2015-03-24(Tue)

Go! プリンセスプリキュア #08 ぜったいムリ!?はるかのドレスづくり!

私もドレス手作りしたい! 

princess_08_00.jpg

一方 超頑張るはるはるを心配するきららは…。

princess_08_011.jpg

princess_08_01.jpg

冒頭は学園の伝統行事「Noble Party」のおしらせ。優雅なドレス姿の会長さんが誘うポスターを見たはるはるはうっとりトロけ顔、紳士淑女の学園らしいハイソな催し物にテンションMAXスイッチオン!であります。ポスターのドレスは会長さんが刺繍を入れたものらしく、さらに「ドレスを一から手作りする人もいる」と続け、ってな話を聞いたはるはるは――

「私もドレス手作りしたい! 自分の作ったドレスでパーティに出たい!」

そんなん言うからには洋裁できるの?→「できません!」とドヤ顔で胸を張るはるはるが頼もしい。その自信は何なんだ?(笑。呆れ顔のきららはドレス作りの大変さを説きながら「やめときなって」と釘を刺し、ところがその言葉が返ってはるはるのチャレンジ精神に火を着けたかキラキラしながらやる気を漲らせ…ってな様子にジト目のきららvs「うふふ」と笑顔を湛える会長さんの各々リアクションにはるはるへのスタンス差&ものの考え方の違いが判りやすく表れています。無謀チャレンジに心配が止まらない現実的なお母さんと、どっしり構えて娘のやりたいようにさせてあげたいお父さん、みたいな?(笑

princess_08_02.jpg

そうは言っても洋裁素人のはるはるがいきなりドレスを作れるはずもなく、ってな所でミスシャムールの出番であります。レッスンフィールドに現れたアパレルアトリエに吊されたたくさんのドレスからさっそく手本を見繕うはるはる、しかしどれも素敵すぎてデザインが決まらず…ここでも「そんなんじゃいつまで経っても決まらないよ?」と答えを煽るきららと、「あなたが憧れているプリンセスはどんなドレス?」とさりげなく導く会長さんの違いが面白い。その言葉から「花のプリンセス」を思い出したはるはるはサラサラっとお花ドレスのデザインを上げ、続いて実際のドレス製作へ作業が移ります。

生地選定→採寸→型紙カット→生地断裁とゆるゆる粛々と作業を進めてさあ縫製…足踏み式の黒いソーイングマッスィーンはいかにも伝統校の備品っぽい? いやこれはレッスンフィールドのミシンなので、つまりミスシャムールのミシン観がこの時代で止まっているって事か(笑。気合いを入れすぎて縫い目が曲がってしまってしょんぼりのはるはるを「がんばれ~」とすかさず応援するきらら、黙って笑みを湛える会長さん。こういう所にも二人のスタンス差が表れていますね。

princess_08_03.jpg

寮に戻ると自前のミシンで縫製に精出すはるはる。同室のゆいちゃんが淹れてくれたお茶で一服しながら「最近ドレス姿の人たちが学園の周りで怪物を退治している」との噂をチラリ。ゼツボーグを浄化した後は壊れた施設が元に戻り、と同時に目撃者の記憶も消去されるような感じだったけれど、怪物退治が噂になっているという事は記憶が上書きされていない人がいるって事で…これがじつは「全てを知るゆいちゃんによるカマ掛け」だとしたら深いなあ。

「プリンセスになるには何が必要なのかよく考えなさい」

さてドレス作りに気を入れすぎた結果、はるはるは学園生活に支障を発し始めてしまいます。授業中の居眠り、宿題忘れ、テストの点数は悲しくなり、リコーダーもダメダメ。宿題を忘れて焦るはるはるがいい顔しすぎ(笑。好きなようにやらせるけれど道を外し始めたら見逃さずピシャリと叱る会長さんの厳しさはやはり父性か。一方きららは「みなみんこわ~」とやり過ごす今どきっぷりから「ね~? はるはる?」とオンナノコらしい同調を振り、ところが当のはるはるはお叱りの言葉がガガーンと響いて素で落ち込み…その後きららは本題と全く関係が無いドーナツの話題で気分転換を図るもすっかりカヤの外で、一人盛り上がるきららの声が次第に遠くなってはるはる復活→延々語ったドーナツ話を完全スルーでお礼を言われて戸惑うきららの流れは、これまた二人の意識差がよく表れていて面白い。

