2015-04-07(Tue)

Go! プリンセスプリキュア #10 どこどこ?新たなドレスアップキー!

ニンジャ白金を追え!

princess_10_00.jpg

そしてグラサン軍団が辿り着いた場所は…。

princess_10_01.jpg

中学一年生にしては難しい二次方程式の宿題に頭を抱えるはるはる。ノーブル学園って結構レベル高い? 暫し唸ってにらめっこするも変顔になるほどムリムリムッリー!な難問についにギブアップ→ルームメイトのゆいちゃんに助けを求め、するとゆいちゃんは待ってましたとばかり笑顔で快諾。ところが次の瞬間カナタ王子から通信が入ると慌てて「ごめん、みなみさんに教えてもらってくる!」と言い残して部屋を出て行ってしまいます。教えてと言っていたのにどうしてみなみさんの所に?…部屋に一人残されたゆいちゃんの寂しさが印象的な幕開けです。

「これってノーブル学園だ!」

カナタ王子からの連絡は「ドレスアップキーが見つかった」とのことで、レッスンパッドに示された在処の地図にみなさん声を揃えてびっくり! いや第6話での説明で学園島に落ちたの知ってたんじゃ? ズバリ学園敷地内にピンポイントだったから驚いてたのかな。灯台下暗しって事で沸き立つみなさんでしたが、いざキーを探そうってと学園は意外と広く、どこから探せばよいのやら。

「ドレスアップキーはきっと夢溢れる場所にあるはずだ」

するとすかさずカナタ王子の助言が入って新しいドレスアップキー探しが始まります。

princess_10_02.jpg

「部活動には夢が溢れている」と推理して各部活を見て回るも手かがりすら見つからなかったみなさんは夜の食堂で作戦会議に集っていました。闇雲に探すより学園に詳しい人に聞いた方が近道っぽい? ってな話の最中どこからともなく現れた白金さんは遅くまで集まっている三人を軽く注意してサッサと食堂を出て行ってしまいます。その姿から「まるで学園の主?」と巡らせたみなさんは格好の取材対象を追うけれど、相変わらず神出鬼没の白金さんは既に姿を消し…「白金さんは忍者の子孫だという噂がある」「ママから聞いた事ある」「テレポートできる」「じつは三人いる」などなどかどんな扱いだ(笑。ともあれ会長さんにしても白金さんのプライベートは何も知らず、謎が謎呼ぶ謎人物である事は間違いなさそう。

ほどなく部屋に戻ると今度はゆいちゃんと白金さんの噂話へ。何やらゆいちゃんは白金さんの謎行動を目撃した事があるらしく…変わった形の鍵を首から下げて朝早くからどこかへ出掛けていた、という証言を聞いたはるはるは「変わった形の鍵」に超反応! その興味津々の表情からゆいちゃんは「今度一緒に付いてってみない?」と満面笑顔で誘いを掛けるとはるはるも笑顔で強く頷き、ところが「プリキュアカツドウはゆいちゃんにヒミツだった!」と気付いて速攻手のひら返し、「早起き苦手だからやめとくよ!」と挙動不審な声を上げてベッドに潜ってしまうのでした。そしてまた一人取り残されたゆいちゃんはしょんぼり、しかも翌朝こっそり出掛けていくはるはるに気付いてしまう。これはキッツイ。

princess_10_03.jpg

ゆいちゃんの情報どおり早朝からどこかへ出掛ける白金さんを追う面々、きみらグラサンで変装してもあまり意味が無いような?(笑。そうこうしているうちに深い森をずんずん進み、ほどなく行き着いた先は断崖絶壁が立ちはだかる行き止まりでした。白金さんどこ行った!? いや切り立った崖は行き止まりではなくむしろスタートラインでしょ? とナチュラルに思ってしまった辺り某作品に毒されてる(笑。深い森の隙間から崖の三人を映すアングルは、後から考えるとゆいちゃんの視点を示したカットだったのかも?

白金さんをいつしか見失い、目の前は崖が立ちはだかる。本作の子たちは崖を登らない(アタリマエ)ためこれにてミッション失敗終了、はるはるはガックリ項垂れ溜息を吐き…その流れで手を付いた石壁がグルッと回って隠し扉を発見し、はるはるは扉の奥に転がり落ちていきました。あぶない! そして落ちきった先は長く伸びる地下通路で、ここまで来たからには行くっきゃないでしょ! とみなさん揃って通路をレッツイゴー!

