2015-05-08(Fri)

アイカツ! #132 灼熱の情熱ハラペーニョ!

しょっぱいポテチと甘いチョコ。

aikatsu_132_00.jpg

炎より熱い新ユニット始動です。

aikatsu_132_01.jpg
aikatsu_132_011.jpg

aikatsu_132_012.jpg
 
前回のアイカツ!明けにパッと現れたまどか。手にはロイズのチョコがけポテチとなかなかシャレた差し入れだなあ、と思ったらまさかこれが新ユニット結成の呼び水になるとは。個人的にロイズは普通にクッキーチョコが好きというか、そもそもチョコとポテチは別々に食べた方が美味しいと思うけどそれは言わない約束で。

アイカツフォンがピローンと鳴って表示されたウィークリーランキングのトップに輝くDancing Diva 略して「ダンディヴァ」、ユニットデビュー以来トップキープを続けているとかなかなか評判が良いようです。これはCDランキングみたいですが、本来のアイカツランキング的にはどのくらいの位置なのだろう。全国ツアー中のSoleil や今だ根強いファン層を抱えるぽわプリに続く辺りまで上がっているのだろうか?

さてアツいアツいユニットに我も続かん! と気合いマシマシの珠璃は今日も今日とて相方探しに東奔西走していました。登場カットの情熱的なウォーキングが既に中学生の色気を越えすぎててちょっと笑った。モンローか。そんな珠璃の視線は予告でチラ見せした青髪ロングちゃん(クラスメイトの梅田ありささん)にロックオン! 全身を躍動させたアツいアピールから相手の手を取って早くも決定? まどかいい顔してる(笑

aikatsu_132_02.jpg

aikatsu_132_021.jpg

――と思ったらAパート早々にあっさり破局宣言です。あはは。予告で振った結果はこんだけか! 続いて相方候補の話題は珠璃のスールのしずかちゃん。こちらもまた情熱的なアピールで迫る珠璃でしたが、対するしずかちゃんは名前のとおり物静かで冷静で、先輩への引け目に加えて自身の方向性を見つけられない今の状態では…とやんわりお断り。今年の新入生はみんなしっかりしてますね。

「今ものすごくユニットを組みたい!」

そんな振られ続ける現実に対して当の珠璃はユニットを組みたくて組みたくて思わず雄叫び。あははは。いい表情してるなあ。雄叫びを上げるほどの思いの源泉はまずダンディヴァにへのリスペクトがあり、さらに一作ごとに移り変わるTVドラマの制作環境と違ってユニットならば同じ相方と頑張り続ける事でアツい絆を結べる!というものでした。しかし姐さんのイケないシリーズなんてそこらのユニットより長期に渡っていて、一方大抵のユニットこそ一曲で終わってしまう(時期が過ぎると自然消滅がほとんど)という、実際の作中描写が珠璃のセリフと真逆なのが辛いトコ。これをユニットへの渇望理由に絡ませたのはちょっと外していたような気がする。何より2ndシーズンで作ったユニットが全滅状態ってのがセリフの説得力を削いじゃってるような。ああ、2wingSの「フレンド」vsダブルエムの「Precious」みたいなアツいユニット対決が継続していれば…。

aikatsu_132_03.jpg

「このチョコがけポテチみたいに新しくて意外なユニットを組みたいと思って」
「あなたはチョコなの? ポテチなの? 甘いべきかしょっぱいべきかそれが問題だ…」

などなどともあれ食堂でダベっているうちに冒頭のチョコがけポテチが展開の鍵となります。しょっぱいポテチと甘いチョコレートの意外な取り合わせ・意外な美味しさ、転じて「個性の違う誰かとユニットを組む事で今までの自分とは違う一面を表現できたら」と珠璃はユニットへの思いを語ります。ってな芝居がかった例え話に戸惑うみなさんの中でひなきがすかさず意を解する辺り付き合いの長さが窺えるというか、もうこの時点から二人のシンクロ率を強調しまくり。子役時代からの付き合いなので10年選手くらい? アツくなると独自世界に入ってしまう珠璃を制御できるのはひなきしかいない、みたいな(笑。ともあれそれほどまでの身近な存在=お互いの距離が近すぎるゆえ射程から外れているってのもよくある話で、しかも「意外な組み合わせ」を宣言しているだけにいつもツルんでいるあかりやまどかが珠璃の射程に入らず入れずってのも判る話です。ってなわけでみなさん揃って珠璃の相方探し捜しの旅へレッツイゴー!

