2015-03-31(Tue)

Go! プリンセスプリキュア #09 幕よあがれ!憧れのノーブルパーティ!

完全無欠の生徒会長の意外な弱点? 

princess_09_00.jpg

今日は私、学園のプリンセスを守るナイトになります!

princess_09_01.jpg

「お待ちなさい。リボンが曲がっていてよ」

身だしなみはいつもきちんとね。みなみん様が見ていらっしゃるわよ。と続けたかどうか判らんけれど、ノーブルパーティの朝 前回完成させた自作のドレスを嬉々と着込んだはるはるは曲がったリボンをゆいちゃんに直してもらってテンションMAXリラックス! 社交界デビューを張り切る姿に「学校行事だし…」とツッコむゆいちゃんがいきなりオイシイ。その頃会長さんはパーティ会場の準備に大忙しでした。チャラい男子(笑)を軽くいなして粛々と仕事を片付けていく姿は、さすが何でもできちゃう学園のプリンセス…という前振りをチラリ。

一方ディスダークのクローズさんはミス続きで地に落ちた信用を取り戻すラストチャンスを言い渡されていました。名誉挽回のチャンスはありがたいけれど失敗したら後がない! というヒール幹部の追い詰めは定石なれど通常よりちょっとペースが早い? 同宣言はたいてい2クール目ラストの中盤ヤマ場に来る事が多いため、まだ第9話の時点でラストチャンスなんてディスピア様におかれましてはどんだけ気が短いのかと(笑。この短いシーンはディスピア様に向かうアオリアングルが立場の差を強調し、ラストチャンスを言い渡されてビカッ!のカットもショッキング。今回はアバンっから演出が濃いぃです。

映画ネタバレが早々に終わって通常モードに戻ったOPの例のカットはゆうきくん&ミスシャムールが加わってかなり賑やかになりました。これどこまで増えるんだろ?

princess_09_02.jpg

CM明けてAパート冒頭はさっそくパーティへ突撃するはるはる。パフを抱いて廊下を走って、するとお約束どおり如月委員長を追い抜いて「廊下を走らない!」 と叱られ違反チケットをデコに貼られて――それは違う――しかしお怒りの委員長はかわいいパフを見た途端にトロけちゃってあら大変。というわけで本来ならペット立ち入り禁止の所に委員長の公認を頂いていざ会場へイゴー!

華やかに飾られた会場に集う生徒は各々ドレスorモーニングで着飾り、いかにもハイソなパーティの様相にはるはるは大感激からくるくるターン…よく動く極上かわいい作画は私的イチオシのアニメータ・大田和寛作監による映像で、原画参加だけでも御の字なのにまさかの作監参加はかなり嬉しい。美人作画がさらに上質な氏がマーメイド回を担当してくれたのもありがたMAX。予想以上にプリンセスの絵柄に合っているようで、これを期にローテで入って頂ければ本作に向かう熱量がさらに上がるのですがはたして。

ママのお下がりに☆を加えた黄色いドレスのきららと合流。ちょっとした会話の際でもいちいちポーズをキメる辺り意識の高さが窺え、はるはるに続いてゆいちゃんのドレスもきちんと褒める社交性もきらららしいヒトコマ。でもまだ名前知らないのね。サッとゆいちゃんに向き直った時も決してベタ脚で立たない拘りや良し良し。

ほどなく青いマーメイドラインのドレスを着た会長さんが現れて乾杯の音頭へ。お手元のグラスを高く掲げてチンと合わせ、すると生オケの演奏が始まってパーティの開幕です。いやはやホントにハイソな学園だー。

princess_09_03.jpg

princess_09_031.jpg

「寮母の白金です」

パーティ会場の一端にどよめく声に誘われて人垣掻き分け行き着いた先はバーカウンターでした。中学生のパーティなのにこんなものまで! その奧で熟練の手つきでシェイカーを振っていたのは白髪に小さなフィンチグラスのベテランバーテンダー…なぜ白銀さんが! カクテルグラスに注がれたピンクの液体、もちろんノンアルコールの特製ミックスジュースをサッと出すアクションまで堂に入ってます。いったい何者?