そんな一連を隠し扉から一人で見ていたゆいちゃん。こっそり出掛けたはるはるを追ってきたのでしょう。私を置いてみなみさん&きららちゃんと一緒に…どうして? あああ切ない。

princess_10_04.jpg

地下通路の階段をぐんぐん昇って着いた先は光溢れる崖上ローズガーデンでした。すると色とりどりの薔薇が咲き誇る一端に謎の建物を見つけ、鍵が開いているのを良いことにズカズカと入り込んだみなさんは…床の溝に水が流れ、水車が回る不思議な部屋に暫しボーゼン。ところが壁に近づいてよくよく見ると個々のタイルに「夢」を刻んだ文字が――

「『世界で輝くトップモデル 天ノ川ステラ』、これママだ!」
「『海藤家の立派な後継者となる 海藤わたる』、お兄さま…」

会長さんの兄さまもノーブル学園出身だったのか! というわけでこれは歴代卒業生の「夢」が刻まれたタイルと判明し、謎の一端が見えた所へ白金さんが現れてドキドキのままAパート引き。

princess_10_05.jpg

「この場所はノーブル学園歴代生徒たちの卒業記念のために建てられたものです。学園生活で得た仲間と将来の夢を書き記し薔薇の木を植える。古くから在校生に内緒で続いてきた伝統です。本来卒業式を終えた者だけが入れる場所なのですが…」

建物の謎は白金さんによる一気説明で明らかとなり、続いて首から下げた「鍵」の件にて白金さんがノーブル学園初代卒業生と判明。つまりこの建物も鍵もプリキュアとは無関係のようです。白金さんが件の鍵を使って窓を開けると目映い陽光と海風が部屋に溢れ込み、すると先輩たちの夢のタイルがキラキラ輝き始め、まさにノーブル(高貴・高潔)な輝きとなってはるはるたちを包み込むのでした。何も無かった壁に先輩たちの夢のタイルが一枚ずつ貼られ、その夢はやがて壁一面を飾るほどになった。積み重ねられた伝統に圧倒されながらもはるはるはタイルに込められた思いを理解し「先輩たちも私たちと同じ」と感激…すると突然パフュームに反応した三色の光が現れて新しいドレスアップキー発見!?

princess_10_06.jpg

一方ローズガーデンまで追ってきたゆいちゃんは件の建物を外から眺めながらはるはるを心配し、ってな所へ現れたクローズさんを見てフラッシュバック発動!…第1話で対面した事を覚えている? ゼツボーグ関連の記憶は上書き(リセット)されるはずですが、第8話でチラリと語られた「ドレス姿の人たちが怪物を退治している噂」もあって、つまり記憶制御はカンペキではないのかも? いやここまで鮮明に覚えている辺りゆいちゃんの特殊性をさりげなくアピールしているのかもしれない。

そのクローズさんは例の建物に対して錠前を放ってクローズユアドリーム! 先輩たちの夢がたくさん詰まった建物はゼツボーグ化のパワーも凄まじく、基礎ごと立ち上がったゼツボーグはローズハリケーン(?)をいきなり吹きつけ、すると見物していたゆいちゃんが強風に吹き飛ばされて大変な事に! その急場をはるはるはもちろん放っておけずパッと駆け寄り、しかしゆいちゃんがいては迫るゼツボーグを前に変身する事ができません。さあどうする?

princess_10_07.jpg

すぐに会長さん&きららと合流するも情況は変わりません。ゆいちゃんが見ている前で変身できない、しかしこのままではやられてしまう、先輩たちの夢が壊されてしまう。一方ゆいちゃんは合流した二人とはるはるを見つめ――

「いったい…何が起きてるの?」

ここではるはるはどう言い繕うのか?と思ったら真正面に向き直り

「ゆいちゃん。黙っててごめんね」

キッと表情を締め、知られる覚悟を決めてプリキュアに変身するのでした。偶然の目撃ではなく覚悟を決めての変身バレって辺り、はるはるの強さと共に今後のゆいちゃんの立ち位置の重要性を窺わせますね。まあいずれ変身バレするとは思いましたが意外と早かった?

princess_10_08.jpg

変身後のアクションは本気とコメディが交錯する今回独特のノリ。薔薇の刺をパンチしちゃったらそりゃ痛かろう(笑。それでもギリギリ表情を崩さないマーメイドはさすがエレガントです。ゼツボーグの攻撃を避けた勢いで崖から落ちかけるトゥインクルのワイプも含めて今回アクションは何となく昭和っぽい?