aikatsu_132_04.jpg

ドコぞの駅前のスカウトマンが如く通りすがりのかわいい子に思いつくまま声を掛ける珠璃。とはいえいきなり「チョコがけポテチみたいなユニットに!」と言われても普通は付いていけないわなあ(笑。そんな様子を遠目からドキドキ見守るみなさんの心配はあっさり的中して一気にどよんど、ところが当の本人はますます情熱的な勧誘に燃えていました。何という前向きすぎる姿勢。その後も宣言どおりアツい勧誘を続けますが当然ながら「チョコがけポテチ」の一節は理解されず、すると見かねたひなきが割って入って要領よく説明を始め――

「~珠璃はそんなユニットを作りたいと思ってるんだ。ね?」
「うん、ユニットの奇跡を起こしたい!」
「イエス!」
「いいと思います! 頑張ってください! 応援しています!」

息が合った説明からガッチリ手を組む二人を囲むみなさんは口々に応援の言葉を向け…これってどう見ても「珠璃&ひなき」を応援しているように思えるんですけど(笑

「あの二人…」
「大空先輩の言いたい事、わかります…」

それは遠くから見守る二人も同じだったようです。

aikatsu_132_05.jpg

河岸を変えて引き続き珠璃の相方探しへ。いつの間にかチラシまで作っちゃってやたら熱が入ってます(笑。その熱量に比例して勧誘現場は盛り上がっているものの、集まった子は口々に「頑張ってください」と応援の言葉を向けるだけで、肝心の「相方」として名乗り出る子はいませんでした。あらら。あの珠璃(笑)の相方となれば尻込みしちゃう子がほとんどで、一方珠璃もビビッ!と来る子は見つからず…ってな停滞気味の空気を破ったあかりのヒトコト。

「珠璃ちゃん。ちなみにだけど、この中だったら誰とユニット組んでみたいと思う?」

身近な仲間とのユニットは想定外の外だった珠璃は一瞬戸惑い、しかし続くあかりの言葉「具体的にイメージしてみると一歩進める」に従って目を瞑り…画面がパッと白転して始まったイメージ映像は闘牛場に流れるフラメンコに乗ったダンサーvsマタドールのアツき闘い。なるほど予告で寸止めだったマタドールの正体はひなきでしたか。ターンしながら襲いかかる珠璃牛をひらりとかわしてキュッと手を取りアツき抱擁、ってな流れが堂に入りすぎていてツッコミを入れる間がありません。いつにも増して色気マシマシの珠璃、これと対等に渡り合うには男装するくらいしか=まさに究極の「個性の差」を体現したものかもしれない。暫し後ふっと目を開いた珠璃へ「どんなのだった?」との問いに

「闘牛してた」
「私が牛、ひなきが闘牛士でひらりとかわされちゃった!」

ってな答えにまたしてもポカーンのあかり&まどか。ところがひなきは「それって闘牛みたいにアツくぶつかり合えるユニットって事じゃない?」と珠璃のアツい思いを普通に受け容れ、一方珠璃もノリノリで同意して二人のシンクロをアピールアピール。また件の闘牛シーン自体が、暴走しがちな珠璃をひなきが制御するという、珠璃ユニットが上手くいくパターン・図式の表れとも思えます。

aikatsu_132_06.jpg

「やっぱり珠璃ちゃんにいちばんぴったりなのってひなきちゃんかも!」

見るからに息が合ってる珠璃&ひなきに対してあかりの言葉。付き合いの長さゆえお互いそんなん意識した事がない二人は戸惑うばかりでした。そもそもずっと一緒にいる仲からのユニットでは「新しいもの」という狙いから外れてしまいそう…ってなトコであかりが「チョコがけポテチ」の例えを持ち出して「ぴったり当てはまる」と二人をフォロー。