ジュースを舐めつつ交わされた会話にてビュッフェの存在を聞いた三人はさっそくイゴー! はるはるの腕を取ってムネに当ててんのよ! 状態から引っ張るきららは勢い付きすぎてはるはるの腕が抜けちゃった!?…こういうレイヤーミスもあるのだなあ。テーブルいっぱいに並んだお料理は前回ケーキを焼いてた料理部の手によるものらしいけど中学の部活で作るレベルじゃねーぞ!(笑。前回檻に閉じ込められた部長ちゃんかわいい。モブで終わらせるには惜しいレベルのデザインは今後の出番が約束されている表れ? というか新プリキュアの1クール目って「来る4人目」の候補者を捜す/予想するのが通例なので、ちょっと整ったモブが出てくるとチェックが止まらなかったり。

きららにビュッフェシステムを教わったはるはるはお皿を持ってテーブルを巡り回り、山盛りに集めたお料理をドヤ顔で自慢し、あっと唐揚げがラス1だ! と手を伸ばしたら超偶然ゆうきくんとカチ合って…はるはるのドレスを見てポッとしちゃうゆうきくんが判りやすすぎ! きゅんきゅんだ! そんなきゅんきゅん時空が発動するや稲やファンクラブの子たちによって回収されて苦笑いのオチは良い感じに綱渡ってる感じ(笑。

取り皿に山盛りのお料理をペロリと平らげて一息のはるはるは会長さんを探し、すると生徒会のお姉様方&チャラ男(笑)がやってきて会長さんの噂話を肴にはるはるとヒトコトフタコト。これで生徒会にも顔が通り、つまり入学間も無い平凡な新入生だというに何故か学園プリンセス&側近と人気モデルきららの友達という、傍から見たら思いっきりシンデレラな立場が確立してしまいました。きぃー! どうしてあんなフツーの子がみなみ様と!きらら様と! なーんてジェラシーイベントがそろそろ来るかな?

続いてお待ちかねのダンスタイムへ。張り切ったはるはるは授業で習った社交ダンスのステップを軽く披露、するとお約束どおり足をグキッとやらかしていきなり転倒の危機に! ってなピンチにサッと現れ抱き留めて「ケガは無い?」と微笑む会長さんが男前すぎて惚れる。いやこんなの惚れない方がおかしい。

「私は生徒会長が大変なんて思った事もないのよ」

立派な仕事をしているお父様やお兄様に比べたら生徒会長程度で音を上げてる場合じゃない。いつか二人のようになりたい。強い表情でそう語る会長さんへはるはるが「それが夢ですか?」と問い…「そうね」と答える会長さんに微妙な間があったのはこれが本当の夢ではない事の示唆? 実はもっとオンナノコっぽい夢があるような気がする。ともあれそんな会長さんにはるはるは「役に立ちたい!」と真剣な眼差しを向けて熱弁。かわいい後輩にこんなん言われたらそりゃ会長さんもますますかわいがってしまうだろうなあ。黙って見守るきららを含めて仲良しレベルがスパイラル状に上がってる感じ。

princess_09_04.jpg

ダンスタイムに盛り上がる会場の一方で意に沿わぬ撮影に駆り出されて文句タラタラのアフロメガネくん(映画部)。全校で盛り上がっているようで中にはノリが合わない生徒もいるってのが妙にリアルかも(笑。ってなところをクローズさんに付け入れられてクローズユアドリーム! 今回のゼツボーグはカチンコ持ったカメラ型で、ホラー映画監督を目指すアフロメガネくんの意向を映し出す幻影映写機も兼ね…これがまさかのマーメイド追い込みに繋がるとは全く予想しなかった。

その頃パーティ会場は突然の停電に襲われ、原因はおそらく倉庫にある配電盤との事で会長さん自ら確認に向かう流れに。そんな背後で囁かれる学園の七不思議「オバケが出る倉庫」の噂…聞こえた瞬間会長さんの表情が固まり、きららはナニゲにその変化に気付き、倉庫へ向かう途中ではお供の男子生徒のオバケ話に突然マジギレと、Bパートで描かれる意外な展開への前振りをこれでもか!の勢いで(笑

princess_09_05.jpg

薄暗い倉庫に到着しドアを開ける前のビビリ具合から、意を決して開けると何も起こらず、落ちているブレーカを見つけて軽く安堵という流れはおどろしいBGM含めていかにもホラーの前振り(タメ)でありました。そしていよいよ今回のメインイベントが始まります。

「うらめしや…」

背後から聞こえた声に目を見開いて驚く会長さん。そこからパッと振り返るといかにもな白い影が宙に浮かんでいて会長さん即フリーズ! 捕まえようと駆け出す男子二人の傍らで固まり続ける会長さんがいきなり良い味出しすぎ。