princess_08_04.jpg

エンジンが掛かったはるはるは夜遅くまで勉強を頑張り、リコーダーの練習を頑張り、睡眠時間を削って全てをクリアしながらもちろんドレス作りも継続し、ついにあと一息で完成という所までこぎ着けます。トロンとした目と跳ねた髪と大あくびはいかにも睡眠不足&疲れが見えますが、陣中見舞いに訪れたきららはそんなはるはるの頑張りに感心し、差し入れのドーナツを肴にお茶を一服…といった所で茶運び妖精のパフがいかにもあぶない! 先の展開が見えすぎる! と叫ぶ間も無くガッシャン転んで、完成間近のドレスに大きなシミを付けてしまいます。お約束すぎる!(笑

「夢は自分で叶えたい」

定番の大失敗に泣いてすがって許しを請うパフ。するとはるはるは笑って許しシミた部分を作り直す事を考え、残り時間が迫る中 手伝いを申し出たきららを断り、あくまで自分一人で完成させる事に拘るのでした。一人じゃ絶対間に合わない、無理無理と迫るきららをこれまた完全スルーして「大丈夫だよ! きららちゃん!」と信念を曲げないはるはる。明らかに無理をしているのが見え見えだけれどそうまで言われちゃ返す言葉もなく、フラフラなのに空元気を振り立ててミシンへ向かうはるはるを黙って見守るしかありません。

princess_08_05.jpg

今回のゼツボーグ被害者はパーティ用のケーキを焼き続けるパティシエ志望の女子生徒でした。スカート短い! スカート丈はともかくお話の流れとほぼ無関係にゼツボーグを発生させる流れはやはり少々インスタントっぽい。

「あの意地っぱり~! このきらら様が手伝うって言ってるのに~!」

一方手伝いを断られてプンスカ歩くきらら。かわいい。どんだけはるはる好きなのかと(笑。ほどなく会長さんと行き会ったきららは至る事情を話し、すると会長さんは「そう」とひと言返すのみでした。

「はるかは自分でやるって言ってるんでしょ? だったらそうさせてあげればいいわ」
「みなみん冷たいよ! はるはるの事応援してないわけ?」

はるはるの考えを尊重して自由にさせる会長さん、一方感情に走るきらら。

「はるかならできるって信じてるから」
「できないって!」
「できるわ。夢を心から大切にしているはるかなら。きっと」
「また夢? 夢もいいけど現実的に考えて時間無さすぎだよ! 間に合わないってば!」

会長さんははるはるの思いの強さを信じ、きららは現実を盾に意見を曲げない。どちらもはるはるを思っての事なのに真正面からぶつかってしまうのは…子供の将来について考えを対立させる夫婦みたいな?

「はるはるには知らせないで。いいよね? みなみん」
「そうね」

などなど意見を対立させながらもゼツボーグ発見の報せへのリアクションはきっちり揃っているという絶妙さ。アプローチは違っても根っこの部分は同じなんですね。報せを聞いて即座に口止めするきららも良かったけれど、黙って娘を守る父親の如く会長さんの目力にも痺れます。

princess_08_06.jpg

はるはるに黙って出動した二人はさっそく変身してゼツボーグと対峙。マーメイドはバレエターンのようにスピンしながらキックを放ち、続くトゥインクルは縦方向へ回転しながら竜巻旋風脚を仕掛ける…こんな風に各々のバトルスタイルが決まっているってのも本作アクションの面白いところです。こういうのってこれまでありそうで無かったかも?

「はるはるの分まで頑張らなきゃ!」
「ちょっと待った~!」

抜けた穴を埋めるべくトゥインクルは気合いを入れ、するとドコぞのヒーローものの如くはるはるが登場します。連日の睡眠不足に加えてドレスの緊急補修を頑張っていたはるはるは髪もハネていかにも疲れ気味、だからと言って二人に甘えるわけにはいかない。さっそくプリキュアに変身したフローラは名乗りでフラ付くほど疲弊していて、トゥインクルはそんなフローラをフォローしながら「なんで来たのよ!?」と心配を向け…やっぱりトゥインクルはお母さんっぽい。ところがフローラは返事代わりに笑顔を返して次の瞬間全力全開、絶え間なく襲いかかるオーブントレイを華麗にかわしながら天空へ高くジャンプし――