「情熱的な珠璃ちゃんがピリッとしょっぱいポテトチップで」
「それを甘く包み込むチョコがひなきちゃん」

珠璃にしょっぱいとか言わないで!(笑。そのしょっぱさを上手くフォローし周囲の理解を得られる流れに乗せるのがひなきの役割とすればこの例えもギリギリオッケーかも。とはいえチョコがけポテチの例えの根本「合わなさそうなものを合わせてみたら意外な美味しさ」に対し、ひなき&珠璃は最初から息が合いまくっているので例えがスッキリはまらない感じ。一見合わない・しょっぱい・甘く包み込むと来れば、むしろダンディヴァの方が今回の例えにマッチしているような。ともあれあかりの言葉にだんだんその気になってきて――

「えっと、何か照れるけど…組んじゃいますか」

何故そんな赤く! 小さい頃からずっと一緒でお互い意識したコトない幼馴染み同士が周囲に煽られてようやくカップル成立→イマサラの意識変化に思わずテレテレ、なーんてラブコメの王道パターンみたいなオチにはほっこりしましたけれど(笑

aikatsu_132_07.jpg

今回本編に出番が無かったダンディヴァのお二人は出張中のホテル泊シーンをチラリ。第37話でのTristar大阪場所で泊まったホテルまんまなので彼女たちも大阪泊なのでしょう。冒頭で言われた忙しさも伊達ではなさそう?

シーン変わってグラウンドでのアイ!カツ!ランニングでは張り合って全開の珠璃に白丸目のひなきかわいい(笑。続いてハードなダンスレッスンから差し入れのチョコがけポテチを見つけて大喜びの二人がポテチをつまみながらユニット名をあれこれ。「チョコポテチガールズ」「レディチョコポテチ」「ホットチョコポテチ」などなどチョコポテチから離れない珠璃へひなきに体当たりしての白丸目もかわいい。というか珠璃のこういう顔って珍しいかも。

「じゃあひなきとユニット組むって決めた途端ビビッと来た名前言っていい?」

aikatsu_132_08.jpg

そんなこんなでユニット結成ライブの日が来ました。会場はおなじみのZepp札幌、何とみなさん揃って北海道まで行ったのか(笑。あかり&まどかが見守る中で発表されたユニット名は今回サブタイの「情熱ハラペーニョ」…ピリッと辛くて熱い情熱の唐辛子、アツい珠璃のイメージがいかにもなネーミングですがひなきの要素がイマイチ乗っていない感がなくなくも(略。

「ドラマや映画の時と違ってすっごく緊張してる」

ステージ裏のフィッティングボックス前で本番直前の緊張を見せる珠璃。あれ? 珠璃ってこんなキャラだっけ? まあそんな珠璃へ「今日から一人じゃないんだよ」と定番セリフ&ウインクを送るひなきがかわいかったので気にしない事にしましょう。そこから裏ももアップでギュッと手を繋ぐ二人。わざわざこのアングルで映す辺り何か拘りを感じますね(笑。そんな二人はユニット名についてアツく語り、世界一熱いユニットを目指してフィッティングボックスへ! と思ったら左右が一瞬入れ替わって何事かと。

aikatsu_132_09.jpg
aikatsu_132_10.jpg

キメポーズからアツい情熱ハラペーニョのお披露目ライブは第120話以来の「Poppin' Bubbles」。大好きな曲なのでこれはこれで良いのだけれど、衣装が替わっただけでSpA以外ほぼ使い回し(以前よりアイドルオーラが成長した)ってのはせっかくのユニットお披露目回にしては少々寂しかった。というかこのユニットで行くなら第120話で無理やりねじ込まず今回初披露にしてくれれば…とイマサラながら思ったりします。ダンディヴァのステージは2パターンも作ったのに情ハラ(って略すと何かのハラスメントみたいだ)は使い回しという扱いの差もちょっと辛いトコ。曲はともかくカメラ演出を少しでもアレンジしてくれれば嬉しかったんですが。