「プリキュアがオバケを怖がるわけがな…」

そしてオバケを映して遊んでいるゼツボーグにクローズさんの怒鳴り声が響…いた次の瞬間、かわいいオバケに迫られて後ずさる会長さんは小さくかかんで――

「きゃっ! オバケ!」

この瞬間の私の精神状態を上手く表す言葉が見つからない。常に凛とした普段の会長さんから想像付かない、怖がり方まで上品な小さく怯えるその姿に私のハートはズッキュン!バッキュン!ドッキュン!しまくりです。これは凄い、凄すぎる。クローズさんの叫びから小さく怯える会長さん→ウソだろ~っ!のテンポも良く、カンペキ生徒会長に隠された弱点の発露を十二分なインパクトで見せてくれました。強気キャラの「オバケ怖い」系の弱点はネタ的にベッタベタなのだけど、演出&作画の勝利かこれほどズッキューンと来た事は無いかも。

princess_09_06.jpg

「あの子何でもできるけど、苦手なものが一つあるんだよね」

その原因は小さい頃の肝試しにて刻まれたトラウマ、座り込んで大泣きするほど怖がった事で「オバケ」と聞いただけで怖がるようになってしまったとのことでした。回想でチラリ映った小っさい会長さんがかわいすぎて大変。なーんてバクロを聞いたはるはるの表情や良し、先に察した正解に苦笑うきららも良かった。

「灯りを消したのもあなたたちね!」
「はぁ?」

この時のクローズさんは本当に知らないみたい? 結局停電騒ぎの真犯人が明らかにされないまま終わってしまった辺りもホラーチックではあります。そんなクローズさんの後に浮かぶ絶望の檻にアフロメガネくんを見つけた会長さんは強い表情を取り戻してプリンセスエンゲージ! ドレス姿からの変身はお色直しみたいな(笑。変身完了後のキメ「お覚悟はよろしくて?」→「お覚悟するのはテメエの方だ」の連携(?)も面白い。さすがクローズさんはラストチャンスだけに気合い入ってますね。

princess_09_07.jpg

さてここからのアクションシーンがいろんな意味で凄まじかった。オバケに翻弄されて吹っ飛ばされ、それでも立ち上がったマーメイドは縦に横に飛び跳ねて攻め込み、しかし再びオバケに怯えて反撃もままならない。この一連をぐりんぐりんのアクションで一気に見せるバトル映像は今のところアクションが上出来な本作でも屈指の出来だったと思います。パッとインサートする表情描写は言うに及ばず、オバケへの恐怖感を全身から溢れ出させる作画力も凄い。そういやアクション中にスカートを押さえるプリキュアって久しぶりだなあ。ていうかぱんつはいてない!?

「怖がってる時じゃないのに…きゃあ!」

不甲斐ない自分にハッパを掛けるも、ここぞとばかり増殖したオバケに囲まれるとついに耐えきれずへたり込んでしまったマーメイド。いやーーっ!

「マーメイド!」

ってな大ピンチにきたきたきたーっ!

princess_09_08.jpg

テンプレどおり登場した(笑)はるはる&きららの何という頼もしさ。まったく10割方判っている流れなのにこの高揚感は何なんだろう。こちらの二人もドレス姿からのプリンセスエンゲージなのでやはりお色直しっぽくて良し良し。そういや第9話くらいまで進むと変身バンクは飛ばしちゃう事が多かったけれど、今作は今だじっくり見てしまう辺り出来の良さを実感します。

変身後の二人の連携アクションがまたアツい。ゼツボーグの攻撃を受け止めるフローラ→その隙に回り込んだトゥインクルが足払いをキメて、倒れた隙にフローラはマーメイドのフォローに走り、その間トゥインクルがゼツボーグの相手を担当。そして浮いてるオバケを見て「あんなのが怖いなんてかわいい」…怖がってる事を貶めるではなく「かわいい」と表すトゥインクルはマーメイドの距離が一気に詰まった感じ。いやはや絶妙なシナリオです。

「あのオバケはゼツボーグが生み出したものロマ!」
「見れば判るよ…」

きららそれは実も蓋もない(笑

「仕方がないじゃない。怖いものは怖いのよ…」

不甲斐ない姿を見せてしまった事を恥じながらそれでも怖いものは怖い。判っていてもどうにもならない恐怖心にマーメイドはフローラから目を逸らして自嘲を続けます。一方その頃孤軍奮闘のトゥインクルはこれまたよく動くアクションからメガホンに捕らわれて身動き取れず――

princess_09_09.jpg

するとゼツボーグは再びオバケを映し始め、大量に映し出されたオバケを見たマーメイドはあまりの恐怖に思わず顔を伏せてしまいました。凛としたマーメイドの弱々しい姿に私の中の何かがハジけそう。すると恐怖に固まるマーメイドの手をフローラが優しく包み、じっと見つめ合いながら子供の頃お母さんに手を握ってもらって「怖さ」を乗り越えた事を伝え、そして今回のクライマックスへ。