白金さんが閉じ込められたままのゼツボーグを一気に浄化すべくフローラは早々にフローラルトルビヨンをぶっぱ! ところがゼツボーグの超絶パワーに跳ね返されて浄化失敗、モードエレガントも解除されてしまいます。初期技が破られるのも本作恒例イベントですがこれまた意外と早かった? いや毎度こんなもんだっけ? ふと思えばプリンセスプリキュアも10話ですものね。早っ。必殺技を破られたプリキュアは地面に叩き付けられ穴に埋まって身動き取れず大ピンチまでがテンプレです。

「奪わせない…夢のいっぱい詰まった場所を」

地面に叩き付けられ、薔薇の蔓に締められてボロボロのフローラはそれでも諦めない負けない。

princess_10_09.jpg

「みんなの夢は!」
「希望は!」
「私たちが全部守ってみせる!」

アツい思いに光を放つ三人は薔薇の蔦を千切って空に飛び出し、すると各々の光に呼応するようにゼツボーグ(建物)から例の三色の光が伸び、バランスを崩した隙を突いて形勢逆転! そこから三人同時のモードエレガント→必殺技三連発でごきげんよう。せっかく三人エレガントなので合体技を期待したけど普通に三連発で終わってちょっと肩透かしだったり。まあ三人エレガントが思いの外かっこよかったので良しとしましょう。

princess_10_10.jpg

戦い済んで新しく手に入った「エレガントドレスアップキー」。トゥインクルは「ルナキー」、マーメイドは「アイスキー」、そしてフローラは「ローズキー」と、なるほど「星」「水」「花」各々モチーフのバリエーションっぽい? なーんて一連を明子姉さん状態で見ているゆいちゃん。そういやゆいちゃん放ったらかしじゃん! などなど新キーゲットで盛り上がる外で突然雷鳴が響き、海は逆立ち、その狭間から巨大な影が現れます。

「ディスピア様!」

というわけでディスピア様がついに降臨しました。でかっ! 名誉挽回のラストチャンスを尽く逃したクローズさんはどうするどうなる?

一方その頃カナタ王子は新商品プリキュア棒を発見し、娑婆の三人に届ける方法を思案して今回の締め。1クール目のヤマ場に向かって話が動き始めた感じです。次回クローズさんヤバそう? というか序盤でのラストチャンスが本当にラストチャンスっぽいのって久しぶりな気がする(笑

    

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

Go!プリンセスプリキュア テレ朝(4/05)#10

第10話 どこどこ?新たなドレスアップキー! カナタからの連絡でドレスアップキーの所在が判明。そこはノーブル学園内の夢溢れる場所らしい。3人が探してみるが分からない。そんな時に白金さんなら学園内に詳しいので尋ねてみようと 思い立つが既に居ない。彼女は忍者の末裔だとか、3人居るとか、テレポートが 出来ると噂があるらしい。 ルームメイトのゆいが日曜の朝に大きな鍵を持って 出かけるのを見かけたこと...

Go! プリンセスプリキュア「第10話 どこどこ?新たなドレスアップキー!」

Go! プリンセスプリキュア「第10話 どこどこ?新たなドレスアップキー!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

ちょっとハマっちゃいましたね(笑)。一週間でプリキュアが一番楽しみだったりします。

バラと海に囲まれた秘密の部屋っていいですね。こういうのが普段暮らしてる寮のそばにこっそり隠れてるってなんかロマンがありますね。ロープレでマップを散策していた頃の気持ちを思い出しました(笑)。

ゆいちゃんが地味っ子で好きなのですが、今週は曇っちゃいましたね。個人的には、プリキュアにも悪の幹部にもならず、ずっとはるはるの日常をサポートするキャラが一人はいても良い気もします(とか言いつつ終盤には手のひら返ししてる可能性もありますが)。そう言えばアイカツの方はユウちゃんが出て来なくなって残念ですね。