まあ全包囲で珠璃&ひなきがかわいいので良し、というか珠璃がかわいすぎて熱さが足りてないっぽい?(笑。どう見てもソロの「Passion flower」のが熱いってのは本編内容&ユニット名との整合に難が…とはいえ曲と映像は大好きなので苦言をぶつける気分でもなく、何というか言語化し難い気分に包まれて眺めるステージでした。サビ入りと同時に発動したSpAから後のアイドルアイドルしている振り付けに思わず見入り。何度見てもこの曲の珠璃は美人かわいすぎてニマニマが止まりません。でもせっかくだから熱いユニット曲も見たいところ。でもかわいさMAXのアイドル珠璃も捨てがたい。でも(以下エンドレス

ステージを終えた情ハラの二人はすっかり一心同体少女○、放送できる極限まで顔を寄せて(笑)互いの熱い思いを確かめ合っていました。ってな様子をキラッキラ☆の瞳で見つめるあかり、ってな様子をロックオンするまどかで今回の締め。というわけで次回はこの本命ユニット(?)のお話でしょうか。登場以来一ヶ月ちょい溜めた分だけまどかのお話には期待マシマシ、天羽先生との絡みにも期待です。

         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第132話 灼熱の情熱ハラペーニョ!」

アイカツ!「第132話 灼熱の情熱ハラペーニョ!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

前回のダンシングディーヴァのクールな回だったので、今回は珠璃メインのバーニングな熱い回になると思ったら、運命の出会いやユニットによる化学反応とは違った、なんというほっこり回。
でもペアの勧誘のやりかたはアツイ(笑)。それとしずかちゃんが良い意味で新入生らしくて良かった。まだ中学一年生の一学期ですし、誰もが凛のように方向性を決めてるわけじゃないですからね。

今回ちょっと不満だったことは、仕方のないことですがダンディヴァとの差を感じてしまったことでしょうか。(ダンディヴァはスミレの成長した描写があるので、実力的にも差があるように感じてしまう)
また、ユニット結成時も珠璃とひなきは鈍感な幼馴染が周囲の後押しでカップルになった。という感じですが、灯台下暗しとはいえ、大切なパートナーだからこそ珠璃とひなきが自分自身で気付いてほしかった気もします。

来週はまどか回ですが、てっきり瀬名さんを巻き込んだラブコメ展開かと思いきや、真面目な家族回で涙腺がヤバいことになりそうな予感。楽しみです。

今回10分ぐらいで終わったような気がしました。熱い!
情熱ハラペーニョ。ユニット名はインパクトありますが、スナック菓子のような飲食店のような…ww

意外だったのは珠璃があかりやまどかから「息合ってるよ」と言われて、ひなきとユニットを組んだことです。珠璃が自分から「ひなきと組みたい!」と言って欲しかったな〜…という気持ちもあります

No title

「ひとりきりでも気高く咲いている情熱の赤い花みたいに」と歌い上げた珠璃にユニットを組んでみたいと思わせたダンシングディーヴァが綿密な計算ではなく脳筋スミレの直感で組んだものであるところがおもしろいです。
あかりまどか組も色々とおもしろそうですし、OPを見るに和風レトロな留学生組のユニットもあるかもしれません
ユニット展開次第ではユリカかえでドリアカ組の出番もあるかもしれませんし、なによりあの人の登場も期待したくなります。