「今日は私、学園のプリンセスを守るナイトになります!」

ダンス披露でコケた時のお返しとばかりイケメン全開のフローラ。この情況でこの強い瞳で真正面からこんなん言われたらそりゃ落ちます。いやこんなの落ちないほうがおかしい。手を繋いだプリキュアの力は無限大、というわけでオバケの影を掻き分けながら反撃に入ったフローラ&マーメイド。ここもまた綺麗な連携アクションから囚われのトゥインクルを解放し…メガホンが外れた瞬間「もう!」と膨れるトゥインクルかわいすぎ。ゼツボーグの腕を取って膝を伸ばして一本背負いのマーメイドもリアル&格好良い。

倒されたゼツボーグがしつこく映すオバケにマーメイドは一瞬怯むものの、すかさずフローラが手を握り、瞳で会話しそのまま高くジャンプ→天井を利用して反動を付けてタブルキック!の一連アクションもアツかった。オバケの幻影をぶち消すべくレンズへのキックはフロアライト的な効果と舞い散る花&水滴が効いて、フィニッシュ前の高まりを十二分に魅せてくれます。そこから「マーメイド!」の声に続いてマーメイドリップルでフィニッシュ。続いて絶望の檻を解放して出てきたアフロメガネくんへ――

「あなたの夢はきっと叶うわ。だって私をこんなに怖がらせたんだもの」

自分を怖がらせピンチに追い込んだオバケ映像だけれど、それとこれとは別とばかりにアフロメガネくんの夢に太鼓判を押すマーメイドの度量に感心しきり。中学二年生にして人間できすぎです(笑

princess_09_10.jpg

ゼツボーグが片付いてパーティは再開され、始まったダンスタイムにさっそく誘ってきたチャラ男くんをあっさり流す会長さんが向かった先ははるはるの前でした。するとサッと手を取って

「踊りましょう? ナイトさん」

慌てるはるはるを巧みにリードし優雅に踊り始める二人。衆人環視の中で二人だけのキックオフ空間に入り、見つめ合って笑顔の会話はとんでもない破壊力&シンデレラ状態であります。

「これからもたまには頼りにして良いかしら?」
「はいっ!」

頼れるナイトの存在にまたひとつココロを許しちゃう会長さん、そんなプリンセスに頼られて嬉しさMAXのはるはる。ああもうきゅんきゅんが止まらないよ。自作ドレス初披露のノーブルパーティって事ではるはるメインかと思いきや変化球の会長さんメイン、シナリオ・演出・作画と隙無く強まった今回は、というか回を重ねるごとにどんどん面白くなっていく本作の勢いが恐ろしい。

    

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

Go! プリンセスプリキュア「第9話 幕よあがれ!憧れのノーブルパーティ!」

Go! プリンセスプリキュア「第9話 幕よあがれ!憧れのノーブルパーティ!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

実はトゥインクル回以降欠かさず見ているのですが(笑)、今回は面白かったですね。大分プリキュアが体になじんできた気がします。各キャラの可愛さのポイントがきちんとそれぞれ描き割れられてるのがいいですね。どのキャラ一人とっても見ていて飽きないです。

ゼツボーグは夢を断つと言っている割に、今回みたいに逆に夢を実現させてる事案が多い気も…。(笑)

No title

パーティーということで、ダンスのお相手はどうするのかなーと、ちょっと気にしていたのですが、はるかに「ナイトになります」と言わしめた時点で、この筋書きは最後まで一気に完成された感じがしました。今回は会長の一面を描きつつも、それ以外の個々の場面の組み合わせもしっかりしてて、シナリオ全体が練れてる感じがしました。
脚本の田中仁さんという方は1話から途中までずっと担当されてる、このアニメのメインライターなのかもしれませんね。

れすれす

>tamanoさん
プリキュアもご覧になってましたか。今年のプリキュアは現状かなり上手く回っているのでシリーズファンとしては一安心だったりします。夢を叶えるゼツボーグはなるほど。当然ながら少年少女の純粋な夢が多いけれど、たまにはゲスい夢を封印してもらっても面白いかも(笑

>適当にフォローさん
シリーズ構成の田中仁氏はここまでの9話中6話のホンを上げているだけに、ライターとしても作品の柱になってる感じです。プリキュアにはドキドキの頃から参戦されている方ですが、正直これまでほぼ意識していなかったため今作での活躍にかなり驚いています。同じ田中姓でもSDの田中裕太氏はチェックしまくりだったんですが(笑。逆にこちらは単話の出来が良い若い演出家の抜擢に不安を感じていたのも本音だったり。このまま杞憂で終わってくれると良いのですが。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2