あまり少女漫画とか読まないのでわからないのですが、学園もの・女子寮ものの定石みたいなものがあるんですかね。いつものプリキュアと違う新機軸を混ぜて来つつも(と言いつつごくたまにしか見てなかったのですが…)、展開や演出に手慣れた感じがあって、安心して見ていられますね。今後もどんどん突き進んでほしいところです。

No title

前半は、地下道やバラ園、水車小屋といった背景と、ノーブル学園の秘密の伝統行事が印象的でした。そこまででも十分面白いのですが、後半の正体バレから強敵撃破、そしてディスピア登場まで一気に話が動き面白かったです。
もう1クールの終わりが近い訳ですが、ここまでの回で隙間回というのが無く、イベントが常に目白押しという感じで来た気がします。
もちろん販促的な要素もあるのでしょうが、これまでのプリキュアに比べて、かなり先までのスケジュールが出来ているように見えます。だからこそ、個々の話がしっかりしてるのでしょう。

ご無沙汰しております

 貴サイトのコメント欄にお邪魔するのはそにアニの最終回以来になるでしょうか。今期も本作やシンデレラガールズの記事を楽しく読ませて頂きました(艦これも)。

 今回はゆいにプリキュアの秘密がばれた訳ですが、私も昨年の誠司の時の様に最序盤でばれなかったからにはこのまま最終回付近までばれないか、途中でばれるにしても中盤あたりかと思っていたので、管理人様と同じく「もうばらすのか」と少々意外に思いました。というか、本作は他にも昔はるかの夢をバカにした相手との再会といい、白金さんの謎を探るのといい、敵のボスとの初顔合わせといい、例年ならもう少し後でやりそうなエピソードを随分急いで消化していっている様な印象があるのが気になりますね。

 ゼツボーグが人間以外から生み出せたのも意外でしたが、これはなかなか面白い設定ですね。“今、はるか達や敵幹部の近くにいて、将来の夢がある人”だけでなく、今回の様に“今はそこにいない人の、当時抱いていた夢(その後叶ったか諦めたかを問わず)が込められた物”でもいいとなれば、今後話のバリエーションが色々増やせそうで期待できます。

 ところで、管理人様はちょくちょく「本作では騒動の記憶が消される」と書いておられますが、その様な描写がどこかでありましたっけ?騒動の後に何事もなかった様にイベント等が再開されたりするのはいつものことですし、周囲の人々がプリキュアやゼツボーグについて忘れている様な描写は私が見ている限りでは特になかった気がするのですが(あったらすみません)。

れすれす

>tamanoさん
健気な地味っ子ゆいちゃんは私もお気に入りです。ルームメイトの立ち位置からやがてサポート役となるか? まさかの4人目か? さらにまさかの悪堕ちか? と先行きを見守っていたところ早くも正体バレが来てワクワクが止まりません。

>適当にフォローさん
おっしゃるとおりここまでの10話分すべてイベント目白押しで、それらを緻密に組み上げた結果 1クール目ヤマ場に向かって右肩上がりの盛り上がりに。単話でも十分濃いぃ話を10話連続という凄まじさ…ヤマ場を越えたらゆる~い息抜き回がぜひほしい。

>48さん
お久しぶりです。艦これはラスト1ヶ月の世界観が手に負えず断念、正直デレマスもかなり苦しくなってきましたがシリーズ物なので何とか完走したくつらつら書いてます。でももうココロが折れそう。

「騒動の記憶が消される(記憶操作)」については情況からの拡大解釈で、具体的に「消される」シーンは無かったと思います。言わば「間接的記憶操作」とでも申しましょうか、自動修復タイプのプリキュアによくある「夢だった?」で実質リセットしてしまうパターンです。本作でそれが最も判りやすかったのは球技大会回で、テニス大会の真っ最中に暴れ始めたゼツボーグをテニスコートの客&選手は全員見ていて、その後校内中を巻き込んで避難騒動が起き、なのにゼツボーグ浄化後自動修復されたテニスコートにて「俺たち夢でも見たのかなあ?」「何事も無くて良かったじゃない」と軽く流し、また直接の被害者含めてゼツボーグの話を挙げる者が作中通してほぼいない=間接的な記憶操作と考えています。そんな中でクローズさんとの記憶を鮮明に覚えいていたゆいちゃんの特殊性が気になる、という読みでした。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2