「私プリンセスになりたい。その夢のためにドレス作りも勉強も、プリキュアも、全力でやる」
「夢をこの手で叶えるために!」

自らの信念を叫びながら強い瞳で拳を振るうフローラ。それははるはるの夢を信じ、信じるゆえに厳しく叱咤してくれた会長さんの思いに応えるためでもありました。その表層だけを見て二人の信念の強さに気付かず、はるはるを休ませる事ばかり考えていた浅はかさを恥じるトゥインクル。

「二人はずっと判ってたんだ…でもあたしは…」

princess_08_07.jpg

「私の事をすっごく心配してくれたトゥインクルのためにも!」

しかしフローラはトゥインクルの気遣いもきちんと理解し感謝の念を叫ぶのでした。無茶に走る自分を尽く止めに入ったのは本気で心配してくれていたから。そんなきららの思いにも応えたい!…そんなん言われたらトゥインクルはますます蕩けてしまうよ(笑。などとアツく語りながらのフローラアクションは頑張りブースト全開を感じさせたけれど、その一方で突っ立って眺めているマーメイド&トゥインクルの図は、まあ本作の語りアクションお約束とはいえ少々じれったくもあります。そこは突っ立ってないで援護したれよ!みたいな(笑

ちょこまかと孤軍奮闘するフローラに焦れたロックくんはゼツボーグへオーブンハリケーン(?)攻撃を命じて一気に優勢、1000℃の熱風(?)に晒されたフローラは身動き取れずに圧され、片や援護を構えたマーメイド&トゥインクルはオーブントレイの壁に阻まれフォローに飛べず大ピンチであります。するとトゥインクルはモードエレガントを発動させてトレイを蹴散らし、その隙に飛び込んだマーメイドが例によってバレエターンからスピンキックでゼツボーグの足を払い、倒れた所で「フローラ!」と見せ場を渡すとフローラルトルビヨンをぶっ放してキメ。続いて夢への扉を開いて解放されたスイーツ子ちゃんのスカートがやっぱり短すぎて(以下略。一件落着して気が抜けたかフローラはフラっとよろめき、その背中をサッと支えたトゥインクルと苦笑い。いやここの見どころは常に気丈なマーメイドがふとフローラへ向けた心配顔でしょう。厳しさの中の優しさがふと顔を出した瞬間であります。ああもうみんないい子すぎ。

princess_08_08.jpg

そして今回のハイライト。頑張った甲斐あって完成したドレスを前に「できたー!」とはるはる、すると次の瞬間抱き付いて喜ぶきらら。

「助けてくれてありがとう、きららちゃん」

突然のお礼に戸惑うきららの手を取ったはるはるは改めて「心配」と「応援」と、そしてドレスの完成を一緒に喜んでくれた事に感謝を伝え…一方それがむずがゆくてならないきららは頭を振って照れ隠し。すると、

「そうね、きららはとても優しいわ」

今度は会長さんが追い討ちを掛け、ますます照れるきららへ優しい笑顔を向け、照れスパイラルに陥ったきららはソッポを向いて顔真っ赤。

「きらら、お顔が真っ赤パフ」

パフのトドメでついに大バクハツのオチ。あははは。

「もぉ~お~! 何よみんなして!」
「別にはるはるのためじゃないんだからね!」

というわけで、はるはるの超頑張り、はるはると会長さんの深い信頼関係、などなどをベースとしたきらら大接近回でした。ああもう蕩けそう。

    

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

レビューにも頻出されてる通り、やはり今回ははるかに対するみなみときららのスタンスの違いが見所だったんだと思います。
夢を信じるはるかを信じる会長は、ちょっと人間が出来すぎてる気がw一方きららはあれこれはるかを思いやり気遣う自然体が面白いwきららは素っ気なくてもデレても、どっちに転がしても面白くなるキャラだと思います。
そしてはるかはまた一話、主人公としてふさわしい存在と成長を見せたと思います。次回の晴れ舞台が楽しみです。

れすれす

>適当にフォローさん
スタンスが違うだけでどちらもはるはるを大切に思っていて、しかもそこへ成長描写やキャラ性ブーストを入れ込む妙技に感心しきり。ほんと今年のプリキュアは面白いですね。人間できすぎてる会長さんは…次回ノーブルパーティ回で見せた弱点に身悶えが止まりません(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2