脚を得る代償として声を失った人魚姫のステージはPoppin Bubblesの歌詞と相まって、思った事をそのまま口にするようでいて本当に言いたい事をなかなか言えない珠璃とひなきにぴったりだと思いました。
しかしPoppin Bubblesは珠璃とひなきには合っていても珠璃とひなきによるユニットには合っていない感じもしました。
ハラペーニョの種まき時期は4月~6月で3ヶ月くらいで収穫しますが青いうちに収穫するにしても最終回間際まで待って赤い激辛状態で収穫するにしても収穫時期に情熱ハラペーニョの新曲を期待したいです。

更新お疲れ様です。コメントお邪魔いたします
あかりジェネレーションもなかなか存在感を出してきて楽しくて仕方ないこのごろ、
特に珠璃は大好きなコのひとりなので今回はわくわくしながら観ていました。

ギャグ満載なネーミングに反してこのユニットにはかなり期待を持ちました。
勝手な願望なんですが、スミレと凛がプロの道を突き進むトップユニットなら
このふたりにはアツイ女同士(幼なじみ)の友情劇を見せて欲しいところです!
二世アイドル同士で、特にひなきは序盤で描かれた子役時代のトラウマ?やあかりへの羨望なんかもあるので珠璃と組むことでなにかしらの化学反応を見せてくれたら嬉しいです。
今はひなきが珠璃をフォローするみたいな流れですが
珠璃のイメージ像では闘牛珠璃(笑)を受け止めるのはひなきで、
カードを潜ったあとのポーズは逆転してひなきが抱き抱えられる側になっていて、なにかの暗示に観えました(考えすぎかも)

へんなユニット名が来週なんて略されるか気になります。
ちなみに次の弾でサングリアロッサの新曲とプレミアムがあるみたいなのでこの2人とアツシさんがクルんじゃないかと期待してます!

No title

正直、珠璃はソロで十分なほど個性的なので、無理に2人組にしないでも…と思わなくもないです。
しかし、過去の出来事により思い切ったことをできなかったひなきが今や、穏やかじゃないユニット名を「気に入った」と言えるまでになるなんて!これもユニットの魔法と考えていいでしょうか。
これまた個性的なおとめと番組をやっていける実力持ちのひなきなので、珠璃のキャラとパワーに食われてしまわずに、他の誰にもなれない相方になってほしいです。
ユニット化によるひなきの進化に注目しています。ほんと、ひな用心ですね(笑)

記事にもありましたがユニットの初ステージがバレンタイン回と同じで少々残念です。使ったカードには「情熱ハラペーニョ」と書いてあったのに~。
次はぜひ新曲、新ステージを見たいです。

すみれと凛が主役でいいやんと思えるほど良いユニットの後の大事なユニットだけどなんも問題なくこちらも最高のユニットに♪
やっぱりじゅりは良いですね!
動くだけで楽しい(笑)
予告からして突然の新キャラ登場かと思いきや、ひなきと組むなんて、予想通りでしたが予想通りやらかしてくれましたね♪
恒例のCMバレ、オープニングの雅と一緒にいる子が新キャラみたいですね
ダンディヴァが泊まってたホテル、そんな懐かしい場所だったんですね!あとで観てみます(笑)
次回まどかの色々判明してくるんでしょうか?楽しみです!
あの優しいおばあちゃんに折っ…スパルタ教育受けてたり(笑)

No title

やっぱり珠璃は良いキャラですね。行動や発言のひとつひとつが面白くてかわいいですし、変にギャップキャラでない素直なところも逆に新鮮で好感が持てますね。ユリカ様があまり出て来なくなって以降、楽しみなキャラになっています。

あかりやまどかに指摘されてはじめてひなきの良さに気付くって流れは、それだけひなきとの関係が自然になじんでたってことが伝わってそんなに悪くなかったかも。でも確かにあかりや自分で気づくって流れも見たかった(あかりやまどかに小芝居頑張ってもらったりして)。

