプリキュアを思い出しました。
他にも色々取り入れられたであろうネタが、さっぱりわからなくて困りました。
今回は衣装も可愛かったですね。ユリカヴァンパイアは暗くしか映っていなかったのに星座ドレスで、細部までこだわりを感じました。
スミレにも着せて欲しかったなあ。きっと似合うと思います。
(それにしてもユリカはハマり役のはずなのに…このドラマだとどうしても笑ってしまう!)
あかりのパーティー用ドレスは、カードがDVDの初回特典っぽいような?ステージさえ省かれた今回の、唯一ささやかな販促かなと思いました(笑)

後半、今週と関係無くてすみません。

 個人的にはテンションが可笑し過ぎる回はあんまり好きじゃないんですが、スミレジェラートちゃん連呼やレジェンド美月登場、プリキュアみたいな必殺技、スミレジェラートのレーザービームあたりはスゴく面白くて、見所はたくさんありました。
 何気に、この手の芸能界物の作品では定番(だと思う)劇中劇ネタはアイカツでは初ですし、たまにはこんな回があっても良いかなぁと、見終わった後は思いました。
 後は、おっしゃる通り美月さんの登場はずるい。これが3期初登場と言うのが、なお美味しい。いきなりこんな役回りだとあるかどうか心配になりますが、映画であかりとガッツリ絡んだだけに、真面目な回での出番(最終決戦前の師匠ポジションとか)も期待したい所です。

 次回早くもあかりの3着目のプレミアムget回。いちご達が1年(作中では2年)以上かかった事を、あかりが半年足らずでこなしてしまうのはちょっと微妙ですが、翼の出番がコンスタントにある事で、デザイナーと一緒に成長して行くアイドルを書けると思うと、一長一短かなとも思います。
 
 
 本来なら先週の記事で書くべき事ですが、みやびについて思いついた事があるので書かせて下さい。(不快ならスルーして頂いてOKです。)
 みやびの着るロマンスドレス、羽衣プリンセスコーデはかぐや姫がモチーフです。そのドレスを着るのは、京都の武家の出だったり、桜色花伝が和風ブランドだったり、イメージの一致だけじゃなく、《舞台の地とは違う場所から来た人間(みやび)が、その土地の人達の助けを借りて成長して行き、やがて本来の居場所に帰って行く》という、童話のストーリーを準えたキャラクターだと考えると、面白いです。 
 そう考えると、みやびが最後のライブで対決するさくらが着たコーデ、牡丹色ヘブンリーコーデは天女モチーフ(童話ではかぐや姫を故郷(月)へ連れ帰る役回り)で、最後のライブの相手にはピッタリです。
 本編で公言こそされ無いものの、モチーフがしっかり反映されていて、みやびは期間限定キャラなだけに、良く考えれているなと感じます。。せっかく童話と言う、前期の星座に比べて話にも絡めやすいモチーフを使っているので、今後も童話のネタを何かしらストーリーに反映して欲しいです。

No title

もう,ずいぶん遅いですけど
あけましておめでとうございます。

今年のアイカツ!は,お正月!~あかり天気予報!まで見ました。

なお,昨年末に『アイカツ!を3週以上見るとアイカツ!が口癖になる』と書きましたが,
止まりました。

どうやら,アイカツ!を見て『アイカツ!』と言ってしまううちはアイカツ!入門初心者!で,
真のアイカツ!ファンはその免疫・抗体をまとっているようです。

私もようやく入門初心者!~ピカピカ研究生!です。
・・・たいして変わりませんね・・。 (プリパラじゃないし・・)


ええ,今回・・・
『ヴァンパイア』と聞いて『ユリカ様に会える!』と思って帰って来ました。
しかし・・・

あかり『スミレジェラートちゃん!』『スミレジェラートちゃん』『スミレジェラートちゃん!』
・・・あかりサンシャインちゃん・・!
・・・学園のボス!! レジェンド・・・
・・ひなきツイスター・・

前半中ずっと笑っていました。
スミレジェラートちゃん・・ジェラート・・ジェラート・・

そして,まさか・・・いや,これはやっぱり・・・
なんで美月さんまでいるんですか・・
ギャラは・・? 特別出演のサービスし過ぎです!