しかし最初のパートナー勧誘時のドヤッ!ってカット、カメラの上下移動ほんの一瞬でしたがよく結合できましたね(笑) こうして見ると、やはり決まった一枚絵が多くて、「珠璃といえばポーズ」みたいな芸風が確立ししてるんですね。予告のリンボーダンスみたいなポーズも、本当に何でもないシーンでの一コマしたし(笑)

れすれす

>ポークさん
待望の珠璃回だけにもう少し暑苦しくてもよかった(笑)気がしますが、おっしゃるとおり収まるところに収まった幼馴染みカンケイのほっこり感も良かったので結果オーライとしましょう。自分たちで気付く・気付かない以前に、あかりたちから言われてすぐ答えを出してしまったのが不満っちゃ不満かも。言われてからの溜め(考える時間)が欲しかったです。

>通りすがりさん
なるほど激辛スナック菓子みたいな(笑。近すぎて気付かないカンケイも良いものですが、キメるときはかっちりキメてほしかったというお気持ちも判ります。相方選びについてはむしろクールなスミレの方が情熱的だったかも? こういう時こそ得意の三段キメでアツいラブコールを見せて欲しかったですね。

>ぼらさん
次のあかり・まどかで3rdシーズン組のユニットは決定でしょうけど、確かに他のスタライ生のユニットも気になるトコ。中等部限定でもない限り先輩組も出そうですがどうなりますやら。とりあえずぽわプリとゆりかえでは出そう? もう暫くするとみくるの季節が来る(笑)ので掟破りのダブルエム参戦も?(笑。「Poppin Bubbles」との相性はホントそんな感じ。曲もムービーも二人にピッタリなんですがアツさが売りのユニット曲としては正直アンマッチだったと思います。とはいえ否定するには曲が好きすぎてキモチ的にそうもいかず(以下エンドレス…というわけ(笑

>くろりんさん
情ハラの二人はデフォルトがモデル&女優なので、こう言っちゃうとシマイですがそもそも純粋にトップアイドルユニットを目指すようなポジションでは無いのかもしれません。なので私もこの二人には幼馴染み(しかもギョーカイでの幼馴染みという希有さ)ゆえのドラマを期待したいです。闘牛イメージとコーデチェンジキメとの逆転は言われてみればなるほど。他ユニットと違った対等な関係を表しているのかも?

>アッサムCTCさん
まああの珠璃を扱いきれるのは、あのおとめ先輩とやっていけるレベルのコントロール能力を持つひなきしかいないような気もします。もしあかりorスミレと珠璃が組んだら徹頭徹尾振り回されるのが目に見えますし(それはそれで面白そうですが。今回ステージはホント残念。何度も書いてますが好きな曲だけにモニョモニョ気分が募ってナントモ(笑

>かえで寿司さん
珠璃はいるだけで面白いので、このユニット展開で出番が増える事に期待していたりします。ダンディヴァホテルは見た瞬間「タコ焼きを食べたいかえで」を思い出しました(笑。CMバレは販促アニメのお約束とはいえ不意打ちなので避けられず辛いトコです。まあOPにいかにもな感じで出ている子なのでイマサラなんですけどね。みやびといる=関西人でしょうし、また短期集中キャラで終わっちゃうのかな。キャラ増えすぎ問題も困りますが期間限定キャラが続くのもビミョーな…。

>tamanoさん
黙って立ってりゃ美形なのにいちいちおかしい珠璃が私も大好きです(笑。そういや3rdシーズン後半になっていよいよ旧キャラが出て来なくなり、確かに少々寂しいけれどそれほど違和感が無くなってきている辺り、世代交代の流れに上手く乗せられてるなあと実感したりして。繋ぎ画像はフレーム単位で取って繋ぐので元絵がブレていない限りたいていのスクロールは繋がります。面倒なのは回転やズーミングを併用したスクロールなんです。あとテロ消しも面倒。地味に一番大変なのは複数キャラ(&背景)に多段マルチが掛かってる場合で、大物だと1枚繋ぐのに1時間くらい掛かっちゃったりします。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2