・・みくるヴァンパイアは・・・
海外じゃ無理か・・・
うちの花壇も芽が出始めた頃ですし・・
みくる先生は今からが大変大事な時期なのかもしれません。
(我が家は,チューリップ・ヒヤシンス・朝顔・苺・ひまわり・グラジオラス限定です)

(出た芽には,ほとんどプリキュアメンバーの名前が付きます)

ジェラートちゃんが手から気孔波出したりビックリしました。
お化粧のアイラインがとっても素敵☆です。

ひなきツイスター☆ちゃんが素敵すぎ。

『あかりタンをゴクゴクなのですぅ~~!』
・・ドキッ!
・・・おそろしい子!

れすれす

>ロコじじいさん
まあカトキ氏といえば某Gを始めとするメカものデザインですよね。カトキ立ちするスタライ校舎ロボとかほんのり期待していたんですが無くて残念(笑。例の役名表記は頑張って書いたつもりでしたが抜けがありましたか。というか「スミレジェラートちゃん」と入力する度笑えちゃって困りました(笑。美月さんはさすがの貫禄でしたね。さくらちゃんの不参加は…おそらくヤマトナデシコ云々やみやびとの対決ライブを控えて薙刀の稽古をしていた、と思っておきます(笑

>tamanoさん
30分ドラマで他に浮かんだのは「ナッキーはつむじ風」とか「大場コメットさん」とかちょっと古すぎ(笑。昭和の頃のアイドル全盛期には他にもいろいろやってましたね。珠璃の「アイカツ先生」もその系譜だと思っていたので、改めて「アイドルといえば30分ドラマ」と言われて少々戸惑いました(笑。まあこちらはこちらで1時間枠のアイドル主演大映ドラマ的なものなのかも? キャラ濃度的にもびったりぽい? 久々に降臨したレジェンド美月さんですが…美月さん-いちごのラインだった2ndシーズンまでと違ってあかり世代のストーリーに美月さんを絡ませるのは難しそう。あかり的にはどうしても「いちご越え」がテーマになっちゃいますし。

>アイカツパパさん
ドラマ回にしおんが出ないのは寂しいけれどこれも時の流れでしょうか。そして闇に紛れる地下アイドルって話にフラッシュさんが登板しなかったのは残念。コメディに全振りした今回のひなきは良かったですね。本篇でもあれくらい飛ばしてくれても良いような気がしますが、そうするといよいよツッコミ不足が深刻化しそう(笑。

>オルタフォースさん
珠璃アスはかなり良い役どころだったのに例のキメ×キメ×キメですっかりコメディキャラになっちゃってましたね。真顔であのポーズはいろいろ反則ですよ(笑

>アッサムCTCさん
従来の作品世界を卓袱台返してフリーダム全開に突っ走れるのがドラマ回の面白さ。これまでは何だかんだ「オーディション」だったので(作中の)現実との絡みもありましたが、今回は完パケ品を鑑賞というテイだった=劇中劇が完全に独立していたのもフリーダムに輪を掛けた原因かも?(笑。あかりサンシャインの必殺技は基本的に赤チャチャとは思いますが、他にもいろんなエッセンスがミックスされている感じではあります。ちなみに私も最初に浮かんだのはキュアハートの必殺技でした。撃つ前のウインクとかマンマですよね(笑

>ユウさん
1クールに1度のドラマ回はハメを外した自由さを楽しめるので私的には結構好きだったりします。とはいえこれほどのテンションのは年に1度で良さそうですけど(笑。美味しい所総取りのレジェンド美月さんはおっしゃるとおり劇場版にてあかりとガッツリ絡んでましたが、劇場版で築いた関係性ってTVアニメ本編でも反映されるんでしょうかねえ? さらに言うならあかりと鍋ラーメンくん(笑)の関係性も今後どう扱われるのか気になるところ。 先の劇場版自体がTVシリーズからの地続き(112.5話的)なので正史として扱って良い気がしますが。

前回ライブについての考察は興味深く読ませて頂きました。各コーデと本編展開とのシンクロは言われてみればそのとおりで、みやびはもちろんさくらちゃんの天女モチーフまでも役どころにきっちりハマっていたとはじつに感慨深いです。

>じょねすさん
ヴァンパイア回の割りにユリカ様の出番は少なめでしたね。まあ若手メインのドラマに花を添える大御所としては十分な出番だったかもですが。スミレジェラートちゃんは妖しいメイク&表情が妙に似合い、異能バトルでも大活躍でしたが…本篇ではそのキャラを活かせなさそうなのがもったいない(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2